「木下黄太のブログ」 ジャーナリストで著述家、木下黄太のブログです。

「放射能」「被曝」「原発」、日本のリアル状況確認と僕の思索を書き留めるブログ。
重要なことはメルマガで展開します。

岩手県南部、四歳の男の子の尿からセシウムが3Bq/L検出。一関市の土壌で1771Bq/kg。

2011-10-23 03:29:56 | 福島第一原発と放射能
  
 
岩手県南 児童幼児・尿検査セシウム検出に関する資料<2011・9月検査>
 
     検出数値(セシウム134・137) 自宅空間 庭空間 学校空間 給食
         
 
A 7歳女児(一関市) 2.50    1.10+1.40    0.05     0.40      0.3     ○ 
B 3歳男児(一関市) 0.80    0.34+0.46    0.05     0.40              × 
C 6歳男児(一関市) 2.28    0.98+1.30    0.08     0.15              ○ 
D 4歳男児(一関市) 3.20    1.40+1.80    0.08     0.15              ○ 
E 10歳男児(奥州市) 1.44   0.55+0.89    0.08     0.07      0.1     ○ 
F 12歳男児(一関市) 0.84   0.32+0.52    0.20     0.3前後           ○ 
G 7歳男児(大船渡市)0.73   0.31+0.42                               ○ 
        
<参考> 50代女(盛岡市)0.38 0.18+0.20    0.05     0.04   
 
シウムはBq/L  線量はμsv
 
・A、Bは兄弟。C、Dは兄弟。
・尿検査は、(株式会社)理化学分析センター ・空間線量は、堀場製作所・ラディによる。
※ Aは、2学期以降牛乳休止  9月膀胱炎  事故以降鼻血
※ Bは、6月末から休園。以降ほとんど外出せず。外出時にはマスク着用。
※ Cは、9月上旬以降牛乳休止 4月、5月発熱3回、5月より頻尿 目の下にくま 
※ Dは、9月上旬以降牛乳休止  5月発熱2回、 目の下にくま   
※ Eは、事故以降牛乳休止  5月鼻血頻発   事故以降6月末までマスク着用。 自宅浅井戸水
※ Fは、スポ少で、サッカー(週二時間×2日、週末)
※ Gは、牛乳飲用        

                                 

 岩手県南部の児童・幼児の尿から、かなり合算でセシウムが出てきました。ひとつのメルクマールとして、1ベクレルを超える尿が出てくるのかどうかを僕は気にしています。今回の七人のうち四人のお子さんの尿で、セシウムが合算で1ベクレルを超えています。もっとも多いお子さんだと、一関市の四歳のお子さんは3.2Bq/Lも尿の中に出ています。尿中に出てくるセシウムは、体内では最大推定が150倍程度という考え方もありますので、480ベクレル程度ある可能性があります。多く出ているお子さんの家庭の環境、食生活に共通点がないかを調べるのも今後の課題です。ちなみに、首都圏のお子さんでは、僕が聞いている数値は大半はこれよりも低いのですが、中には、このレベルの数値を超えているお子さんのケースもあります。食べ物、飲み物、大気、接触などで、確実に内部被爆は進んでいきます。子どもをどうやって、被爆しているエリアで守っていくのか、きわめて厳しいことだとまたしても痛感しています。

 

【個別土壌調査・岩手県南部】

 

採 土 日:10/13(前日雨・当日曇り) 地表5センチ500g
NaIシンチレーションで検査
     
住所           場所    セシウム134    セシウム137   合算 (Bq/kg)
花巻市東和町  自宅庭     86.8          104.0    190.8 
北上市北鬼柳  田        47.0           52.0       99.0 
奥州市江刺区  畑        27.5           33.4     60.9 敷きわら除去後
    同上       秋耕起畑     128.0        162.0    290.0 
一関市東山  自宅庭               276.3                  334.5        610.8 
一関市大東町  自宅庭            354.6                  433.5       788.1 
一関市東山     畑横                 429.5                 546.8       976.3 
一関市千厩   自宅庭花壇        792.2                 979.4       1771.6 

 

一関市は土壌汚染は大きいです。そこから奥とは差があります。この後、盛岡市内の汚染度合いは、かなりのエリアがありますから、岩手県の平野部の汚染は場所によってかなり差があるのかもしれません。最初と最後が汚染度合いが強まる傾向にありますから、岩手県内は汚染度合いは細かく調査をするべきです。盛岡市内、盛岡より奥、さらに遠野エリアがどうなっているのか、気になるところです。      

 「 茨城県筑西市に住む主婦です 」とドコモアドレスから送信された方、返信ができません。携帯メールの受信設定を変えてください。非常に大切な内容を送っていただいているのに、返信できないと意味がなくなります。                                             

     
 
 
 
 
 
 僕の地元、徳島で講演会をおこないます。放射能ガレキ、給食対応、腐葉土など全国的に見ても、対応が最もすばやくなっていることに、郷土として誇りをもっています。今回は受付方法が異なりますので、ご留意ください。
 なお、講演会をこのところ、当日キャンセルをする非常識な人がいます。ほかの方を断って席を確保していますから、キャンセルは、遅くとも必ず前日までに連絡を主催者にしてください。キャンセル待ちの人にまわせますから。社会常識です。
---------------------------------------------------

木下黄太講演会 in 徳島

福島原発事故と全国放射能汚染!その時何が起こったか!?
第一線で活躍中の木下黄太さんが見た放射能汚染の真実を聞く。

【講演内容】
・福島第一原発事故後の取材を通じた体験談
・放射能による健康被害の実態
・四国にすむ私たちはどう放射能と向き合うか
・瓦礫焼却問題 ・土壌汚染問題
・その他質疑応答

【日時】平成23年11月23日(水・祝)
    開  場:13:30
    開  始:14:00
    終了予定:16:00

【参加料】一般 600円(小学生以下100円)

【定員】 70名~(最大120名まで)

【場所】 とくぎん トモニ プラザ(徳島県青少年センター)
     徳島県徳島市徳島町城内2番地1 TEL:088-625-3852 地図

【申込】 10/24日~11/4迄、コープ自然派で受付(TEL.0120-408-300)
    (応募者多数の場合は抽選して全員の方にご連絡致します。)

     11/5より、先着にて受付。定員に達した時点で終了します。
     申込み → info@panda.eek.jp
    (上記メールアドレスへ代表者名・参加人数をご連絡ください。)

【主催】 自然派クラブ「室内空気を考える会」問い合わせ→info@panda.eek.jp
※当日は、駐車のスペースが限られておりますので、お越しの際はできるだけ公共交通機関等をご利用ください。
※保育の予定はありません。お子様と一緒のご参加は歓迎いたしますが、目を離されないよう十分ご注意をお願いいたします。
トラブルについては一切の責任を負いかねます。  
------------------------------------------------------------------

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (45)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 柏市で57.5μsvのウルトラ・... | トップ | 柏の276000Bq/kgの土壌も安全... »
最近の画像もっと見る

45 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
もどかしい (夢)
2011-10-23 06:58:26
福島原発から200km以上も離れている当地、ずっとずっと安心していました。先日の、航空機モニタリングの結果を見て、愕然!
群馬県の中でもわが高山村は線量が高く、その中でもココ、私の住んでいる地区だけが緑いろ地域に。もちろんセシウムの沈着量もココだけが特に。すぐに詳細を確認しようと県に問い合わせと、自治体に要請するようにと。
ですが・・・村長は全く危機意識なし。ココだけポツンと取り残されているような村の外れの20軒ほどの集落で、村の人口の1%のネットなど知らない高齢者ばかりの住む場所。安全の数値だからと言い放つ。私はたまたま県のHPを見たからわかったのであって、高いということすら知らされていなかった。それでも、国が1mmシーベルト以上は除染ということを打ちだしたと食い下がると、しぶしぶ、県から線量計を借り、村の数か所を測って、やっと公表。やはり、この地区だけが特に高いとわかったものの、わずか2か所だけの計測で、日々の生活の場を計測してくれなきゃどうにもならない。多くの木、落ち葉や汚泥に囲まれているここらは、もっとずっと高いのは明白。文書には、これから努力とあるが・・・・努力って何?どう努力するのか?努力はどこに?その後、なんの行動もない。村長のブログには、相変わらず、このくらい安全でほっときゃよかったのに、うるさい住民が騒ぎ出し、国が1mmシーベルトを持ちだしたから、面倒なことになったというようなボヤキ。

静かで美しいこの村に終の棲家と移住したのが4年前。
今は、散歩も止め、野菜作りも諦め、極力外に出ないで閉じこもる日々。

今朝、たまたま木下さんのブログに出合いました。
そして、なんと、今日、群馬での講演を知りました!
ああ、遅かりし。

 
     つらく、せつなく、もどかしい。
当日キャンセル (Unknown)
2011-10-23 07:45:38

講演会当日キャンセル、非常識なのではなく 始めから参加する気がないのに予約だけした という可能性も否定できないのでは?

小規模な講演会ですから 悪意を持ってつぶそうとすれば 早めに大勢の参加予約をして 一般の希望者を排除することもできるでしょうし 今後 この手の妨害工作が増えても驚きません。

当日キャンセルした人たちの電話番号、メアドなどの情報を「講演会を主催する方」だけでも共有する必要があるのでは?


尿検査の結果有難うございます! (Unknown)
2011-10-23 07:56:23
木下様

尿検査の結果有難うございます。
我が子は、東葛地域在住9月の検査で
セシウム134と137合わせて0.35bq/kgでした。

最近ツイッターやブログで尿検査を報告している方が多いですね。情報を集約できたらかなり役立ちますね(政府は嫌がるでしょうね)。

今回の岩手県の子供たちの結果は、福島の子の結果と比較しても高く感じますね。対策をして尿検査をしている子でこの結果。汚染地で、普通に生活している運動部の中高生などの被曝が凄いことになっている気がします

リンさま ありがとう (Unknown)
2011-10-23 08:48:58
●その第二回会議は、来週月曜日の
10月24日で、傍聴可能、場所は

大阪咲洲(さきしま)庁舎[トレードセンター前駅]WTC40F会議室で、ごめんなさい!その時時刻を尋ねたのですが「午前中ですが時刻は未定」とのことでした。現在はHPで確認可能だと思いますので、私は用事があり行けませんが、傍聴可能な方は是非検索を。

維新の会代表橋下徹氏ご出席予定の区民会議[東成区民センター大ホールにて23日18時より(06)6972ー0717]は、500名まで傍聴無料で特に東成区民以外は駄目とはうたっておりませんので、他区民、他市民の方も入場可能だと思います。

みんなでおしかけましょう!!!わたしは23日はいけませんが橋下氏に直接うったえかけるチャンスです!!
福島のお母様も座り込みでがんばります。わたしたちもがんばらないと!!!なるべく沢山の人さそってください!!!


Unknown (なにが直接の原因なんでしょう)
2011-10-23 09:05:15
木下様、いつも有益な情報を発信してくださり
本当にありがとうございます。

サッカー少年で給食も食べているF君が
値が高そうですが、実際は違うんですね。
自宅空間も高いのに、、、。
保育園をやめておうちにいるBくんと同じくらいの値、、。

なにが原因なのでしょう。
とても興味深いです。

ここ、避難先の関西では、自宅線量は0.15
と結構高いです。
林野庁にも抗議を! (Unknown)
2011-10-23 12:27:53

林野庁は放射性物質に汚染された土壌や稲わらの仮置き場として国有林を自治体に無償貸与する方針を決めた。自治体から要請があれば上下水道汚泥や汚染焼却灰の保管も検討。

仮置き場と言っても 現状では半永久的な仮置き場になる公算が強いし 国有林は水源地でもあります。 国有林が汚染されるのは 何としても防がねば…林野庁にも抗議しましょう。 福島の住民を移転させ 汚染物質はフクイチ近辺に集め保管する、日本の未来を守るには これ以外の選択肢はない。

Unknown (zatarla)
2011-10-23 12:33:46
前にコメントしていた海外在住の人が、日本はゲットーだと言っていたが、まさにその通りと思う。今はまだ少ししか進んで居ないようだが、最も恐るべきは放射能の自然濃縮だろう。時間をかけて少しずつ確実に進む放射能の濃縮。何倍、何千倍、何万倍となればもう日本は人が一人も住めなくなってしまうだろう。飲む物,食う物がなくなった頃には、人はほとんど居なくなっていると思う。

              
    
   
放射能の自然濃縮の怖さ (zatarla)
2011-10-23 12:38:31
前にコメントしていた海外在住の人が、日本はゲットーだと言っていたが、まさにその通りと思う。今はまだ少ししか進んで居ないようだが、最も恐るべきは放射能の自然濃縮だろう。時間をかけて少しずつ確実に進む放射能の濃縮。何倍、何千倍、何万倍となればもう日本は人が一人も住めなくなってしまうだろう。飲む物,食う物がなくなった頃には、人はほとんど居なくなっていると思う。

              
    
   
Unknown (たつき)
2011-10-23 13:40:49
調べてないだけで、尿からセシウムでる人は、たくさんいると思うよ。

ある意味、福島で気を付けて暮らしてる人より、汚染はないと思って暮らしてた県外人の方が、ヤバイかも。

実際、福島から岩手に避難して安心しきってる人もいますし…。
ただ、空間線量は地表から何㎝とか書かないと解りにくいね。
計測値 (Unknown)
2011-10-23 13:50:45
元々原発関係で放射性物質を計測していた会社に検査を委託しても、正しい数値が返ってくるとは思えません。正しい数値を計測する民間会社がなければ、意味が無い思います。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

関連するみんなの記事