木下黄太のブログ 「放射能」 「被曝」「原発」、日本のリアルと未来を考えます。

「福島第一原発」の問題から「放射能防御プロジェクト」を創設、現在の日本の状況確認、様々な問題を自分の考えで書き進めます。

福島第一原発4号機の燃料取り出し完了。木材チップ放置を発見しても、まともに対応しなかった滋賀県職員。

2014-12-20 18:25:09 | 福島第一原発

毎週金曜夜に配信、木下黄太メールマガジンの最新号 [第46号 2014/12/19]の内容です。

・・・・ I N D E X・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


【 「火曜サスペンスもびっくり!!「近所に変死(⇒突然死)が多く、警察や鑑
識に慣れっこになった」という、福島・郡山からの便り 】
【 「黒い物質」とも見える釧路の放射性物質汚染集積、その付近で確認されて
いる植物奇形 】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 まず、この話が一番怖いのは、放射能でもなく、政府でもなく、実は人の意
識ではないのかというところです。福島の郡山から聞こえてきている話です。
タイトルの後は頂いたメールを引用して紹介いたします。

続きは購読してお読み下さい⇒http://www.hoshanobogyo.com/

========================================================

福島第一原発の4号機は、使用済みも含めて、1533本の核燃料をプールからの取り出しを終えたそうです。4号機の建屋プールが健全に保てるのか、否かは、他国から最も心配された点でしたから、その懸念していたポイントは、この廃炉作業の中で、一応クリアしたと思います。

これは、素直に喜ぶべき話でしょう。

福島では、きょうも震度4の地震が起きていますから、すこしでも危機的状態は改善が望ましいです。

勿論、当時稼動していなかった、4号機だから取り出せていてるだけで、高線量の1号機、2号機、3号機はメドも立っていません。


さて、きのうは滋賀県で、木材チップ放置事件で会見がありました。会見の中で、問題なのは、滋賀県が当初の話で嘘

をついていたということです。

木材チップの搬出に関して、いまだに搬出した先も明らかにしていないし、搬出に関わった業者もあきらかにしていません。

しかし、それを善意の第三者と表現していましたが、実は結局、木材チップを捨てた元官僚の田中社長の関係先だったということです。田中社長から示された業者です。

「確定できなかった」と意味不明の言い訳をしていますが、要は田中社長側に運び出させることを了解させる為、相手側の言い分を丸呑みしていたということです。

当時の嘉田知事が問い詰める関係者に、電話口で「それしか手段がないのに」と怒って答えたというエピソードを聞いている僕には、とても納得できる構図です。

それを公的に嘘をついて説明したのが、滋賀県の役人レベルということです。この会見も、更に誤魔化しているだけだと思います。

また放置された直後とみられる、去年3月に、地元の環境事務所の職員がこの汚染木材チップを発見していたそうです。にもかかわらず、適正な対処もしていなかったそうです。

これは、論外。基本業務もおこなう能力が、滋賀県の職員にないことが露呈しました。何のための、環境事務所なのか、さっぱりわかりません。

正直、あまりにも滋賀県の役人レベルが低いことが、今回、またしても、はっきりしたということです。

======================================================

日本のリアルな現状から、福岡という位置をどのように捉えるか。東京から岡山へ移住し初の来福となる三田医師と、震災後全国で講演し福岡でも定期的に講演を重ねてきた木下黄太。この二人による待望の本音トークです。 トークイベントにぜひご参加下さい。  

 【1/25(日)午後 三田茂医師&木下黄太講演会 in 福岡】

 申込&詳細⇒http://kokucheese.com/event/index/242461/

2015年1月25日(開場14:00/開演14:30)

福岡市立中央市民センター・ホール 福岡市中央区赤坂2丁目5-8 

地下鉄空港線「赤坂駅」2番出口徒歩5分

バス→明治通り「赤坂門」バス停から徒歩5分、国体道路「警固町」バス停から徒歩3分

====================================================

来年の皮切りとなる講演、それが熊本。

【1/25(日)午前 三田茂医師&木下黄太講演会in熊本】 

2015年1月25日(日)  9:30開場 9:45開演  

場所/市民会館崇城大学ホール(熊本市民会館)大会議室 
熊本市中央区桜町1番3号  

熊本交通センター(バスターミナル)から徒歩2分、もしくは市電の花畑町電停から徒歩すぐ。

 詳細&申込先⇒http://kokucheese.com/event/index/241118/

==================================================== 

原子力に反対する 100 個の十分な理由 〜100 gute Gründe gegen Atomkraft〜

 

#36 チェルノブイリより悪い事態

ドイツの原子力発電所で破局的な大災害が発生すると、それはチェルノブイリ事故よりも大
きな被害が出る。
ドイツの原子力発電所は、原子炉内に黒鉛を抱えていないため、チェルノブイリのように
火を噴くことはない。それゆえ放射性雲が爆発後にそれほど高い上空まで運ばれることは
なく、放射線量は数百 km の範囲内において強く増加する。ドイツの人口密度はチェルノブ
イリの地域より 7 倍高く、ライン−マイン地域のそれは約 30 倍だ。明らかにより多くの人び
とが、より高い放射線量に犯されることになる。


この人口密度問題は、福島第一原発事故で、首都圏や仙台周辺などで懸念される話です。公衆衛生的な感覚では、健康被害が起こる%が多少下がっても、人口密度が何倍、何十倍となる地域では、患者の絶対数は圧倒的に膨れ上がる可能性があります。首都圏のリスクを僕が強く感じるのは、こういう観点のことも大きな要因だと思うからです。この話は今後も、注視していくべきでしょう。

 


 


「1時間前まで元気だった」福島で一人暮らしの友人が、急性心不全で孤独に突然死したという恐怖。

2014-12-19 00:52:20 | 福島第一原発


  福島で活動されている方から、伝わってきた突然死。この方は、このような友人の突然死は、震災後に2人目だということです。

 ご冥福をお祈りいたします。

============================================================

12月17日火曜日のできごと 

福島診療所建設委員会の総会で、一人の命を救った話を聞いていた同じ頃、
私の20年来の友人が一人、68歳の命を閉じました。

仮設住宅ではありませんでしたが、一人暮らしの方で誰にも看取られず、正に「孤独死」でした。

夜中に連絡を受けて、自宅に向かいました。突然の訃報に涙も出ませんでした。

発見者が救急車を呼んだときには既に死後硬直が始まっていて、結局、警察に通報。
持病はあったものの、その日の午後6時、最後に会った方の話では元気にされていたと聞き、納得できない突然死でした。
検死の結果、「急性心不全」死亡推定時刻午後7時。

17日夕方、その方の近くで仕事が少し早めに終わって、総会までの間少し時間があったので、顔を見に回ろうかと一瞬考えたのでしたが、翌18日には、その方のお宅に訪問する日だったので、回らずに総会に行きました。

本当にその事が悔やまれます。
回っていたら・・・・と思うと。

「急性心不全」・・・放射能の影響は無かったのか?
頭に浮かんだのは、このことでした。

一人暮らしは、いつでも「孤独死」の恐怖との隣り合わせです。
ましてや、福島市内。高線量地区では、突然死の恐怖もいつも頭をよぎります。

普段は口に出しては言わないけれど、チェルノブイリの現実を知っている人は、誰もが抱いている恐怖です。

友人の死は、明日の我が身でもあることを覚悟しなければなりません。

明日は、家族だけに見守られての告別式。ご冥福をお祈りします。

========================================================

重要情報はメルマガのみ、毎週金曜夜に定期配信。

本日夜に配信の最新号予定内容。

【 「火曜サスペンスもびっくり!!「近所に変死(⇒突然死)が多く、警察や鑑識に慣れっこになった」という、福島・郡山からの便り 】

読みたいあなたは⇒http://www.hoshanobogyo.com/

=====================================================

 

 日本のリアルな現状から、福岡という位置をどのように捉えるか。東京から岡山へ移住し初の来福となる三田医師と、震災後全国で講演し福岡でも定期的に講演を重ねてきた木下黄太。この二人による待望の本音トークです。 トークイベントにぜひご参加下さい。  

 【1/25(日)午後 三田茂医師&木下黄太講演会 in 福岡】

 申込&詳細⇒http://kokucheese.com/event/index/242461/

2015年1月25日(開場14:00/開演14:30)

福岡市立中央市民センター・ホール 福岡市中央区赤坂2丁目5-8 

地下鉄空港線「赤坂駅」2番出口徒歩5分

バス→明治通り「赤坂門」バス停から徒歩5分、国体道路「警固町」バス停から徒歩3分

====================================================

来年の皮切りとなる講演、それが熊本。

【1/25(日)午前 三田茂医師&木下黄太講演会in熊本】 

2015年1月25日(日)  9:30開場 9:45開演  

場所/市民会館崇城大学ホール(熊本市民会館)大会議室 
熊本市中央区桜町1番3号  

熊本交通センター(バスターミナル)から徒歩2分、もしくは市電の花畑町電停から徒歩すぐ。

 詳細&申込先⇒http://kokucheese.com/event/index/241118/

==================================================== 

原子力に反対する 100 個の十分な理由 〜100 gute Gründe gegen Atomkraft〜

 

#35 スパゲッティ配線

 

原子力発電所における電気系統のトラブルは日常事であり、それは深刻な結末を伴う可
能性もある。
2006 年の夏、欧州は崩壊寸前の危機に瀕した。配線設計の構造的な欠陥により、スウェ
ーデンの原発フォルスマルクにおいて、ショートと停電した後に、非常用電源が始動しなか
った。炉心溶融がはじまるまで、わずか数分しか残されていなかった。これは特殊なケース
ではない――原発ブルンスビュッテルにおいては、電気系統のミスが原因で、1976 年の営
業運転開始以来、緊急冷却用装置の非常用電源が十分に機能していなかったことが判明
している。さらに原発ビブリスでも同じように間違いと手抜き工事で施工された配線接続の
数々が報告されている。

 

これは、日本でもいつも同じ様なことが起きている気がしますね。


 

プルトニウムを利用するプルサーマル発電の高浜原発を再稼動させようとする日本の狂気。

2014-12-18 14:38:23 | 福島第一原発

重要情報はメルマガのみ、毎週金曜夜に定期配信。

【 首都圏16歳女子高校生が心筋梗塞で突然死するなど心筋梗塞での急死事例 】

【 東京23区のある地域から聞こえてきた相次ぐ訃報や救急搬送 】

読みたいあなたは⇒http://www.hoshanobogyo.com/


 高浜原発を再稼動させるように、原子力規制委員会は事実上のGOサインを出しました。

こうした再稼動ありきのスタンスしかない、原子力規制委員会という存在には不満しかありません。

この状況下で、 大阪の橋下市長は、高浜原発の再稼動を巡って、「最終責任が不明瞭なので反対」という話を始めています。この発言は、彼のことですから、額面どおりに受け取るわけにはいきません。

 しかし、関西電力の最大消費地である首長が、高浜原発再稼動を原子力規制委員会が事実上認める方向を打ち出したところ、再稼動に反対を表明したのは間違いありません。こうしたことにきちんと対応させるように、大阪市民や大阪のマスコミが、彼を見ていないとなりません。

 また、滋賀県の三日月知事も「安全協定の締結ができず、広域防護体制や避難計画も不十分」としていて、政府が動かすなら、断固抗議するという立場です。

高浜原発の3号機と4号機は、1985年から始まっていて、そろそろ30年になる原子炉で、87万kw。

しかも2011年1月から、3号機はプルトニウム・ウラン混合酸化物(MOX)燃料を使うプルサーマル発電を本格的に開始して、福島第一原発事故以降に、その稼動は止められたままでした。

まだ、この原子炉での、MOX燃料使用による稼動の経験値は高いとは言えません。

しかもMOX燃料は、何かがあった場合に、その影響は通常発電所の比ではありません。

燃料として、プルトニウムを使っているからです。

「炉心の4分の1にMOXを装荷した場合、ウランだけの炉心の場合と比べ、重大事故から生じる潜在的ガン死は、42〜122%*、急性死は10〜98%*高くなる」 エドウィン・S・ライマン博士

 勿論、この推定よりも、危険は増大すると考えるべきで、原発重大事故が、福島第一原発でおきている国で、プルサーマル発電を再稼動させるという判断をすることは、狂気の沙汰と思います。

原発の中でも、万が一の事故の場合に、リスクが高くなるプルサーマル原発、しかも人口集中地の近畿圏に近い原発を再稼動させようとする、狂った所業がおこなわれようとしていることには、徹底して反対するしかありません。

重大事故がおきた場合に、30キロでなくて、300キロ圏がやられる可能性を僕らは真っ先に考えるべきです。

首都圏が放射性物質に汚染されて、多くの人が被曝しました。

これが、近畿でおきたら、日本はいったいどうなるのですか。

答えは、壊滅しかありません。

徹底して反対する以外に、生き残る道はありません。こうした狂った選択を平気で行う思考停止国家が、この日本ですから。

=========================================================

 汚染について、健康症状などについて、報告をして下さい。こうした報告がいろんなことの鍵になります。

 

きちんとした情報をメールしていただければ、お電話などでお話いたします。ご相談も、まともなお話なら、お伺いします。

連絡先⇒nagaikenji20070927@yahoo.co.jp (僕しかこのメールは読んでいません)

=========================================================

 日本のリアルな現状から、福岡という位置をどのように捉えるか。東京から岡山へ移住し初の来福となる三田医師と、震災後全国で講演し福岡でも定期的に講演を重ねてきた木下黄太。この二人による待望の本音トークです。 トークイベントにぜひご参加下さい。 

 

 【1/25(日)午後 三田茂医師&木下黄太講演会 in 福岡】

 申込&詳細⇒http://kokucheese.com/event/index/242461/

2015年1月25日(開場14:00/開演14:30)

福岡市立中央市民センター・ホール 福岡市中央区赤坂2丁目5-8 

地下鉄空港線「赤坂駅」2番出口徒歩5分

バス→明治通り「赤坂門」バス停から徒歩5分、国体道路「警固町」バス停から徒歩3分

====================================================

来年の皮切りとなる講演、それが熊本。

【1/25(日)午前 三田茂医師&木下黄太講演会in熊本】 

2015年1月25日(日)  9:30開場 9:45開演  

場所/市民会館崇城大学ホール(熊本市民会館)大会議室 
熊本市中央区桜町1番3号  

熊本交通センター(バスターミナル)から徒歩2分、もしくは市電の花畑町電停から徒歩すぐ。

 詳細&申込先⇒http://kokucheese.com/event/index/241118/

==================================================== 

原子力に反対する 100 個の十分な理由 〜100 gute Gründe gegen Atomkraft〜

#34 ホウ酸

原子力発電所を稼動する複数の事業者は、長年にわたって組織的に稼動の際の法令規
定を無視している。
17 年間にわたり原発フィリップスブルクでは、十分なホウ酸濃度を緊急注水容器に準備
しないまま稼働を続けた。それは、緊急時に炉心に注入されるべきものである。緊急注入
水の中のホウ酸濃度が足りない場合、炉心への注水は「火にガソリンを注ぐ」ような効果を
招く。
原発稼動をする事業者はそんなことは気にしない。それどころか、彼らはむしろ意図的に、
稼動の際のハンドブックにある規定を無視している。数々の調査は、他の原子力発電所に
おいても長年にわたって、十分なホウ酸を準備しておらず、緊急の冷却システムが完全に
は機能しないことを報告している。

ホウ酸を投入することが、緊急時における原子炉の安定に重要なことは、福島第一原発事故で僕らも確認しました。ホウ酸という単語が聞こえてくるだけで、警戒度が上がります。



【個別汚染調査】北海道・釧路で「黒い物質」とも見える放射性性物質の集積を発見、その写真と数値データ。

2014-12-17 16:36:03 | 福島第一原発

重要情報はメルマガのみ、毎週金曜夜に定期配信。

【 首都圏16歳女子高校生が心筋梗塞で突然死するなど心筋梗塞での急死事例 】

【 東京23区のある地域から聞こえてきた相次ぐ訃報や救急搬送 】

読みたいあなたは⇒http://www.hoshanobogyo.com/



本日は、豪雪と暴風、そして、根室では高潮で洪水のような状況になっている北海道の東部エリア。真冬に大変な状態で、皆さんのご無事を祈るしかありません。 

さて、この地域から、以前に次のようなデータをお伝えしています。

これは元々あったセシウム137の汚染に一定量の汚染が加味された状態で、この数値から考えると、北海道の釧路エリアでは、静岡西部から愛知県東三河エリア程度の汚染がある可能性は想定していました。

まずは以前にもお伝えしたデータから、再度掲載します。

【個別土壌調査・北海道釧路近辺】

釧路国道沿い。白糠町の道の駅の先。海岸に近い砂地。風も強い場所。

セシウム134  7.44Bq/kg

セシウム137  12.48Bq/kg

セシウム合算  19.92Bq/kg

海岸に近い風の強い場所でこの汚染がありました。 セシウム134が検出されていますから、間違いなく福島由来です。僕が2011年に直接採取したデータ。


今回、新たに頂いた報告は、それを裏付けるものですが、三年半が経過して、セシウム134の減衰が進む中でも、集積しているようなところで、一定量の汚染蓄積がありました。

福島や東葛のホットスポットで、「黒い物質」という報告がありますが、これもそういう見た目のものを採取したところ、勿論、数値はいわゆる「黒い物質」とはかなり違いますが、それでも、その周辺土壌の通常の値(僕の以前の採取データは、このあたりの通常の値よりも高いと判断しています)よりも、比較すると大きい数値が出ているということです。


【個別汚染調査・北海道釧路】

北海道釧路よりの報告。釧路湿原沿いにとおるJRの線路沿い。今年の夏の採取。ゲルマニウム半導体検査機によるもの。

セシウム134   13.53Bq/kg

セシウム137   41.43Bq/kg

セシウム合算  54.96Bq/kg


 「2011年 木下さんが釧路で講演をなさった時に、放射能の雲があった場所にはきっとホットスポットがあるとお話をなさいました。今年の夏、自宅そばのアスファルト上の黒い物質を測定したところ、セシウム134が確認されました。他には 汚泥、路上の苔からも濃度の差はありますが同じような比率で検出される事を確認しましたのでお知らせします。」


そもそも、セシウム137は数Bq/kg程度、3.11前からこのあたりで存在してもおかしくありません。そしてセシウム134は3.11.以降に、減衰で、三分の一よりも少なくなっている可能性はあります。

 元々は、100Bq/kg位の汚染集積であったものが、減衰や雨などで、このくらいの数値として出てきていると考えるべきでしょう。釧路は3.11以後は、普通の土壌で数Bq/kg〜20Bq/kg程度の新たな汚染があってもおかしくはないため、集積では、5倍から10倍程度の数値が出ることは、あたりまえに想定できます。

勿論、これはセシウムだけです。他の核種もあるとは思います。

北海道の東部側に汚染がないと考えるのは、多分間違いです。報告が全く来ない青森の太平洋岸や、北海道東部は、山で遮られずに、海上から到達した放射性物質が、距離は遠くても一定量は到達していると考えるべきです。おそらくもっとはっきりと汚染のある場所も、存在していると考えたほうが良いと思います。地形や地域によって。こうした確認作業はとても大切です。

これからも、報告をお願いします。

========================================================= 

 汚染について、健康症状などについて、報告をして下さい。こうした報告がいろんなことの鍵になります。

きちんとした情報をメールしていただければ、お電話などでお話いたします。ご相談も、まともなお話なら、お伺いします。

連絡先⇒nagaikenji20070927@yahoo.co.jp (僕しかこのメールは読んでいません)

=========================================================

 日本のリアルな現状から、福岡という位置をどのように捉えるか。東京から岡山へ移住し初の来福となる三田医師と、震災後全国で講演し福岡でも定期的に講演を重ねてきた木下黄太。この二人による待望の本音トークです。 トークイベントにぜひご参加下さい。 

 

 【1/25(日)午後 三田茂医師&木下黄太講演会 in 福岡】

 

申込&詳細⇒http://kokucheese.com/event/index/242461/

2015年1月25日(開場14:00/開演14:30)

福岡市立中央市民センター・ホール 福岡市中央区赤坂2丁目5-8 

地下鉄空港線「赤坂駅」2番出口徒歩5分

バス→明治通り「赤坂門」バス停から徒歩5分、国体道路「警固町」バス停から徒歩3分

====================================================

来年の皮切りとなる講演、それが熊本。

【1/25(日)午前 三田茂医師&木下黄太講演会in熊本】 

2015年1月25日(日)  9:30開場 9:45開演  

場所/市民会館崇城大学ホール(熊本市民会館)大会議室 
熊本市中央区桜町1番3号  

熊本交通センター(バスターミナル)から徒歩2分、もしくは市電の花畑町電停から徒歩すぐ。

 詳細&申込先⇒http://kokucheese.com/event/index/241118/

====================================================

 

原子力に反対する 100 個の十分な理由 〜100 gute Gründe gegen Atomkraft〜

 

#33 人為的なミスのリスク

人間はミスをする――それは原子力発電所では致命的となる。
バブルの開閉を間違う、警告信号を見落とす、スイッチを入れ忘れる、命令を間違って理
解する、緊急時に誤った対応をする――技術的・施設面ではなく、人為的なミスが、原子力
発電所においてはとりわけ危険な事態を引き起こす多くの原因となる。「人為的なミスのリ
スク」は事前に計算できない。
そうした前提がありながら原発従事者という人間が、トラブル発生時には炉心溶融を回避
するために、常時作業とは全く異なる非常に重要な緊急事態の対応を行うべきだという。
原子力発電はミスしない人間を要求する。しかしそんな人間は存在しないし――とりわけ
原子力発電所の非常事態などという極度のストレス下でミスをしない人間などいない。




 


チェコの原発、貯水池で高いトリチウム検出情報。日経平均が連日落下、選挙勝利後のアベノミクス状況。

2014-12-16 15:38:18 | 福島第一原発

重要情報はメルマガのみ、毎週金曜夜に定期配信。

【 首都圏16歳女子高校生が心筋梗塞で突然死するなど心筋梗塞での急死事例 】

【 東京23区のある地域から聞こえてきた相次ぐ訃報や救急搬送 】

読みたいあなたは⇒http://www.hoshanobogyo.com/

 

 「放射能防御プロジェクト ヨーロッパ」よりの投稿記事です。ヨーロッパ在住の方、ヨーロッパによく行かれる方、ヨーロッパと恒常的に遣り取りがある方は、お入り下さい。⇒https://www.facebook.com/groups/256282161066976

老朽化が進む原発では、周辺に思わぬ放射能漏れがおきている話。チェコです。翻訳はMikako Hussel氏。

--------------------------------------------------------------------------------------------------

「ドゥコヴァニ原発(チェコ):貯水池で高い放射能 」ミュンヘン環境研究所よりhttps://www.umweltinstitut.org/mitmach-aktionen/aktion-schrottmeiler-vom-netz.html

チェコの原発ドゥコヴァニ1の貯水池からとった検体から驚くべき検査結果が出た: 貯水池の水は350ベクレル/ℓの放射性トリチウムに汚染されていた。ミュンヘン環境研究所のオーストリア姉妹組織であるグローバル2000が11月末に検体を採取し、分析させた。
トリチウムは原発の通常運転時に環境に放出される。汚染されていない河川ではトリチウム濃度が一般に1ベクレル/ℓであるが、許容極限値は100ベクレル/ℓである。
貯水池の水は飲料水として使われることはないにしても、農業およびレジャー用に使われることもある。
このような高い汚染度ではその水のいかなる使用も可及的速やかに禁止する必要がある。
ドゥコヴァニ1はチェコ最古の原発で、築30年のソ連型くず原子炉である。本来ならこの原子炉は2015年に運転停止するはずだったが、今や稼働期間を50-60年に延長されようとしている。
くず原子炉は廃炉にすべきで、稼働期間を延長するなどもっての外だ!

--------------------------------------------------------------------------------------------------

日経平均が落下しています。

日経平均は先週金曜日12月12日終値は17,371.58円でした。

しかし、選挙結果が出た後、きのうも下落。

本日16,755円32銭と更に大幅に落ち込みました。終値の1万6800円台割れはおよそ1カ月ぶり。

自民が堅調に勝った筈の選挙後で、株式相場が下がり続けている状態。

アベノミクス信仰がいつまで持つのか、教祖の教えを、信者はどこまで信じ続けるのでしょうかね?

======================================================

 日本のリアルな現状から、福岡という位置をどのように捉えるか。東京から岡山へ移住し初の来福となる三田医師と、震災後全国で講演し福岡でも定期的に講演を重ねてきた木下黄太。この二人による待望の本音トークです。 トークイベントにぜひご参加下さい。 

 【1/25(日)午後 三田茂医師&木下黄太講演会 in 福岡】

申込&詳細⇒http://kokucheese.com/event/index/242461/

2015年1月25日(開場14:00/開演14:30)

福岡市立中央市民センター・ホール 福岡市中央区赤坂2丁目5-8 

地下鉄空港線「赤坂駅」2番出口徒歩5分

バス→明治通り「赤坂門」バス停から徒歩5分、国体道路「警固町」バス停から徒歩3分

====================================================

来年の皮切りとなる講演、それが熊本。

【1/25(日)午前 三田茂医師&木下黄太講演会in熊本】 

2015年1月25日(日)  9:30開場 9:45開演  

場所/市民会館崇城大学ホール(熊本市民会館)大会議室 
熊本市中央区桜町1番3号  

熊本交通センター(バスターミナル)から徒歩2分、もしくは市電の花畑町電停から徒歩すぐ。

 詳細&申込先⇒http://kokucheese.com/event/index/241118/

====================================================

原子力に反対する 100 個の十分な理由 〜100 gute Gründe gegen Atomkraft〜

#32 金の亡者

原子力発電所において迷ったときの判断基準は――安全より利益優先――それが爆発事故
の後であっても。
2002 年のはじめ、原発ブルンスビュッテルで安全検査をした一団はまさに「死人のような
真っ青な顔」で原発から出てきた。彼らは原子炉圧力容器の脇の配管調査をした――配管
というより、25 個の残骸であったが。2001 年 12 月 14 日、水素爆発によって、直径 10cm
の配管(肉厚 5〜8mm)の 3m 分が粉々に破裂した。
当時の原発事業者 HEW(現 Vattenfall)は、「経年変化で発生したパッキンの漏損」であ
ると申告し、その配管バルブを閉じたが――原子炉の稼動はそのまま続けられた。季節は
冬のことであり(電力需要が大きいことから)、電力市場における電気価格は最高値を記録
していた。州都キール市にある州の社会福祉・健康省(原発の監督官庁)が強い圧力をか
けたことではじめて、HEW は 2 月中旬に原子力発電所の稼働を停止し、安全検査が実施
された。その後、この原子力発電所は、13 カ月に及んで停止された。



 

【訂正】虚偽の噂を愛知県の下種な主婦が流したと知り、辟易してます。事実関係確認不要と言う論者も注意。

2014-12-16 05:05:45 | 福島第一原発

すいません。訂正します。この情報は、内容が首都圏に関わる話と併記されていた為、首都圏の主婦が流していることと認識していましたが、細かく確認したところ、愛知県に元々いる主婦(避難者ではない)が流していることが判明しました。

また、愛知です。本当に酷い。

 

【愛知県で自称、被曝懸念の下種な主婦の妄想に迷惑しています】

愛知県の被曝を懸念している主婦の中で、当方に対して下らない噂を広めている輩がいるそうです。こういう主婦は、人間のクズなので、人定が出来次第、まず彼女の関係先(夫など)に、直接、電話連絡して、こちらが、迷惑していることを告げます。

次に、事実無根で、名誉毀損に該当しますので、法的対応をしますから、覚悟しておいて下さい。

流している噂は、「木下が女子会をたちあげて、独身女子を狙っている」というもの。

もういい加減にしてほしいです。設立も2012年夏ですし、何ですか、今頃になって、このレベルの低い話をするのは。

実際に「放射能防御プロジェクト女子会」https://www.facebook.com/groups/190023214461507/に属している独身女性で、僕に誘惑された人が一人でもいるというのでしょうか? 

いるなら、是非、名乗りあげてください。ありえませんが。

この女子会が、 どんなに暗い雰囲気で、会が行われていたのか、都内で数回リアルで小規模な会を開催した時の参加者は知っています。

そもそも、子供の被曝回避という命題ばかりが言われて、自分達の身を守るということを若い女性が言い出せないから、こういうグループを作りたいという話があり、このグループは出来ました。被曝回避に関しての、若い女性の複雑な思いから始まっています。しかも自分の身を守ることを口に出させないようにする、おかしな日本社会の圧力と戦えるのかどうかというところから、この女子会はできています。それにもかかわらず、こういう中傷をする主婦というのは、人間として許せる存在ではありません。

本当に許さないからな。

一連の経緯も無視している、こういうおかしな妄想を言い募る、被曝回避を自称する愛知県の主婦の存在、こうした余りにもレベルの低い話を聞かされて、本当に不快です。

被曝回避活動で、その後、この女子会が特に首都圏で活発な感じになっていないため、ネット上のグループとして続いているだけです。そういう状況なのに、こういう下らない噂を流す下種な主婦がいるということです。しかも、実状を知っているとは、全く思えませんから、妄想を勝手に膨らませて、当方の中傷をしている状態です。

人間として明らかにおかしいです。

何と言うか、こういう人たちは、まともに被曝回避を考えているとも思えませんし、本当に不快です。

しかし、こういう勝手な妄想も、脳神経への内部被曝の影響も少しはあるかもしれません。被曝で、思い込みが強くなると言われますから。最近、首都圏の被曝回避的な人たちで、一定割合ではありますが、メールでも電話でも、本当におかしなやりとりを言い出す人もいるので、こうした懸念が強まりますが。

でも本当に気持ちが悪いし、吐き気がするのです。

 

=====================================================

別の話です。


原発国家になっている日本はだめですが、だからといって、陰謀論に踊らされたり、事実関係が違う内容のブログ情報をシェアすることなど、被曝回避にも、原発再稼動阻止にも、何も役に立ちません。

基本的な事実確認は、確実にしないと話は何にもはじまりません。あたりまえです。

こんな馬鹿げた内容の言説で、他人を明らかに事実が間違った方向に誘導している人間は、まずいです。政治的行動を促しているのに、事実関係も確認しなくて良いなどと言う話は、1%も認められません。

こんな基本的なことも認識できないと、外の人も説得できるような活動は絶対にできません。被曝回避の人々に、あたりまえの知性がある人が一定数以上はいないと、何もなりませんから。

こういうことが選挙前後から、言い募る、しかもそれなりの人々がいます。こんなのダメです。そして、こんなものに誘導されている、ツイッターやFacebookなどのネット住民が相当数います。

いつもいつも絶望しています。

自民に絶望するよりも(自民がよいと思ったことは生まれてから一度もないから絶望もしません)、こういう存在の人々しか、実はいないのかもしれない状況に、僕は、遥かに絶望しています。

実は自民党が勝ちきれなかった今回の総選挙の隠れたポイント。嵐が来ただけで、事故危険が高まる原発。

2014-12-15 14:51:20 | 福島第一原発

昨晩遅くに、選挙関連のメルマガ増刊は出しています。低すぎる投票率も含めて、まず一報的には、そちらをご購読下さい。

読みたいあなたは⇒http://www.hoshanobogyo.com/

重要情報はメルマガのみ、毎週金曜夜に定期配信。

【 首都圏16歳女子高校生が心筋梗塞で突然死するなど心筋梗塞での急死事例 】

【 東京23区のある地域から聞こえてきた相次ぐ訃報や救急搬送 】

 

その後に確定している投票を見ていると、本当に自民党は、選挙前と状態が変わらないということです。

これは、被曝回避や原発再稼動阻止に大きなプラスはありませんが、選挙前よりも状態が悪くなったわけではないことは、間違いありません。

状況的には、よくも悪くもステイの状態です。

あれだけ、殆どのメディアが自民圧勝と伝えながらも、結局、更に状況が変化したわけでなく、そのままになりました。

こういう選挙、意味なき信任投票を敢えておこなったことは、当事者はプラスと誤解しますが、得てしてマイナスになってくるものです。総選挙をおこなうハードルが下がりましたから、本当に、国論が分かれる状況が顕現化したときに、選挙を回避することが、現行政権では難しくなりますから。

そういう意味では、大きい得が政権側にある訳ではありません。それほど得がない選挙でした。

明確にプラスがあったのは、共産党。そして公明党。組織政党は低投票率で得をするということが、またはっきりしたました。

そうした状況下で、実は、今回の選挙で隠れてポイントを獲得しているのが、消滅した「みんなの党」、維新や無所属に分かれていったグループと思います。第三極というスタンスは成立しませんが、いろんな形で分散して行ったことで、次の政治勢力の媒介として機能する立場に入りつつあると思いますし、大阪維新がローカルパーティーとしても、勢力をそがれている状態の中で、江田氏を中心とした勢力が鍵を握っているのは、間違いありません。民主が、惜敗率で党首落選と言う状態で、代表選挙をおこなう状態も含めて、実は展開が注目されます。

こうしたグループにも、原発再稼動阻止や被曝回避をきちんと結合させる努力は続けるべきと僕は考えています。原発反対も被曝回避も自民政権は全く対応しません。そうすると、政権獲得可能性のある政党の中で、我々の考え方を飲ませる努力は続けないとなりません。

僕はそう考えます。圧倒的少数派政党のみが、原発反対を言う政治状況を、そのまま応諾して、そうした政党の支援だけをすることを主張する人々がいますが、そんな話は未来はありません。

可能性のあるところに、こちらの合理的主張をどこまで飲ませることができるのか、これからは、政治的には、更にそうした動きを強めたいと思います。

「追記」

菅元総理が最後の議席に惜敗率で滑り込みました。本当に名簿も含めた市民選挙システムを作り上げた菅氏らしい戦い(選挙に強い)と思いますが、これはいろんな意味で、足を引っ張ると思います。それも含めて、菅氏らしいです。

==================================================

 

 日本のリアルな現状から、福岡という位置をどのように捉えるか。東京から岡山へ移住し初の来福となる三田医師と、震災後全国で講演し福岡でも定期的に講演を重ねてきた木下黄太。この二人による待望の本音トークです。 トークイベントにぜひご参加下さい。 

 

 【1/25(日)午後 三田茂医師&木下黄太講演会 in 福岡】

 

申込&詳細⇒http://kokucheese.com/event/index/242461/

2015年1月25日(開場14:00/開演14:30)

福岡市立中央市民センター・ホール 福岡市中央区赤坂2丁目5-8 

地下鉄空港線「赤坂駅」2番出口徒歩5分

バス→明治通り「赤坂門」バス停から徒歩5分、国体道路「警固町」バス停から徒歩3分

====================================================

来年の皮切りとなる講演、それが熊本。

【1/25(日)午前 三田茂医師&木下黄太講演会in熊本】 

2015年1月25日(日)  9:30開場 9:45開演  

場所/市民会館崇城大学ホール(熊本市民会館)大会議室 
熊本市中央区桜町1番3号  

熊本交通センター(バスターミナル)から徒歩2分、もしくは市電の花畑町電停から徒歩すぐ。

 詳細&申込先⇒http://kokucheese.com/event/index/241118/

==================================================== 

 

原子力に反対する 100 個の十分な理由 〜100 gute Gründe gegen Atomkraft〜

#31 悪天候

単に嵐が来ただけで事故の危険性が高まる。
原子力発電所の停電、いわゆる外部電源喪失は、原子炉にとって最も危険な状態である。
非常用電源が完全でなければ、冷却装置は停まり、炉心溶融の危機が迫る。この状態を
引き起こすのは、単なる悪天候で十分だ。
1977 年から 2004 年の間にこれまで 8 回、西ドイツの原子力発電所の重要な装置が雷
または嵐で停止し、危惧されている外部電源喪失の緊急事態になった。そのうち 1977 年
1 月 13 日に原発グントレミンゲン A では、修復不能な障害が発生した。洪水によっても危
機は迫る――大西洋岸にあるフランスの原子力発電所ブライエは、頻繁に洪水で冷却装置
の一部が停止している。


台風も原発には危ないという気がしますね。この話を知ると。





 

【選挙&ラブコメ】本日は、だっげらいよんも投票所にGO!良いことがあるかもしれないから、君も行こうね。

2014-12-14 00:15:00 | 福島第一原発

【 首都圏16歳女子高校生が心筋梗塞で突然死するなど心筋梗塞での急死事例 】
【 東京23区のある地域から聞こえてきた相次ぐ訃報や救急搬送 】

重要情報はメルマガのみ、毎週金曜夜に定期配信。

本日22時以降に、選挙メルマガ増刊も配信予定。

読みたいあなたは⇒http://www.hoshanobogyo.com/

======================================================

 

遂に「選挙&ラブコメ!」 だけらちゃんを見習って、君も投票所に進め。⇒⇒⇒http://ameblo.jp/shibazakitoshie/


=========================================================

 

 日本のリアルな現状から、福岡という位置をどのように捉えるか。東京から岡山へ移住し初の来福となる三田医師と、震災後全国で講演し福岡でも定期的に講演を重ねてきた木下黄太。この二人による待望の本音トークです。 トークイベントにぜひご参加下さい。 

 

 【1/25(日)午後 三田茂医師&木下黄太講演会 in 福岡】

 

申込&詳細⇒http://kokucheese.com/event/index/242461/

2015年1月25日(開場14:00/開演14:30)

福岡市立中央市民センター・ホール 福岡市中央区赤坂2丁目5-8 

地下鉄空港線「赤坂駅」2番出口徒歩5分

バス→明治通り「赤坂門」バス停から徒歩5分、国体道路「警固町」バス停から徒歩3分

====================================================

来年の皮切りとなる講演、それが熊本。

【1/25(日)午前 三田茂医師&木下黄太講演会in熊本】 

2015年1月25日(日)  9:30開場 9:45開演  

場所/市民会館崇城大学ホール(熊本市民会館)大会議室 
熊本市中央区桜町1番3号  

熊本交通センター(バスターミナル)から徒歩2分、もしくは市電の花畑町電停から徒歩すぐ。

 詳細&申込先⇒http://kokucheese.com/event/index/241118/

==================================================== 

原子力に反対する 100 個の十分な理由 〜100 gute Gründe gegen Atomkraft〜

 

#30 安全性ランキング

ドイツの原子力発電所の安全性は、あろうことか国際比較で低い。
ドイツの原子力発電所は「世界で最も安全性が高い」?
それは間違っている! 1997 年に行われた OECD 諸国の国際的な安全性の比較にお
いて、ドイツで標準的な原発であると代表された原発ビブリス B は、炉心溶融の耐性で最
悪の成績であった。

水素爆発の可能性がとりわけ高く、鋼鉄製の原子炉格納容器が極めて不安定であると、
専門家は鑑定した。ビブリスでは「炉心溶融時に放射性物質が大量に拡散する危険性が
格段に高い」とコメントされている。

明日は必ず投票しましょう。投票しないあなたは、普通の奴隷より下劣な存在です。来春、高浜原発再稼動へ。

2014-12-13 14:53:33 | 福島第一原発

 木下黄太メールマガジン [第45号 2014/12/12]より

-------------------------------------------------------------------------------------------

さて、明後日、日曜日は総選挙です。あなたは投票は当日ですか?

期日前投票ですか? 僕はきのう投票は済ませました。

 関心度が薄いといわれる今回の総選挙なのですが、確かに、争点が極めて明
瞭でない中で、何のための選挙か実感がないまま選挙戦が行われています。
 消費税が争点と言い出していますが、結局、増税は先送りとなっていますか
ら、選挙の争点としては全く成立する状態ではありません。現政権は、現況を
維持する為に、選挙に打って出た構図です。そうした現政権側の感覚を凌駕す
るような動きは選挙戦の中ではほとんど起きていません。

 そうすると、状況は、現政権側に有利に進んでいることは間違いなく、事実
上の信任投票的色彩が強まっていると思います。
 しかも、大雪が言われている地域もあることから、投票率が下がる可能性が
高くなっていて、こうした場合に、政権与党や背景に組織 的体制が強固な政党
が有利となっている展開です。
 このままでよいのだろうかと僕なんかは思います。

 現況の状態が相当に不鮮明な中で、日本経済、日本が落日を取り戻すという
雄叫びを上げているだけの現政権に対して信任投票が為されて、それを全体か
ら比較すると多数ではない人が投票に行き、その内の半数以上が投票しただけ
で、信任されていく構図です。

 こんな馬鹿げたシステムしか機能していません。諸外国では、自分達の見解
が反映できないと戦っている人々もいるというのに、そうした権利があるにも
かかわらず、投票行動すらとらない人たちが多数いる状況は、本当に何の辻褄
もあいません。

 まず、投票に行って下さい。不在者投票、期日前投票、時間延長など、ここ
まで、投票しやすいシステムになっているにも、関わらず、投票しないのは、
民度が低いのです。
 ここまで、民度が低いと、政治家や官僚は、国民を下に見て、100パーセント
確実に馬鹿にしています。馬鹿にしている相手の為に、本当にきちんとしたこ
とをしようとする人間なんぞ、いる筈もありません。施しを適当にしてやろう
というのが関の山です。

 政府が悪い、政権が悪い、官僚が悪いと言う前に、投票行動すらしない人た
ちが、かなりの数存在していること自体、この国のレベルをそのまま示してい
ます。

 原発再稼動一つを取っても、それを容認する政治家とそうでない政治家に色
分けできます。より妥当だと思える政治家を小選挙区では選択してください。
ここで、大切なのは、小選挙区は当選可能性がほぼない候補に投票すると死に
票になるということです。小選挙区は、当選可能性のある候補の中から、少な
くとも原発政策などの観点だけでも、評価して、選択をして下さい。

⇒これは、メルマガ最新号の前書きから引用です。前書き自体も、この後も続きます。

この続きはメールマガジンを購読して、お読み下さい。同じ最新号で伝えているメインの内容。

【 首都圏16歳女子高校生が心筋梗塞で突然死するなど心筋梗塞での急死事例 】
【東京23区のある地域から聞こえてきた相次ぐ訃報や救急搬送 】

重要情報はメルマガのみ金曜夜に配信。

読みたいあなたは⇒http://www.hoshanobogyo.com/

=================================================

原発関連で、最新の重要事は、高浜原発の3号機、4号機が原子力規制委員会の安全審査を年内に通過する見通しになっているということです。

現体制側は、着々と再稼動への流れを進めています。こうしたことは、本来は、被曝国において、重要な政権選択テーマの筈ですが、テレビ奴隷や電子奴隷、会社奴隷でしかない人たちが多数を占めている、日本の現在世界で、極めて厳しい状態です。

あなたが投票するということは、こうした奴隷よりも少しは自分がマシな存在であることを証明する為の、最もきちんとした手段にほかなりません。

ツイッターやFacebookのネット参加よりも、まずはあなたが現実に投票することが、最も大切です。

あなたが、奴隷なのか、奴隷より下なのか、そうでないのかが試されている選挙です。

そこを自覚してください。

ここまで言われて、読んでいて、それでも投票しない人は、間違いなく、奴隷よりも下劣な存在です。認識していて、あたりまえの行動すらしない人間は、可能性はありません。

======================================================

 日本のリアルな現状から、福岡という位置をどのように捉えるか。東京から岡山へ移住し初の来福となる三田医師と、震災後全国で講演し福岡でも定期的に講演を重ねてきた木下黄太。この二人による待望の本音トークです。 トークイベントにぜひご参加下さい。 

 【1/25(日)午後 三田茂医師&木下黄太講演会 in 福岡】

申込&詳細⇒http://kokucheese.com/event/index/242461/

2015年1月25日(開場14:00/開演14:30)

福岡市立中央市民センター・ホール 福岡市中央区赤坂2丁目5-8 

地下鉄空港線「赤坂駅」2番出口徒歩5分

バス→明治通り「赤坂門」バス停から徒歩5分、国体道路「警固町」バス停から徒歩3分

====================================================

来年の皮切りとなる講演、それが熊本。

【1/25(日)午前 三田茂医師&木下黄太講演会in熊本】 

2015年1月25日(日)  9:30開場 9:45開演  

場所/市民会館崇城大学ホール(熊本市民会館)大会議室 
熊本市中央区桜町1番3号  

熊本交通センター(バスターミナル)から徒歩2分、もしくは市電の花畑町電停から徒歩すぐ。

 詳細&申込先⇒http://kokucheese.com/event/index/241118/

====================================================

原子力に反対する 100 個の十分な理由 〜100 gute Gründe gegen Atomkraft〜

 

#29 破局的な大災害

破局的な大災害は、今日にでも起こりうる。
1989 年に行われた「ドイツ・原子力発電所の B 段階のリスク調査」では、西ドイツの原子
力発電所において技術的な欠陥により起こりうる破局的な大災害のリスクを年間 0.003%
としている。一見、小さなリスクに見える。しかし、EU のみにおいてでさえ、2007 年末の時
点で 146 基の原子力発電所が稼働している。それぞれ 40 年間の稼動期間を想定すると、
このリスクで見積もったとき、破局的な大災害の起こりうる確率は 16%を超える。ここには、
さまざまな原子力発電所で発生しうる故障・事故のシナリオや原子炉の危険性を増大させ
る老朽化は全く考慮されていない――同様に、ハリスブルク(スリーマイル島)とチェルノブイ
リの原因となった人為的なミスもここには含まれてない。



 


 





 

「ホワイトフード」ブログはAmebaのシステム誤作動で閲覧停止と釈明、勿論「秘密保護法」は無関係。

2014-12-12 14:36:35 | 福島第一原発

Facebookでは、1000人以上がいいねを押して、900人以上がシェアして拡散させた「ホワイトフード」などのアメブロ停止。

如何にネット住民が、きちんと思考しない人々であるのかが、如実に分る事例となりました。

下記のメールがホワイトフードの森社長より届きました(一度、面識があります)。更にホワイトフードのホームページより引用します。

=================================================

木下さん

「こんにちは。

先ほど復旧しました。
お騒がせいたしました。

今後ともよろしくお願いします。」

ホワイトフード
森啓太郎

----------------------------------------------------

先ほど「放射能とたたかうブログ」を運営しているサイバーエージェントのAmebaカスタマーサービスからメールで、『ブログの閲覧と運用が可能になったとのことでした。』と連絡がありました。

Amebaではシステムによるスパムブログの検知・確認を行っており、当方のブログにつきましては誤対応により、閲覧できない状態となっていたとのことでした。過去記事をバックアップしたいと申請しておりましたので、ありがたくメールを受け取った次第です。

今後のブログのバックアップや更新のポリシーを含めて、これから検討して参ります。

ご心配や励ましのお言葉をくださったお客さま、ありがとうございました。また、過剰に反応し過ぎであるとお叱りも多数頂きました。お騒がせいたしました皆さまにつきましては、誠に申し訳ございませんでした。

これからも子どもを放射能から守るというミッションに忠実に、何があったとしても継続して参りたいと思います。

今後ともよろしくお願いします。

--------------------------------------------------------

 要は、間違いでアクセスできない状態になっていたが、復旧させた、ということだそうです。こうした運営側の説明を額面どおりに取るかどうかは、難しい部分もありますが、少なくとも秘密保護法関連で閉鎖したことは、ありえないことがはっきりしました。

 また、Amebaが言っているらしい「システムによるスパムブログの検知・確認を行っており、誤対応により、閲覧できない状態となっていた」ということが起きてしまう運営元は、そもそも機能的に信頼に値するレベルがないということにもなると思います。

いずれにしても、そもそも頼るレベルではない運営元で、こういうことが起きても何にもおかしくありません。


また、ネット上で、被曝回避や反原発関連の人たちが、秘密保護法との関連で、この事象を騒いでいましたが、まったく何の意味もなかったということです。

というか、そういう人々の妄想とその伝播は、社会に取って最早、害悪のレベルに近いです。

こんなことに仰け反って反応した何千人という人たちが、少しでも反省して、今一度、落ち着いて考えようとすることを期待はします(多分大半の人たちは出来ません)。

合掌。

=======================================================

木下黄太メールマガジン最新号は本日夜配信予定。

重要情報はメルマガのみ金曜夜に配信。購読したい方は⇒http://www.hoshanobogyo.com/

====================================================

 

日本のリアルな現状から、福岡という位置をどのように捉えるか。東京から岡山へ移住し初の来福となる三田医師と、震災後全国で講演し福岡でも定期的に講演を重ねてきた木下黄太。この二人による待望の本音トークです。 トークイベントにぜひご参加下さい。

 

 【1/25(日)午後 三田茂医師&木下黄太講演会 in 福岡】

申込&詳細⇒http://kokucheese.com/event/index/242461/

2015年1月25日(開場14:00/開演14:30)

福岡市立中央市民センター・ホール 福岡市中央区赤坂2丁目5-8 

地下鉄空港線「赤坂駅」2番出口徒歩5分

バス→明治通り「赤坂門」バス停から徒歩5分、国体道路「警固町」バス停から徒歩3分

参加費/大人予約&前売り 1000円 当日は1500円 

 ====================================================

来年の皮切りとなる講演、それが熊本。

【1/25(日)午前 三田茂医師&木下黄太講演会in熊本】 

2015年1月25日(日)  9:30開場 9:45開演  

場所/市民会館崇城大学ホール(熊本市民会館)大会議室 
熊本市中央区桜町1番3号  

熊本交通センター(バスターミナル)から徒歩2分、もしくは市電の花畑町電停から徒歩すぐ。

 参加費/大人予約&前売り 1000円 当日は1500円 中学生以下無料 

 詳細&申込先⇒http://kokucheese.com/event/index/241118/

====================================================




【ネット住民の妄想へ冷水】本当に戦う意識がある人はアメブロを場として選ぶ可能性は元々ありません。

2014-12-12 00:13:33 | 福島第一原発

木下黄太メールマガジン最新号は本日夜配信予定。

重要情報はメルマガのみ金曜夜に配信。購読したい方は⇒http://www.hoshanobogyo.com/


インターネット住民の間に、またしても妄想が拡がっているので、書いておきます(こんな妄想ばかりがいつまで続くのかと思いますが)。

『真実を探すブログ』や「ホワイトフード」のブログが、特定秘密保護法の関連で、アメブロのブログを閉鎖させられたという妄想です。

閉鎖は事実のようですが、果たして理由は特定秘密保護法の関連なのでしょうか?


そもそも、アメブロというのは、サイバーエージェント社にとって都合の良い内容のブログが載せられるシステムと、元々、僕は理解しています。

芸能人などの業界ブログを独占的に押さえているということでも、本質的にそういうものだということです。

それには、はっきり言うと、トップである藤田晋氏をどういう人物なのかと考えることだとも思います。

こういう会社は例えば僕のブログを掲載しているようなgooのようなタイプの会社(ここが万全と言っているわけではありませんが)とは異なり、その経営者の意向でも、かなり左右する存在だと思えます。ITバブルの申し子達の一人ですから。

こういうことを少しでもきちんと考えたら、このアメブロで本質的に何か戦う内容を掲載することが果たして可能かどうかと心に問うたら、十中八、九はそもそも無理に決まっていますという答えしかありません。。

まず最初から、戦うつもりなら、アメブロになんかしません。少なくとも書く側に戦う場としてのメリットがありません。

そもそもこういう感じの規約まであるそうです。

【禁止事項】当社が許可したものを除き、営利、非営利目的を問わず、物やサービスの売買、交換(それらの宣伝、告知、勧誘を含む)を目的とする情報の送信等(物品を販売し、又は契約を締結させることを目的とする無料セミナーの情報の送信等を含む)

「営利、非営利目的を問わず」、こんな規約を拡大解釈したら、何でもダメだと思います。

そして、特定秘密保護法だから削除されたような、ありえない話が流布されていますが、こういう運営側にとっては、目障りなものを、ただ、どんどん排除しているだけと思います。

当然、彼らにとってメリットがないものは、そのターゲットになっているだけと思います。

今回、削除されたという「ホワイトフード」のブログは、当然サイバーエージェント社には何の利益ももたらしません。「ホワイトフード」の店が置かれている楽天にはメリットはあっても。こんなAmebaの規約なら、そもそも、どうなってもおかしくはないです。

こうした類似行為を、運営側のAmebaが過去にしたことは、一度や二度ではありません。放射能に限りません。

今までも、同様のことを散々繰り返しています。だからここに運営元として頼るのがそもそも変なのです。

また、『真実を探すブログ』は『正しい情報を探すブログ』を名乗っていた頃に、強制退会させられていた過去があったはずです。なんで強制退会させられているアメブロに、また、出店ブログを出しているのか、全く理解不能なことです。『真実を探すブログ』をやっている側に何か違う意識があるとしか思えません。

こうしたことは、特定秘密保護法とは、どう考えても関係ありません。

ネット住民の皆さん、頭を冷やしてください(ここまで言っても分らない人が多分一定数いますが)。

いい加減な運営元で、こういう緩い判断をして、ブログ展開をしていて、閉じられてしまっただけです。

特に『真実を探すブログ』は、多分ネタの一つとして、展開しているような感覚だと思いますよ。

こんなことに踊らされているネット住民という存在を見るたびに、本当に僕は気分が重くなります。

学びということと全く無縁なのですから。何の進歩もありません。この冷水も効くかどうか、疑いながら書いています。

合掌。

======================================================

 

日本のリアルな現状から、福岡という位置をどのように捉えるか。東京から岡山へ移住し初の来福となる三田医師と、震災後全国で講演し福岡でも定期的に講演を重ねてきた木下黄太。この二人による待望の本音トークです。 トークイベントにぜひご参加下さい。

 

【1/25(日)午後 三田茂医師&木下黄太講演会 in 福岡】

申込&詳細⇒http://kokucheese.com/event/index/242461/

2015年1月25日(開場14:00/開演14:30)

福岡市立中央市民センター・ホール 福岡市中央区赤坂2丁目5-8 

地下鉄空港線「赤坂駅」2番出口徒歩5分

バス→明治通り「赤坂門」バス停から徒歩5分、国体道路「警固町」バス停から徒歩3分

参加費/大人予約&前売り 1000円 当日は1500円 

 ====================================================

来年の皮切りとなる講演、それが熊本。

【1/25(日)午前 三田茂医師&木下黄太講演会in熊本】 

2015年1月25日(日)  9:30開場 9:45開演  

場所/市民会館崇城大学ホール(熊本市民会館)大会議室 
熊本市中央区桜町1番3号  

熊本交通センター(バスターミナル)から徒歩2分、もしくは市電の花畑町電停から徒歩すぐ。

 参加費/大人予約&前売り 1000円 当日は1500円 中学生以下無料 

 詳細&申込先⇒http://kokucheese.com/event/index/241118/

====================================================

原子力に反対する 100 個の十分な理由 〜100 gute Gründe gegen Atomkraft〜

#28 保険

車 50 台分の保険の補償額のほうが、1 基の原子力発電所の保険よりも手厚い。
ドイツの原子力発電所の破局的な大災害は、健康被害、物損、資産の損害など合計 2.5
〜5.5 兆ユーロ規模の被害を発生させる。これは Prognos 研究所が 1992 年に当時ドイツ
自由民主党(FDP 党)が大臣を務めていた連邦経済省依頼の専門家鑑定の中で、試算し
た数字である。
ドイツで原発を稼動する全ての事業者が加入している損害賠償保険は、合計最大で 25
億ユーロまでカバーされているが――これは想定される被害額の 0.1%でしかない。原子力
発電所の駐車場に停めてある車 50 台のほうが、原子力発電所自身よりも大きな補償額で
カバーされている。






 

東京で居残る言い訳の為に、三年以上が経過しても、線量計測ばかりおこなうのは、只の馬鹿だと思います。

2014-12-11 01:39:43 | 福島第一原発

木下黄太メールマガジン最新号タイトル

・・・・ I N D E X・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【 「ウクライナで原発事故か」という情報を聞いたときに、あなたはどう考えて、どう対応すべきなのか 】
【 10月に両隣の高齢者が数日内で相次ぎ死亡、11月に60歳知人は突然死、同級生は骨髄のガンで移植手術 】他、
「東京で心筋梗塞が急増しているという情報」など。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
重要情報はメルマガのみ金曜夜に配信。購読したい方は⇒http://www.hoshanobogyo.com/

 
 安全だと思いたくて、放射能関連情報を見なくなったり、何にも関係を持たない人の方が、首都圏で居続けるのあり方としては、僕は、まだ理解します。

 その考え方として、正しいかどうかはともかく、まだそれなら道理が通ります。

 しかし、危険性がありうるという認識を持っている装いをしながら、三年半も経過して、線量を測り続けているグループが東京で活動している話を聞くとあきれ果てるだけです。

はっきり言って、只の馬鹿です。

何の意味もないし、計測しているという自己満足が、そんなに大切なのかと疑問に思います。

マスターベーションと同じ程度の話ですし、恐らくマスターベーションにすらなりません。

給食の細かいチェックや、ストロンチウムの確認という方向性なら理解はします。

医療的な状況がおきていないのかを、確認する作業が最も適切です。

そういう時期に差しかかっているのに、今更、線量を計測する動きに立ち戻る方向に誘導して何かをしているかのごとく、振舞うのは意味不明です。

この人たちは、本当は通常意識がおかしくなっているのかもしれないという疑問すら思っています。

線量で決着がもちろんつかないから、土壌汚染などをBq/kgで確認する作業は、既に2011年におこなっています。

話を後退させてどうするのか。全く意味も分りません。

つじつまの合わないことばかり、東京から聞こえてくると、本当に何なんだろうと思います。

特に、被曝問題を懸念していると言いながら、活動内容も当初から誤魔化しが多い人たちが、どんどんおかしな方向に進むのを見て、汚染地で被曝懸念をきちんと持ち続けて活動していくことは、ほぼ無理なのだろうと認識しています。

元々、低い段階の所作しか出来なかった人たちなのでしょうが、それが3年以上、誤魔化しが重なって、本当に酷くなっています。こういう連中に対して、被曝回避側としての仲間意識など、僕には全くありませんから。

軽蔑して唾棄すべき存在でしかありません。

そして、もう土壌汚染をうんぬんする時期も違うレベルとは思います。

健康症状の発現をきちんと見ていく作業に特化したほうが良いと僕は思っています。

=========================================================

 似たような話で明言しておきます。

 僕は、熊本の小野医師には、当方が語ってもいないことを勝手に誹謗中傷されて、迷惑している状態です。当方からは、彼に何も元々していません。こういうトラブルが起きている以上、この人間と関わりたくもありません。当方のことに関して、更に何かおかしな言及があれば、法的手段も取る予定で、弁護士と協議しています。

 小野さん、隠語などを使って中傷したこともすべてわかっています。ツイキャスも含めて。いい加減にやめないと、本当にありとあらゆる措置を取りますよ。僕はあなたより、社会的対処法が多々あります。そうしたほうがよいなら、徹底してやりますから。

 こういう状態にも関わらず、小野医師についての問い合わせをしてくる人がいますが、関わりたくないから、答えるつもりもありません。というか、迷惑です。そういうことをしてくる人も、こちらは人間関係は切りますので、認識してください。

 僕に質問をされたり、何か問い合わせをしたい方に、僕は極力対応しています。特に金銭的対価もなく、対応しています。そういう僕に対して、最低限のマナー位は守ってください。問い合わせをされている僕が、迷惑していると明言している対象について、それでも問い合わせをしてくるのは、正常な話ではありません。

 なんというか、最低限のマナーも守らない人たちの対応ばかり、なぜ続くのか、僕にはさっぱり理解できません。そういう常識を守らない人たちは、何の為にもならないので、単純に切り捨てますので、そのつもりでいて下さい。

=====================================================

日本のリアルな現状から、福岡という位置をどのように捉えるか。東京から岡山へ移住し初の来福となる三田医師と、震災後全国で講演し福岡でも定期的に講演を重ねてきた木下黄太。この二人による待望の本音トークです。 トークイベントにぜひご参加下さい。

【1/25(日)午後 三田茂医師&木下黄太講演会 in 福岡】

申込&詳細⇒http://kokucheese.com/event/index/242461/

2015年1月25日(開場14:00/開演14:30)

福岡市立中央市民センター・ホール 福岡市中央区赤坂2丁目5-8 

地下鉄空港線「赤坂駅」2番出口徒歩5分

バス→明治通り「赤坂門」バス停から徒歩5分、国体道路「警固町」バス停から徒歩3分

参加費/大人予約&前売り 1000円 当日は1500円 

 ====================================================

来年の皮切りとなる講演、それが熊本。

【1/25(日)午前 三田茂医師&木下黄太講演会in熊本】 

2015年1月25日(日)  9:30開場 9:45開演  

場所/市民会館崇城大学ホール(熊本市民会館)大会議室 
熊本市中央区桜町1番3号  

熊本交通センター(バスターミナル)から徒歩2分、もしくは市電の花畑町電停から徒歩すぐ。

 参加費/大人予約&前売り 1000円 当日は1500円 中学生以下無料 

 詳細&申込先⇒http://kokucheese.com/event/index/241118/

====================================================

原子力に反対する 100 個の十分な理由 〜100 gute Gründe gegen Atomkraft〜

#27 すでに倒れゆく新型原子炉

新型の原子炉でさえ、安全でない。
フランスの原子力コンツェルン AREVA が現在、フィンランドとフランスで建設中の自称、
最新型の欧州加圧水型原子炉(EPR)であっても、炉心溶融にいたるまでの重大な事故は
起きうる。その場合、大量の放射性物質が周囲に撒き散らされる。原子炉を稼動させ、非
常時には安全に停止に導く EPR の操作管理技術に対して、フィンランド、イギリス、フランス
それぞれの原子力安全監督官庁は、リスクが多大であり、それゆえ共通の声明を出すこと
でこれに反対している。
単純な航空機墜落に対してさえ、自称では格段に安全だと唱えられている新型原子炉は
防護されていない。フランス政府は、この新型の建設を中止する代わりに、危険だとする専
門家による鑑定書を軍事機密として封印した。




 

『美味しんぼ』作者、雁屋哲氏が来年一月に反論本を出版。放射能防御プロジェクトの抗議会見内容も再確認。

2014-12-10 13:03:08 | 福島第一原発

 木下黄太メールマガジン最新号タイトル

・・・・ I N D E X・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ウクライナで原発事故か」という情報を聞いたときに、あなたはどう考えて、どう対応すべきなのか
10月に両隣の高齢者が数日内で相次ぎ死亡、11月に60歳知人は突然死、同級生は骨髄のガンで移植手術 】他、
「東京で心筋梗塞が急増しているという情報」など。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
重要情報はメルマガのみ金曜夜に配信。購読したい方は⇒http://www.hoshanobogyo.com/

『美味しんぼ』のマンガが出版され、反論本も来年一月に出るそうです。

『美味しんぼ』が、100%記述が合っているわけではありませんが、僕らの感覚からすると、あの程度の鼻血描写で過剰反応している体制側とメディアは、そもそも滑稽です。こんな滑稽な現象がおきていることを、外から見たら、大変に奇妙に見えています。

セシウムの身体影響を調査したことで、ベラルーシ政府が獄につないだ、ユーリ・バンダジェフスキー博士の言葉をもう一度引用しておきましょう。彼は、笑い飛ばしている感覚でしたが。

「だって、汚染地で鼻血なんて普通に起きている話だから。日本の医者はそんなどうでもよいことに何で拘るのか。しかも、心臓に出てくる症状や、血液疾患などに比べると、鼻血がおきているのかどうかなんて、そんなに大切な話ではない。それが、おきているのかどうなんて、何でそんな議論しているのか。」

雁屋さんの反論本は僕も読んでみたいので、出版後に確認したいと思います。

この鼻血騒動に関して、全国で最も早く会見し、特に大阪ガレキ焼却関連の記述についての攻撃に対して(橋下大阪市長によるもの)、反論する内容を伝えたのが、僕が創設している『放射能防御プロジェクト』の近畿グループです。

会見内容が当日、複数回ニュース報道されました。

その時の会見内容を改めて掲載しておきますので、皆さんでも再確認されてください。

==================================================

○橋下市長、大阪市、大阪府が、「美味しんぼ」騒動に関連して、松井医師の発言がマンガ内で取り上げられている内容に、厳重抗議したり、法的手段を抗議文でちらつかせている事態がおきている話です。


○私達のグループは、大阪の多くの市民団体とも協力して、被曝回避の話に繋がると考えて、ガレキ焼却にずっと反対。私達の関連グループは、インターネットで放射能防御という旗印で集まっている仲間なのですが、全国で多くの地域で実際にガレキ焼却をとめている状態。近隣で言えば、三重とか京都かは活動の成果もかなりあって止められたと。

○残念ながら、近畿では唯一、大阪がガレキ焼却に踏み切りました。汚染がない愛知県より西側の地域で、ガレキ焼却を本格的にしたのは、北九州市と大阪市。
○焼却前の説明会、2012年の7月4日ですが、「「鼻血が出ても、(がれき焼却との)因果関係は証明できない。」と橋下市長自身が発言。
○ガレキ反対をしていた市民側のメンバーが逮捕。逮捕されたうちの一人の女性は、少なくとも政治活動歴はなくて、この放射能のことではじめて認識したような人。そういう女性も説明会場で無理やり逮捕させるようなことがおきた。
○無理やり燃やしたのが、大阪のガレキ焼却です。これが、いろんな放射性物質や化学物質の拡散する危険性があることを、橋下市長に届けようとしましたが、すべて無駄。
○私は避難者で、大阪が実家なんですが、福島第一原発事故以降、東京で甲状腺の数値が急に悪化して、数ヵ月後に大阪に戻ってきました。子供達をつれて。大阪に来たら、数値が正常になり、原発事故の影響、怖さを知っている。
○懸念している市民の中では、鼻血が出たり、体調不良がおきているケースもある。体調不良の話はガレキ焼却の間に心配している人たちの間では本当によく話されていました。ネットでもリアルでも。
○ネットは特有の構造がありますから、拡大化していくことはあるかもしれませんが、それでもそういう声が寄せられる以上、何か起きてくる場合を想定して、健康症状の異常を取りまとめておくことが大切と認識。
○とりまとめてくれたのが、「大阪おかんの会」というグループ。これまでそういう活動に全く参加したことの無い女性達のグループ。
○本当は今回、この会の人たちが、会見に出てくれれば一番よいんですが、でられないという返事が来ました。おびえていて出られない。焼却もすんで時間が経過しているから、本人達の活動もあんまりされていない。彼女達がお断りを告げたペーパー読み上げ。
○実際にこちらが調査はしていないし、この団体のメンバーと密になにかやっている感覚でもないので、表面的な説明しか出来ないと説明。
○私達がわかるのは、調査は、ガレキ焼却後に数ヶ月間、インターネット、ブログ、フェイスブック、ツイッターなどで呼びかけて、登録フォームより症状を記入してもらい、まとめた。情報提供してきた人たちが健康症状がおきていると感じていることをまとめたものだということ。
○例えば本格焼却を始めた2013年2月以降、2013年の4月19日までの集計結果。

報告人数797名/自覚症状総数1826=2.29(一人あたりの平均発症数)
喉の異常・咳・痰…585
鼻の異常…鼻水・痛み188+鼻血97=226
眼の痛み・かゆみ…272

○この時点では、800人近いインターネットを介して集められたデータがあって、この人たちが、一人当たり二つくらいの症状を訴えていて、そのなかで、97人の人、一割強が鼻血の症状を言っている。

○こういう形のデータとして取りまとめる前の生データは、人別に別れているようで、私達は個人情報の秘匿もあるため、おかんの会から今回も渡されていない。後は県別の話ですが、殆ど大阪、さらに対岸の兵庫で9割近くの訴え。
○私の身近、大阪避難者の間で、甲状腺機能低下など体調不良の話が当たり前に聞こえてきます。
○個人も一定以上特定できるとは言え、医師が面談調査したようなデータではありませんから、そのデータが万全であるはずもない。しかし、そうした声を無視するべきではない。

○これは途中経過を民生保険委員会・大阪市会に提出していて、議会でも取り上げています。だから資料的には意味が無いものだとも思いませんし、一般市民ができる範囲内でやったものだと考えている。
○このデータについて、まず小学館や「美味しんぼ」作者より、事前に問い合わせ、接触はまったくなく、掲載後に騒ぎが起きて「おかんの会」は知る状態だった。

○おかんの会としては、対応のしようもないだろうし、すでに議会などにも出し、市長に届けているデータに掲載している内容が、マンガに描かれていることで、何であんなに抗議し、法的措置までちらつかせるのか、奇妙。

○松井先生と「大阪おかんの会」が去年四月に勉強会をおこない、そのときに資料を渡したそうです。このときに話した内容に基づいて今回のマンガに繋がったのだろうと推測。
○ガレキの焼却に関して、鼻血が出たのか、出ないのかということではなくて、まず虚心坦懐に、なにかおきているのかどうか、確認をすべきということ。
○鼻血というワードに、今回、みなさんがとても反応していますが、鼻血の話は、汚染地では別に珍しいことではなくて、例えば・・・ヤブロコフ博士のチェルノブイリレポートを見てください。これは、岩波から出ている「チェルノブイリの被害の全貌」という本と同じなのですが、訳は、私たちのグループの人がしたものです。呼吸器疾患の初期症状として、鼻血がある。
○広河氏がチェルノブイリのときに調査した資料、二万人強にアンケートを取って、どの地域でも、鼻血が出た人が20パーセント。
○今回の事故で、福島の双葉町の健康調査した熊本学園大学の中地氏の報告です。中心は岡山大学の疫学の学者ですが、そこでも、まず、双葉町で、まず特に鼻血の話が症状として出ている。
○資料のリンクもだしているし、失礼ですが記者のみなさんも勉強してほしい。私たちは、もうすでに3年くらいこの関連話を調べているので、記者さんたちの情報の間に開きがありすぎる。
○もちろん、このことですぐに因果関係があると、断定しているわけではありません。ですが、こういった起こってくる事象を、これから丁寧にくみ取っていくという作業をしていくというのが、大事であって、人々の健康不調の話を無視すべきではない。
○放射能の健康被害は、このあと、どんな形で、どうなるかは、誰も分からない。だからこそ、分からないことを最初から否定することはおかしくて、分からないことを橋下市長が、まっさきに否定してくるのはおかしいことで、それは、住民の健康を守る、行政の在り方、首長の在り方として、まったく本末転倒。
=====================================================

こうした対応を続けている僕らからすると、日本の世間という存在が、如何に狭量な人々の集積体であるかがよくわかります。

更にパフォーマンス的言説に、殆どの報道機関が右往左往するしかない実状があり、体制側が異論をとにかく押しつぶしたい意識がよくよく理解できています。

こういう具体的な活動拠点として、放射能防御プロジェクトは各地でグループがありますので、参加してみて下さい。ネットで妄想をわめき散らしている発信者達と、僕らは違います。

今回の記事の一番最後に列挙しておきます。

=====================================================

日本のリアルな現状から、福岡という位置をどのように捉えるか。東京から岡山へ移住し初の来福となる三田医師と、震災後全国で講演し福岡でも定期的に講演を重ねてきた木下黄太。この二人による待望の本音トークです。 トークイベントにぜひご参加下さい。

【1/25(日)午後 三田茂医師&木下黄太講演会 in 福岡】

申込&詳細⇒http://kokucheese.com/event/index/242461/

2015年1月25日(開場14:00/開演14:30)

福岡市立中央市民センター・ホール 福岡市中央区赤坂2丁目5-8 

地下鉄空港線「赤坂駅」2番出口徒歩5分

バス→明治通り「赤坂門」バス停から徒歩5分、国体道路「警固町」バス停から徒歩3分

参加費/大人予約&前売り 1000円 当日は1500円 

 ====================================================

来年の皮切りとなる講演は、熊本。

【1/25(日)午前 三田茂医師&木下黄太講演会in熊本】 

2015年1月25日(日)  9:30開場 9:45開演  

場所/市民会館崇城大学ホール(熊本市民会館)大会議室 
熊本市中央区桜町1番3号  

熊本交通センター(バスターミナル)から徒歩2分、もしくは市電の花畑町電停から徒歩すぐ。

 参加費/大人予約&前売り 1000円 当日は1500円 中学生以下無料 

 詳細&申込先⇒http://kokucheese.com/event/index/241118/

====================================================

原子力に反対する 100 個の十分な理由 〜100 gute Gründe gegen Atomkraft〜

#26 航空機墜落

原子力発電所は航空機の墜落に対して守られていない。
ドイツにある原子力発電所は 1 つとして、燃料満タンの旅客飛行機の墜落に耐えること
ができない。これは、原子炉安全協会が――当初は極秘資料として――連邦環境省依頼の
専門家鑑定に記されている。
それどころか 7 つの原子炉はかなり薄いコンクリートの壁を持つだけで、戦闘機の墜落や
戦車装甲を貫通する兵器でさえ、破局的な大災害を引き起こすことができる。

 


 テロを考えたら、原発はハイリスク過ぎます。9.11.後の世界では、危険が大きすぎることが、こうした話でよくわかりますね。

=================================================

放射能防御プロジェクトの関連グループは下記のとおりになります。全部で重複も含めると一万人以上のメンバーがいることになります。Facebookで運用しているもので、一般参加が可能なものです(運営側限定の少人数グループは別に存在)。また、これから派生してメーリングリストによる情報連絡をしている地域もあります。

被曝回避に関して具体的な活動をされたい方は、ご自身が関係する地域グループにお入りください。海外グループもあります。

これ以外には医師ネットワークがありますが、現在はメーリングリストでの連絡が主です。
医師の方で関心がある方はまず私にメールください。⇒nagaikenji20070927@yahoo.co.jp

各グループの参加先は下記のとおり。 

放射能防御プロジェクト女子会(RDP女子会

http://www.facebook.com/groups/190023214461507/

ここは参加資格があります。未婚既婚は問いませんが、まだママではない女性たち限定で、放射能防御を行うグループです。

放射能防御プロジェクト 北海道

http://www.facebook.com/groups/238760466232853/

放射能防御プロジェクト 東京(関東地方)

http://www.facebook.com/groups/286356271460140/

放射能防御プロジェクト 北陸

http://www.facebook.com/groups/135591699922058/

放射能防御プロジェクト 中部(甲信越含む)

http://www.facebook.com/groups/141209445967172/

放射能防御プロジェクト 近畿

http://www.facebook.com/groups/262087893818390/

放射能防御プロジェクト 中国

http://www.facebook.com/groups/cyugoku.info/

放射能防御プロジェクト 四国

http://www.facebook.com/groups/215846271812276/

放射能防御プロジェクト 九州

http://www.facebook.com/groups/357554564308882/

放射能防御プロジェクト 沖縄

http://www.facebook.com/groups/303467553070206/

放射能防御プロジェクト ヨーロッパ

http://www.facebook.com/groups/256282161066976/

放射能防御プロジェクト アジア

https://www.facebook.com/groups/rdp.asia/

放射能防御プロジェクト 北米

https://www.facebook.com/groups/rdp.NorthAmerica/

「福島第一原発を考えます」(第1グループ) 

http://www.facebook.com/groups/fukushimadaiichi/

「福島第一原発を考えます2」(第2グループ)  

https://www.facebook.com/groups/264874763523469/

 
 
==========================================================


あす12/10(水)特定秘密保護法施行、ネット住民の注意すべきこと。原子力規制委情報は特定秘密指定なし。

2014-12-09 13:58:10 | 福島第一原発
木下黄太メールマガジン最新号タイトル
・・・・ I N D E X・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【 「ウクライナで原発事故か」という情報を聞いたときに、あなたはどう考えて、どう対応すべきなのか 】
【 10月に両隣の高齢者が数日内で相次ぎ死亡、11月に60歳知人は突然死、同級生は骨髄のガンで移植手術 】他、
「東京で心筋梗塞が急増しているという情報」など。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
重要情報はメルマガのみ金曜夜に配信。購読したい方は⇒http://www.hoshanobogyo.com/

=======================================================

 

特定秘密保護法に関する反対集会を、金沢市内で弁護士会が計画したところ、公選法に触れる可能性があるとして、石川県選挙管理委員会が、特定候補の選挙活動とも取られかねないという見解を示していました。このケースでは、弁護士会は、集会を見送っています。

また、海外勤務や留学経験がある人間は、特定秘密を漏らす可能性が強くなると考えているような内調作成のメモが報じられていて、波紋も呼んでいます(外国に漏れたら困るから、こういう思考をするのは全く間違いではありませんが、このレベルの低さの文言だけ言われると、頭が痛くなります)。

 こういう話が聞こえてくる特定秘密保護法。法律的にはやりすぎですが、対処をどう考えるべきなのでしょうか。

実は、ある方から、こういう話も聞こえてきました。

 特定秘密保護法が施行されるから、僕は逮捕されたくないからと、過去のツイートを大量消去したり、アカウントを消したりしている連中が多数いるという話です。

法律は、基本的に施行前の事象を後から取り締まることはできません。

法の不遡及(ほうのふそきゅう)という概念を、そもそも知っていますか?実際に行為があったときに、合法とみなされる行為が、事後に法律が制定されて違法にあたる状態となったとしても、その行為が、法律制定前なら、遡って適用は原則できません。

ですから、過去のツイートで、あす施行の特定秘密保護法で問うことはそもそも無理です。

また、特定秘密保護法は、特定の秘密に当たる公的機関の情報を内部の人間が漏らしたり、その人間から情報を得て公にするなどの行為がないと、対象になりません。

どこからどこまでが特定秘密かが分りにくいですが、通常の情報ソースのことはこの法律はそもそも指していません。

特に、外国の諜報機関などとやりとりするような類の情報が該当する場合が多いと思います。

そして、ほとんどの場合、一般的、ネット参加者が、リツイートしていたり、発信している情報は該当する可能性さえ、ありません。

むしろ報道機関やフリーのジャーナリスト、弁護士などで、ものすごく情報収集能力が高い人には、こうした危険性はその度合いに応じてありうるかもしれません。

しかし、僕が自分の感覚で考えても、これまで25年間、様々な独自ニュースを出していますが、そのうちの1つか2つが該当するのかどうかを、辛うじて考えるくらいと思います。

ほとんど関係ありません。

スクープしか毎回出さないようなジャーナリストしか、おそらく日常的リスクは高くないのです。そんな人は、日本に殆どいませんし。

僕はこの法律がよいとは思っていませんし、懸念はしていますが、過剰反応すると体制側の思う壺としか考えられません。

そういう不安感を招きたいのが、体制側の恒常的欲望であって、それに踊らされているとしかおもえません。

そもそも逮捕が怖くて、ツイッターアカウントを消す時点で、実はそのネット住民が権力と本気で立ち向かう心算が全くないと分ってしまいます。それは、実は、クズの集合体だということです。

こういう状況も聞くと、結局ネット発信者の大半はヴァーチャルな世界で住んでいるだけで、現実の脅威ということを全く認知していない輩が多数だということです。少なくとも、内調とか公安という組織がどういう感覚の人がいて、どういう対応をしてくるのか、それを少しはわかっていないと妄想ばかりが蔓延します。それは、逆の意味で、「お花畑」ということです。

なお被曝関連や原発関連で、特定秘密保護法について、ひとつお伝えすることがあります。

原子力規制委員会は、規制委の原発関連情報が、現在は特定秘密保護法の要件を満たさないと判断して、特定秘密についての指定はしないそうです。あくまで現段階限定ですが。

このこと、一つの意味を、きちんと認識することを、まずは為さって下さい。

====================================================

 日本のリアルな現状から、福岡という位置をどのように捉えるか。東京から岡山へ移住し初の来福となる三田医師と、震災後全国で講演し福岡でも定期的に講演を重ねてきた木下黄太。この二人による待望の本音トークです。 

 

トークイベントにぜひご参加下さい。

【1/25(日)午後 三田茂医師&木下黄太講演会 in 福岡】

申込&詳細⇒http://kokucheese.com/event/index/242461/

2015年1月25日(開場14:00/開演14:30)

福岡市立中央市民センター・ホール 福岡市中央区赤坂2丁目5-8 

地下鉄空港線「赤坂駅」2番出口徒歩5分

バス→明治通り「赤坂門」バス停から徒歩5分、国体道路「警固町」バス停から徒歩3分

参加費/大人予約&前売り 1000円 当日は1500円 

 

====================================================

来年の皮切りとなる講演は、熊本。

【1/25(日)午前 三田茂医師&木下黄太講演会in熊本】 

2015年1月25日(日)  9:30開場 9:45開演  

場所/市民会館崇城大学ホール(熊本市民会館)大会議室 
熊本市中央区桜町1番3号  

熊本交通センター(バスターミナル)から徒歩2分、もしくは市電の花畑町電停から徒歩すぐ。

 参加費/大人予約&前売り 1000円 当日は1500円 中学生以下無料 

 詳細&申込先⇒http://kokucheese.com/event/index/241118/

====================================================

原子力に反対する 100 個の十分な理由 〜100 gute Gründe gegen Atomkraft〜

 

#25 地震の危険性

原子力発電所は十分に地震対策がなされていない。
フライブルク市近郊の原発フェッセンハイム、カールスルーエ市近くの原発フィリップスブ
ルク、ダルムシュタット市付近の原発ビブリス――これら 3 つ全ての原子力発電所は、ドイツ
で地震活動の最も活発な地域であるオーバーライン低地の上に建っている。しかし、それら
は他のドイツの原子炉と同じように、地震に対して簡単な備えしか持たない。
原子力発電所フェッセンハイムは、1356 年にバーゼル市を壊滅させた規模の地震発生
時には、震源が 30km 以上離れていなければ持ちこたえることができない。地震のほうが
原発の事情にあわせてくれるのだろうか?
原子力発電所ビブリスは、1.5 m/s2の重力加速度までしか耐えられない。ただし地震学
者は、マンハイム市ととダルムシュタット市の間のエリアで明らかにそれを上回る強い揺れ
を予測している。原子力発電所ネッカーヴェストハイムが建つ石灰層の地下では、地下水
が浸食し、最大 1,000 ㎥もの新たな空洞が開けられている。



選択肢がない衆議院選挙の大きなポイント⇒円の実質的価値が40年前と同程度に極端に下落していること。

2014-12-08 15:43:47 | その他
木下黄太メールマガジン最新号タイトル
・・・・ I N D E X・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【 「ウクライナで原発事故か」という情報を聞いたときに、あなたはどう考えて、どう対応すべきなのか 】
【 10月に両隣の高齢者が数日内で相次ぎ死亡、11月に60歳知人は突然死、同級生は骨髄のガンで移植手術 】他、
「東京で心筋梗塞が急増しているという情報」など。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
重要情報はメルマガのみ金曜夜に配信。購読したい方は⇒http://www.hoshanobogyo.com/

=======================================================


今回の衆議院選挙では、原発再稼動はおろか、被曝回避などは何の論点にもされていません。

これは相当におかしいことだとは思いますが、日本人という存在は、そもそも根底からおかしい判断をすることがあるので、国際的に見ても、どんなにおかしい判断をしていても、それがふつうの姿であると思い込んでいることが圧倒的に多い国民なので、その国にいる少数派には、できることが限られています。

そういう総選挙。

そうなると実質的争点は、経済的な観点しかありません。

最近、伝えられている話として、今の円安がどのくらいなのかを示すある指標が取りざたされています。

実質実効為替レートです。日銀の説明です。

「実効為替レートは、特定の2通貨間の為替レートをみているだけでは捉えられない、相対的な通貨の実力を測るための総合的な指標です。具体的には、対象となる全ての通貨と日本円との間の2通貨間為替レートを、貿易額等で計った相対的な重要度でウエイト付けして集計・算出します。」

1970年頃の1ドル=360円の固定相場の頃から推定で始まっている統計で、日本は73年2月に変動相場制に移行しましたが、実はその頃と同程度にまで、先月の実効相場も下がっているようです。

1ドル=121円台という数字に留まらず、相対的には、40年前と日本の「円」の価値は下落している可能性が高いということです。1ドル=300円位の価値ということです。

行き過ぎた円安はいずれ戻ると専門家は言いますが、更に円安が進んだ場合は、固定相場の頃にまで、突入する可能性も想定されるということです。

こうした経済状態を是とするのか、否とするのかが、今回の総選挙、大きな争点であると思います。

円安がここまで進んで、日本円の実質的価値が40年ぶりに下落している状態を、是とするのか、否と考えるのか、ここまで日本は追い詰められているということです。

======================================================

 日本のリアルな現状から、福岡という位置をどのように捉えるか。東京から岡山へ移住し初の来福となる三田医師と、震災後全国で講演し福岡でも定期的に講演を重ねてきた木下黄太。この二人による待望の本音トークです。 

トークイベントにぜひご参加下さい。

【1/25(日)午後 三田茂医師&木下黄太講演会 in 福岡】

申込&詳細⇒http://kokucheese.com/event/index/242461/(受付中)

2015年1月25日(開場14:00/開演14:30)

福岡市立中央市民センター・ホール 福岡市中央区赤坂2丁目5-8 

地下鉄空港線「赤坂駅」2番出口徒歩5分

バス→明治通り「赤坂門」バス停から徒歩5分、国体道路「警固町」バス停から徒歩3分

参加費/大人予約&前売り 1000円 当日は1500円 

 

====================================================

来年の皮切りとなる講演は、熊本。

託児枠は一杯になりそうと聞きました。託児の問い合わせは、本当にお急ぎ下さい。

【1/25(日)午前 三田茂医師&木下黄太講演会in熊本】 

2015年1月25日(日)  9:30開場 9:45開演  

場所/市民会館崇城大学ホール(熊本市民会館)大会議室 
熊本市中央区桜町1番3号  

熊本交通センター(バスターミナル)から徒歩2分、もしくは市電の花畑町電停から徒歩すぐ。

 参加費/大人予約&前売り 1000円 当日は1500円 中学生以下無料 

 詳細&申込先⇒http://kokucheese.com/event/index/241118/(現在受付中、託児もこちらから)

====================================================

原子力に反対する 100 個の十分な理由 〜100 gute Gründe gegen Atomkraft〜

#24 石器時代の技術

30 年前の技術とは一言で言うと、廃棄するにふさわしい。
現在でもなお稼働しているドイツの原子力発電所は、1970 年から 1982 年の間に建設工
事が開始された。
理性ある人間であれば、1970 年製造の VW-411(フォルクスワーゲン)のような車を「最
新の安全技術水準」であるとは絶対に言わない――もし、その車が今日までの間にバンパ
ーを取り替えたり、ブレーキを交換したり、シートベルトを取り付けたとしても。もし誰かが、
ホームコンピューターCommodore-C64(1982〜83 年製造)を今日のスタンダードに改
造すると言ったなら、間違いなく声の限りに嘲笑われるだろう。原子力発電所においてのみ、
原発事業者の見解では、こうしたことは問題ないとされている。