木下黄太のブログ 「放射能」 「被曝」「原発」、日本のリアルと未来を考えます。

「福島第一原発」の問題から「放射能防御プロジェクト」を創設、現在の日本の状況確認、様々な問題を自分の考えで書き進めます。

今度は国会で「何の根拠もなく」発言をすぐ謝罪する丸川環境相。出馬会見で"老け"が目立つ今井絵理子氏。

2016-02-10 00:00:00 | 福島第一原発と放射能

僕は、20年ほどテレビ局に生え抜きでいて、何人もの女子アナの人生を横で見ましたし、本人たちの相談も何度かは聞きました。

彼女たちの人生は、世の中の人が思っているほど、安寧なものでなく、試練に耐えるだけでなく、いろんな誘惑をうまくすり抜けられるかなど、違う意味でのいろんなハードルがあります。

女子アナと女性テレビ記者ともずいぶん違いはありました。

さらに女子アナの中でも、局によって、差も大きいです。

特にテレビ朝日は、女子アナに関してあまりいい話が、他局にいて聞こえてこなかったところです。

その中で、女子アナとしては、学歴も高い丸川氏が、テレ朝局内での立場で悩んでいるという話は、彼女と親しい女性テレビマンから、聞いたことがあります。そのテレビマンは、テレビ朝日では珍しく良識派女子アナの丸川氏の苦悩について、僕に語っていました。

僕は、その話を聞きながら、そういう部分も彼女にはあるだろうけれども、果たして本質的にそういう人なのだろうかと疑問に思いながら、受け応えしたことを思い出しています。

それは学歴が高くて知的に見えることが、本当に骨のある考えを有している場合一般的にも少ないですし、さらに女子アナという世界でまともに見える人が、一般的な世界でその意識を問われると、話にもならないケースは他にもよくありました。

まして、全体水準が女子アナ業界でも低いと思われていたテレビ朝日女子アナの中で、丸川氏が異色であっても、それが丸川氏の中身を担保することにつながるかどうかは本質的にわかりませんから。

その後、彼女が自民党から出馬という選択を選んでいく流れを見て、僕は「やはり」と思っただけでした。

頭が少しでもあるテレビ関係者なら、そんな選択はしませんから。

そして、環境大臣になってから、この丸川氏の言説は話になりません。

環境省の役人による水準が低い話を、彼女のキャパシティで理解してそのまま語るだけの内容でしょう。

何もきちんと考えていないことは、何事も会見などを聞いていれば明白です。

こんな人が、何か失言をすることも、問題になるとすぐに謝罪することも、別に当たり前のことでしかありません。

あまりにもレベルの低い人、元女子アナが形だけ大臣に成り上がるこの国、そのおぞましさが浮き彫りとなっているだけと思います。

なお、SPEEDの今井絵理子氏が自民から出馬するのも似たような感覚の話です。ただのタレントに期待するネット住民や国民が根本からアホなだけです。タレントに期待する馬鹿国民は、地の底まで落ちるしかないと思います。タレントに節操がある方が例外中の例外ですから。

それよりも、出馬会見で、まだ30代前半の彼女が、老けていることが僕には目につきました。相当に気になります。5年ほど前と比較して。僕の気のせいでしょうか。

 

 ======================================================

 最も大切なことは、メールマガジンのみで書き続けています。

 「木下黄太メールマガジン」 (毎週金曜・月4回)   

 被曝関連の健康症状等、重要情報はメルマガでのみ配信、ぜひ購読を⇒⇒⇒

 http://www.hoshanobogyo.com/ 

 =====================================================

 僕らにとって、イラストレーターの森本さんは放射能防御プロジェクト岡山で、中核にいた数人のメンバー。亡くなる数ヶ月前に、バンダジェフスキー博士岡山講演の受付で顔を見たのが最後になるとは。こんな才覚の方が、死ぬまで放射能を懸念していたことは、知ってほしいし、是非展覧会に足を運んでいただきたい。


                     (C)Miyuki Morimoto /森本美由紀 作品保存会


 「イラストレーター 森本美由紀 回顧展」 岡山県立美術館 

 本日2/10(水)〜3/21(月・祝)

                         岡山市北区天神町8-48  ☎086-225-4800
                         9時〜17時(入館は閉館30分前まで)
                         月曜日(休日の場合はその翌日)
http://www.pref.okayama.jp/seikatsu/kenbi/permanent-exh-mori.html

================================================






この記事をはてなブックマークに追加

石川県加賀市が台南市への義援金をゆうちょ口座で受付開始。Facebookで相次いで聞こえてきた突然死。

2016-02-09 02:10:33 | 福島第一原発と放射能

台南市と友好都市交流協定を結んでいる石川県加賀市は、募金が開始されました。

https://www.city.kaga.ishikawa.jp/chiiki/kokusai/tainangienkin.html

募金用のゆうちょ口座も設置されています。

加賀市と確認しましたが、台南市政府の当該口座にそのまま振り込むそうです。

市外からの振込みも含め、そのまま対応するそうですので、これが一番簡便に直接的に渡る可能性が高いです。

 

平成28年2月8日〜平成28年2月29日 
募金箱 加賀市役所、山中温泉支所 ほか

振込み用口座 銀行名: ゆうちょ銀行
振込み用口座:記号13120 番号20420131
※他行から振込みの場合
店名:三一八 サンイチハチ 口座番号:2042013

種目:普通預金
口座名義:加賀市都市交流協議会台湾台南市義援金かがしとしこうりゅうきょうぎかいたいわんたいなんしぎえんきん)

#‎台南大地震支援

======================================================

最も大切なことは、メールマガジンのみで書き続けています。

「木下黄太メールマガジン」 (毎週金曜・月4回)   

 被曝関連の健康症状等、重要情報はメルマガでのみ配信、ぜひ購読を⇒⇒⇒

http://www.hoshanobogyo.com/ 

=====================================================

 幾つかきのう確認するニュースが有りました。

まずは、突然死に関すること。

Facebookで2年前に僕に友人申請された男性。それ以外にやりとりがないので、よくわからないが、50才前後で銚子市内在住。おととい急死した模様です。

その死を悼む書き込みを読んでいると、その書き込みの中に、彼と似たような世代の知り合いの男性も突然なくなったという記述があり、リンクされたその男性のFacebookページを見ると、12月に突然亡くなっているようでした。この方は50歳手前。中野区在住。

こういう突然死の話が、二重三重に聞こえてくるということをどのように考えるのかがポイントになると僕は思います。


次の話です。

丸川環境大臣が放射能による健康被害に関して「何の根拠もなく」騒いだために過剰に対応していると言明したことが明らかになりました。

こんな馬鹿馬鹿しい言説をまともに論証するレベルではありませんが、こういう発言を平然とする人間が、環境大臣にいるということはとんでもない話です。この人間は、国民の為に環境大臣を行っているのではなく、環境省の役人や、自民党の中で好まれる言説を吐いているだけだと思います。

まさに、女子アナ的言説スタイルに過ぎません。

丸川珠代氏が、アナウンサー時代にまともな識見があったと主張するテレビ朝日周辺のテレビ関係者を、私は寡聞にして知りません。

彼女に限らず、元女子アナや元女性タレントで、人気が下降気味になったり、年齢でテレビに出る頻度が少なくなった人間が、与党から突然国会議員で出馬するケースは多いです。そして、そういう輩がまともな識見があるケースはほぼないです。彼女らには、タレントやアナウンサーとしてテレビに出る代償行為としての政治活動に過ぎません。

そしてこういう現実を無視する発言を平然とするのです。本当に反吐が出ます。


次の話。

福島第一原発の作業で使用された防護服に関して焼却を始めるそうです。焼却すると放射性物質は、いくばくかは容赦なく放出されると思われます。 しかし、こうした汚染物はどんどん増えていて、対応不能という状況だから、焼却して容量を減らしたいという話。

原発周りの危機は、こういう形でも深刻さを増しているという認識を持つべきと思います。

 


 


この記事をはてなブックマークに追加

台南市と交流・観光・友好・経済などの観点で、協定や覚書を交わしている日本の自治体は何をしているのか?

2016-02-08 17:48:05 | 福島第一原発と放射能

台南市と交流協定を結んでいる日本の自治体。
現在は、仙台市がただ募金箱を置いただけです。募金箱を置くだけなら、その辺の商店で出来る話と変わりありませんが。

商店では立派でも、政令指定都市レベルの自治体対応としては、どうなのか。

東日本大震災の当事者であるはずの、仙台市でこんなレベルですから、まだ現時点では何にもしていない自治体のことは言うまでもありません。

まともな意識がある首長は考えるべきです。

これは日本の自治体で取りまとめて、台南市に義捐金をおくるのが妥当です。
自治体職員が、その手間を惜しむかどうかという話に過ぎません。

台南市は当時、市長が率先して日本の為に募金を集めました。
動きは遅いです。皆さんが、各自治体に、働きかけをすべきです。

宮城県仙台市(2006年1月20日交流促進協定を提携)
栃木県日光市(2009年1月16日観光友好協定を提携)
群馬県水上町(2013年6月29日友好交流覚書を提携)
滋賀県(2013年12月19日経済産業交流覚書を提携)
石川県加賀市(2014年7月7日友好都市交流協定を提携)

こういうところでも、日本の劣化を感じるだけです。もう後進国なんですね。

#‎台南大地震支援

 

======================================================

最も大切なことは、メールマガジンのみで書き続けています。

「木下黄太メールマガジン」 (毎週金曜・月4回)   

 被曝関連の健康症状等、重要情報はメルマガでのみ配信、ぜひ購読を⇒⇒⇒

http://www.hoshanobogyo.com/

 

=====================================================

 



 



この記事をはてなブックマークに追加

【台南大地震】蔡英文次期総統も紹介した台南市政府への寄附口座について、台湾銀行東京支店への確認。

2016-02-08 10:55:30 | 地震・火山

きのう紹介した、台南市政府の地震対応寄付口座ですが、次期総統も紹介していましたので、寄付先としては妥当性は高いと更に判断できると思います。

蔡英文次期総統のFacebookウォールの記載。

https://www.facebook.com/tsaiingwen/posts/10153160037386065?fref=nf  の引用です。

---------------------------------------------------------------------------------------------

地震災情傳出後,我們緊急啟動因應措施,透過縣市聯合治理平台,掌握各地災情狀況,我並做出三點指示:

1、請執政縣市首長投入協助救災,並盡速提供一切資源及人力。
2、南部縣市地方黨部即刻投入協助救災工作。
3、在緊急救災告一段落後,全黨協助募集救援物資。

此外,我也致電 鮴隅市長,市長說明了目前的災情和救援情況。我們對於受災民眾表達慰問之意,也對所有參與救災的軍警消與醫護救難人員,表達感謝與敬意。

(善款請捐往台南市社會救助金專戶,專戶帳號:009045065055臺灣銀行台南分行,指定「0206震災」)

-----------------------------------------------------------------------------------------------

文章最終行が、寄付を求める情報で、僕がきのう紹介したのと、同じ情報が掲載されています。

台湾国内でも、地震などの寄付で、団体が集めた金が、適正に使われていないという疑いの声は、以前からあるようです。このため、災害現場となっている自治体に直接渡すのが、他の団体を経由するよりもよいという判断をしている人が多いそうです。

これは、日本で問題視されている団体ばかりでなく、むしろ推奨されている団体に対しても、そうした指摘は存在しています。

ちょうど東日本大震災の時に台湾国内で集められた募金の使用用途に関して、いろいろと議論があったそうです(要は、日本の困った人に渡っていないのではないかという疑念)。

勿論、現地の行政当局に渡れば、なんとかなるとは言いませんが、比較的マシなものを異国のこちらは判断するしかありません。

ここで問題なのは、日本国内からの海外送金手数料です。

少しでも何かよい方法はないのか。

念のため、台湾銀行東京支店に聞いてみました。

「台南支店の口座は、おそらく国内向けの話で、国外からの寄付をどうするのかという想定はわからない。このため、通常の海外送金と異なる、何か他の対応があるのかは、台南支店と話してみるが、春節(事実上の正月)で、今週は機能していない。来週月曜日に問い合わせてみる。」という回答でした。

現況では、日本の金融機関等から、手数料をかけて送金する方法しかないようです。

こうした地震被害などの場合、国際的にお金を集めやすい手段が何かできる場合はあります。台湾銀行内で、何か対処を考えられないかという事は、一般的要望としては伝えておきました。

まあ、大きな災害の場合、いろんな団体が対応で立ち上がります。

他国の話でも、こちらの国内団体で話は出ます。

自分が信頼して関わっているような団体なら、そこに寄付すれば早いのですが、その団体を知らない場合、実質は無駄金になる可能性は否定できません。

そうしたことを考えると、実は世界の金融機関が、現地行政当局など現地への寄附口座への送金を、取り扱い手数料を下げて、もしくは無料で対応するスキームが望まれると思います。

#‎台南大地震支援

======================================================

最も大切なことは、メールマガジンのみで書き続けています。

「木下黄太メールマガジン」 (毎週金曜・月4回)  

 被曝関連の健康症状等、重要情報はメルマガでのみ配信、ぜひ購読を⇒⇒⇒

 http://www.hoshanobogyo.com/

=====================================================


 

 
 
<form id="u_jsonp_5_14" class="commentable_item" action="https://www.facebook.com/ajax/ufi/modify.php" method="post" data-ft="{"tn":"]"}">
 
</form>

この記事をはてなブックマークに追加

【台南大地震】直接的支援を考えている人へ、台南市政府が震災支援寄付などに対応している具体情報。

2016-02-07 23:12:30 | 地震・火山

台南地震に関しての支援をどうしますかという話を何人かの人から聞かれました。

異国から出来ることは少ないですが、寄付が一番有益とは思います。

しかし、いろんな団体、特に日本の企業や団体に寄付しても、それが相手方に有益なものとして、渡るのかどうかは、いろんな見解があると思います。

そこで、一番確実なのは、直接、台南市に送金することではないのかという気がします。

台湾で、被曝回避の活動もされている日本人避難者の方に、台湾人に何人かに聞いていただいて、こういう連絡が来ました。

-------------------------------------------------------------------------------------------------

口座名:臺南市政府社會局社會救助金專戶

銀行名:台灣銀行台南分行

口座番号:009045065055

備考の所に「0206震災」と表記お願いします   

「直接 台南市政府に送る送り先を 友人が教えてくれました。

みんな なかな教えてくれなく、日本は東日本の震災でまだ困っている人がたくさんいるのに、台湾は大丈夫とか、まだ日本は、復興の途中なんだからとか、台湾だけで寄付は集まっているからとか、気持ちだけでじゅうぶん感謝と伝えてくれとかで、やっと一人、この台南市政府あてのを教えてくれました。」

--------------------------------------------------------------------------------------------------

これは、下記の台湾銀行のHPにも、同様の記述があるため、機能していると思います。しかし、台湾人の心根に、改めて感服致しますね。

--------------------------------------------------------------------------------------------------

http://www.bot.com.tw/ebc/ebcboard/newsdetail.aspx?sno=7324

3提供捐助免收手續費及多元捐款通路服務

   為便於各界善心人士之捐助,臺銀將於10526日起至630日止,配合開放ATM、通匯、金融EDI、金融XML、網際網路、全國性繳費、行動銀行及臺銀信用卡通路供各界使用,並免收手續費服務,相關資料如下:

   戶名:臺南市社會救濟專戶

   帳號:009045065055(臺灣銀行臺南分行)

   匯款單備註「0206震災救助專案」

   另為便於海外人士從國外匯款捐助,提供臺灣銀行臺南分行英文資料如下:

SWIFT CODE  BKTWTWTP009

BANK NAME BANK OF TAIWAN TAINAN BRANCH

BANK ADDRESS 155,Sec.1,Fucian Road,Tainan,Taiwan

A/C NO.  :  009045065055

A/C NAME :  TAINAN CITY SOCIAL ASSISTANCE ACCOUNT

REMARKS  :  0206 Earthquake

------------------------------------------------------------------------------------------------

台湾は、今日2/7から春節、つまり旧正月で、通常は一番機能しない時期ですが、それでも週明け以降はこうしたことも更に具体的に動く可能性があります。ただし、とりあえず今の時点で、わかったことなので、皆さんにお知らせしておきます。

ただし海外送金は、金融機関ごとにいろいろと手数料がかかるため、これがネックです。

国際的に、何か簡便に支援できるものがあればよいですが。

また直接的に機能し、よりコストがかからないものが更にあれば、改めてお伝えしますね。

#‎台南大地震支援

======================================================

最も大切なことは、メールマガジンのみで書き続けています。

「木下黄太メールマガジン」 (毎週金曜・月4回)  

 被曝関連の健康症状等、重要情報はメルマガでのみ配信、ぜひ購読を⇒⇒⇒

 http://www.hoshanobogyo.com/

=====================================================

うーむ、アルパカさん。。。著者サイトはこちらへhttp://ameblo.jp/shibazakitoshie/




 




この記事をはてなブックマークに追加

【台南大地震で台湾に支援を!】東日本大震災で世界最大200億円を寄付の台湾に、日本人は何ができるのか!

2016-02-06 08:58:17 | 地震・火山


【台南大地震で台湾に支援を!】

台南周辺で、M6.4の大地震が起きています。

震源が浅かったため、台南ではビルの倒壊が何箇所でもおきているようです。


台南は二度訪れましたが、台湾の古都として歴史的に知られる街です。

首都台北とは、あきらかに違う時間が流れていて、その感覚も好ましい地域です。

15世紀にオランダの拠点が設けられた歴史的経緯から、台湾の中でも歴史的な史跡が多く存在しています。

台南は、台湾の京都的立場のエリアといえるかもしれません。

台湾は東日本大震災で200億円も日本を支援した人々の国です!

世界最大の寄付になります。

あの時の恩を忘れてはならない!

そう思います。

週明けには、色んな支援が具体的に立ち上がる筈でしょう。

一般人には、現地まで行って出来るなどには、限界があります。

また支援物資は、特殊なもの以外は、必要ないことが多いです。

そう考えると、皆さんの出来る範囲で寄付して支援するのが、礼節を踏まえた行いであると僕は思います。

#‎台南大地震支援

少し離れた台中でもこんな状況だったそうです。

「揺れました。いつもは3階なのでそんなに揺れも 震度2とか3では 感じませんが、今朝のは へんな揺れというかこれはただごとじゃないぞ という感じでした。揺れ方とかも。ドンときて横に揺れたかんじ」

この知人によれば、台南は地震対策が不十分な建物が多いそうです。


蔡英文次期総統のメッセージを引用しておきます。

「農曆年前深夜傳來地震,想必大家都只有一個期盼:希望傷亡能減到最輕,一切都要平安、再平安!

台南應變中心已於第一時間開設,由鮴隅市長指揮處理。

我也將關心轉達給鮖堋后な太疎翔郢塢楜澪匍澹邨賄全力搶救。

也請民眾不要圍觀、不要妨礙救災。天佑台灣!」

旧正月の前、深夜に地震が襲ってきたことを嘆き、少しでも被害者が減ることを願っている内容です。

台湾で旧正月(春節)というのは、最も大きなイベントです。

そして今年は、2月6日〜2月14日でした。つまり今日からです。

まさに、それが始まるときに、こうした災厄に見舞われたことになります。

しかし、こういう地震多発国は、台湾も日本も同じですが、原発はありえないことも再確認しておきたいです。


一人でも多くの方が、救出されることを願っています。


================================================

 

「木下黄太メールマガジン」 (毎週金曜・月4回)  

 被曝関連の健康症状等、重要情報はメルマガでのみ配信、ぜひ購読を⇒⇒⇒

 http://www.hoshanobogyo.com/


 

 




この記事をはてなブックマークに追加

【原発事故時東京滞在で後に白血球数が一桁となった成人女性】←木下メルマガ最新102号より。

2016-02-05 23:59:27 | 福島第一原発と放射能

夜に配信した、メールマガジン最新102号から、一部紹介します。

====================================================


■□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■□■
  木下黄太メールマガジン [第102号 2016/2/5]
           < 毎週金曜発行 >         
■□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■□■

 きょうは、多くの読者の皆さんには、関係のない話かもしれませんが
(僕は強くそう願いますが)、福岡でのミーティングがあまりにも酷い
状態で、これをどう軌道修正すればいいのかという事を、僕はずっと
悩んでいるので、そのことを書きたいと思います。

 これは地域特性もありますが、実は被曝回避側や放射能防御側にいると
みられる人々で、一定の人が、意識があまりに低いことの証左でもあると
は思い、皆さんに詳しく伝えておきます。
ここが、正念場なのかも知れませんから。

その前に、福岡のミーティングに参加されていた女性が、その場で語れ
なかった内容を、後でメールされていますので、それを紹介します。
タイトルの後は、その女性のメールです。これが、どうしてその場で語れ
なかったのか。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 原発事故時東京滞在で後に白血球数が一桁となった成人女性、東京移
動後数ヶ月で白血病と判明する幼児、福岡からの報告 】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

夜分大変遅くに恐れ入ります。
今日はお話し会ありがとうございました。
お忙しいスケジュールの中、福岡までお越し下さいまして、感謝の気持ち
でいっぱいです。

お話し会では、いろいろと放射能の今の現況などを詳しくお聞かせ頂き、
その上で発言ができたらと思っていたのですが、場のタイミングが掴めず、
申し訳ありませんでした。
先程お話させて頂きました事例をメールさせていただきます。
どうぞよろしくお願いいたします。

======================================================

続きは、メールマガジンを購読してご確認ください。

「木下黄太メールマガジン」 (毎週金曜・月4回)  

 被曝関連の健康症状等、重要情報はメルマガでのみ配信、ぜひ購読を⇒⇒⇒

 http://www.hoshanobogyo.com/



この記事をはてなブックマークに追加

【要注意】放射性廃棄物の濃度低下を理由に、一般処理場で埋め立てたい環境"破壊"省。清原逮捕と陰謀論。

2016-02-04 23:58:51 | 福島第一原発と放射能

放射性物質の汚染は、たしかにセシウム134の半減期は2年ですから、徐々に下がることは間違いありません。

しかし、それでも相当なセシウムがそうしたごみに含有されていることは間違いありません。

勿論、他の放射性物質の含有はわかりません。これも一定量あると想定すべきです。

こうした放射性物質を大量に含有するものを処理する方法論がなく、結局一般ごみと一緒に埋め立てようとするのが、環境省の新たな方針と思います。

これは、何が危険なのか。

政府がこうした姿勢を示すことで、民間でも一般ごみとしての扱いに近い状態となり、いろんな形の民間レベルのごみ処分に、現在以上に放射性物質に高濃度汚染されたものが混じる可能性が高まるということです。

汚染が殆どない西日本などのエリアに運ばれるリスクは高まります。

勿論、東日本の汚染エリアで、ごみを埋め立ててているエリア近隣では、更にリスクは高まります。

そして、これがある種の海洋投棄に繋がる可能性が有るという事です。

少なくとも、海洋埋立地で、ごみ処分をしている自治体は、一定数は存在します。

そうしたエリアでは、放射性廃棄物は、海洋埋立地内のごみ処分場に埋めて捨てられるでしょう。

これが、果たして、安定的な環境と言えるのか?

答えは言うまでもありません。

環境省がおこなっていることは、まさに環境"破壊"省であると僕には思えてなりません。

=====================================================

メルマガ最新号は「大放談」。

【 台湾総統選でもわかる「日本における放射能意識の弱さ」と「日本国力の更なる低下」】

【 顕現化している「暴力」の無視を決め込むことで、体制側と反体制側双方が劣化していく日本 】

【「私は放射能とかあんまり好きじゃありませんから」首都圏に居続けたい人々へ、避難者からの返事 】

 「木下黄太メールマガジン」 (毎週金曜・月4回)  

 被曝関連の健康症状等、重要情報はメルマガでのみ配信、ぜひ購読を⇒⇒⇒

 http://www.hoshanobogyo.com/

===================================================

 実質的に意味があるニュースをつぶすために、清原逮捕がこの時期に為されたという陰謀論言説がネットでは飛びかっています。

関係ない犯罪捜査、特に覚せい剤関連のような内定捜査が一定期間必要な類のものは、何かの政治的な判断に併せておこなう芸当を有するようなレベルは、ほとんどありえません。少しでも警察取材をすればわかる話。そんなことを言い募るネット発信者は「基地外」としか僕には思えません。

それが、世間的に著作を出していたり、テレビ出演歴がある人間もが、平気でこんなことをのたまう状態。僕も以前は面識のある人もいます。それを馬鹿なネット住民が推奨しています。 本質とはどんどん遠ざかる状態。日本人の病は、全体的に進んでいる顕れと見えます。

マスコミが優先順位を間違えているという議論なら、まだ理解は可能です。マスコミ批判なら。

しかし、マスコミに重要なテーマを報じさせないために、有名人の覚せい剤事件の逮捕をその日に仕掛けることがどうやってできるのですか???

公安じゃないんですよ。覚せい剤捜査など薬物事案の担当は。ありえません。

捜査機関の仕組みをわかっていなさすぎです。

そして、TPP調印のニュースバリューを下げるために、警察が清原容疑者を逮捕したなんてことを肯定する著名人もいました。

調印式などはすでにセレモニーですから、日本のメディアは型どおりにしか、そもそも報じないのに。

当然ながら、こんなことを平気で言う人は、ジャーナリストでも知識人でもありません。論外です。


 


この記事をはてなブックマークに追加

僕への迷惑メールでわかる、被曝回避に有益情報提供と見せかけ、ブログを金儲けに使う人々と其のからくり。

2016-02-03 23:59:55 | 福島第一原発と放射能

==========================================

ブログで書けないことは、メールマガジンだけで具体的に書いています。

遂に100号となりました。一歩一歩が大切です。これからも宜しくお願いします。 

「木下黄太メールマガジン」 (毎週金曜・月4回)  

被曝関連の健康症状等、重要情報はメルマガでのみ配信、ぜひ購読を⇒⇒⇒

http://www.hoshanobogyo.com/

===========================================

 

ただネットを情報を得る道具や、商品購入するための人がいると思います。

まあ消費者的な立場の人です。

圧倒的多数のそうした人々に対して、実はどうにかして、お金を儲けようとする人々が一定数います。

その中で、ブログのアクセス数自体がお金に変わるため、そうしたビジネスで被曝回避的な話を流している輩は、また多くなります。

こうしたことは、テレビ局よりも酷いです。

少なくとも、テレビのCMスポンサーは、局も代理店も時間帯や番組との兼ね合いで、選別します。

しかし、こうしたネット発信者は、そのスポンサー選別すらせずに、金だけ得る話です。

そんなことを許容する人々が、まともな情報発信すると信じているとしたら、信じているあなたの頭が相当におめでたいと思います。


さて、僕のところに、勝手に送られてくる迷惑なメールを複数、紹介します。


まずは、僕のブログアクセスだけを見て、こちらが何をしているのかも考えずに、そうしたビジネスに誘うメールです。

こうしたことは、恒常的にあるのだろうと思います。

アクセス数ばかりを気にしているネット発信者というのは、本質的に問題を指摘しようとする感覚とはおよそ縁遠いのです。

==================================================

『木下黄太のブログ 「放射能」 「被曝」「原発」、日本のリアルと未来を考えま

す。』サイト管理人様

突然のご連絡失礼致します。
ユナイテッド・コミュニケーションズの木村と申します。

1月よりPOP広告も単価変動制となり、今までのように高収益が見込めなくなったとの
声を
多数メディア様より頂戴しております。

弊社は、POP広告専任の広告代理店ですので、
現状よりも高い収益になるようご調整出来ればと考えております。

すでご掲載をされている、又はご提案をされているかと存じますが、
ぜひ、収益比較して頂けますと幸いでございます。
(対応デバイスはSP/PCとなっております。案件もアダルト・一般共にございます)

ご検討の程よろしくお願い致します。

<弊社の強み>
============================================
☆高単価変動(収益性)
☆POP広告のみの専任代理店としての知識と対応力
☆支払フロー(月末締め翌月末支払い)
============================================

<導入フロー>
============================================
.汽ぅ半霾鵑離劵筌螢鵐
管理画面と掲載タグの発行
7悩楹始

※導入までのフローを簡略かし、導入までを完全サポート致します。
============================================

 

====================================================

こういうのは一例ですが、こうした金儲けのために、一生懸命アクセスを被曝関連情報で増やすために、ブログやNeverまとめなどに勤しんでいる輩がいるということが、逆にこの勧誘メールから理解できると思います。

私はこんなあぶく銭が何か有益とは思いませんから、こんなことをしている連中が、多すぎる状態をいぶかしく感じているだけです。

そういう類の発信者(とっても多いよ!!!)は、所詮その程度の輩と、軽蔑したまなざしでしか見ていません。

 

 次は僕に対して勝手に送信されて、必ず迷惑メールに入っているものです。

gooブログにいて、高山長房(清洲)と名乗る人物が、ブログに殆どコピーペーストのような放射能関連情報を貼り付けていて、最近は何度もFacebookウォールで、多くの人が引用しているのを確認させられました。

彼が陰謀論も満載で、保守的な思想の持ち主であることはわかりましたが、放射能に関する内容は継ぎはぎなので、全く読むに値しない内容です。陰謀論についても、別の陰謀論ブログが彼が盗用したと記事にしているそうです(笑)。

 


僕のFBウォールに見えてくる3000人くらいの人は、原発や放射能問題に関心があるから、僕にアクセスした方だろうと思います。

最初の頃は、それほどは見かけなかったのですが、最近、この高山氏の継ぎはぎ情報をシェアする頻度が増しているのが、気になっていました。

この高山氏関係者が、どういうことをされているかは、彼の宣伝メールマガジンを見れば一目瞭然です。

ネットでこうしたブログ情報などをシェアすることは、あなたが彼らのビジネスのお先棒を担いでいることになります。

そうしたことを仕出かしていることは、社会的に妥当な行為なのか、被曝回避側の人達にきちんと思考していただきたいと思います。

社会がおかしいと異議申し立てをするなら、まずは自分がおかしなことをしていないか、再考してください。

以下は引用。リンク先は外しました。

======================================================

高山長房先生のメルマガ読者のあなた、

こんばんは、横山たけしです♪

おとついの高山先生からの情報の追加情報がございましたので
↓へ追加させて頂きました。2月14日、話して下さるみたいですね、
あと・・他にも・・↓

あと、もしかしたら、誤解をされてる可能性もあると思いまして
一応書いておきますが

セミナーにきてほしいから、集客の為に
こういうことをお知らせしてるわけじゃないですからね(笑)

ここ数か月間連続で、毎月200人満員御礼ですし
2月3月は、いつも以上にお申込みの勢いで、
もうすでに、ほぼ満員ですから
そもそも、その必要はないんで♪笑

ただ、この情報が本当であれば・・

絶対に、今、これを読んでくださっているご縁の濃いあなたの
お役には立たせて頂ける。。

その思いだけで、おとついの夜遅く、お知らせさせて頂きました。
高山先生もブログで書かれてますよね↓

そして、僕個人的には
もしも、そのほかの要因で、6月のが起きなかったとしても

起きること前提で
6月●日、●日への準備、覚悟だけは
今からしてゆくつもりです。

そうすれば、起きても、起きなくても
中今、今を生きることになるし
僕の人生を加速、より深く生きることができるし
その準備自体に、絶対に、意味ある、価値あるものになると思うから。

あなたは、6月に本当に、本当に起きるとしたら、
今から何を具体的に、してゆきますか?
どう生きてゆきますか?

今の生活のままで大丈夫ですか?

何かを変えてゆきますか?
 
追伸:高山長房セミナー
→ 
氣経絡調整機 ファン無料登録
→ 
アトミックカーボン ファン無料登録
→ 
量子麻 ファン無料登録
→ 

量子サムハライト ファン無料登録
→ 


◆高山長房LINE
→ 


追伸1/2:1月23日(土)東京で高山長房先生から、今の世の中の真実を知り
対策をしておきたい人、他にはいませんか?
→ 

==================================================

 どこから、どう読んでも、終末思想的な話をして、人を引き寄せる類の内容です。どこかで問題を起こしたような団体などと、大きな違いはあると思えません。

どうやら、何か商品販売につながるような内容も満載なのがよくわかります。

 

よろしいでしょうか、こうした類のノイズが増しているのです。こんな情報源に惑わされる時点で、あなたが大人としてまともな知性や判断能力がないのと同じことでしかありません。

こうした匂いに引き寄せられる人が、被曝回避や反原発という流れに一定数いることを僕はずっと、当惑しています。

不安を抱えると、人はおかしなものにすがりたがる事は、カルト団体の取材をしてきた僕には常識です。しかし、その常識どおりに、被曝回避側の一定数が、いとも簡単にやられている現実は、僕の絶望を深めるだけの話となります。

 


この記事をはてなブックマークに追加

「血球貪食症候群」という病名とその理解について、複数医師からの見解。「地層処分」問題の根幹は地下水。

2016-02-02 23:59:26 | 福島第一原発と放射能

福島のお子さんに関して、複数の医師からお話を頂きました。

小児の血液疾患専門医からではないため(一般の内科医や外科医の方)、このお子さんにやはりこうすべきという対処に関しての具体的な答えではありません。

それでも、こうした血液疾患がおきている時の考え方として、読者の皆さんが、一般的には参考になる話があると思いましたので、掲載しておきます。

特に「血球貪食症候群」という状態に関して、どう理解すべきなのかということが書かれています。

====================================================

福島のお子さんの病気についてですが、血球貪食症候群は、病名というよりは、現在のお子さんの状態を指す言葉だと言っています。

「症候群」とつくことからもわかるように、おおざっぱに、今の状態をグループ分けしたに過ぎず、病気を特定できたとは言えないと思うと夫(医師)は言っています。

どうして、このような状態に至ったかの具体的な詳細な情報がないため、よくわからないとしか言えないそうです。手術後にこのような状態になることはありうるとは言っています。何の手術をしていたのかなあと言っています。

もし、こちらの地元でこのような状態になったとしても、地元の国立大学病院か国立病院の医療センターで小児の血液内科を受診するようにとのアドバイスしかできないとのことです。それも、ここまで大きな病院であれば対応できるはずだとの理由からで、専門の先生がいるかはわかりません。

福島県に専門の先生がいるかはわからないので、もしいないなら、東京に行き、大きな病院である小児医療センター等に行くようにとのアドバイスしかできないとのことです。

---------------------------------------------------------------------------------------------

マクロファージ活性化症候群 ≠ 血球貪食症候群ですね

症候群なのでいろんな病態を総合した名称ですね
マクロファージ活性化症候群はむしろJRA(若年性リウマチ)などの自己免疫疾患の経過中に出現するものでやや予後はよいみたい

JCO事故の被害者が血球貪食症候群になったとWikipediaに書いてあります

====================================================

僕も思い出していなかったのですが、東海村JCO事故の被害者が、血球貪食症候群となり、その対処が大変な状態であったことは、間違いない話です。

勿論、東海村の事例は尋常でない高線量の外部被曝をしているケースですから、今回とは様相が全く異なります。


次は、参考記事としてご確認下さい。

放射能の捨て場は本当にあるのか?特に日本のように山岳部と平野が隣接し、降水量が一定あるエリアでは、地下水も豊富にある場合が多いです。こうした地下で放射能の置き場は作れるの? こうした話が書かれている記事です。これはわかりやすい記事なので、一読を。

 

「地層処分」見えぬ候補地 岐阜・瑞浪研究所、地下水に焦点当たらず  福島民友新聞

http://www.minyu-net.com/news/news/FM20160202-046868.php

福島第一原発での地下水問題を取材している感覚があると、こうしたところに意識が向く記者がいるということなのかもしれません。

しかし、こうした視点に立脚すると、いよいよ捨て場はないという現実にわれわれは直面することとなります。

放射能を使った発電など、ありえないということしか結論にはならないのですが。。。

==========================================

ブログで書けないことは、メールマガジンだけで具体的に書いています。

遂に100号となりました。一歩一歩が大切です。これからも宜しくお願いします。 

「木下黄太メールマガジン」 (毎週金曜・月4回)  

被曝関連の健康症状等、重要情報はメルマガでのみ配信、ぜひ購読を⇒⇒⇒

http://www.hoshanobogyo.com/

===========================================



 







この記事をはてなブックマークに追加

1歳8ヶ月、福島で病魔と闘う話について、こちらに寄せられた数少ない具体的対応に関する情報メール。

2016-02-01 23:59:59 | 福島第一原発と放射能

==========================================

ブログで書けないことは、メールマガジンだけで具体的に書いています。

遂に100号となりました。一歩一歩が大切です。これからも宜しくお願いします。 

「木下黄太メールマガジン」 (毎週金曜・月4回)  

被曝関連の健康症状等、重要情報はメルマガでのみ配信、ぜひ購読を⇒⇒⇒

http://www.hoshanobogyo.com/

===========================================

福島県の1歳8ヶ月で、病魔と闘っているヒロくんについて、いろんなメールを頂きました。

この内容に関して、具体的対処について、何か情報がある方は一義的に僕のほうへメールをとしたことについて、ツイッターなどのネット住民の中で、また誹謗中傷をしている連中がいます。

あまりにも社会通念や常識がない連中の罵詈雑言に関わるのが、本当に嫌になります。

ここまで「基地外」の相手をすることは、僕には何一つメリットがありませんが、中傷を放置しておくと、ネット上では、それが真実と勝手にされ、そのノイズが大きいと現実に悪影響が残る可能性は否定できません。だから、「基地外」だから、放置はしません。

この話を僕のブログで掲載すると、ネットでこの情報を見る人の数が飛躍的に増える可能性があり、それは実際に数日そうした現象がおきています。

こうした場合に、一般から寄せられる内容のうちで、対処に関して具体的な内容ではないものが、まず多くなります。

それ以上に、関係のないメールも増えます。

更に、民間療法やスピリチュアル的メールも増えます。

こうなると、当事者には、ただのノイズです。

大変な時に、ノイズを増やしてどうするのですか。

それに、すいませんが、どういう病院がどのレベルで、この疾患がどういう専門領域なら対応可能かなどの識別は、僕が確認したほうが早いです。

だから、とりあえず、フィルタの役割をしているだけです。

それに関して、こんなことまで中傷しています。

一般人の顔を装っている、「基地外」のネット住民は、悪質ですし、社会的存在価値は全くありません。

最悪ですし、こういう連中に関して、突き止められるケースは、社会的法的に対応して、その中傷言説への責任は取ってもらいます。

 


さて、こちらに寄せられた具体的対応策としてのメールは、実はものすごく少ないです。

結局、何万人もの人がブログやFacebookを読まれても、きちんとしたことが返ってくるものは、0.01%にも満たないというのが、日本ネット社会、もしかすると日本社会のリアルです。

======================================================

知り合いのFacebookでシェアされていたのでメールさせていただきました。

血球貪食症候群は、マクロファージ活性化症候群と言います。

私の子供も、なりかけた経験あります。

その子の主な病気はなにかわかりませんが、膠原病などの合併症としてよく起こります。

うちの子の場合は、若年性特発性関節炎全身形といって白血球が自分の体を異物と混乱し攻撃してしまいます。

その攻撃がいき過ぎると、マクロファージ活性化症候群となり赤血球など体に大事なものを白血球が食べていってしまいます。

パックマンのイメージです。
その結果、血が止まらなくなるとかそういう現象が起きます。

それにかかってしまうと、対応が悪いと2、3日で亡くなります。

うちの子の病気の日本で権威の先生は、鹿児島大学の武井先生、横浜市立大学の横田先生になります。

両先生とも、マクロファージ活性化症候群の専門医ではないですが、マクロファージ活性化症候群と戦った経験のある先生です。

お役に立てますかどうかわかりませんが。

==========================================================

私の息子は、同じ病気でした。
今は定期健診しながら、普通の生活しています。
まずお伝えするのは、この病気を経験した医師がとても少ないのが現状です。
東京女子医大が、良いです。
免疫の病気なので、東京女子医大の膠原病センターに問い合わせてみてはいかがですか?

ちなみに息子は、京都第一赤十字病院のリウマチ膠原病内科で、治して頂きました。

ご参考まで。

=========================================================

意味があると考えられるのは、上記のようなメールです。やはり、身内が同様の疾患を抱えていないと、有益な情報はないのでしょう。


横浜市立大学だと、横田俊平医師でしょうか。

http://jja.jsaweb.jp/am/view.php?pubdate=20070930&dir=2007a&number=07a_el030EL3

2007年にこういう講演をされていて、かなり指導的立場ですが、既に横浜市立大学名誉教授のお立場と思います。

現在は、子宮頸がんワクチンでの発言が印象に残っています。下記記事などでは、そのプラスもマイナスも指摘されています。いずれにしても、踏み込む方のようです。

http://medical-confidential.com/confidential/2015/05/post-947.html

鹿児島は武井修治教授。膠原病がご専門です。

http://www.kufm.kagoshima-u.ac.jp/~ped/personal/TakeiSyuji/takeisyuji.html

たぶんお2人とも、直接、今回の血液疾患の専門医ではないのですが、類似した重篤な免疫疾患への臨床対応は豊富なのだろうと思います。そうした知見が、役立つ可能性はあると思います。

次の方のメールで、東京女子医大の名前が挙がっているのも、こうした免疫異常、膠原病への対応でしられているからだと思います。


とにかく、症例数が少ないですから、いわゆるスーパードクターが見つかりにくい事例とは思います。

=======================================================



この記事をはてなブックマークに追加

被曝回避や放射能防御という意識を持つ人々への強い疑問、更におのれの無能・非力を感じた福岡。

2016-01-31 07:12:05 | 福島第一原発と放射能

地域特性という状況もあるのかもしれませんが、昨日開催した福岡での会合は悲惨な結果になりました。

その内実があまりに酷く、開催したことが僕のミスであるという認識を強く持っています。

何も発言されずに、あの場にいた何人かの方には、申し訳なく思います。

一番の問題は、福岡在住などの男性発言ばかりが続く状態になり、会合の中で、参加女性がほとんど意味のある発言や懸念の報告などが全くできない状況でした。まさに発言できないという状況です、したくても。

なんとかしようとしても、そうした話を僕が軌道修正できないような状態。

他者から自分の発言がどう感じられるのかを認識しない九州男児の傲慢さを見せ付けられる状態でした。

何で、こうした会合でその類のオンパレードになるのか、皆目理解不能です。

しかも殆どの言説が、被曝回避や放射能防御と直接的に関係もないし、話になりません。

終わってから、残った10人程度の方で開催したお茶会のほうが、よほど実りある話ができたと思います。

次に、もしも今後九州で少人数の会を開催することがある場合は、何か枠組みをはめないと、無理だと感じました。

福岡市では、いろんな状態で、事務方が機能しない状況が続いていて、去年から再構築しようと努力はしたのですが、これもなかなかままならず、現地でお一人の方だけが主催し、他の業務を他地域の人に代行してもらって実施するという綱渡り的状況で、この開催になりました。

これは、前回に終了後、あまりに多くの方が僕と話すことを望まれて、その対応に、講演時間と似たような時間を費やす結果となり、そうした意向がつよいならと、少人数スタイルの開催にした話です。

ただ、なかなか体制が固まりませんでした。

そうした弱みが、きのうは、そのまま反映されたと思っています。

また、避難者のある女性が、相談ともまわりの報告とも分かち難い話も、今回の会合で開陳されました。

その話に反映している福岡避難女性たちの現状(それがあたっているのかどうかはともかく)が、あまりにも低レベルで、こんなことが多数におきているなら、もはや何一つ変わる可能性などないという類の内容でした。

聞いた内容を思い返せば、思い返すほど、「他者には、本当は何一つ伝わらないということは、こんなにも正しいのか」という感覚ばかりが強まる一方です。

その後、一人で市内の店で座りながら、いくら伝えても、実は何一つ伝わっていないことを更に考えました。そして、下宿のような一泊3000円の安宿の畳で、この原稿を書いています。

このことは、僕自身の立ち位置問題にもつながる話と認識しています。

今週のメールマガジンは予定を変更して、今回に関連したことを僕の観点できちんと書くほうがよいのではないかという認識に至っています。

まる5年を迎える状況にも関わらず、その直前でココまで下る有様は、全体的な日本のリアルのみならず、僕が構築しようとした放射能防御や被曝回避という意識を持つ人々の悲惨なリアルであることは間違いありません。部分的には、地域特性は反映しているとしても。

その意味で、自分の無能・非力を痛感しています。

====================================================


アルパカさんとリアル避難ママ、僕の溜息は深いです。著者サイト⇒http://ameblo.jp/shibazakitoshie/

 

==========================================

 

 ブログで書けないことは、メールマガジンだけで具体的に書いています。

 

 遂に100号となりました。一歩一歩が大切です。これからも宜しくお願いします。 

 

 「木下黄太メールマガジン」 (毎週金曜・月4回)  

 

 被曝関連の健康症状等、重要情報はメルマガでのみ配信、ぜひ購読を⇒⇒⇒

 

 http://www.hoshanobogyo.com/

 

 ===========================================


 



 

 

 

 

 

 




この記事をはてなブックマークに追加

再稼動した高浜原発3号機が早朝に「臨界」状態で感じること。本日午後は福岡でお話会、直接おいで下さい。

2016-01-30 07:22:00 | 福島第一原発と放射能

本日午後です。雨もあがって10度くらいの気温、直接おいでください。 

【1/30(土)木下黄太お話会in福岡】 

13:15 受付開始 13:30 開演 

開催場所 福岡市立 中央市民センター 2階 第2会議室 (赤坂2-5-8) 

詳細⇒ http://kokucheese.com/event/index/364664/


高浜原発が再稼動して、本日早朝に臨界となりました。

高浜原発など、北陸にある原発が再稼動する場合、関西エリアの万が一のリスクは、当然に上がることとなります。

おそらく、関西に住んでいる多数の人々は、この再稼動に積極的にも消極的にも賛成していません。

そうにも関わらず、生殺与奪を左右しかねない、こうした近隣エリアの原発が再稼動されることに、怒りしかありません。

僕は何度も書きますが、原発は基本的に何か起これば、多くの人の健康を損なう可能性が極めて高い存在です。

福島第一原発事故によって、そうした事態は更に明確化していくと思っています。

こうした現実を直視していかない限り、原発再稼動を止める本質的な力はありません。

かなり広範囲で、いろんな身体的異変がおきていることを認めていかないと、実は何にも始まりません。

「運動」としての「反原発」だけでは、体制側は押し切る一方になりますから。

福島第一原発事故で、被曝した人達の健康に何にも起きないなら、万が一の原発事故があっても大丈夫であるという前提になります。あれだけの事故が起きても大丈夫という話を、推進側や体制側が言うならまだしも、反原発側が言うことは、まるで理解不能です。

そして、現在の状態は、懸念が増していることが実態です。

「個人が被曝したことによって、健康に異変が起きることを指摘することは、その人々を追い込むことになるから、そんな指摘をすることは有り得ない」というようなテーゼが絶対的であると、状況の改善はないと思います。

しかし、日本の反原発運動は、どうやらこうしたテーゼが多数を占めていることは間違いありません。

現実を直視しないことは何ら有用な展開を生まないのに。

そして、現在の閉塞状況は、それを反映しているということです。

推進側を許されないと思っても、それ以上に実は、問題の本質的位相はずれているのだと僕は感じています。

======================================================

昨日配信・最新のメールマガジン101号より

 

『2016年 木下黄太の大放談(3)』

 

【 台湾総統選でもわかる「日本における放射能意識の弱さ」と「日本国力の更なる低下」】

 

【 顕現化している「暴力」の無視を決め込むことで、体制側と反体制側双方が劣化していく日本 】

 

【「私は放射能とかあんまり好きじゃありませんから」首都圏に居続けたい人々へ、避難者からの返事 】

「木下黄太メールマガジン」 (毎週金曜・月4回)  

 被曝関連の健康症状等、重要情報はメルマガでのみ配信、ぜひ購読を⇒⇒⇒

 http://www.hoshanobogyo.com/




 


この記事をはてなブックマークに追加

血が止まらないお子さんの病名は「血球貪食症候群」。土曜日午後の福岡講演は直接おいでください。

2016-01-29 23:58:12 | 福島第一原発と放射能

昨日の記事に関して、お伝えすべき投稿を掲載しておきます。

============================================

この度は、ブログ掲載ありがとうございます。

私は、この記事をFacebookに掲載した、Aさんの業界の後輩であります
北海道札幌市のBと申します。
写真館を営んでおります。

ひろくんのおとうさんは、ぼくにとっても大切な方、とてもよくしてくださってる業界の先輩です。
Aさん同様に、大変心を痛めているところです。

FB上での記事には、病名が記載されていなかったので、後からぼくも個人的にシェアを含め改めて
病名をいれた内容で掲載をしておりますが、病名がわからないとそれに詳しい医師を見つけるのも
なおさら大変になると思い、掲載した次第ですが、今回、木下さんのブログにも病名が無かったので、
出来れば付け加えて頂けたらと、厚かましいのは十分に承知ではございますが、メールした次第です。

ひろくんの病名は「血球貪食症候群」です。

お手すきがございましたら、どうか宜しくお願い致します。

この度のご厚意、心から感謝申し上げます。

-------------------------------------------------------------------------------------------

はじめまして。

他人事とは思えずメールさせて頂きました。
EBウィルス感染、血液ぎょ固因子関連などから
血液内科での治療となるのでしょうか?
小児だと自治医大なのですね。
成人ですが血液内科は兵庫医科大が
とても有名で、さじ投げられた白血病患者も
受け入れ治療してくれます。

突然すみません・・・
私の大切な人が白血病で亡くなり
他人事とは思えず余計なお世話ではありますが、
メールさせて頂きました。

早く適切な治療を受けられ
命が繋がることを
心から切にお祈りしております。

======================================================

最初のメールは、関係者と思われる方からのメールを、関係者の固有名詞のみ、AとBに置き換えて掲載いたしました。

二番目のメールは心配したからのメッセージです。

この「血球貪食症候群」という病気は難病で知られています。

大阪市立大学医学部のページには、この病名に関して、次のような記載があります。

http://www.med.osaka-cu.ac.jp/labmed/page119.html

また難病センターの当該疾患のホームページ記載は、以下のとおりです。引用いたします。

「家族性血球貪食症候群はリンパ球の細胞障害性顆粒の産生および搬送・分泌過程を制御する遺伝子群の異常により、マクロファージやリンパ球の過剰反応が持続し、多様な臓器障害が引き起こされる。生後すぐに発症する例も存在す る。二次性血球貪食症候群では、感染症、リンパ腫などの疾患群の発症に付随して同様の病態を呈する。家族性、二次性のいずれも、血球貪食による血液系の異 常が顕著であり、重症例では死に至る疾患群である。」

本来は身を守るべき血球の反応がおかしくなること。免疫の急激な異常です。

「ある白血球が他の血球を食べてしまう病気」と言われることもあります。

劇的な特効薬があるのかはかなり難しいと思いますが、一般的には免疫抑制剤を投与することが有効と考えられるはずです。

この病気は、遺伝性の場合と、EBウイルスなどの感染症に端を発する場合があります。原因不明という事も多いです。

乳幼児の場合は、感染症がきっかけと考えられるケースも多いそうです。

いずれにしても症例数は多くありません。

どちらにしても、血液疾患の対応症例数の多い病院が、やはり可能性は大きいと思います。

小児であること、更に血液疾患に対応できる専門性のある医師が誰なのかという事は、専門学会の指導医レベルが誰なのかを下記リンクから確認することも有効ではないとかと思います。こうした医師の中に、対応力のある医師が存在する可能性は高いからです。

http://www.jspho.jp/specialist/advisor_list.html

この中には、名前が出ている自治医大の森本医師もいらっしゃいますね。。

後は、果たして動かせるのかという事も、実は大きな障害だろうと思います。

福島で対応が万全でなくても、こうした重症患者の場合は、動かすことがマイナスになるケースも考えられます。

いずれにしても、過酷な状況は続くと思いますが、治癒されることを願っております。

=======================================================

 

 少しは暖かくなるようですので、直接おいでください。 

 

【1/30(土)木下黄太お話会in福岡】 

 

13:15 受付開始 13:30 開演 

 

開催場所 福岡市立 中央市民センター 2階 第2会議室 (赤坂2-5-8) 

 

申込&詳細⇒ http://kokucheese.com/event/index/364664/

 

====================================================













この記事をはてなブックマークに追加

【SOS】「生まれて1年8ヶ月、 ヒロ君が戦ってます」医師は前例ないと言う、血が止まらない乳児、福島。

2016-01-28 23:23:53 | 福島第一原発と放射能

 2/4時点  情報拡散はストップされて下さい。

==============================================

これは現在進行形の話で、急を有すると思われます。

Facebookのある知人が、シェアしていた記事を転載します。

シェアしている知人は、また別の人からシェアしていて、その別の人は福島の方とお知り合いのようです。

その福島の方が、まだ幼い息子さんの命を救いたいという書き込みだと思われます。

こういう状況で、何かができるドクターが、果たして日本国内に誰か存在するのか、僕には現時点でわかりませんが、心当たりの医師には聞いてみようかと思います。

もしも、万が一、何か対処を思い立つ医療関係者は、ご連絡ください。

とりあえず、僕のメールアドレスでかまいません。nagaikenji20070927@yahoo.co.jp

内容を確認して、先方に連絡します。

僕は、書き込まれたお父さんである方も存じませんし、その記事を最初にシェアしている人も直接存じ上げません。

情報確認は完全にはできませんが、明らかに事を急ぐ話でもあり、いろんな観点で、皆さんにも読んでほしい記事なので、急きょ掲載しておきます。

すべて、僕の知人がシェアしていた先の https://www.facebook.com/eiichirou.nakagawa よりの引用となります。

画像も含めて。この方は、お子さんのお父さんの知り合いと思われます。

内容は大変に深刻なものです。ご確認ください(画像を入れる場所、字の大きさ、字を着色する、改行などは、僕の判断で行っていますが、改変はしておりません)。

なお、追加として、「血球貪食症候群」という病名であるという情報が寄せられました。

 

=========================================================

私の大好きな福島の馬場さん

息子さんのヒロ君が今病と戦ってます。下の文章読んでください

どなたかスーパードクター探してください。

まだこの世に生まれて1年8ヶ月……可哀想で可哀想で……
全国の皆さんシェアしてください❗
よろしくお願いします😭



一昨日16時頃から手術しました。

術後の時点で残念ながら完全止血には至りませんでした。

執刀した外科部長先生のお話では『医師歴20年を過ぎるけどこんなに血が固まらないのは初めてだ』とのこと。

ただいまにじみ出る血液が新しい血なのか、いままでの溜まってた血なのかは経過観察してヘモグロビンの値とかを見ないと判断できないそうです。

またもしかしたら白血病かもしれないし、成分が足りないのかもしれないしとも言われました。

もしかすると遺伝子検査をするかもしれないですが、国からの補助金で行うそうで誰しもが出来るわけではないんだって(汗)

白黒はっきりしてピンポイントで治療して貰えればと思っています。

そして、昨日夕方医大に行って来ました。

たった1日経過して胸部が異常に腫れちゃってます😰

手術をした後は大概腫れると言われますが、尋常じゃないくらいに見えます。

可哀想で可哀想で(泣)口からのチューブで酸素を入れいわゆる人工呼吸をしです。

動くと外れるからと眠らされているんです。

腫れが早く引いてくれたらと願うばかりです。

早く解放してあげたい。

相変わらず出血は続いてるようです。

血液腫瘍科の主治医が言いました。

『輸血をしているとは言え、ヘモグロビンもほぼ正常値、血小板もほぼ正常値に近い状態に増えて血が止まらないのは前例がない、経験がない。いつ止まるかは分からない。でも治療方法はいまの手法を継続するしかない』と。

そしたらこのままここにずうっと居なきゃならない訳⁉って思うよね‼

36度位で安定していた体温が40度に上がってしまいました。手術の影響が考えられるとは言われてますが明日下がらなかったら、、と思うと気が気でなりません。そして今朝、熱が上がり、フェリチンという数値もあがり、出血も止まらず、肺は白く濁っているとのこと。

死んじゃうのかよって‼喋られないから声も聞こえないし眠らされているから表情も変化ないし😭ホントに生きて帰されるのかそうじゃないのか心が折れそうです。

セカンドオピニオンも視野に入たほうがいいと助言されてます。Facebookなどを通じて日本中の人に裕丈を助けてもらえるスーパードクターを教えてもらいたいと願ってます。

 =======================================================

いろんな意味で、この内容が重要度が高いと思われる方は、シェアして拡散してください。

=====================================================

高浜原発が、あす29日夕刻にに再稼動されるようです。許せません。このことは、また改めて確認したいと思います。

==========================================

 ブログで書けないことは、メールマガジンだけで具体的に書いています。

 遂に100号となりました。一歩一歩が大切です。これからも宜しくお願いします。 

 「木下黄太メールマガジン」 (毎週金曜・月4回)  

 被曝関連の健康症状等、重要情報はメルマガでのみ配信、ぜひ購読を⇒⇒⇒

 http://www.hoshanobogyo.com/

 ===========================================

週末は暖かくなる模様の福岡、残席5席程度。 

【1/30(土)木下黄太お話会in福岡】 

13:15 受付開始 13:30 開演 

開催場所 福岡市立 中央市民センター 2階 第2会議室 (赤坂2-5-8) 

申込&詳細⇒ http://kokucheese.com/event/index/364664/

====================================================




 

 
 
 

この記事をはてなブックマークに追加