タイでゴルフ友達になりましょ。

ゴルフをしながらタイの豆知識・エピソードを発信するプログです。チョット得する、心が元気になる、そんなブログにしたいな?

チェンマイの「25回 日・タイ親善ゴルフ」にご協力を!

2017年03月13日 | タイのゴルフコンペ
 
 今日はタイの企業にお勤めの方々へお願いがあります。

チェンマイで5月28日に、25年続いている「日・タイ親善ゴルフ大会」が開催されます。
毎年タイ人と日本人、それぞれ70人以上集まる大きな大会で、大会会長には在チェンマイ

日本国総領事、チェンマイ県知事、ランプーン県知事らが連なり、バンコクでもこの様な
大規模で地域を挙げての「日・タイ親善ゴルフ」は行なわれていないでしょう。

 

また参戦するタイ人ゴルファーは、多くの様々な賞品を楽しみに参加しています。ところが
経済不況が続く近年、その賞品が少なくなっており、運営も厳しい状態だそうです。そこで
大会事務局では、会社で使わないような粗品や商品があればと、協賛を募っています。

奇しくも今年は「日タイ修好130周年記念」という節目にあたる年だけに、大会事務局は
より成功裡に終わらせたいと奮闘中です。そのような品物があれば是非 宜しくお願いします。

連絡先はチェンマイ日本人会事務局 西田さんまで(081-927-5169)、 info@cmjpa.org です。 
西田さんは、週に1回バンコクに来ますので、連絡を頂ければ各社へ参上するそうです。

 
 <開催されるチェンマイ ハイランドゴルフ>

長く継続される大きなゴルフコンペには、必ず陰で支える強靭な意志を持った人が存在します。
同大会を支え続けている人が、チェンマイ・ランプーン工業団地にあるTHAI HKD社(本社・
東九州電子工業)で、デパートメントマネージャーを務める中 英明さんです。

中さんが関わっている他のコンペには「企業対抗コンペ(日系企業連絡協議会)」、「チェンマイ
日本人会コンペ」がありますが、規模は小さく「日・タイ親善ゴルフ大会」とは全然違うようです。
私は先月、取材でチェンマイへ行った時に中さんの奮闘ぶりに感銘、当ブログへ書くに至りました。

 

第二の都市といわれるチェンマイですが、2015年6月時点でチェンマイ領事館が把握している邦人数が
3,843人だそうで、ロングステイヤーも含まれます。同大会は、チェンマイ在住の日系企業駐在員+ロング

ステイヤーと、チェンマイにあるタイ企業に勤めるタイ人+知人らが組んでショットガンでプレーします。
タイの人は商品目当てでやってくるゴルファーが多く、いつも日本人よりタイ人の方が多いとのことです。

 

運営(実務)を長く担ってきた中さんの長年蓄積して来たノウハウを生かして、毎年、
チェンマイ日本人会の役員(日系企業の駐在員)が奔走して成功させてきました。それでも
準備が大変過ぎて業務に支障が出てしまい、実は 昨年は諸事情も重なり実施されませんでした。

ですので 尚のこと、2年ぶりで しかも「日タイ修好130周年記念」の今年、成功させたい気持ち
よく理解できます。今までもバンコクの日系企業にも賞品提供でサポートして貰っているそうです。
 私から依頼するのも変ですが、是非 宜しくお願いします。   
『ゴルフ』 ジャンルのランキング
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« タイは猛暑日・熱帯夜に入り... | トップ | スマホで恋人になって、スマ... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
バンコクの日タイゴルフは? (タイのゴルフファン)
2017-03-13 09:08:00
2月に派手に宣伝していたバンコクでの日タイゴルフはどうでした?
その後、こちらのブログでフォローしていなかったと思いますが。
上手くいったんでしょうか?
良くなかった (通行人)
2017-03-13 15:34:09
プロが参加したツアーはある程度参加者が集まった。
しかし参加者は不平不満だらけなのに、企画者はフェイスブックで自画自賛。笑っちゃんたな。
事務局の窓口が全然分っていなかった。
そうでしたか。 (nagaichi)
2017-03-13 21:42:46
よく聞いてから再度 レポートしますね。
有難うございました。

コメントを投稿

タイのゴルフコンペ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。