タイでゴルフ友達になりましょ。

ゴルフをしながらタイの豆知識・エピソードを発信するプログです。チョット得する、心が元気になる、そんなブログにしたいな?

シニアでタイの鉄人・マークセン選手が強すぎる?

2017年09月17日 | タイのプロゴルファー
 
 相変わらずの鉄人であり、ダントツの強さですネ。そう、プラヤド・マークセン選手のことです。

日本国内シニアメジャー「日本シニアオープン」3日目を終わり、初日から首位を走るマークセン選手が、
通算20アンダーで、2位に8打差で大会連覇、年またぎでのメジャー3連勝に王手をかけています。

 
 <日本シニアオープン参戦のそうそうたるメンバーたち>

今年のシニアツアーは前年度から3試合増、2試合減で1つ増える計 18試合となり、賞金は
6,800万円増加で、総額は8億7,500万円。この総額はシニアツアー制度施行以降、歴代2番目
となる賞金額を示す数字となっており、入場者数も年々 増加しているといいます。

昨年のマークセン選手、メジャーで連勝して賞金王に輝いていますが、今季も2勝で賞金ランク
トップ(約3,689万円)を快走。2位の米山剛プロに約800万円の差をつけています。同大会は
優勝賞金1,600万円と高額です、優勝すれば2年連続シニア賞金王獲得は間違いないでしょう。

 
 <シニアで飛距離で勝てるのは川岸良兼プロかな>

シニアの選手たちにとって、こんな嫌な外国人プロはいませんネ。マークセン選手の280ヤードの
飛距離を見て、選手たちや各方面で 今後はシニアの年齢を55歳に上げるべきだと言わしめています。

また今大会の予選2日間で続けて「63」を出し、18アンダーで記録を塗り替えています。これまでの
記録は2005年の「アルデプロカップ清里シニアオープン」で三好隆プロがたたき出した通算17アンダー。
日本シニアオープンでは、1995年に青木功プロがマークした通算12アンダーでした。

振り返って見れば、今季はレギュラーツアーの「SMBCシンガポール オープン」でも優勝
しており、シニアでは別次元の強さです。50歳以上で日本のレギュラーツアーを制した5人も、
杉原輝雄・金井精一・青木功・尾崎将司・中嶋常幸プロとそうそうたるメンバーです。 

 
 <AON>

最後は06年の「三井住友VISA太平洋マスターズ」を52歳で制した中嶋プロ (当時52歳13日)以来
となりました。 ある意味、マークセン選手も日本の大物選手の仲間入りをしたわけですネ。

それにしても、マークセン選手 51歳のタフさ加減には恐れ入ります。驚くのは9月10日現在、
レギュラーツアーでも既に3,373万円獲得し14位につけ、アジアンツアーでは243,578米国ドル

 
 <今年1月のレギュラーツアーでも優勝>

(約2,655万円)で6位です。来年も三足のわらじを履いて、年中どこかで戦っているという
光景は確実でしょう。凄いですよねぇ~ これでは誰もが “タイの鉄人” と呼ばざるを得ません。

「プロゴルファーだから出る試合は全部勝ちたい」と、51歳になっても その “勝つ” という
執念が衰えないプラヤド・マークセン選手。それは前妻を4年前にガンで亡くしており、前妻との

 
 <タイのジュニアに指導するマークセン選手>

間に二人の子がいる上、今の奥さんが昨年第2子を出産したばかり。いつでしたか、スポンサー
であるシンハの大会後に「ミルク代を稼がなければいけない」と嬉しそうに話していましたネ。

 現在のシニアの最多勝者は、通算18勝の室田淳(62)プロです。62歳の年齢まで あと11年あるので、
おそらくマークセン選手は、シニアで20勝以上してシニアのトップに立つことになるんでしょうネ。  



「タイでゴルフ友達になりましょ」 のホームページです  


  タイ・ゴルフを何でもランキングで紹介する情報サイト
『ゴルフ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« まだ 逃げるなら、レッドブル... | トップ | 今日ほど想う、80歳になって... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

タイのプロゴルファー」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。