タイでゴルフ友達になりましょ。

ゴルフをしながらタイの豆知識・エピソードを発信するプログです。チョット得する、心が元気になる、そんなブログにしたいな?

タイの富裕層でも メンバーになれないRBSC!

2016年10月29日 | タイのゴルフ場
 
 ザ・ロイヤル バンコク スポーツクラブ (RBSC) は、BTSの駅から一望できる、広さに
競馬場と18ホールのコースが造られていますので、どうしてもフェアウェーが狭くなります。 
フェアウェーに 落とすには、コントロールショットが必要ですネ。 昨日からの続きです。

 

競馬道がバンカーにも兼ねている所もあったり、適度に池が配置されていたりと、結構 
厄介なコースです。 ショートコースだからといって、決して 舐めてはいけませんネ。

でも周囲が高層ビルに囲まれていますから、「このホールは あのビルを目がけて打てばいい」 などと
ターゲットが明確になりますので、普通のゴルフ場に較べると打ち易いかも知れませんヨ (笑)。

 
 <ど真ん中にあるドライビング レッジ>

競馬場のレース道が全体的に大きな輪として広がっており、そのど真ん中に、18ホールに
囲まれた 打ちっぱなしとバンカー付きアプローチの練習場もあります。 廻りでは人が
プレーしていますので、そのゴルファーを見ながらの練習となりますネ。

ちなみに グリーンフィーは、メンバーは50バーツ、同伴のゲストでキャディフィが入って、
1,400バーツですが、今は 少し上がっているかも知れません。 食事から売店の支払いまで、
すべて メンバーのサインで済ませ、追って 請求書がメンバーに送られ清算となります。

 

同クラブの会員は9千人以下ののようで、日本人は10名にも届かないそうですヨ。 ですから、
先回、お連れ頂いたTさんも、日本人メンバーとは、滅多に会わないと 仰っていましたネ。 

現在のメンバーには、外国大使・王族関係や政財界などの署名人が多く、RBSCは隠れた社交場に
なっていると聞きます。 メンバーの紹介で会員の申請をして、面接をパスし条件などがOKに
なっても、メンバーになれるには10年以上は待たないと、なかなか なれないと聞いています。

 
 <コース内から見たRBSC本部> 

メンバーが亡くなっても、その子供が引き継ぐ権利がありますから なかなか 空きが生じないそうです。 
ここはタイ人富裕層のステータスシンボルとなっていますから、著名人・政財界人からお金持ちまで、
そんな方々が メンバーになりたくてもなれないクラブです。 そう聞くと、益々 なりたくなるでしょうネ。

元々は馬の繁殖水準の向上と競馬の開催を目的に設立された後に ゴルフ場など他のスポーツ
施設が加わってますから、基本的には競馬場なんですネ。 その後 徐々に 世界水準の

 

スポーツ施設を 提供することを目的として、乗馬やゴルフの他、テニス・水泳・クリケット・
フィットネス・ラグビー・サッカー・ホッケー・バスケット … … 等々の施設を揃えたようです。
ラジャダムリ駅からは競馬場とゴルフコースしか見えませんが、広大なエリアとなります。

併設クラブとしてPOLO Clubも日本大使館近くにあり、ここもスポーツや飲食を 楽しめるそうです。 
でも ショートコースとはいえ、こんな大都会のど真ん中にあるゴルフ場って、世界でも珍しいです。 
是非 一度 お試しあれ、と言えないのが残念です。  


「タイでゴルフ友達になりましょ」 のホームページです  


  タイ・ゴルフを何でもランキングで紹介する情報サイト

『ゴルフ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« RBSCで タイガーウッズも12歳... | トップ | タイランドエリート・カード... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。