タイでゴルフ友達になりましょ。

ゴルフをしながらタイの豆知識・エピソードを発信するプログです。チョット得する、心が元気になる、そんなブログにしたいな?

キアタニと横浜の新コース、今から とても楽しみ!

2017年11月02日 | タイのゴルフ、あれこれ
 
 横浜CCがキアタニCCと新コースをスタートさせることは、タイのゴルフ
業界に 新しい風を吹き込んでくれそうです。 昨日からの続きです …

現在、18コースでは完全にメンバー同伴でないとプレーできないコースは、アヨタヤ
リンクスとラチャブルックゴルフだけでしょう。アマタCCはメンバーが予約すれば
プレーできると聞いています。

 

K&YGOLF 社(キアタニCCと横浜CCの合弁会社)は、そんなメンバーコースと同じように
特化し、ドレスコードもしっかり規約に入れ、アルパイン GC・アマタCC・タイCCクラスを
目指すそうです。真のメンバーシップクラスを念頭に置いているようです。

以前のナワタニGCのような土曜日曜は、タイの社長クラスが集まる社交場もイメージしてるとか。
もしこのようなコースが実現できれば、日系ではアジアで初のコースとなるやも知れませんネ。

新ゴルフコースの設計には、世界のデザイナーの中でナンバーワンのギル・ハンス氏(米国)が
担います。ハンス氏(Hanse Golf Course Design 社)は、2016年リオデジャネイロ・五輪

 
 <ハンズ氏(Hanse Golf Course Design 社)>

コースの設計、20年に「全米オープン」開催予定のウィングドフットGC(ニューヨーク州)、23年
「同オープン」開催予定のロサンゼルスCC(カリフォルニア州)の改修設計を担当しています。 

なお、ハンス氏は日本の名門コースである東京GCの改修にも携わったそうですが、
東アジアでは、K&Y GOLF 社の新コースが、初めての設計になると聞きました。

 

現在、キアタニCCのメンバーは1,000人弱いるようですが、新コースに転籍するか否かを11月15日までに
決めるよう、案内が送られているそうです。年会費が上がりますが、ビジターのゴルファーを入れず、

年会費収入による安定的運営をするので、どうしてもそうなるのでしょうネ。 新メンバーになるには、
横浜CCと同じように、メンバー2人の推薦と入会審査があるようです。

 

詳細は、すでにタイでマネージャーとして活動されている、鴻巣文昭さんに問合せしてみてください。
連絡先は K&Y GOLF 社 02-263-0150 fumiaki_konosu@kygolf.co.th です。

新しくオープンされたら、以前 バンプラゴルフで勤務していた濱さん、田中さんもタイへ戻ってくるとか。
お世話になった読者も多いでしょう。 さぁ~ どんなコースが誕生し、どんな名称がつけられるのでしょう。
 今から とても楽しみです!  



「タイでゴルフ友達になりましょ」 のホームページです  


  タイ・ゴルフを何でもランキングで紹介する情報サイト

『ゴルフ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« キアタニCCと横浜CCが新コー... | トップ | 人気歌手ブンさんが 入隊に備... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

タイのゴルフ、あれこれ」カテゴリの最新記事