タイでゴルフ友達になりましょ。

ゴルフをしながらタイの豆知識・エピソードを発信するプログです。チョット得する、心が元気になる、そんなブログにしたいな?

今年からステップアップ ツアーも世界ランキングに!

2017年04月22日 | タイのゴルフ、あれこれ
 
 「パナソニックオープン」は7アンダーで野澤真央プロ(20)の逆転初優勝で終了。サタヤ
選手は35位。徐々に調子を上げていたから、次回に良い結果を出すでしょう。なにせステップ
アップツアーではサタヤ選手、トップクラスのプロですからネ。 昨日からの続きです ・・・

そう言えば2015年のステップアップツアー開幕戦「ラシンク・ニンジニア RKBレディース」で史上
3人目となるアマチュア優勝を果たした新垣比菜(19)さんも出場していましたが、38位でした。

 
 <野澤真央プロとサタヤ選手と新垣比奈さん>

かつては横峯さくら・諸見里しのぶプロらがステップアップ ツアーの優勝からレギュラーツアーに出場し
シード権を獲得したケースがありましたが、そうした例は一握りです。日本LPGAもこうした現状から、
抜本的な選手強化のためにステップアップ ツアーの賞金ランキング導入を検討していたといいます。

それには海の向こうの米国PGAツアーも数年前から下部組織であるWeb.comツアーの強化に乗り出し、
入れ替え戦の実施や、予選会からは下部ツアーを経由しなければPGAツアーに出場できない制度を導入。

 

その結果、ただの“二軍”ではなく戦うツアーとして組織された舞台で もまれた下部ツアー
出身選手達は PGAツアー昇格後、すぐに活躍できる選手が育っているといいますからネ。

昨年「マスターズ」で最終日最終組を回った米国のスマイリー・カウフマン(25)選手はその
筆頭かな。PGAツアーの選手層の厚さは、下部ツアーの充実も無関係ではないのが証明されました。
 
 
<スマイリー・カウフマン選手>

ステップアップ ツアーも今年からただの“二軍”ではない戦う舞台に変わりました。そして、
今後どんどん増えていく?ステップアップ ツアー出身者が、レギュラーツアー全体のレベルを
向上させていくかも知れない。また世界で戦う競技力向上のため、もう一つの施策を講じています。

ステップアップ ツアーは通常、2日間競技がほとんどなんですが、選手のやる気と競技力
向上の為に3日間大会を14試合に拡大しています。これにより、世界ランキング加算基準

 

(3日間大会が10試合以上)もクリアしましたので、昨日まで行われていた「パナソニック
オープン」から女子世界ランキング(ロレックス・ランキング)の対象競技となりました。

下部ツアーとしては米国女子「下部シメトラツアー」、欧州女子「下部 LETアクセスシリーズ」に
続く3ツアー目の加算対象ツアーに加わりました。これは選手にとって励みにもなるでしょうねぇ~
(森田理香子プロが急に28日から「九州みらい建設」へ出場を決めたのはここに理由があるかも?)

 

選手としてはただプレーするだけでなく可能性も広がりますものネ。モチベーションが上がれば
ツアー全体のレベルアップにもなるでしょう。全体の意識が変われば、選手のレベルも上がります。

今年はメディアが「ステップアップ ツアーをよく取り上げるなぁ~」と思っていたら、
こんな所に要因があったんですネ。 我々も 今年は同ツアーを注目したいですネ。  



 「タイでゴルフ友達になりましょ」 のホームページです  


  タイ・ゴルフを何でもランキングで紹介する情報サイト

『ゴルフ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今年からステップアップツア... | トップ | タイの国花は三つある? 日本... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。