タイでゴルフ友達になりましょ。

ゴルフをしながらタイの豆知識・エピソードを発信するプログです。チョット得する、心が元気になる、そんなブログにしたいな?

滞在期限のスタンプの日付に留意しましょう!

2017年06月02日 | タイの海外安全情報
  
 時折、各地で爆破事件が起きているタイですが、タイを訪れる外国人観光客数が絶好調です。

タイ政府観光庁が「今年の1月から4月までの最初の4ヶ月間に約1,202万人の外国人観光客が
タイを訪れ、8,000億バーツ(約26,400億円)を超える収益を上げている」と報告しています。

この数字は、訪タイ旅行者数が初めて3,000万人を突破した前年の同期比と比べても、訪問者数
2.91%の増加、収益も4.71%の増加。また、オフシーズン(ローシーズン)に入る4月の収益は

 

1,390億バーツに上り、前年同期比で7.64%も増加したといいます。 
これは昨年の訪タイ観光状況を超える勢いです。

観光立国として絶好調なんです。でも4月に280万人の外国人がタイを訪れましたが、そのうち
180万人は中国です、って。 ここのところ、また中国人観光客が盛り返してきています。タイで

何かとトラブルを生む中国人観光客ですから、ちょっと “痛し痒し” といった所でしょうかネ。
近年、治安悪化やテロが懸念されるものの、観光業の好調さは中国人が支えているのが現状です。

 

そんな中、シラチャーやパタヤのあるチョンブリ県のイミグレーション(入国管理局)が、今年
初めからオーバーステイ(長期不法滞在)の外国人の調査、締め出しを本格的に始めています。

特にカンボジア人やミャンマー人などを中心に、今年から不法滞在者への取り締まりを
行なってきました。が、実は彼らと同じくらい外国人の不法滞在者が多く、中国人も観光で
来たまま不法滞在者になって、滞在していることが調査で分かってきたというのです。

まぁ~ 日本人はタイで不法滞在者となる人はいないでしょうが、こんな罰則が昨年3月20日より
施行されています。「不法滞在者の再入国禁止措置」ですが、参考のために記しておきますネ。

  

これは滞在許可延長等の手続きをとらず、許可期限を超過して滞在している
外国人の再入国禁止期間を定めるものです。 措置内容は以下の通りです。

1)外国人がタイ政府入国管理局に出頭した場合 ・・・

滞在許可満了日から90日を越えた場合は、タイを出国した日から1年間入国を禁止されます。1年を
越えた場合は3年間。3年を越えた場合は5年間。5年を越えた場合は10年間入国を禁じられます。
ちなみに、オーバーステイは1日ごとに500バーツの罰則金がかけられます。

 

2)外国人が逮捕され起訴された場合 ・・・

滞在許可満了日から1年未満滞在した場合は、タイを出国した日から5年間の入国を禁止されます。
滞在許可満了日から1年を越えた場合は、タイを出国した日から10年間の入国を禁じられます。

このようにならぬよう、外国に滞在するためには滞在目的にあったビザや滞在許可等を
取得する必要があるのは当然です。 観光で訪れて、万が一 気づかずに滞在許可期限を
過ぎてしまうケースも有り得ます。日頃から滞在期限のスタンプの日付に留意しましょう。  



「タイでゴルフ友達になりましょ」 のホームページです  


  タイ・ゴルフを何でもランキングで紹介する情報サイト

ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 全員がシートベルト着用義務... | トップ | タイのスポーツ競技が強くな... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

タイの海外安全情報」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。