タイでゴルフ友達になりましょ。

ゴルフをしながらタイの豆知識・エピソードを発信するプログです。チョット得する、心が元気になる、そんなブログにしたいな?

バンコク・チームの久保谷健一プロ、おめでとうございます!

2017年04月24日 | タイのゴルフ、あれこれ
 
 “ゴルフは何が起こるか分からない” と よく言いますが、プレーオフで最初の選手が1打目に
OBを出すなんて、初めて見ました。しかもライブで! やっぱりライブ中継はいいですねぇ~
久保谷健一プロの晴れやかな表彰式まで観ることができました。

アジアンツアーと日本男子ツアーの共同主管試合である「パナソニックオープン」でのこと。
しかもプレーオフで勝ったプロは、タイでよくゴルフ合宿する久保谷健一プロ(45)です。タイに
住む邦人ゴルファーにはお馴染みのプロです。親しくされている日本人ゴルファーも多いでしょう。

 

6打差20位スタートの久保谷健一プロは、7バーディー、ボギーなしでこの日のベストスコア
64をマーク。驚きましたねぇ~ 通算11アンダーで並んだ宮本勝昌プロ(44)とのプレー
オフを1ホール目で制し、2012年10月の日本オープン以来の通算7勝目を挙げました。

久保谷プロは23年目のベテランですが、腰痛で14年6月に椎間板ヘルニアの手術を受け、朝起きるのも
大変という崖っぷちだった状態を克服しての逆転優勝だけに、さぞかし嬉しかったことでしょう。

ゴルフをやめようと思ったこともあるといいますからネ。14年以降3年連続で賞金シードを逃しており、12年
日本オープン優勝に与えられていた5年間出場権の最後の年でした。ワタシもとても嬉しく思いました。

 

なにせパッティングが神業でしたネ。 報道によりますと「ボールを見ずにカップだけを見て
打つパット練習を 昨年から導入した成果が実った」とコメントしていました。

凄かったです。前半は9パットでこの日は最少の計23パットです。1番で4メートルを沈めて勢いに乗り、
5番は6メートル、7番と9番は8メートルを沈めてスコアを伸ばします。11番は15メートルを放り込み、
18番は寄せに行ったらしく、それでも下り4メートルのフックラインを読み切ってのパッティングでした。

 

「人生で3本の指に入るくらい良かった。ショットが悪くても我慢したご褒美かな?」と
メディアに話しています。 神業パット、ホント凄かったですねぇ~

ところで少し前まで、日本人プロゴルファーの間で “バンコク・チーム” と呼んでいるプロ
仲間がいましたが、アジアン / ワンアジアン ツアーなどに参戦しているプロ、もしくは タイへ

ゴルフ合宿に来る日本人プロのことを言います。日本のツアー先でも よく 練習ラウンドを
一緒に回ったり、食事や飲み会をする仲間たちを そう 呼び合っていたそうですヨ。 

   

そのバンコク・チームのプロには、平塚哲二・久保谷健一・小林正則・丸山大輔・塚田好宣・
井上信・片岡大育・谷昭範・永野竜太郎・上平栄道・すし石垣・市原広大・甲斐慎太郎・上井
邦浩・塚田陽亮・内藤寛太郎・石井忍プロらが そんな仲間です。 

タイに住む上級者ゴルファーなら、一度は バンコク・チームのメンバーとラウンドしたことも
あるのではないですか? 私も数名とプレーしています。最近は多くの女子プロもタイでゴルフ
合宿を行なっていますから、このチームに女子プロも入れたら 相当な人数になりますネ。

今回の久保谷健一プロの優勝は、バンコク・チームのメンバーも喜んでいるでしょう。
久保谷健一プロ、おめでとうございます。  


「タイでゴルフ友達になりましょ」 のホームページです  


  タイ・ゴルフを何でもランキングで紹介する情報サイト

『ゴルフ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« タイの国花は三つある? 日本... | トップ | OB会コンペで感じた日タイの... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

タイのゴルフ、あれこれ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。