タイでゴルフ友達になりましょ。

ゴルフをしながらタイの豆知識・エピソードを発信するプログです。チョット得する、心が元気になる、そんなブログにしたいな?

アジアンとの共催試合の1勝は 価値高く夢も広がる!

2017年09月26日 | タイのゴルフ、あれこれ
 
 片岡大育プロの優勝は とてもタイミングが良かったですネ。ドンピシャリでした! 昨日からの続き。

先週20日放映の「ナカイの窓(中居正広の司会)」という番組で、『私たち○○のプロです』という特集が
組まれ、5組の各界のプロフェッショナルが集まる中、プロ中のプロとして片岡プロの専属キャデイである
伊能恵子さんが選ばれました。 その翌日曜日の26日に片岡プロと伊能さんコンビが優勝ですからねぇ~

 
 <番組での伊能恵子さん>

さて、現在は日本ツアーを主戦場とする片岡大育プロですが、今でもアジアンツアーへの登録費500ドルを
払い続けているそうです。それは2年前に欧州ツアーのQTに挑戦して失敗しているからといいます。

アジアンツアーは欧州ツアーと繋がっていますので、アジアンの賞金ランクの上位に入れば欧州ツアーに
出場できるようなりました。今年、QTに参戦したかったそうですが、日本の試合を休まなければならず
日程が合わなかったよう。それくらい片岡プロにとっては “欧州ツアー出場は大きな目標” なんですネ。

タイミング良く今季から、アジアンツアーの賞金ランキング上位者に欧州ツアーへの道が開かれました。
ツアー出場資格が改定され、アジアンツアーの賞金ランクに基づいて上位に入っていれば欧州ツアーに

 
 <片岡プロも思わず …>

出場できるわけですから、今回の優勝によってアジアンの5位に入った片岡大育プロの
嬉しさは半端ではないでしょう。優勝インタビューで泣いてしまったのも理解できますネ。

これまでもタイのトンチャイ・ジェイディ、キラデク・アフィバーンラト選手などアジアンツアーと
欧州との共催試合で優勝した選手も多く、今回の優勝で2019年シーズンまでのアジアンツアーの
シード権を取った片岡プロにとって、来季以降欧州ツアーでの活躍の場は大きく開かれたと言えます。 

 
 <トンチャイ、キラデク選手はリオ五輪にも出場>

アジアンツアーは近年、世界各地を巡る欧州ツアーとの結びつきを強めており、1999年頃から
積極的に欧亜共催大会を組み入れてきました。今季は全体の3割以上を占める8試合を共催
として組んでおり、アジアンツアー賞金ランキング20位以内が出場資格の目安となります。

実際、タイ人の若手がアジアンを通して欧州ツアーに出場しています。今回2位タイに入った
プーム・サクサンシン選手(24)は昨年、アジアンツアーで初優勝を挙げると、今季も8月に1勝。

 
 <プーム・サクサンシン選手とパビット・タンカモルプラスート選手>

ツアー2勝を挙げて欧州ツアーに出場しています。19位のパビット・タンカモルプラスート選手
(28)は、昨年のアジアンツアー賞金ランキング10位で今季の欧州ツアー14試合に出場しています。
タイの若手プロはアジアンツアーで育っていると、言っても過言ではありませんネ。

アジアンツアーを経由して欧州ツアーに行くには、今回のアジアンと日本の共催試合で勝つ
ことが一番の近道です。そう言えば、2013年の共催試合「パナソニック オープン」で
優勝した川村昌弘プロも翌年からアジアンを中心に、時には欧州ツアーに参戦できています。

 
 <伊能恵子さんの明るさに救われているのかな>

アジアンの経験がある、今回の片岡大育プロの優勝は 同じ1勝でも可能性が無限に広がる1勝でした。
 片岡大育プロ、キャデイの伊能恵子さん、おめでとうございました!  



「タイでゴルフ友達になりましょ」 のホームページです  


  タイ・ゴルフを何でもランキングで紹介する情報サイト
『ゴルフ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« バンコク・チームの一人、片... | トップ | 10月からタイの出入国カード... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

タイのゴルフ、あれこれ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。