タイでゴルフ友達になりましょ。

ゴルフをしながらタイの豆知識・エピソードを発信するプログです。チョット得する、心が元気になる、そんなブログにしたいな?

新コース・ロイヤル バンパイン GCで タイ予選会を開催!

2016年10月19日 | タイのゴルフ場
  
 タイでハイソサエティーなコースを目指して、またまた ロイヤル バンパイン
ゴルフクラブというゴルフ場が誕生しました。 昨日からの続きです ・・・

芝はチャンピオンドワーフ (champion dwarf)」 というバミューダ芝の品種を使用し、ベント芝並みの
速さに仕上げるのが目標で自慢のようです。 確かにグリーンは速くて微妙なタッチ感覚が必要かな。 

 
 <グリーンも良かったですよ>

どこのホールも平均的にグリーンが大きいので、ワタシなど 芝の速さ難しさを思慮すると、
下手にグリーンに載らないほうがいいかも知れません。 パッティングクオリティは高いですネ。

20分間隔でラウンドさせるという触れ込みですが、当日はワタシら二人だけで貸切 状態でしたネ。
将来の会員権は1年 15万~20万バーツ、3年 40万~50万バーツ、5年 70万~80万バーツを

 
 <ゴルフショップと奥がレセプションです>

考えているようですヨ。 年内には正式に決めるようですが、この値段 どうでしょう。 もう少し
詳細を知る必要がありますネ。 姉妹コースとなるラチャカムGCはメンバー制を取っていません。

この日はプロモーション価格ということで、GF・CF・カート代・朝・昼食と付きで3,500バーツでしたが、
(土曜日曜は4,500バーツ) グランドオープン後は、この内容で5,000バーツ前後になるそうです。 
そうそう、ハーフが終わるとでサンドイッチと果物が出て、水も2本がカートに用意されていました。

 
 <レストランの外から9・18番のグリーンが見え、右はレストラン全景です>

食事やキャディさんのクラスを較べると、今の時点では、目指しているアヨタヤリンクスや
ニカンティGCクラスより落ちてしまいますネ。 キャディもラチャカムGCで勤務している子も
いますので、よほど教育しなければアヨタヤリンクス・クラスのキャディにはなれないでしょうネ。 

ワタシに付いたキャディさんは、とても愛嬌もあり対応も良かったですが、あるキャディは ここで
仕事をした後、姉妹コースのラチャカムGCでナイターのキャディを務める子もいるそうですから。 
二股をかける姉妹コースのキャディさんたちを 今後 どのような差別化をするのか興味津々です。

 
 <一緒に付いたキャディさんと愛想が良かったスターター>

ところで 「全日本企業対抗ゴルフトーナメント」 って、ご存知ですか? 

福利厚生代行サービス事業を行なっているレロクラブ (RELO CLUB) という会社が主催し、今年で13回目を
迎える大会なんですが、初のタイ予選会を ロイヤルバンパインGCで、来月の26日に行なわれるんです、って。 

 
 <そのパンフレットです>

同じ会社の2名ペアで参戦するダブルス戦で、ルールは18ホールストロークプレー、ファアボール方式です。
同ゴルフ場で行なわれるのは 「ダブルス戦2017・タイ予選」 で、優勝チームは日本で来年3月に開催される

全国大会 (静岡・浜松シーサイドGC) に招待されるそうです。 エントリーフィ14,000円ですが、40組
80名を募集しています。 グリーンフィなど いくらかかるか、これも興味あるところですが未発表です。 

 
 <コースの見晴らしも良いですねぇ~>

広告のために同ゴルフ場で開催するのか 定かではありませんが、まだグランドオープンしていない
コースで、こんな大きな予選大会を受けてしまって大丈夫んですかねぇ~  本当にハイソサエティーな
 コースを目指しているのか、心配になってきました ・・・ 大きなお世話かも知れませんネ。  


「タイでゴルフ友達になりましょ」 のホームページです  


  タイ・ゴルフを何でもランキングで紹介する情報サイト

『ゴルフ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新コース、ロイヤル バンパイ... | トップ | プミポン国王が死去されて1... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。