タイでゴルフ友達になりましょ。

ゴルフをしながらタイの豆知識・エピソードを発信するプログです。チョット得する、心が元気になる、そんなブログにしたいな?

飛距離よりもパッティング、分っているけど ・・・

2017年07月14日 | タイのゴルフ、あれこれ
 
 9日、日本ツアーで 2016年の平均飛距離311.29ヤードでツアー歴代最高を記録し、今季も
319.88ヤードで首位を走っているチャン・キム選手 27歳が、今年 2度目の優勝をしました。
飛距離の選手でも最終的には「パッティングが物いう」という話が中途でした。10日からの続き ・・・

日本ツアー男子の飛距離(7月10日現在)の2位はトッド・シノット選手 25歳で312.6ヤード。
3位が副田祐斗プロ 23歳の308.9ヤードです。ちなみに4位が301.9ヤードで池田勇太プロです。

 
 <葭場ルミ選手のドライバーショット>

我々 アマチュアに身近な女子プロはと言うと、1位が葭場ルミ選手 24歳で260.4ヤード、
2位が穴井詩プロ 29歳の256.2ヤード、3位がテレサ・ルー選手の254.7ヤードです。
女子の部でドラコンを競えば、ベストテンに入れる我々の仲間も多いでしょうネ。

昨年の米国ツアーの飛ばし屋トップ3は、JB・ホームズ選手 25歳の314.5ヤード、ダスティン・
ジョンソン選手 33歳の313.6ヤード、3位がトニー・フィナウ選手 27歳の312.2ヤードでした。

3人とも米国の選手ですが、松山英樹プロは65位で294.5ヤードです。いかに300ヤードが
当たり前の選手が多いか理解できます。そんな米国ツアーで、6月の「ディーン&デルーカ」に招待
された「ドラコン王」のジェイミー・サドロウスキー選手 28歳(カナダ)がデビューしました。

 
 <ジェイミー・サドロウスキー選手> 

アマチュアだった彼は、330ヤードを飛ばし2008年と09年のドラコンチャンピオンで約1年前、
ツアープロとして活躍する夢を追いかけることを決意したといいます。その後、米国下部ツアーに
出場したり、母国カナダのPGAツアーやオーストラリアなどで武者修行していました。

まだ、米国ツアーのレギュラーツアーのシードを取るには至っていませんが、「ディーン&デルーカ」には、
過去のこの試合の優勝者が選ぶ「期待される新人」枠で、出場することができたのです。この枠には、かつて
ジョーダン・スピース、ジェイソン・デイ選手も招待を受けており、注目度の高さがうかがえます。

 
 <2013年当時、ジェイミー選手の飛距離>

ドラコン王として注目された第1ラウンドの1番ホールのティショットは365ヤードで周囲を
驚かせました。ティショットの平均飛距離は、初日332.5ヤード、2日目は325.5ヤード。

が、スコアは初日73でしたが、2日目の13番パー3で7、15番パー4はダブルボギーで77。パットが
致命傷となって予選落ちでした。パットがNGだったよう。いくら飛ばせても「ドライバーの1打も
パットの1打も同じ」を痛感。 いかにパッティングが大切か実感したデビューだといいます。 

 
 <パッティングで自滅しました>

「このツアーのために懸命に練習してきたが、パッティングが疎かになっていた。もっとパッティングの
練習を重ねて出直したい」と語っていました。 究極のロングヒッターですが、気づくのが遅いですネ。
 ゴルファーの皆さん、もっと もっと パッティングの練習を!我々 アマチュアも肝に命じましょうネ。  



「タイでゴルフ友達になりましょ」 のホームページです  


  タイ・ゴルフを何でもランキングで紹介する情報サイト
『ゴルフ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ミス・グランドは意味あるコン... | トップ | タイ語を学習できる場所が多... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。