タイでゴルフ友達になりましょ。

ゴルフをしながらタイの豆知識・エピソードを発信するプログです。チョット得する、心が元気になる、そんなブログにしたいな?

シード権に明暗が … チュティチャイ選手は喪失!

2017年11月21日 | タイのゴルフ、あれこれ
 
 サタヤ選手(33)は 来年のシード権を確定させましたが、ポラニ・チュティチャイ選手(32)は
不調に終わり 逆に、シード権を喪失してしまいました。 明暗が分かれてしまいましたねぇ~

チュティチャイ選手は昨年、念願の初優勝を飾り 43位(約2,442万円ゲット)で、それまでは
QT戦で出場していた日本ツアーに、初めてシード権を獲得して、今年に臨んでいました。

 
 <チュティチャイ選手>

しかし今年は、31試合に出場し予選落ちが23試合、最高位は32位。最終的には104位で
299万円しかゲット出来ませんでした。昨年とは大違いです。ケガでもしていたんでしょうか?

シード権を持っていた選手は、サードQTまで免除されますので、後は 12月に行なわれる最終戦の
QTで頑張るしかありません。 彼女だけでなく 残念な結果に終わった実力選手、結構 いますよネ。

酒井美紀 51位、佐伯三貴 53位、飯島茜 54位、有村智恵 58位、イ・ナリ 59位、金田久美子 62位、
原江里菜 65位、松森彩夏 66位、青山加織 77位、俵純子 81位、森田理香子 89位 らです。

 
 <有村智恵プロ、もう一歩でした>

シード権を持っているか、持っていないかで 天国と地獄までとは言いませんが、雲泥の差です。
殆んどの選手が30試合前後 出場していますが、あの試合、あの一打が悔まれているんでしょうネ。

現在、シード獲得ラインの50位には大山志保プロがいますが、最終戦の「チャンピオンシップ リコー
カップ」で、韓国のキム・ヘリム選手が2位以上ならば、彼女が50位に入ります。キム・ヘリム選手は
7月開催の「サマンサタバサ レディース」で優勝していますから、最終戦への出場資格を持っています。

でも来年から今年の賞金ランク51位~55位までの5選手に、来季の前半戦までの出場資格を与える
新制度(第2シード)が出来ましたので、少し救われますネ。もしキム・ヘリム選手が2位以上に
来なければ、51位から酒井美紀・濱田茉優・佐伯三貴・飯島茜・黄 アルム選手らが第2シードに入れます。

 
 <今年の川岸史果プロは大躍進でした>

逆に初シードの権利を掴んだのは10人でした。賞金女王争いを繰り広げるイ・ミニョン選手(韓国)を
初め、今季初優勝を挙げた川岸史果・永井花奈プロ、今季プロとして初優勝、メジャー連覇を達成した

畑岡奈紗プロ、今季から日本ツアーに参戦した “8頭身美女” ユン・チェヨン選手(韓国)らの
メンバーが揃いました。 他には、武尾咲希・東浩子・新海美優・三ヶ島かな・大城さつきプロらです。

 
 <帰国して2連覇は凄かった畑岡奈採プロ>

厳しくなっているシード権ボーダーラインの高額化は、年々右肩上がりになっている試合数と
賞金総額が一因にあるでしょう。それとは別に、選手の全体的な力の底上げもありますネ。

一昨年は柏原明日香プロの50位 約1,792万円 でもシード権を獲得できましたが、昨年は
約2,011円稼いだ茂木宏美プロでも51位でシード権を喪失しています。今年の50位は
大山志保プロの約2,239万円です。 来年は2,500万円がボーダーラインでしょうか?
 日本女子ツアーのシード権の獲得は、本当に厳しくなりました ・・・  



「タイでゴルフ友達になりましょ」 のホームページです  


  タイ・ゴルフを何でもランキングで紹介する情報サイト
『ゴルフ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« O・サタヤ選手、来年のシード... | トップ | ”日本料理 タツミ” の田中成 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

タイのゴルフ、あれこれ」カテゴリの最新記事