タイでゴルフ友達になりましょ。

ゴルフをしながらタイの豆知識・エピソードを発信するプログです。チョット得する、心が元気になる、そんなブログにしたいな?

韓国勢の女子の強さは、やっぱり これかな?

2017年03月27日 | タイのゴルフ、あれこれ
 
 女子国内ツアー「アクサレディスゴルフ」は、若林舞衣子プロが首位と4打差の7位
タイで最終日をスタートしましたが、ホールインワンを含む5バーディ・1ボギーの
“66” で、6つスコアを伸ばす猛チャージでの逆転優勝で幕を閉じました ・・・ 

先週、菊地絵里香プロが勝って「昨年から8大会ぶりに韓国勢を阻止した」なんて、活字が
躍っていましたが、今週も若林舞衣子プロが勝ち 日本人のゴルフファンも大喜びでしょう。

 
 <若林舞衣子プロ、結婚と優勝で幸せですね>

韓国のイ・ボミ選手が通算4オーバーの62位でカットラインに1打及ばず、2013年11月の
「伊藤園レディス」以来3年4か月ぶりに予選落ちしたことも話題となっていましたネ。

でも上位6位タイまでの10人に、全美貞、ペ・ヒギョン、イ・ミニョン選手とベテランと新鋭の
3人が入っていました。相変わらず韓国勢は強く、今年も大きなライバルになるのかな。昨年は
37試合の内14試合しか日本勢が勝てず、勝率が約38%。今年はその倍は勝ってほしいですよネ。

 
 <チョ・ボムス氏とイ・ボミ選手>

しかし、体格的には日本人と変わらないのに世界ランク(WR)トップテンに7人、リディア・コ選手
(ニュージーランド籍)を入れると8人が、日本では昨年の賞金ランク10位までに6人も名を連ねる韓国勢の
秘密は何なんでしょう? イ・ボミ選手のコーチ、チョ・ボムス氏(63)がゴルフ雑誌に語っていました。

世界での躍進に伴い、韓国の育成システムは広く知られるようになった「国家代表・代表常備軍
制度」が、その強さの原点だといいます。代表、常備軍ともに男女6人ずつが選ばれ、代表選手は
全額ゴルフ協会負担で、合宿や試合など年間200日近く活動する日々を過ごすようです。

 

代表に対し、常備軍は学校が長期休暇に入った時のみの練習と試合だけ。代表はステータスとなり、
憧れであり、夢であり、最高位のプライドを目指すといいます。代表のジュニアは、国旗入りの
ユニホームを学校にも着ていくようです。(男女3人ずついた小学生の常備軍は3年前に廃止)。

常備軍にもユニホームはあるけど、どこか劣等感が … このジュニアの時代から公式戦の成績で
毎年メンバーの入れ替えがあり、強烈なエリート意識が激しい競争を生んで切磋琢磨し合います。

 

将来を見据えたサバイバルはこの年代から始まります。中学以降の代表入りに直結する韓国ゴルフ協会主催の
大会に出られるのは、地区や連盟の試合で上位に入った選手だけ。「幼い頃から年間15試合ほどを戦うことで、

高校に上がる頃には肝っ玉が据わるんでしょうネ。そりぁ~ 大会慣れした勝負強い選手が育つはずです。
常備軍だったイ・ボミ選手は日本ツアーのプレーオフで通算7勝1敗と確かに勝負強いですものねぇ~

また最初に “正しいスイング” を徹底的にたたき込む指導も特徴といいます。「1度悪い癖が
つくと、直すために膨大な時間がかかる。 最悪の場合、直らないかもしれない。米国では

 

どうやって飛ばすかをまず教えるが、スイング軌道さえしっかりすれば、正確なインパクトが
できるし、パワーも自然とついてくる」と、チョ・ボムス氏は解説していました。

プロになって、いざという時になっても正しいスイングができ、この精神的強さが
生きてくるんでしょうネ。 日本勢の対策はあるんでしょうか ・・・  



「タイでゴルフ友達になりましょ」 のホームページです  


  タイ・ゴルフを何でもランキングで紹介する情報サイト
『ゴルフ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 当ブログが10歳に … ご愛読 ... | トップ | バンコクに大相撲 巡業場所、... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。