タイでゴルフ友達になりましょ。

ゴルフをしながらタイの豆知識・エピソードを発信するプログです。チョット得する、心が元気になる、そんなブログにしたいな?

タイに女子プロゴルフ協会が発足!

2008年09月08日 | タイのゴルフ、あれこれ
去る8月30日に同ブログで、“米女子プロゴルフ協会(LPGA)が、英会話が苦手な選手をツアーから排除する方針を
決めた“ というニュースに対して、ワタクシも言ちゃもんを付けました。
http://blog.goo.ne.jp/nagaichi_1950/e/ebe0802b9ce5c41ebdf23948bb0f2bb8 

やはり大会のスポンサー等から相当な反発やら批判が続出したのでしょう、“いろいろ検討した結果、選手を支えていく、という
目的を達成する為の方法は他にもあると判断した”と初期の決定を撤回しました。当然でしょうよネ。非英語圏、特にアジアの
選手への差別ではないかという非難があったと指摘されていますが、韓国勢の選手に三週連続優勝をされた後だけに尚更です。

同問題は、ひとまず決着を見たようですが、ちょっとお粗末なゴタゴタでした。
そんな中 タイではタイの女子ゴルフファーには嬉しいニュースが流れています。

既存のタイ・ゴルフ協会とは別団体として、タイで初めての女子運営団体、女子プロゴルフ協会(LPGA)が正式に発足しました。

最近の世界ジュニアゴルフ選手権でも、タイ人の女子ジュニアの活躍は目覚しいものがあり、ジュニアのゴルフ人口も
増えているようですし、大変に喜ばしい流れだと思います。日本や韓国の女子プロゴルフファーが世界で活躍している中、
個人的にも、是非 タイ人女子プロゴルフファーにも加わって欲しいと思っていましたので・・・

今の所、タイの女子プロではディティヤポーン選手が有名ですが、実際にはタイ国内でプロとしては賞金を稼げませんので
ヨーロッパツアーに参戦しているようです。

新聞報道によりますと、LPGAの初代会長に、タイ・サミット・グループのソンポン・ジュンロングランキット社長、事務局長に
住友グループのロイヤル・レークサイドGCのコース・マネージメント・マネジャーで、女子プロゴルフファーでもある
スモンさんが就任したそうです。先月の21日の総会で“まずタイの国内で育成して、その後、国際舞台に出られる女子プロを
輩出したい“とコメントしています。

今後の予定は、第四回までのツアーをシラチャーにあるタイ・サミット・グループの「パタナ・スポーツクラブ(Pattana)」で
実施していくそうですが、各回の優勝賞金は20万バーツだそうです。日本円で約65万円ぐらいでしょうか。やはりちと低額ですネ。

でも タイも少しずつですが、ゴルフ界の幅が広がっています。
いやぁ~ ワタクシも また 楽しみが増えました!



「タイでゴルフ友達になりましょ」 のホームページです   


  タイ・ゴルフを何でもランキングで紹介する情報サイト



『うれしい』 ジャンルのランキング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« タイにゴルフバーがあったら... | トップ | タイから世界に貢献している... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
進歩ですね^^ (ben)
2008-09-08 09:21:15
少しずつこうやって進歩していくのでしょうね?いつかはシニアプロにも大きな賞金とかがつくのでしょうかね?

これからのタイのゴルフが楽しみです!

コメントを投稿

タイのゴルフ、あれこれ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事