コンビニ経営相談室「あかり」

気がついたら全てを喪失、それがコンビニオーナー。加盟を阻止し、脱退を支援します。コンビニの経営の現実をお知らせします。

閑話 ニュースtenでもコンビニ問題。

2017年02月21日 19時03分21秒 | 日記

昨日の関西のニュース番組でコンビニ問題がとりあげられました。本宮弁護士の解説で、シフトを穴埋めしなかったために罰金を高校生バイトが徴収された件、恵方巻のノルマ問題を取り上げていました。人件費高騰で経営悪化のオーナーさんにもふれていました。もうコンビニ問題にタブーがなくなった感があります。良いことです。



ジャンル:
ウェブログ
コメント (18)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« コンビニ問題、毎日新聞社社... | トップ | 欠勤したら罰金1万円で、書... »
最近の画像もっと見る

18 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2017-02-22 09:12:05
マスゴミはしょせんゴミ。
カネが貰えなくなったので煽ってるだけ。
7会長が交代したら、この取り上げ方。
ほんとゴミだわ。
Re:マスコミはゴミの件 (nag4087)
2017-02-22 18:48:15
コメントありがとうございます。マスコミに金を出せなくなった自分のポジションを実感してして下さい。やっとマスコミは表現の自由を実感したと思います。ここは北朝鮮でもなくイスラム国でもありません。今までが異常でした。
Unknown (Unknown)
2017-02-22 23:54:29
ひな祭りの商品を発注しろとか、雑費などの経費が多いとか、本部のバカ社員うるさい。あれも、これも、できん!

愚痴を書いたら、すっきりした
Unknown (Unknown)
2017-02-23 14:01:16
本部は、加盟店が無駄(廃棄や消耗品費などの経費)をなるべく無くして利益を上げようとする事を嫌がる。
ヤマト運輸は、ついに組合がこれ以上業務を増やすなという交渉に入った。人手不足なのに無理な業務を押し付ける会社に対して立ち上がった訳だ。
コンビニ業界もこれ以上のオペレーション増加は自殺行為だと思う。目先の数字だけしか考えていない本部。それが何を意味するのかわからない役員・取締役、現場の声を無視し続けて複雑なオペレーションを加盟店に押し付け、搾取する事が共存共栄なのか?
Unknown (Unknown)
2017-02-23 15:15:41
↑ 雑費の発注減らせ? 増やせじゃないの? 適当なこと書くな。
Unknown (Unknown)
2017-02-23 15:58:16
↑雑費は発注なんてしませんよ。雑貨と勘違いされてます?
先の方は、経費として雑費をレジから出金するのが多い、と言われたのだと思います。

私がSVから以前聞いたのは月5万以上になると内訳を教えてもらいます、という事でした。
Unknown (Unknown)
2017-02-23 16:23:54
本部は何かと言えばフェイスアップ用のアンコを買えだの、特発のチラシを発注入れろだのと煽ってきます。
ギフトの試食会をやるので、これを買って持ってきて下さいとかも言う。
誰の金だと思ってるんだ!
Re:だれの金の件 (nag4087)
2017-02-23 20:16:16
コメントありがとうございます。本部には加盟店と共に繁栄する意識がありません。悲しいことですが全てを疑ってかかり自分の身を守らないと大変な目にあいます。お金を出せば出すだけ痛い目をみます。だれがやっても失敗するのがコンビニです。失敗を個人の能力の無さにしてしまうのが本部の常套手段です。
Unknown (Unknown)
2017-02-24 10:03:11
その通り。本部には共存共栄のモットーはあっても、それを実行に移すことはありません。

理由は単純明快で、コンビニ会計です。加盟店の繁栄は、本部の没落となるように設定されたチャージ徴収システムにあります。本部が加盟店の廃棄アップを望むのも、万引き被害を歓迎するのも、すべてはチャージのためです。本部は加盟店に大量発注、大量廃棄を強く望むのは、全てあのインチキコンビニ会計にあります。もし、加盟店との決済に一般会計を導入していれば、本部も廃棄を抑えようと必死になります。万引き被害を食い止めようと犯人画像公開を本部主導でやるかもしれません。一般会計にするだけで、今とは完全に真逆の経営アドバイスに変わるのです。

全てが、インチキな世界がコンビニ本部です。彼らの発言の真逆が、世間の常識であり、正しい経営となります。オーナー不足が叫ばれる以前のかつては、いかに無理な店舗運営をさせて、チャージをむさぼり、店を廃業に追い込んで、また別のオーナー付けに成功すれば、評価されたとも聞いたことがあります。再契約で同一オーナーにチャージ率を下げるのを防ぎ、新たなオーナーに代えることで、契約金もふんだり、チャージ率ダウンも食い止めることができると一石二鳥をやった者を評価するという恐ろしい業界です。

不幸にして関わってしまったとしても、間に合う内に離脱して、被害を最小限に食い止めることが大切です。人生の中の最も無駄な時間を最小限にすることです。コンビニは利用するところであって、働くところではない。昨今、特に耳にする言葉です。
Unknown (Unknown)
2017-02-25 00:59:49
チャージ下げなくていいから夜が閉めさせてほしいな。
それだけでかなりマシな生活できる。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL