コンビニ経営相談室「あかり」

気がついたら全てを喪失、それがコンビニオーナー。加盟を阻止し、脱退を支援します。コンビニの経営の現実をお知らせします。

ついにNHKでコンビニ(FC)問題、クローズアップ現代+ で放映。

2016年10月10日 22時16分37秒 | 日記

テレビ放送予定のお知らせです。 クローズアップ現代+ で、コンビニを中心に、フランチャイズのあり方や課題を取り上げた放送が流れます。 内容として、 コンビニ内の働き方に対する実態を伝えた上で、フランチャイズの仕組みの問題点を問い、さらにアメリカのフランチャイズおよび、他のフランチャイズ事業に関して取材を進めた上で、フランチャイズ事業の在り方を視聴者に問う番組とのこと。

放送予定日:10月18日(火)予備日(10月25日火曜日) 放送時間:午後10時〜午後10時25分

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

読者の方よりいただいた情報。

NHKでコンビニを中心としたFC問題を取り上げた放送が流れるとのことです。

NHKのホームページではまだその内容、放送予定に触れられていません。

ただ、コンビニに関しては、かっての鈴木会長の「商品開発秘話」であり「成長神話」等しか

TV番組で流れなかった中でのこのテーマは隔世の感がします。

 マスコミがタブーであったコンビニ問題であり、ローソン社長の実現しない計画に触れたり

少しづつ時代は変化している感があります。

 是非、見たいと思います。 


ジャンル:
ウェブログ
コメント (9)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 閑話 ローソンの前にローソン | トップ | クローズアップ現代+の放送... »
最近の画像もっと見る

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2016-10-11 06:58:16
https://www.youtube.com/watch?v=2hTuPDBRDys&feature=youtu.be
どんどん拡散させましょう!

数多く声が上がれば無視できなくなりますから!
今までタブー扱いだった、サブリース問題も (Unknown)
2016-10-11 11:37:23
クローズアップ現代で取り上げられました。

サブリース問題は、コンビニやフランチャイズと同様に合法的かつ極めて悪質な詐欺商法です。

今後も、公共放送としての義務を果たしてもらいたいものです。
Unknown (Unknown)
2016-10-11 15:34:59
どこまで踏み込むのか興味がありますね。
国はどんどん賃金を上げろと言ってます。普通の企業なら社員の給料の話になりますが、我々コンビニ経営者にしてみれば、最低時給が上り続ければ反比例のように収入が減って行きます。また、ドミナントによって本部が増収しても既存店経営者の収入はガクッと落ちます。この不公平さって何でしょうか?そして、コンビニが便利になればなる程、当たり前のように手間は増えます。言ってみれば、その手間賃も経営者が負担しているようなものです。とにかく本部はお金の落としどころを間違っていると思います。共存共栄・対等の立場なら、もっと現場を知り、加盟店の声を聞くべきです。
Unknown (Unknown)
2016-10-11 19:45:37
国がコンビニ加盟店経営者のような納税もままならず、最低賃金でしか雇用もできず、しかも違法状態でしか雇用もできない者を排除していきたいと考えているのは明白でしょう。経営状態があまりにも脆弱なところは市場から退場させたいと考えているはずです。まさにコンビニフランチャイズ加盟店が、それです。もはや、全店直営で大会社がすべて合法に運営しなければならない時代がきているのです。
Unknown (Unknown)
2016-10-13 03:36:05
ん?主以外誰もいないんですね。まあいいか、

おにぎりセールで、カゴ3つ山盛りの廃棄出ましたw
いつもの事です。これでも黒字です。
自分はオーナーではありませんが、発注数イコール本部評価です。
コンビニは人の欲求のまま独自の進化を遂げ、その挙句
触れてはいけない暗黙の了解しかない存在です。
便利さに慣れたら人は元には戻れません。
食の安全、環境問題、フランチャイズ奴隷、特別コンビニだけの話ではありませんが、突出しているのは確かです。
日本は世界から叩かれる事に弱い国です。
一度そこまで落ちてみるのも手かもしれません。笑
Unknown (Unknown)
2016-10-13 14:44:15
どうせ、今のやり方のままでは、そう永続きできない業界であることだけは、はっきりしています。
後5年もてばいいところでしょう。最低賃金の平均値は、まだ800円に届いたばかりで、先進国の中では突出して低いため、国は早い段階で欧米並の最低賃金1500円近くまでは上げてくるはずです。そうなる過程の中でコンビニ加盟店は市場から去ることになります。それくらいの賃金で雇用が出来ない事業者は見捨てられていきます。さもないと、いつまで経っても、低賃金当たり前の環境から脱け出せないからです。正規、非正規に関わらず、同一労働同一賃金ともなれば、最低賃金1500円など当たり前の世の中になります。行政の目指している方向を考えれば、コンビニ加盟店など生き残れるはずがありません。労働者の平均所得は、今や韓国やスペインより下です。国は低賃金大国に落ちぶれてしまった我が国を建て直すためにも、最低賃金は今後もどんどん上がっていくはずです。
Unknown (Unknown)
2016-10-13 21:04:10
さらに最低賃金が上がっていっても、本部は知らん顔を貫き通すつもりなのでしょうか。
店舗を拡大したMOは今どういう心境なんだろう。
Re:今までタブー扱いだった、サブリース問題も (nag4087)
2016-10-14 07:38:42
コメントありがとうございます。前の、サブリース問題とMS問題は共通しています。10年後も安心と思わせ契約し、その後ハシゴを外すやり方です。5年毎にチャージがさがるので10年たったら楽になりますよと勧誘し10年たったら契約解除。これは、詐欺ですね。
Re:32年目無念の件 (nag4087)
2016-10-14 07:54:16
コメントありがとうございます。32年間仕事を精一杯やられ、最後に裏切られた、哀し差だと思います。本部が、加盟店に不利になる事を臆面もなくやると誰も思わない。本部利益のため幹部社員がこんな非倫理的行為を平気でやるのがコンビニ業界です。仕事をやる意味=社会的意義を考えていないのではないかと思います。こういう行為が頻繁に行われても表面化しません。ドンドン拡散すべきだと思います。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL