ヒナのゆびちゃん日記

ヒナのゆびちゃん日記

鴫原で笠原

2016-10-19 10:40:28 | 日記
ヒアルロン酸は人体にも含有されているタンパク質と結合しやすい性質の「多糖類」に含まれるゲルのような性質を持つ成分です。保湿力が高いため、サプリメントには、ほぼ間違いなくヒアルロン酸が入っています。年齢と共に減少する成分なので、可能な限り、摂取するようにしましょう。今、スキンケアにココナッツオイルを使っている女性が激増しているようです。化粧水を付ける前や後のお肌に塗る、スキンケア化粧品に混ぜて使うといいのだとか。もしくは、メイク落としの代わりに使ったりマッサージオイルとしても活躍するそう。当然、毎日のお食事に加えるだけでもお肌にいい影響を与えます。ですが、質に関しては良いものをしっかり意識して選んでください。寒い季節になると冷えて血液がうまく行きわたらなくなります。血行が良くないと肌細胞に満足な栄養を届けることができず、代謝悪くなってしまい、細胞がうまく働かなくなってしまいます。その結果、肌をいためたり、肌荒れを引き起こしてしまうため、血行促進を心がけることが大事です。実際血液の流れが良くなることで、新陳代謝が活性化され、健康的な肌となります。スキンケアの必要性に疑問を感じている人もいます。スキンケアは全く行わず肌そのものが持つ保湿力を失わないようにするという原理です。けれども、メイクをする人はメイクを落とすためにクレンジングが必要になります。クレンジングをして、そのまま放置すれば肌の乾燥が加速します。気分によっては肌断食もいいですが、足りないと感じたときは、スキンケアを行った方がよいかもしれません。エステはスキンケアとしても利用できますが、専用クリームなどを使ったハンドマッサージや高価な機器などを使用してしっとり・すべすべにしてくれます。肌のすみずみまで血行がいきわたりますからコラーゲンの最も有名である効能は肌の効果です。コラーゲンを摂取することで、体の中に存在するコラーゲンの新陳代謝の働きを促し、肌に潤いやハリを与えることが可能です。実際、体内のコラーゲンが足りなくなると老化を助けることとなるので、若々しくいるためにも積極的に摂取すべきです。寒くなると湿度が下がるのでそれに伴って肌の潤いも奪われます。潤いが奪われて肌が乾燥すると肌のトラブルの元となるので”乾燥している”と自覚し、注意することが必要です。乾燥によって起こる肌トラブルを起こさないためにも保湿と保水をしっかりと行うようにしてください。冬季の肌のお手入れのポイントは乾燥から肌を守ることが大切です。「お肌のためには、タバコは厳禁!」と言う話をよく耳にしますが、それは美白も同じです。本当に肌を白くしたいと思うのなら、タバコはすぐに止めるべきです。タバコが美肌に良くない理由として一番に挙げられているのが、タバコがビタミンを消費してしまうことです。喫煙してしまうと、美白にとって不可欠なビタミンCが減ってしまいます。洗顔の後の保湿は、乾燥肌を予防・改善する上で大事なことです。おろそかにしてしまうとますます肌を乾燥させることとなってしまいます。そのほかにも、クレンジングやメイク用品も保湿力や保水力のあるものを使ってください。これ以外にも保水にいいといわれる入浴剤をおふろに入れたり、お湯をあまり高温にしないというのも乾燥肌に有効です。カサカサ肌と言う場合は、低刺激の洗顔料を選択してよーく泡立てて、お肌がこすれ過ぎないようにしてください。力を込めて洗うと肌に良くないので、ポイントとしては優しく洗うことです。さらに、洗顔の次に必ず保湿をしましょう。化粧水しか使わないのではなく、乳液、美容液、クリームなども場合によって使用してください。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« しーちゃんの田坂 | トップ | ツヨポンだけど沢田 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。