6月13日のできごと

2017-06-14 18:18:04 | 日記
部屋に閉じこもって出てこない彼
無理に部屋に入り話しかけて悪化するのは怖い
このままだともっと悪化するかもしれない恐怖

互いに仕事が休みの時は二人で立って料理していたキッチン
互いに対面すんような形で座って食べてたテーブル
たまにチャンネル争いになるけど寄り添って見たTV

二人で入るには狭いけど色々語った浴室
今は主がなく家具もほぼほぼない彼専用の自室
彼が鬱病になってから家のなかは色々かわった

二人でも大きく感じていた彼の実家
二人で色々やってきた思い出のアルバム
早く良くなって欲しいあの日々に戻りたい

今となっては全てが懐かしい
たまに部屋に行くけどそこに昔の彼は居ない
無気力無関心となり布団の上で寝ている彼

やるべき事は分かってるけどやる気になれない彼
昔は良く読んでた本も今は本棚から動かず
趣味程度の執筆に使っていたノートパソコンも動かした形跡もない

まるでそがだけ時が止まってる感じがする
この時は動くのだろうか?動いてほしい
贅沢とはいえないが楽しかった日々

家族の次ぐらいに長く同じ時間を過ごしてきてたのに
私は彼がこうなるまで何も気がつかなかった
当たり前だったものは当たり前でなかった

彼が側に居れば楽しかった嬉しかった
それは彼が私にくれてたもの
私は彼に何をあげれてたのだろう?貰うばかりだたったのかな?

気持ちが暗くなるまるで今の家のよう
実家に帰れば少しは楽になるかもしれない
彼をこのままにして実家に帰れない帰りたくない

私にとって此処が私の家で彼の隣が私の居場所
彼もそう思ってくれてると嬉しいけど今は分からない
私は彼に依存していたのかな?それなら離れるべきかな?

それで彼が良くなるなら私は側に居ない方が良い
彼は語ってくれない私も怖いから聞けない
やっぱり私は彼のこと何も分かってなかったんだ

好きで愛してるから側にいたい共に過ごしたい
それは私のワガママで彼の本心ではなかったのかな?
そう思うと悲しい気持ちが私の中で大きくなってくる

あの笑顔を見せて何時もみたいに素っ気ない感じで語ってよ
口癖のようにドヤ顔で『当然』と言ってよ
たまに驚いた顔で『予想外かも』と言ってよ

専門用語や中二的な言葉を交えながら語ってよ
起きて『驚いたか?俺が倒れるわけないだろ』と言ってよ
口に出したら彼が責任を感じてしまう

だから空元気でも笑顔でいないと私より彼の方が辛いのだから
こんな時に彼の会社はシフトや働き方とか言ってくる
少しは理解してほしい、その方針で彼が潰れたかとをね

次に下らない事を言ってきたらこの悲しみと辛さを全て混ぜて
怒りのままにぶつけてやる理論も相手の理解もいらない
私にとっては彼が全てだから彼を潰した会社は許さない

※追記&先制布告※
ここに書いても見ていないだろうし理解されないでしょうね
でも私は私の大事な存在を奪った存在を許さない
(株)亜空間ブラックです現に私の彼が潰された
従業員は使い捨ての駒でしかない残業伐採なと日常的です
会社だから利益を求めるのは当然ですが酷すぎる
少しは従業員の身内の事を考えてほしいものです
彼のシフトや働き方を考える前にやるべき事があるはずです
何故彼がこうなったのか?どの様にすれば互いが納得できるのか
優先すべきはそちらのはずです
それを利益重視の事ばかり言って常識はないのですか?

無いからそのような事が言えるのでしょうね
無いからそのような事が出来るのでしょうね

だから私は許さない絶対に許さない次にふざけたことを言うなら
この場で所有店舗を晒します
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 6月12日のできごと | トップ | 6月14日のできごと »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。