阪田マサノブ〜向かってあしたの方に走れ〜

だから何で「飛び蹴り」なのに「ドロップキック」って呼ぶんだって話です。

〜訪問ありがとうございます〜

2011年01月01日 13時27分13秒 | 連絡先

本人あて連絡は nadegata1965@goo.jp  もしくは画面左の「メッセージを送る」
からお願いします。

【Twitter】 ここから

【ツイログ】こちら
コメント (33)
この記事をはてなブックマークに追加

18年ぶりにお会いできました。。。(最後の会話〜その後〜)

2009年06月25日 07時18分10秒 | 雑記?
先日映画タイアップの携帯電話動画サービスのCM撮影で、織田裕二サンとお仕事を
させてもらった。

以前の記事にも書いた、せつなくやるせない最後の会話以来18年・・約20年ぶりの
邂逅。

以前に共演させてもらった時はお互い20代。今や日本を代表する大物俳優の一人に
なった織田サンの記憶に私のことなんぞ片隅にも残っているハズもなかろうとタカを
くくっていた。
撮影中もし気づかれたら「えへへへ・・・思い出していただいて光栄でやんす、旦那ぁ」
と頭なんぞかきながら改めてご挨拶でもしよう・・・なんて気楽に構えてまして。

でも、スターは当方が想像するような薄情な人ではなかったんですよ。。。

当日撮影現場。たくさんのスタッフがいる中、セリフ回しをブツブツ練習する私の前に
突然柱の死角からヌッと現れ満面の笑顔で「お久しぶり!!お元気そうで!!」と肩
抱かれるは握手もされるはで、恐縮やら嬉しいを通り越してプチパニックになってしまった。

事情を知らない周囲のスタッフさん達は局地的に盛り上がる様子をポカ〜ンと見守ってて
・・・あれは、ある種異様な空気だったというか。

「いや、あの・・あれ、その・・まさか覚えてもらっているとは思ってな・・あわぅ」

「しどろモドロ」という音が体全体から聞こえてきそうな動揺ぶりにまともな言葉を返す
こともできず「やっべえぇぇ・・・先に挨拶するべきだった。。。相当まずい。」という後悔の
念を抱きつつサクサク撮影は進んだんです。

果たして18年前同様余計な雑談をすることもなく、最後にワンカット残っている私より先
に織田サンは撮影終了、別れ際再度握手を交わし「じゃ。また!」と颯爽と去って行った。


「じゃ。また。」


次の「また」は果たして訪れるのか。。。

中18年・・・このペースで行くと次回ご一緒させていだく頃には、私は年金受給資格者。。。


「こぼれ話」(docomo動画CMサイト)

「何かがこぼれ出てた話」(ブログ過去投稿記事)
コメント (85)
この記事をはてなブックマークに追加

モヤイだから。。。

2006年09月11日 18時56分07秒 | 雑記?
昨日は夜から相方と二人で『あっ!とおどろく放送局』なるブロードバンド放送局の
生番組に出演。
進行役のMC大輪教授さんを交えて1時間ほど、後ろ向きな話題と見通しなき展望
のトークに花が咲きました。
途中で昔の単独ライブの時の映像が流れ、そのあまりの芝居のダメさに内心呆然。
『初めて見たけどおもしろかった』との感想メールも頂いたけど、面白かったら売れてる
んすよ。本人達は今も面白いと思ってても、広く世間に届かないってのは、それなり
のレベルのものだと受け止めつつ、とりあえずもっと芝居うまくなりてぇなぁ・・と。

とにかくイヤな汗が出っぱなしな私。

汗といえば、実は昨日の番組出演直前まで私は体調が思わしくなく、ずっとノドの
腫れと発熱に苦しんでいた。火照った体から予期せぬタイミングで大量の汗が噴出
し、熱が下がって少し楽になる・・・そんな繰り返しが4〜5日続いていた。
そして昨日も番組出演に向かう総武線の電車に座っているうちに、背中、そして
脳天から尋常じゃない汗が出始めたのだ。まあ熱が下がって体が如実に軽くなる
から悪いことじゃないんだが。

で、昨日の都心がまたアホみたいな暑さ故、車中は冷房でキンキンである。外でか
いた汗もそんな電車に10分ほど乗れば徐々に引いてくるものだが、まるでサウナ室
にいるようにとめどなく私の体中の毛穴からは汗が沸いてくる、沸いてくる・・・。
沸いてくるのだが私の場合すぐには顔面にしずくが垂れてこない。なぜか?

私の額は横からみた場合、垂直ではなく45度近く傾斜していて生え際方向に行くほ
ど奥まっているので頭部から沸いた汗がしばらくその場に留まってしまうのだ。

この額の傾斜具合が似てるとかで、私は昔一部で「モヤイ」というあだ名で呼ばれた
ことがある。
待ち合わせ場所に使われたこともある。待ち合わせ場所にされた以上、そこから動い
たら迷惑がかかるので何かと大変だった21歳の春・・・。

さて、頭部から噴出した大量の汗は、後頭部から首筋に伝って滝のように流れ落ちて
ゆくものもあるが、先述のようにほとんどが、しばらくはその場にとどまり、汗と汗とが
くっつきあって、やがてひとかたまりの大きな水溜りのようになりつつ、ゆっくりと私の
額の傾斜にそって顔面方向に落ち始める。

とりあえず、この時点でタオルでぬぐってしまえばOKだが、ぬぐってもぬぐっても噴き
出す汗に辟易し、面倒になり放っておくと徐々に顔面に向かってすべり落ちてゆく。
汗のかたまりは、ダムの役割を果たす生え際の前髪によってせき止められ、デコに流
れず生え際で一旦停止。

さらにこの状態を放置しておくと、あとから湧き出し「移動する水溜り」化した後続部隊
が次々に生え際の「水溜り」に合流し、やがて前髪のダムは決壊。 通常は筋状に流
れ落ちる汗が、私の場合コップに入った水をアタマから流したように、まとめて一度に
ドバっと落ちてくる寸法だ。

ちなみに、いったん額からすべり流れた汗塊は速度を緩めずダイレクトに両目に入る。
なぜなら眉がうすくて汗を受け止めないから。ハハハ。うすい、うすい。もう全部うすい。
目も染みる。肌も白い。手も小さい。鼻毛はやけに硬い。余計な毛ばっかり硬いぞ。

ったく、早く涼しくなってほしいよ。。。

コメント (17)
この記事をはてなブックマークに追加

「悪役レスラーは笑う」  森達也

2005年11月28日 00時07分35秒 | こんな本、あんな音楽・・
悪役レスラーは笑う―「卑劣なジャップ」グレート東郷

岩波書店

このアイテムの詳細を見る


戦後全米のプロレス業界を股にかけて、リング上の憎悪を一身に浴びた稀代の悪役
グレート東郷。

今は新宿南口でこの男のソックリさんがコンタクトレンズの広告チラシを配布している
のは以前紹介した通りだが、ただソックリなだけなので本稿には関係ない。
そのニイちゃんの素性も謎に満ちているが本物の東郷もまたその経歴は戦後日本の
プロレス界における重要な登場人物であるにもかかわらず、実像が闇に包まれている。

彼のあまりにも謎の多い人生とその素顔を丹念な取材を通して明らかにして行く中で
あぶり出される「プロレスとナショナリズム」というテーマ・・・・。そしてプロレスとは?
・・・と堅苦しいレビューを書くつもりはない。単純に読み物として一級品の面白さだ。

著者の森達也さんはフジテレビの深夜番組「NONFIX」などでドキュメンタリー作品を
手がけた映像作家であり、その後は映画監督、活字媒体にも活躍の場を広げている
人。私がここ最近の中で一番影響を受けているドキュメンタリー作家だ。
この人の作品は映像にせよ、活字にせよ、テーマの面白さやその視点がホント独特
で印象に残るものばかり。

森達也という人の存在を知ったのはそんなに昔ではない。しかしここ何年間たまたま
印象に残って録画保存していたドキュメンタリー番組や、ふと書店で見かけて著者名
も確認せず面白そうだと思って購入した本(実際面白かった)・・・それら一連のものが
偶然にもすべて森達也が手がけた作品だと気づいたときの驚き。(著者名ぐらい覚え
とけよ・・・)
こういう出会い方というのは私の場合あまり例がなくて、ちょっとした感動だった。
『オレって・・・「森達也」が好きだったのか・・・』

それ以降は今度は意識して氏の作品を手当たり次第探して読んだ。今年春先に渋谷
でやってた氏の過去のテレビ作品の上映会にも足を運んだ。その前には「A」「A2」
DVDも遅ればせながら購入した。
「爆笑問題のススメ」という番組で私は今、冒頭の作家紹介のNAを担当させてもらって
いるが、以前は相方とコンビでちょっとだけ番組にも顔を出していた。その当時(去年)
森達也さんがゲストに来たことがあったが、出演者、スタッフ誰よりも喜んだのは私で
ある。大概自分の出番部分の収録が終わると、とっとと帰ってしまっていた私だったが
トーク部分の収録を最後まで自発的に見学したのは、この森達也さんと、映画監督の
大林宣彦さんの二人だけだ。・・てか、もっと他も見て勉強しろ、私。

この森氏の一連の著作には折りに触れてプロレスが好きだという記述や、もしくは
プロレス的言語表現が出てくる。ある本では詩人・谷川俊太郎氏の「誰が一番好き
ですか?」というやけに大ざっぱな質問に対して「ジャイアント馬場」と回答してたり
して、余計シンパシーが強まったのも事実。

そんなこんなで、このブログでいつかは必ず紹介しようと決めていた「森作品」だが
読み応えがあって、且つ深く面白い作品ばかりで、どれを選ぼうか・・と思っていた所
に今回発表されたプロレスを題材にした著作。いつかプロレス本を書いて欲しいと密か
に願っていた私にとっても待望の一冊である。

そして読後感は・・・期待に違わぬ素晴らしい「プロレス・ノンフィクション作品」だった!

いつもの「森テイスト」も全開の出色の内容。「岩波」がプロレスを扱った書籍を刊行
したこと自体前例がない。かと言って堅苦しい内容ではないから、あっという間に読め
てしまい、それでいて森作品らしい独特の余韻もしっかり残る。何より安い!安かろう
悪かろうだ。ちがうちがう。「プロレス本」としても最近の中では相当質の高い作品で
あることは保証する。

始めに書いたように主人公のグレート東郷は戦後のアメリカで「卑劣なジャップ」を
リングで演じ、日本では「守銭奴」として関係者から忌み嫌われながらも巨万の富を
一代で築いた男。リング上の悪業とは関係ない「守銭奴」「銭ゲバ」という異名も考え
たら独特。リング外での悪徳ぶりがリング上の悪役ぶりを上回っている男。

そんな彼を不思議なまでに大事に扱い敬慕の念さえ示していた、あの英雄、力道山。
そこに横たわる出自もからんだ東郷の複雑な素顔とは・・・?

プロレスを媒介にした「ナショナリズム」の解析というのがこの本の一つの骨子では
あるけれど、「プロレスって何?」の問いかけに対する答えもこの本にはある。
「プロレス」というジャンルの本質の捉え方も情緒的なようでいて冷静。そういう意味
ではプロレスをよく知らない人にも是非読んで欲しい一冊。

取材過程ではさまざまな人物にインタビューを行っているが、昭和40年代初めに起き
た、あるプロレスの試合の「事件」について関係当時者の口から語られた内容は、オー
ルドファンにとってはある意味スクープと言っていいものだ。ちょっとした推理小説の
タネ明かしを読んでいるようで興奮させられたし、当時の資料に不可解な点を見出す
氏の洞察力というか視点にも感心させられる。理屈っぽいようでいて素直な感性。
そして読んでもらえれば感じると思うが人間に対するとても優しい眼差し・・・。


さて・・「ナショナリズム」をキーワードに進めてきた取材の最後に森氏は言う。

「だから僕はつくづく思う。民族の誇りだとか、国家への忠誠だとか
そんな浮ついた安っぽい言葉で、人の心を定義しないほうがよい。
人の心はもっと複雑だ。もっと多面的で豊かなのだ。」
「断言するけど、世界はそんな単純にできていない。
人の心も、虚実ですっきりと割り切れるような簡単なものではない。」


これは森氏の一連の作品で一貫してなされている主張でもある。

そんな森氏は、先述の通り本書でさまざまな元・レスラーや関係者に取材を行って
いるが、最後の最後に「あとがき」でこんなことも書く。

「・・・つまり、グレート東郷の取材のためグレート草津に会いに行く
僕は、たまたまグレート小鹿と同じ新幹線に乗り合わせたということ
になる。三人の“グレート”がこの瞬間、時空を越えて終結していた
わけだ。」


ちなみに本の中では上記以外にグレートアントニオというレスラーについても触れ
られていて、たしかにこの本はむやみにグレートだらけの印象がある。

しかし、私あたりがブログで書けば、「だから何?」と突っ込みが入るであろう、こんな
グレート話も森氏には
「この偶然が濃厚な場合には、概ね作品は面白い。」

と笑い抜きの自画自賛の意味づけが生じることになる。いや、事実いい作品だったし。

そして、そんな「偶然のグレート」に満ちた本書を、私は池袋駅北口にある行きつけの
インドカレー屋「グレートインディア」で、ほうれん草カレーを食しながら読んだ。(マジで)

ついでに私も「濃厚な偶然」の仲間入り希望。


森達也氏 公式サイト


コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加

代々木にまたプロレス観に行った。

2005年10月04日 20時24分05秒 | プロレス・格闘技・ドラマ・映画 感想文
先月末くらいから風邪にやられてしまい、どうにも体調が完全回復しないまま
このあいだの日曜日(10/2)知り合いの雑誌編集者の人と、今年2回目のプロ
レス観戦。8月に引き続き「W−1GP2回戦」。忘れぬうちにざっと印象に残った
ことをば・・・。

代々木(第一体育館)のキャパがどれくらいかわからないが、会場は甘く見て
7分程の入り。この体育館でプロレスを観たのは初めてなんだけど、国技館や
武道館あたりにくらべると「体育館」というのはハコ的に何か会場の雰囲気が
散漫な印象になる。ただそれを差し引いても今回の興行は前回の8月に比べ
て客の熱が低かったように思えた。

第一試合。前回同様「つかみ」とばかりに、アブドーラ・ザ・ブッチャー、ドリー
ファンク・ジュニア、ジャイアント・キマラの昭和レジェンド達にヤングボーイ
中嶋勝彦を加えたタッグ対決。
キマラがレジェンドかどうかはともかく、あるいはこの試合がイベントの「つかみ」
になったかどうかはともかく、私にとってブッチャーやドリーの試合を生で観る
のは前回のマスカラス、テリー同様おそらくこれが最後だろう。
還暦を越えた男同士がフォークを相手の額に突き立てる姿を、私を含めまったり
と無感動に観客が見守る光景というのは俯瞰でみるとかなりシュールだ。

K−1選手サム・グレコ、ジャイアント・ノルキアが出場したタッグマッチでは
選手紹介のコール時にリングアナが大失態。対戦相手はジャイアント・バーナード
とプレデター。

『赤コーナー・・・サム・グレコー!!』(歓声)
『同じく赤コーナー、ヤン・ザ・ジャイアントォ・ノルキアー!!』(歓声)

『続きまして・・青コーナー、ザ・プレデター!!』(歓声)
『同じく青コーナー、ジャイアントォ・・ノルキアー!!』(???)

「バーナード」を「ノルキア」と力強く言い間違えてしまった・・・。
全く気付く様子のないリングアナ氏に騒然となり観客の野次が飛ぶ。そして
しばらく彼を観察してたら本部席に戻ってから隣に座っていた人に指摘されて
ようやく気がついた模様。がっくりと頭を垂れて、垂れたときに頭が机にぶつかる
音がマイクに拾われ館内に響いてた。
その後も『5分経過!』のアナウンスのあと本部席の私語が館内マイクに拾われ
て聞こえてしまったり、後半の試合ではコール時に声がひっくりかえってたり・・・・
だめだ、こいつら。
それはそれとして、ノルキアって遠目で見たらディック・マードックそっくり。


鈴木みのる×諏訪間幸平。レフェリーの和田京平と鈴木との数々のやりとりが
意外なアクセントとなって楽しめた。対戦相手の光は消せても京平の光は消せ
なかったね。試合後和田の手を上げ敬意を表す鈴木。
・・・ってか、誰と試合してたんだよ、みたいな(笑)。
往年の藤原喜明とか淵正信の若手シゴキみたいな趣の試合かな。
ただ、鈴木の「相手の光を消す」という試合は、それがガチンコ競技でなく「プロ
レス」として見せている以上、最終的には対戦相手の協力(受け)によって成立
している「スタイル」であることは踏まえて観るべきであろう。
ベテランの意地の悪い試合運びに翻弄され何もさせてもらえず、苦痛と屈辱に
あえぐ新人ルーキーという役回りを諏訪間もまた「演じていた」という見方。
とはいうもののどんな役回りにせよ演劇同様当人のセンスと工夫でいかように
でも光は放てるものだ。
この試合での諏訪間は文字通り光を消されてしまっていたが、例えばもし彼が
往年のジャンボ鶴田ばりの「ウソくさいケイレン」を始めとした数々のリアクション
で鈴木の攻撃を受けていたら、すべての技術がウソっぽく見えて逆に鈴木の光
は消されていたかもしれない。試合の印象もまた違ったものになっていただろう。
今後ジャンボ2世を名乗るなら是非とも習得してほしい「芸」だ。
ああ、久しぶりに見たいなあ・・鶴田のケイレン。

ドン・フライの体がゲッソリと痩せてしまってのにはビックリ。リック・ルードみたい
だった。

メインの秋山×ボブ・サップ。サップが勝った瞬間「あれれれれ〜!?」みたい
な観客の反応が面白かった。サップ勝たせちゃうの?みたいな。ほとんどの客
は「サップは負けたけど、彼のプロレスベストマッチ」みたいな結末を期待し、料
理人である秋山の腕前を見守っていたのではないかな。私もそうだった。
ノア勢が外部興行に参戦して「普通に」負けるのってかなり珍しいのでは?
まあ、こういう結果を見せられたあとで後付の解釈になってしまうけど、舞台を
今後ノアマットに移して本格的に交戦を開始するという予告編みたいな結末。
K−1プロレス軍の大将はサップになるんだろうし、ノアには実質秋山の上の
ポジションに三沢や小橋、あと力皇(?)とかもいること考えると、ここで秋山が
サップを倒しちゃったら・・まあ終わっちゃうもんね。

というわけで、12月の決勝。誰が優勝するのか?考えただけでワクワクするね!
しねえよ。
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加