那田尚史の部屋ver.3(集団ストーカーを解決します)

「ロータス人づくり企画」コーディネーター。元早大講師、微笑禅の会代表、探偵業のいと可笑しきオールジャンルのコラム。
 

見性体験記(続き)

2017年04月05日 | 

集団ストーカー被害者の方は次のurlを押してください。(既に増補改訂版を購入された方には決定版を無料で差し上げました) http://blog.goo.ne.jp/nadahisashi/e/21522a074264a7eb4afb4fd7df2e6531 電子出版される可能性もあることをお知らせします。

 また「春名先生を囲む会」は私のHPに別途ページを作ったので次のURLをクリックしてお読みください。http://w01.tp1.jp/~a920031141/haruna.html に最新の「春名先生を囲む会」の写真をアップロードしています。この会の趣旨と目的に賛同されるかたは毎月第三金曜日の午後七時半から誰でもOKですから夢庵西八王子店(平岡町)に来てください。正面を右に進むと座敷がありますからその座敷で待っています。なお、料金について変更があります。お酒の飲めない人は2千円にしましたのでお酒の飲めない人もぜひ賛同者となって「春名先生を囲む会」で講義を聞いたり、また積極的に講義をして下さい。先月の春名先生を囲む会は中止になりましたが今月は必ず開催されますので是非参加してください。

今後、微笑禅の会(非宗教)のネット会報は中止し、年に5千円の護持会日と数度の紙媒体での会報を出すことにします(メールで済ますこともあります)。私がロックフェラーほどの資産家であれば年に5千円の会費は無料にしますが、五行歌の会の主宰・草壁先生の言われる通り、お金を出さないと文化は育たないからです。本当に悟ってみたい人は次のurlをクリックして「見性体験記」をご覧ください。 http://w01.tp1.jp/~a920031141/zen.html             入会された方には「微笑禅入門―実践篇」(DVD)を差し上げます。もちろん会員から質問があれば答えますので私のメルアドまで質問を下さい。レジュメも作らず睡眠時間4時間で即興で語っています。DVDはボリュームを目一杯に上げて聞いて下さい。wasaburo@hb.tp1.jp (クリックしてもメールが開かないのでコピーして宛て先に入れて下さい)

なお、微笑禅の会の口座番号に変更があります。入会手続き入会金なし。会費は年に5千円とし、ゆうちょの以下の振替口座 00130-7-447671 名称「微笑禅の会」に振り込んでください。その際は住所氏名他連絡先、男女の区別を明記して下さい。以上、会員になりたい方はこの口座に会費を振り込んでください。

______________________

{見性の予兆}

私が見性体験をしたのが1月28日なので、玄侑宗久師のメールからちょうど20日後である。
前年の10月5日に玄侑師にメールを出して坐禅を再開して以来、4ヶ月弱の間に様々な見性の兆しが現れた。以下項目ごとに記す。

★一家和楽に近づく

 坐禅を再会した後から、それまでギスギスしていた家庭環境が徐々に穏やかになっていった。実は私の妻は「片付けられない症候群(注意欠陥生涯=ADD)」の患者である。これは読者の想像を超えているので具体的に書いておこう。
郷里愛媛で母と同居しているとき、皿や鍋などを棚に整理するのに妻は半径の小さいものを一番下に置いて大きいものを上に順番に重ねるので、通りすがりにちょっと触れるとガラガラと崩れてしまう。本や雑誌についても同様だ。小さな本の上に大型の本を積み重ね、さらにその上に小物入れなどを置いているので、ちょっと体が当たるとバラバラと崩れ落ちる。また、化粧道具や小物類を棚の前面ギリギリに並べる癖があり、これも少し触れただけで落っこちてしまう。
母は嫁苛めをするような器の小さな人間ではないが、この整理下手にはいつも嘆いて注意していた。妻はよほど整理の才能が無いのだろう、結婚して以来数百回となく注意しているのだが、未だにその悪癖が治らない。

 もし誰かが私たちが住んでいるマンションを突然訪問したとしたらビックリするに違いない。まさにゴミ屋敷である。フローリングにはコンビニのレジ袋と新聞紙と雑誌と衣服が散らばっていて床が見えないほどだ。2DKの部屋には大きなゴミ箱が2つあるが、共にゴミが山盛りになって周りにこぼれている。一部屋は寝室で、3組の布団が年中敷きっぱなしになっている。布団を干すのはおそらく一年に一度もないだろう。
 ベランダを見ると折り畳んだダンボールの間に仕舞い忘れた洗濯物や郷里の母が送ってくれた藍染の座布団などが挟まっていて、何ヶ月も雨ざらしになっている。
押入れを開くと本来捨てるべきガラクタがパンパンに押し込められているので崩れ落ちる。私の大工道具を入れてある専用の引き出しの中に、気付くと片方だけの靴下やお菓子が入っている。タンスの整理も無茶苦茶で、妻のいない時に私のTシャツを探そうとしたら、子供の服も大人の服も、上着も下着もあらゆる棚にゴチャゴチャに入っている。完璧にジャンル概念が欠如しているのだ。
妻はパートに出ているとはいえ午後4時過ぎには帰ってくるし、週に一度の休日もある。それなのに、こういう無茶苦茶なゴミ屋敷にしてしまうのだ。一日に20~30分掃除すれば綺麗になるのに、どうしてもそれが出来ないのである。さすがに怒って、いつ片付けるんだ、と言うと、今度の休みの日にやる、と答えるのだが、当日になると昼過ぎまでダラダラと寝て、片付けのことを忘れ去っている。それで、もうこれは仕方なく、私は時々怒りを爆発させて元の妻に「何月何日に絶対に掃除します」と紙に書かせ壁に貼り付ける、というところまで行かないと動かない。また元の妻は私を「オメエ」と呼ぶような高慢な性格があった。

 また高校3年の娘も性格に難があり、これも時々叱らざるを得ない。娘は下に弟が生まれたときに自家中毒を起こしたぐらいだから、弟が疎ましいらしく、いつも難癖をつけて嫌味を言っている。長女らしさが全くないワガママな一人っ子性格に育ってしまった。
頭はいいのに、私はバカだと言い、好きな教員の教える教科では学年1位の成績を取る一方、嫌いな教員の教科は全然勉強せずに赤点を取る始末である。そういう性格だから高校受験のときは美術の教師に嫌われて通知表が3だった。このために第一志望の公立高校に落ちた。通っている学習塾で試験結果を調べたら、志望校の合格者平均点よりも高い得点を取っているのに、内申点が足りずに落ちたことが判明したのだ。
 それで私立高校の進学クラスに通い出したが、周りの生徒のレベルが低い、とか、教員が気に食わない、とか常に不満を漏らし、全く勉強せず、授業中も家に帰っても寝てばかりいる。それで注意するとヒステリックに叫んで「高校を中退してフリーターになる」と自棄を起こす。反抗期、思春期という理由もあるが、私のことを「ジジイ」と呼ぶ。そんな娘だから、これも女房と同じで時々叱り心掛けを入れ直さないとどうにもならない。
中学1年の息子は真面目で几帳面で、黙っていても毎日勉強し、おまけ空手初段でその上いつもニコニコしているから文句なしだが、我が家は女性陣が出来が悪い。私が酒に溺れて夜になるとキャバクラやスナックへ通いだした理由の一つに、このようなギスギスした家庭環境があったことは確かである。
 
 ところが、坐禅を再開するようになってから、自然と和やかな空気が生まれ始めた。私の言葉遣いが変化したからだ。普段は妻を頭ごなしに怒鳴りつけるのに、「おい、ちょっと文句を言うから真面目に聞け」と目を見つめて説得するようになった。娘に対しても同様に「お前のためにこれから大事な話をするから少しだけ聞け」と諄々と諭すようになった。こちらの言葉遣いが変化すると、相手もヒステリーを起こしたり膨れっ面になったりしなくなる。少しずつだが家庭が穏やかになっていった。
 やがて妻を私が鬱病治療に通っている心療内科でカウンセリングを受けさせることにした。医師の診断で、やはり空間認識障害と強迫神経症があることが分かった。私も知恵を絞り、顔を見ながら注意するとどうしても感情的になるので、専用の連絡帳を作って妻への要求はそこに書きつけることにした。そうすると喧嘩にならない上に、妻自身、自分はこれほど異常なのかという自覚と病識が育つようになる。ちょっとしたアイデアだがこの連絡帳はとても役立った。まだ人並みとまではいかないが、障害を治そうという意思が芽生え徐々に部屋も綺麗になっている。もっともその連絡帳も無くしてしまうほど妻の病は深かった。
娘は私に反抗して、パパが出た早稲田大学だけは絶対に受験しない、などと言っていたが、学校や塾の教員たちの間で早稲田の評判が抜群に高いのに影響されたせいか、または現実社会の厳しさが分かってきたのか、ある日から、絶対早稲田に合格する、と言い出した。
自分の気に入った進学塾に通いたいというので授業料を聞くと、予想外に高額で100万円を超える。私は娘に我が家の経済状態を包み隠さず話し、「借金はあっても貯金はないが、国民生活金融公庫に行って教育ローンの融資を頼んでみよう」と、諸手続きを済ませた。
一週間ほど経って融資OKの手紙が届いた。娘にその手紙を見せ、「200万借りたから、お前が一番取りたいコースを自由に取っていい」と言うと、娘はその瞬間にポロポロと涙を流し、「ありがとうございます。これからは一生懸命に勉強します」と震える声で言った。私は娘の変貌ぶりに驚いた。その言葉通り、その日以来人が変わったように勉強に熱中し始め、それに伴い弟いびりも全く無くなった。私は予備校費のために結果的に280万は使ったと記憶している。

山本玄峰師が「家族の中に一人でも悟った人間が出ると一家和楽になる」と述べているが、なるほどそういうものなのだろうと理解できた。

『コラム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 見性体験記(続き) | トップ | 見性体験記(続き) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

」カテゴリの最新記事