那田尚史の部屋ver.3(集団ストーカーを解決します)

「ロータス人づくり企画」コーディネーター。元早大講師、微笑禅の会代表、探偵業のいと可笑しきオールジャンルのコラム。
 

見性体験記(続き)

2017年04月21日 | 

集団ストーカー被害者の方は次のurlを押してください。(既に増補改訂版を購入された方には決定版を無料で差し上げました) http://blog.goo.ne.jp/nadahisashi/e/21522a074264a7eb4afb4fd7df2e6531 電子出版される可能性もあることをお知らせします。

 また「春名先生を囲む会」は私のHPに別途ページを作ったので次のURLをクリックしてお読みください。http://w01.tp1.jp/~a920031141/haruna.html に最新の「春名先生を囲む会」の写真をアップロードしています。この会の趣旨と目的に賛同されるかたは毎月第三金曜日の午後七時半から誰でもOKですから夢庵西八王子店(平岡町)に来てください。正面を右に進むと座敷がありますからその座敷で待っています。なお、料金について変更があります。お酒の飲めない人は2千円にしましたのでお酒の飲めない人もぜひ賛同者となって「春名先生を囲む会」で講義を聞いたり、また積極的に講義をして下さい。先月の春名先生を囲む会は中止になりましたが今日は必ず開催されますので是非参加してください。

今後、微笑禅の会(非宗教)のネット会報は中止し、年に5千円の護持会日と数度の紙媒体での会報を出すことにします(メールで済ますこともあります)。私がロックフェラーほどの資産家であれば年に5千円の会費は無料にしますが、五行歌の会の主宰・草壁先生の言われる通り、お金を出さないと文化は育たないからです。本当に悟ってみたい人は次のurlをクリックして「見性体験記」をご覧ください。 http://w01.tp1.jp/~a920031141/zen.html             入会された方には「微笑禅入門―実践篇」(DVD)を差し上げます。もちろん会員から質問があれば答えますので私のメルアドまで質問を下さい。レジュメも作らず睡眠時間4時間で即興で語っています。DVDはボリュームを目一杯に上げて聞いて下さい。wasaburo@hb.tp1.jp (クリックしてもメールが開かないのでコピーして宛て先に入れて下さい)

なお、微笑禅の会の口座番号に変更があります。入会手続き入会金なし。会費は年に5千円とし、ゆうちょの以下の振替口座 00130-7-447671 名称「微笑禅の会」に振り込んでください。その際は住所氏名他連絡先、男女の区別を明記して下さい。以上、会員になりたい方はこの口座に会費を振り込んでください

_______________________________


{見性体験}

今年(2008年)の1月28日月曜日、私は靖国神社に行って初詣がてら昇殿参拝を受けるつもりで午後1時には家を出ようと考えていた。愛国者として一度は行くべき場所であり、私の叔父(父の長兄)は日露戦争のおり旅順で戦死しているので私は遺族でもある。また何かと話題の遊就館も一度は見学したかった。
ところがパソコンに向かってメールの返事を書いたり、お気に入りのサイトに書き込んだりしているうちに2時になってしまった。それでいつもは40分ほど坐禅を組むのだが、時間がないから今日は20分で終わらせようと、あわてて座蒲に座った。
早く終わらせようと思ったためにいつもより集中力が増したのだろうか、そのときの坐禅はいつもよりも法悦感が強く、陰茎の根本がしきりに痙攣を繰り返し、微笑、含み笑い、感涙と続いて、申し分のない坐禅になった。
それで2時半になったので念のために靖国神社に電話をして確認すると、昇殿参拝の受付は午後4時までだという。計算するとギリギリで間に合わない。私は落胆した。
仕方なく私はいつものように糖尿病治療のためのウォーキング(歩行禅)に出かけた。浅川沿いの道を30分歩いたのだが、不思議に楽々と無念無想になり、心で唱える七文字の題目の中に自分の体と宇宙が一体に納まっている安楽感・充足感を覚えた。実に爽快な気分で帰宅し、下着を着替えた。
 
この辺りから、どうもおかしな感じになった。
普段は座中の法悦感は組み終えたあと1時間ほどすると日常生活に埋もれて消えるのだが、この日はその法悦感が消えず、むしろドンドン増加していくのだ。
楽で楽で、嬉しくて嬉しくてたまらない。半忘我状態になっていたので詳細までは思い出せないが、なるべく丁寧に説明しよう。一言で言えば、射精直後のように、全てのストレスが消え去り快感に浸りきっている感覚が何時間も続くのである。毛穴から何か空気のようなものが吹き出ていくような、風呂上りに体を扇風機に当てたような感じが続く。もっと正確に言えば、脳みその中はもちろん、体全体にハッカのような揮発成分でも塗ったかのような涼しさを感じる。
地に足が着いていないような、空中に釣り上げられているような、また逆に奈落の底に向かって落下しているような、行方の分からない恐怖感を感じる。具体的に言えば「喜悦感が8割、恐怖感が2割」といった感じである。
元の妻が帰ってきたので「多分いま見性している。突然笑いだしたり、踊りだしたり、叫び出したりするかもしれないが、気が狂ったわけではないので落ち着いて見ていてくれ」と繰り返し言ったことを記憶している。
自分がどこまで飛んでいくのか、まるで宇宙の果てまで連れ去られるようで怖くなり、思わず釈迦や日蓮の姿をイメージしてその姿の中に逃げ込みたくなった。その瞬間、玄侑宗久さんが送ってくれたメールの文章「禅宗ではどのようなイメージも否定します」という言葉が脳裏をよぎり、「臨済録」の次の文句を思い出した。

仏に逢うては仏を殺し、祖に逢うては祖を殺し、羅漢(らかん)に逢うては羅漢を殺し、父母に逢うては父母を殺し、親眷(しんけん)に逢うては親眷を殺して、始めて解脱を得ん。

そうか、仏を殺すのはこのときだ、と決心して、どんなイメージにも救いを求めず、なるようになれ、と腹をくくった。その途中経過を前述した「お気に入り」の掲示板に書き込んだ記録があるので以下に紹介する。おかしくなってから3時間ほど経った頃の書き込みである。

『コラム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 見性体験記(続き) | トップ | 見性体験記(続き) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL