那田尚史の部屋ver.3(集団ストーカーを解決します)

「ロータス人づくり企画」コーディネーター。元早大講師、微笑禅の会代表、探偵業のいと可笑しきオールジャンルのコラム。
 

見性体験記(続き)

2017年05月05日 | 

集団ストーカー被害者の方は次のurlを押してください。(既に増補改訂版を購入された方には決定版を無料で差し上げました) http://blog.goo.ne.jp/nadahisashi/e/21522a074264a7eb4afb4fd7df2e6531 電子出版される可能性もあることをお知らせします。

 また「春名先生を囲む会」は私のHPに別途ページを作ったので次のURLをクリックしてお読みください。http://w01.tp1.jp/~a920031141/haruna.html に最新の「春名先生を囲む会」の写真をアップロードしています。この会の趣旨と目的に賛同されるかたは毎月第三金曜日の午後七時半から誰でもOKですから夢庵西八王子店(平岡町)に来てください。正面を右に進むと座敷がありますからその座敷で待っています。なお、料金について変更があります。お酒の飲めない人は2千円にしましたのでお酒の飲めない人もぜひ賛同者となって「春名先生を囲む会」で講義を聞いたり、また積極的に講義をして下さい。これからは医療だけでなく歴史や芸術についても講義できるようになりました。私は八王子五行歌会の代表です。賛同される方は私まで電話を下さい。042-634-9230。

今後、微笑禅の会(非宗教)のネット会報は中止し、年に5千円の護持会日と数度の紙媒体での会報を出すことにします(メールで済ますこともあります)。私がロックフェラーほどの資産家であれば年に5千円の会費は無料にしますが、五行歌の会の主宰・草壁先生の言われる通り、お金を出さないと文化は育たないからです。本当に悟ってみたい人は次のurlをクリックして「見性体験記」をご覧ください。 http://w01.tp1.jp/~a920031141/zen.html             入会された方には「微笑禅入門―実践篇」(DVD)を差し上げます。もちろん会員から質問があれば答えますので私のメルアドまで質問を下さい。レジュメも作らず睡眠時間4時間で即興で語っています。DVDはボリュームを目一杯に上げて聞いて下さい。wasaburo@hb.tp1.jp (クリックしてもメールが開かないのでコピーして宛て先に入れて下さい)

なお、微笑禅の会の口座番号に変更があります。入会手続き入会金なし。会費は年に5千円とし、ゆうちょの以下の振替口座 00130-7-447671 名称「微笑禅の会」に振り込んでください。その際は住所氏名他連絡先、男女の区別を明記して下さい。以上、会員になりたい方はこの口座に会費を振り込んでください

______________________________

 
瀬戸弘幸さんは先に待ち合わせの場所に来ておられた。私は早速見つけて「瀬戸先生、会いたかったです」と声をかけたら「先生はやめて下さい」と言われたので、その後は「瀬戸さん」で通した。
寿司屋で飲みながら政治談議に耽ったが、これほど思想がピッタリ合う人がこの世にいるのかと感動した。この人はヤクザと日本刀での斬り合いになって相手に重症を負わせ、傷害罪の実刑を食らって公務員をクビになった猛者なので、どんな怖い人だろうと思っていたら、見掛けは学校の教員のように真面目で穏やかで、私のほうが遥かに怖そうな面構えをしている。話し方も理知的で、まったく意外の感を受けた。「世直し菩薩様だなぁ」と思いながら実に楽しいひと時を終えた。もっとも現在では在特会を巡って私と瀬戸さんとの間には齟齬が生じてしまった。在日朝鮮人は(大手パチンコ店のオーナーや金融業界の社長などは別として)日本では弱者である。その弱者に向かって「チョン死ね、チョン殺せ、いい在日も悪い在日も皆殺し」などというのは愛国者の吐く台詞ではない。
 だから私は時々ブログに、元在特会の会長・高田(本名は桜井)誠は韓国に行ってその言葉通りに街宣して殺されろ、そうすれば愛国烈士の墓の末端を汚して一種の英雄になるだろう。しかし、結果的に桜井はヘイトスピーチ規制法案や人権擁護法案を作る後押しをしてしまった。これは自民党の別動隊である。その責任を取って自決せよ、としばしば書くことがある。
 瀬戸さんはその在特会を擁護しているために、いまの私と一番気が合うのは「行動する保守」の理論と行動体系を作った西村修平さんになっている。

私はその日は高田馬場のホテルで一泊した。半忘我状態の見性体験はこの二日間続いたわけである。

__________________________

全く関係の無い話をしますが、安倍首相は2020年に自民党結党以来の悲願憲法改正をすることを昨日発表して所謂民族派や安倍信者は大喜びしています。自衛隊が正規の国軍になるとか、天皇が元首になるとか楽観的な観測で喜んでいますが、本当に喜んでいいのでしょうか?

そもそも2020年には安倍首相は死んでいるでしょう。何故この時に憲法改正を言い出したのか理由が見つかりません。また私はfacebookの「報道もされない事実」の管理人が憲法改正の内容を詳しく図解して説明した動画を見たことがあります。それによれば全ての権力が総理大臣に集中して、天皇の権威は逆に落とされるそうです。

そもそも安倍内閣の前、同じ新自由主義経済路線を実行して日本の貧富の差を増大し、女系天皇を認めようと画策した小泉(父親は在日)=竹中(同和出身)に対して髭の殿下は真っ向から反対されました。

私は天皇親政には反対ですが、天皇や皇族が政治的発言をすることは許されてもいいのではないかと思います。実質的に今上天皇は憲法を護ることをしきりに主張されており、あたかも安倍首相に抵抗しているように見えます。また、集団的自衛権という憲法の要を解釈改憲で壊したのですから、今度の憲法改正にさほどの意味は無いでしょう。今回も国民投票を経ずに解釈で憲法改正をする可能性もあると私は見ています。

『コラム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 見性体験記(続き) | トップ | 見性体験記(続き) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL