那田尚史の部屋ver.3(集団ストーカーを解決します)

「ロータス人づくり企画」コーディネーター。元早大講師、微笑禅の会代表、探偵業のいと可笑しきオールジャンルのコラム。
 

見性体験記(続き)

2017年05月03日 | 

集団ストーカー被害者の方は次のurlを押してください。(既に増補改訂版を購入された方には決定版を無料で差し上げました) http://blog.goo.ne.jp/nadahisashi/e/21522a074264a7eb4afb4fd7df2e6531 電子出版される可能性もあることをお知らせします。

 また「春名先生を囲む会」は私のHPに別途ページを作ったので次のURLをクリックしてお読みください。http://w01.tp1.jp/~a920031141/haruna.html に最新の「春名先生を囲む会」の写真をアップロードしています。この会の趣旨と目的に賛同されるかたは毎月第三金曜日の午後七時半から誰でもOKですから夢庵西八王子店(平岡町)に来てください。正面を右に進むと座敷がありますからその座敷で待っています。なお、料金について変更があります。お酒の飲めない人は2千円にしましたのでお酒の飲めない人もぜひ賛同者となって「春名先生を囲む会」で講義を聞いたり、また積極的に講義をして下さい。これからは医療だけでなく歴史や芸術についても講義できるようになりました。私は八王子五行歌会の代表です。賛同される方は私まで電話を下さい。042-634-9230。

今後、微笑禅の会(非宗教)のネット会報は中止し、年に5千円の護持会日と数度の紙媒体での会報を出すことにします(メールで済ますこともあります)。私がロックフェラーほどの資産家であれば年に5千円の会費は無料にしますが、五行歌の会の主宰・草壁先生の言われる通り、お金を出さないと文化は育たないからです。本当に悟ってみたい人は次のurlをクリックして「見性体験記」をご覧ください。 http://w01.tp1.jp/~a920031141/zen.html             入会された方には「微笑禅入門―実践篇」(DVD)を差し上げます。もちろん会員から質問があれば答えますので私のメルアドまで質問を下さい。レジュメも作らず睡眠時間4時間で即興で語っています。DVDはボリュームを目一杯に上げて聞いて下さい。wasaburo@hb.tp1.jp (クリックしてもメールが開かないのでコピーして宛て先に入れて下さい)

なお、微笑禅の会の口座番号に変更があります。入会手続き入会金なし。会費は年に5千円とし、ゆうちょの以下の振替口座 00130-7-447671 名称「微笑禅の会」に振り込んでください。その際は住所氏名他連絡先、男女の区別を明記して下さい。以上、会員になりたい方はこの口座に会費を振り込んでください

______________________________


 それで八王子駅から中央線に乗って中野まで行ったのだが、50分ほどの車中、いつもの習慣で電車の吊革に掴まったまま丹田呼吸をして瞑想に入ろうとした。いつもは簡単に出来るのに、このときに限って「今の心の状態を解説する声」「これまでの修行を振り返る声」が聞こえ、うるさくて仕方ない。文中強調して書いたように、坐禅の要諦は言葉による思考を遮断して無念無想の状態を保つことであり、私は最初の坐禅からそれが出来たのだが、このときばかりは一呼吸するごとに自分を解説する内言が現れて集中できない。せめて10呼吸は無心になろうと努めたが、3呼吸までの間に内言が聞こえる。また1からやり直して、また3呼吸までに挫折する。それを7~8回繰り返し、やっとの思いで10呼吸できたときに中野駅に着いた。背中から脂汗が吹き出ていた。

玄侑宗久師が「心の中の三千人の生徒がいっせいに暴れだす」と表現し、藤平光一師が「カニが泡を吹くようにブクブクと妄念が湧き上がる」と譬え、山本玄峰師が「八万四千の妄想が猛然と湧いてくる」と言った煩悩の正体はこのことか、と初めて理解できた。なるほどこんなに妄念が次々と現れてはたまらない。藤平師が、ノイローゼの人間が坐禅を組むのは危険だ、と述べていた理由がやっと分かった。
坐禅中雑念に苦しんだことなどただの一度もなかった私が、見性体験をしたことで逆に一般人の瞑想の苦しさが理解できたわけだ。実に皮肉な現象である。
自分では純粋に「この見性体験を誰かに、特に玄侑宗久師に伝えたい」という気持ちがあっただけなのだが、再考、さらに再々考すれば、俺は悟ったんだ、人より優れているんだ、という驕慢な心が無意識のうちに横たわっていたのかもしれない。

東西線に乗り換えて中野から高田馬場までの2駅の間は、座席に座り視点を床に落として丹田呼吸をしながら普段の瞑想が出来た。高田馬場に到着したとき顔を上げると、車中の風景がいつもと違って見える。あ、これか、と分かった。悟ると風景が変わって見える、というのは昔の人の見性体験談に書いてあるので知っていた。要するに、自意識が変性しているので、まるで他人が見た景色のように不思議な光景が広がるのである。

_________________________

全く関係の無い話をしますが、私の家は御陵に近いので憲法記念日のような今日は様々な右翼の街宣車が通ります。以前は右翼と言えば君が代か軍歌を流していましたが、最近は鶴田浩二の「傷だらけの人生」など歌謡曲になり、今日はなんと「ガッチャマン」のテーマ曲を流していた街宣車がありました。

右翼にはヤクザ右翼と愛国右翼があります。今日ガッチャマンをかけて走っていた右翼は右翼もどきでしょう。

かつて可愛がってくれた護国団の団長・故石井一昌氏は「天が崩れる時は地の民が結集して民衆を救う」と言った内容の詩歌を残しています。天とは皇室のことで、皇室に小和田一家が入り創価学会員が侍従になった今は、まさに天が崩れていると言えるでしょう。また現在の自公連立政権もある意味では政権を取っているのですから天と言えなくもありません。共に崩れている時に、「地の民」とは愛国右翼と任侠ヤクザが民衆を助けると言う石井一昌さんの予言は外れたようです。石井さんの言葉はほとんどが正鵠を射たものでしたが、現在愛国右翼や任侠ヤクザがいるでしょうか?もしいるなら教えて下さい。私は喜んで会いに行きます。

『コラム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「パチンコ廃止通信」のメル... | トップ | 見性体験記(続き) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL