那田尚史の部屋ver.3(集団ストーカーを解決します)

「ロータス人づくり企画」コーディネーター。元早大講師、微笑禅の会代表、探偵業のいと可笑しきオールジャンルのコラム。
 

呉竹会より「青年運動」が届いたので紹介します。

2017年08月13日 | 世直しのためにどうすべきか

集団ストーカー被害者の方は次のurlを押してください。(既に増補改訂版を購入された方には決定版を無料で差し上げました) http://blog.goo.ne.jp/nadahisashi/e/21522a074264a7eb4afb4fd7df2e6531

 また「春名先生を囲む会」は私のHPに別途ページを作ったので次のURLをクリックしてお読みください。http://w01.tp1.jp/~a920031141/haruna.html に最新の「春名先生を囲む会」の写真をアップロードしています。この会の趣旨と目的に賛同されるかたは毎月第三金曜日の午後七時半から誰でもOKですから夢庵西八王子店(平岡町)に来てください。正面を右に進むと座敷がありますからその座敷で待っています。なお、料金について変更があります。お酒の飲めない人は2千円にしましたのでお酒の飲めない人もぜひ賛同者となって「春名先生を囲む会」で講義を聞いたり、また積極的に講義をして下さい。これからは医療だけでなく歴史や芸術についても講義できるようになりました。私は八王子五行歌会の代表です。賛同される方は私まで電話を下さい。042-634-9230。

私が微笑禅の会(非宗教)を作ったのは日本に10人の見性者が生まれ、10人が協力し合えば世直しが出来ると思ったからです。(ちょうど日本に10人の坂本龍馬が居たら世直しが出来るように)

今後、微笑禅の会(非宗教)のネット会報は中止し、年に5千円の護持会日と数度の紙媒体での会報を出すことにします(メールで済ますこともあります)。私がロックフェラーほどの資産家であれば年に5千円の会費は無料にしますが、五行歌の会の主宰・草壁先生の言われる通り、お金を出さないと文化は育たないからです。本当に悟ってみたい人は次のurlをクリックして「見性体験記」をご覧ください。 http://w01.tp1.jp/~a920031141/zen.html             入会された方には「微笑禅入門―実践篇」(DVD)を差し上げます。もちろん会員から質問があれば答えますので私のメルアドまで質問を下さい。レジュメも作らず睡眠時間4時間で即興で語っています。DVDはボリュームを目一杯に上げて聞いて下さい。wasaburo@hb.tp1.jp (クリックしてもメールが開かないのでコピーして宛て先に入れて下さい)

なお、微笑禅の会の口座番号に変更があります。入会手続き入会金なし。会費は年に5千円とし、ゆうちょの以下の振替口座 00130-7-447671 名称「微笑禅の会」に振り込んでください。その際は住所氏名他連絡先、男女の区別を明記して下さい。以上、会員になりたい方はこの口座に会費を振り込りこんで下さい。

___________________________

先ず、呉竹会に興味のある方は左のブックマークから入って下さい。それからわざわざ私の自宅まで呉竹会のポスターを持ってきて、原稿依頼など骨を折って頂いた廣瀬正道氏が呉竹会の事務局長を辞めたのは実に残念です。青年運動には自民党に媚を売るような評論家もいますが、廣瀬さんの記事は客観的に物事を捉えていたので、余計に残念です。

今回も、憲法改正についてかなり楽観的な記事が目に付きましたが、流石に頭山興助会長は鋭いこと書いているので、一部引用します。都民ファーストが自民党に圧勝した話の後、

「創価学会は宗教団体の認可を東京都から与えられているため、何としてでも与党に残りたい公明党は、長年のパートナーである自民党からあっさり離れ、小池都知事に寄り添った。政治理念や政策は二の次だ。与党でありすればいい。自民党が長い間政権与党でいられたのは何故かー理由は簡単である。国民はいつも「より安定した政府」を望むからだ。まず国を経営するまで、今の国の安定にとって何が一番大事なのかー生活の安心安全などの些末な議論は国家の安定とは関係ないー仁徳天皇が示された「民の釡の安定」が一番大切なのである。どうしたら国民が毎日安定した生活を送れるのか。大企業、中小企業、零細店主、農林漁業関係者と、幅広く人々のニーズを受け入れ、それを政策に反映してきたからである」「オピニオンリーダーとしてのテレビ、新聞もいわば特権階級である。国民共有の電波財産を使いながら、果たして国の安定した未来を指し示す報道をしているだろうか。庶民の味方を装いながら、自分たちは下請けいじめで高給取りを維持している」

等々、実に的を得た持論を展開されています。

尚、私はかつて、黒船のような外圧が起こった時に、日本には勝海舟や坂本竜馬のような国士が現れて維新が起きると述べてきました。実は既に黒船のような外圧が、安倍内閣から起こっています。公約に無かった諸法案、特に派遣法と移民法を成立させたために、既に日本は日本で無くなっています。結論だけを言えば、大和魂や、日本精神などは台湾や満州の一部にだけ残り、日本は他民族国家となって、アメリカと同じように「名声と金(fame&rich)」のみを最大の価値とみなす国家になるでしょう。優れた政治家はそのことに一刻も早く気づいて欲しいものです。

 

『コラム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 見性体験記(続き) | トップ | 見性体験記(続き) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

世直しのためにどうすべきか」カテゴリの最新記事