那田尚史の部屋ver.3(集団ストーカーを解決します)

「ロータス人づくり企画」コーディネーター。元早大講師、微笑禅の会代表、探偵業のいと可笑しきオールジャンルのコラム。
 

主権回復を目指す会より

2016年10月25日 | 世直しのためにどうすべきか

集団ストーカー被害者の方は次のurlを押してください。(決定版が出ました。既に増補改訂版を購入された方には無料で差し上げました) http://blog.goo.ne.jp/nadahisashi/e/21522a074264a7eb4afb4fd7df2e6531 決定版は電子出版される可能性もあることをお知らせします。

_____________________________

また「春名先生を囲む会」は私のHPに別途ページを作ったので次のURLをクリックしてお読みください。http://w01.tp1.jp/~a920031141/haruna.html 最新の「春名先生を囲む会」の写真をアップロードしています。この会の趣旨と目的に賛同されるかたは毎月第三金曜日の午後七時半から誰でもOKですから夢庵西八王子店(平岡町)に来てください。正面を右に進むと座敷がありますからその座敷で待っています。なお、料金について変更があります。お酒の飲めない人は2千円にしましたのでお酒の飲めない人もぜひ賛同者となって「春名先生を囲む会」で講義を聞いたり、また積極的に講義をして下さい。

_________________

 今後、微笑禅の会のネット会報は中止し、年に数度の紙媒体での会報を出すことにします。私がロックフェラーほどの資産家であれば年に5千円の会費は無料にしますが、五行歌の会の主宰・草壁先生の言われる通り、お金を出さないと文化は育たないからです。本当に悟ってみたい人は次のurlをクリックして「見性体験記」をご覧ください。http://w01.tp1.jp/~a920031141/zen.html 入会された方には「微笑禅入門―実践篇」(DVD)を差し上げます。もちろん会員から質問があれば答えますので私のメルアドまで質問を下さい。レジュメも作らず睡眠時間4時間で即興で語っています。DVDはボリュームを目一杯に上げて聞いて下さい。wasaburo@hb.tp1.jp (クリックしてもメールが開かないのでコピーして宛て先に入れて下さい)

_________________________________


酒井信彦の日本ナショナリズム

天皇陛下の「お言葉」に思う(酒井信彦)
http://sakainobuhiko.com/2016/10/post-296.html#extended

『月刊日本』2016年11月号 羅針盤 2016年10月22日

8月8日に天皇陛下がテレビで国民に、直接的に譲位の意向を述べられた出来事に対して、新聞・雑誌などで大量の情報が発信されている。その中で私が出色だと思ったのは、『週刊新潮』9月15日号に掲載された、「天皇陛下『お言葉』は『違憲か暴走』と断じる皇室記者の失望」「巷は賞賛一色でも専門家たちの違和感」と題された記事である。

まず世論調査で譲位を支持する意見が圧倒的なのを指摘し、ついで皇室報道の専門家集団である宮内記者会では、「論調は大いに様相を異にしていた」と述べる。

大手紙の皇室担当記者は、「あのような『お言葉』を陛下が発せられたことに、失望を禁じ得ませんでした」「あのお気持ちの表明によって、陛下が皇后さまとともに28年間、ひたすら慎ましやかに積み重ねてこられた〝あるべき象徴としてのお振舞い〟が台無しになってしまった。端的に言えば禁じ手、『やってはいけないことをなさってしまった』ということ。記者会の内部はもちろん、OBや本社デスクなど、長らく皇室取材に携わってきた者ほど、こうした思いを強くしているのが現状です」という。
.

また陛下は以前からご自分の希望で、積極的に行動されてきたが、それには、「徹底して水面下で調整がなされてきました。万が一にも陛下の『これがしたい』とのご意向が露わになれば、憲法上の問題へと発展しかねないので、周囲が十重二十重に忖度する形をとって実現をみてきた。そもそも、それが皇室の美徳であったはずです」と、周囲の配慮によって美徳がつくられてきたことを、宮内庁担当のOB記者が言う。

社会部の皇室担当デスクは、「今回、陛下はその美徳とは相反するかのように『全身全霊をもって象徴の務めを果たしていく』『国民の理解を得られることを切に願っています』などと、いつになく直截な表現をなさっていた」「さらに驚いたのは、メッセージの中で、皇室典範に定められた摂政の適用について明確に否定的なお立場を示されたことです。(中略)もはや〝国政に関する権能を有しない〟と定めた憲法を踏み越えているのは明らかです」という。摂政を明確に拒否されたことが、憲法に違反するというわけである。

3年前のお誕生日会見で、陛下が「平和と民主主義を、守るべき大切なものとして、日本国憲法を作り・・・」「知日派の米国人の協力も忘れてはならない」と述べられたことについて、この皇室担当デスクは、「米国による〝押しつけ憲法〟から脱却し、改正しようと躍起になる安倍政権を牽制されてきたとも拝察されますが、そのご自身が憲法に抵触なさってしまえば、全てが水の泡です。(中略)いずれにせよ、こうした〝暴走〟を、宮内庁は止められなかったわけです。」と、天皇陛下の発言を「暴走」と断言する。

別のベテラン記者は、「今回のスクープの最大の〝情報源〟は、いわば陛下です。陛下のご了承のもと、宮内庁が公共放送とタッグを組み、壮大なシナリオを描いたわけです。侍従たちに筋書きを作らせ、事前にメディアにリークして世論の反応を探り、その上で報じた通りのご発言をなさるというのは、多分に政治的だと言わざるをえません」。これは陛下が常々言われる、皇室は受動的とは逆で、違憲の疑いが濃厚であるのだが、「大半の国民は〝陛下もあれだけ頑張ってこられたのだから〟と、感情に流されてしまった。その時点で日本中が思考停止に陥り、憲法との兼ね合いから目を逸らされてしまったのです。あえて言えば、これは陛下がたびたび『深い反省』とともに言及なさってきた、先の大戦時と同じ構図になってしまったのではないでしょうか」と指摘する。

末尾のベテラン記者の弁は、「崇高なほどストイックに憲法を守り、黙々とご公務に取り組まれる陛下のお姿をずっと拝してきたのに、今までは一体なんだったのか。そんな違和感を記事にできるはずもなく、忸怩たる思いで情勢を見続けています」とある。しかし天皇陛下はストイックではなくずっと能動的であられたのであり、今回はそれを集大成されたのである。また「違和感を記事にできない」とはジャーナリストの責務を放棄したものであり、本名で自己の見解を披歴すべきである。

この記事の中で、私が最も重要だと考えるのは、天皇陛下が「憲法を守ると」おっしゃりながら憲法違反をされていることである。「綸言汗の如し」というが、矛盾したことをおっしゃるのは、天皇の権威を自ら傷つけられる行為である。

『コラム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「主権回復を目指す会」より... | トップ | 夢や占いの話 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL