那田尚史の部屋ver.3(集団ストーカーを解決します)

「ロータス人づくり企画」コーディネーター。元早大講師、微笑禅の会代表、探偵業のいと可笑しきオールジャンルのコラム。
 

西村修平さんからのメール&見性体験記(続き)

2017年01月04日 | 

集団ストーカー被害者の方は次のurlを押してください。(決定版が出て既に増補改訂版を購入された方には無料で差し上げました) http://blog.goo.ne.jp/nadahisashi/e/21522a074264a7eb4afb4fd7df2e6531 電子出版される可能性もあることをお知らせします。

_____________________________

また「春名先生を囲む会」は私のHPに別途ページを作ったので次のURLをクリックしてお読みください。http://w01.tp1.jp/~a920031141/haruna.html に最新の「春名先生を囲む会」の写真をアップロードしています。この会の趣旨と目的に賛同されるかたは毎月第三金曜日の午後七時半から誰でもOKですから夢庵西八王子店(平岡町)に来てください。正面を右に進むと座敷がありますからその座敷で待っています。なお、料金について変更があります。お酒の飲めない人は2千円にしましたのでお酒の飲めない人もぜひ賛同者となって「春名先生を囲む会」で講義を聞いたり、また積極的に講義をして下さい。

 _________________

  今後、微笑禅の会のネット会報は中止し、年に5千円の護持会日と数度の紙媒体での会報を出すことにします。私がロックフェラーほどの資産家であれば年に5千円の会費は無料にしますが、五行歌の会の主宰・草壁先生の言われる通り、お金を出さないと文化は育たないからです。本当に悟ってみたい人は次のurlをクリックして「見性体験記」をご覧ください。  http://w01.tp1.jp/~a920031141/zen.html                                              入会された方には「微笑禅入門―実践篇」(DVD)を差し上げます。もちろん会員から質問があれば答えますので私のメルアドまで質問を下さい。レジュメも作らず睡眠時間4時間で即興で語っています。DVDはボリュームを目一杯に上げて聞いて下さい。wasaburo@hb.tp1.jp (クリックしてもメールが開かないのでコピーして宛て先に入れて下さい)

__________________________

今日は西村さんから新年のメールが届いたので紹介します。

那田 様

謹賀新年 遅ればせながら新年のご挨拶を申し上げます。

良きよりも 悪しきならずが 良き年と 齢(とし)降るごとに 響く除夜の音(ね)

「事実を挙げて道理を説く」 この理念を堅持することは常に変わりなくの信念です。

西村修平

西村さんは歌を詠ませても映画の批評をさせても非常に才能と素養のある人です。この人の短歌にはいつも感心させられます。

_________________________


{坐禅会をやめ、坐禅から離れる}

 ところが、2年目を過ぎてから坐禅会に行くのが面倒になった。何故かと言うと、雑談混じりの法話が延々と続き、しかもそれが取りとめなく論理性が欠如している。このために折角の快感や充実感がダレてしまうのだ。だから私は自宅のみで坐禅を組むようになった。

当時の私の坐禅の心境を簡単に説明しておこう。私は数息観を20分したあとに随息観を20分する。数息観の途中で三昧に入る。妄想や雑念に苦しんだことは一度もなく、無念無想の坐禅である。一座終わると喜びに包まれ、畳に両手をつき頭を垂れて3分ほど動けない。ちょうどサウナ風呂に入って汗をかいたあとに水風呂に飛び込むと最高に気持ちいいが、それとよく似た喜びの坐禅である。だから坐禅を組むことは楽しみであり、「安楽の法門」とは言い得て妙だと思ったものだ。

 ここで私の家の間取りを説明しておく。私は2DKのマンションを2部屋持っており、1部屋は書斎に、もう1部屋は家族の生活の場に用いている。道元をはじめとして多くの禅師たちが「坐禅を組むには静かで綺麗な場所で、暗過ぎず明る過ぎず」等々書いている。だから、私は書斎の一隅を整頓して坐禅を組んでいた。ところが、私は本来重い鬱病なので徐々に書斎に行くのが億劫になり、坐禅を組まなくなってしまったのだ。

何がきっかけだったのか、記憶を蘇らせてみると、おそらく某大学の選任教員募集に応募して落選したのが発端だったと思う。
 ちなみに当時の私の副業は大学の非常勤講師で、前衛映像の歴史と理論を教えていた。非常勤講師は1コマの授業を受け持って月収3万以下というワーキングプアなのだが、これが選任教員になると高給取りになる。同じ大学教員といっても天地の開きがあるのだ。
 ところで非常勤講師と選任講師の差は何によって決まるかというと、99%は人脈、つまりコネで決まるのである。学会機関誌に一本の論文すら掲載されていないのに選任教師になっている連中がゴロゴロいる一方、何本も論文を載せ、その分野の第一人者と目されていても薄給の非常勤講師のままの者もいる。日本は談合型社会といわれるが、アカデミズムの世界でさえ人事は人間関係で決定されるのだ。
私はこれまでの経験でそういう裏の事情は知悉していたし、この平成大不況の冬の時代、大学の専任教員といったオイシイ稼業は狭き門なので落ちたこと自体はショックではなかったが、そのアフターケアが酷かった。
 
 その大学の教授の一人で、当然人選に深くかかわった人物は私の先輩であり、大学院生のころは毎日のように喫茶店でお喋りした仲だった。それで彼にメールを出し、今後はどういう点に留意すればいいか、もっと研究の幅を広げて積極的にアピールしたほうがいいか、などなどアドバイスを求めた。
私が前衛映像、実験映像、自主映像、小型映画、といった分野ではかなりの実績を積んできたことは研究者なら誰もが認めている。映画史における前人未到の処女雪を一歩ずつ踏み分けて、病苦、経済苦の中で出来る限りのことは行ってきた。が、なぜか私には敵が多く「那田は前衛映画批評は出来るが普通の劇映画については分かっていない」などという連中もいる。馬鹿馬鹿しい言いがかりだが、言うまでもなくこれは逆立ちの論理である。詩人はいつでも娯楽小説は書けるが、その逆は不可能だ。あんな映画は下らないと思うから前衛のほうに自然に進んだのであり、普通の劇映画の批評をやらせたらお前さんたちは相手にならないよ、という自信は常にあった。ただ、それを公言すると憎まれるので黙っていただけである。
 すると彼から「メールで返事するのは面倒なので高田馬場駅まで来て欲しい」と電話があった。私は鬱病の症状として一番辛いのが電車に乗ることであり、八王子駅から高田馬場駅まで約一時間の距離を耐えるのは辛くて仕方なかったが、直接面談を求める限りは何か特別なアドバイスがあるのだろうと思い、無理をして出かけた。
夕方に会ったので、一杯飲みながら話しますか、と言うと、そんな暇はない、と答えてセルフサービスのコーヒー店に入った。それで話を聞いてみると、なんと私に対する「難癖」と「嫌味」のオンパレードなのである。しかも話の途中で気付いたのだが、彼は私が応募規定に添って提出した主要論文を「全く読んでいない」ことが明らかになった。そして彼の言葉のふしぶしから彼がいかにアヴァンギャルド映画が嫌いか、むしろ憎んでいることが分かった。
 なるほど、「メールで返事をするのは面倒」というのは、文字通り本当に面倒くさいので、彼は自分の都合で人を遠くから呼びつけておいて、ひたすら皮肉が言いたかったのである。「蛇は一寸出ればその大小を知る。人は一言出ずるもその善悪を知る」とはよく言ったものだ。何という人物だろう、私は呆れ果てた。

当たり前のことだが、先輩ならばせめて「これこれこういうことに気をつけて、今後のチャンスを待ちなさい」と言うのが常識というものだ。その常識すら持ち合わせていないのである。
私は講義のときに「教授教授と威張るな教授 教授オタクの成れの果て」とよく言う。事実、オタクが教授になるのであり、この程度の人物が威張っているのがアカデミズムの世界なのである。事実私は、教え子たちが彼を「映画オタクが大人になっただけ」と軽蔑しているのを直に聞いている。
 ちなみに仏教では「二乗不成仏」という。二乗とは人間の精神レベルを10段階に分けた十界論の用語で、レベルの低い方から、地獄、餓鬼、畜生、修羅(これらを四悪道あるいは四悪趣という)、人間、天界(ここまでの六種の精神世界の中でさまようことを六道輪廻という)、声聞、縁覚、菩薩、仏界(この上位4段階を四聖という)、という10ランクの中の「声聞」「縁覚」を二乗と称する。大雑把に言えば、真理を追究する修行僧や学者などで、努力型が声聞、天才型が縁覚と思えばよい。これらの精神世界に住む者は自分の知識の完成のみにこだわり、利他の心、つまり他人への慈愛や民衆救済という心掛けが欠如しているために、法華経が説かれるまでは「絶対に成仏できない人々」と蔑視されていたのである。
私は30年間アカデミズムの世界と深くかかわってきたが、研究者は実際にエゴイストだらけである。オタクのままに大人になって、精神が未熟なまま教授になってしまった連中がいかに多いことか。「先生といわれるほどのバカじゃなし」という川柳があるが、知識は一流でも人間としては三流、しかも自分を偉いと思っているのだから、本当に度し難い。

 

『コラム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 見性体験記(続き) | トップ | 見性体験記(続き) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL