おっとりえるべぇ&コミカルなっちゅ

~みんなに笑顔を振りまいた、お茶目なえるべぇの想い出&新しく奈良から迎えた妹なっちゃんとの暮らし~

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ひなたぼっこ大好き

2015年12月14日 | 奈津
すっかりご無沙汰してしまい、どうやって書くんだったか…

奈津のこと気にかけて見に来て下さっている方にはご心配かけていたかと思いますが

奈津はお陰様でとても元気にしています。

座卓の下がお気に入りで、

こんな風にくつろいだり(夏ごろ)


時には正体不明の生物になったりしています。




おばぁちゃんと仲良しで

おやつを食べているとそばで賢くお座りしておねだりモード


ソファでテレビを見ている時もそばに居ます


可愛がってくれるのはありがたいのですが、おやつを上げすぎてしまうのが困りもの。
上げすぎないでとやんわり言っても、なっちゃんのおねだりビームにはあえなく撃沈。

私が昼食後の後片付けをしているときに、見えないだろうとこっそりあげてても
なっちゃんは「カリッ、カリッ。」とそれはそれは美味しそうな音を立てて食べるのでバレバレです。



お天気の良い日は縁側でひなたぼっこ三昧






年の瀬を迎えて気ぜわしくなっていますが、なっちゃんはこの通り

のんびりゆったりマイペースで暮らしています。



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

3.11

2015年03月11日 | 奈津


           想い、祈る







この日のコメント欄は閉じさせて頂きます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ショートストーリー『犬と猫』

2015年03月10日 | 奈津
前回の記事の猫つながりで…






ある日、哲学の道から家に帰ろうと階段を降りて来たら…

行く手に猫ちゃんが二匹、けっこう道の真ん中に。
奈津は猫が平気ですが、実は猫が苦手なのは私なんです。


私たちが近づくまでに逃げてくれたらいいなぁ。



香箱座りしてるし、逃げる気なさそう。
仕方ない、道の左側をそ~っとそ~っと目を合わさずに、と。



無事に通り過ぎて振り返ってみると、猫たちもこっち見てて



なによ、あのワンコ。せっかくくつろいでいたのに。



邪魔されちゃったわね、行きましょ!

奈津と私、静かに見送る。


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

こう見えて…

2015年03月02日 | 奈津

こう見えて


奈津はネコが平気です。

哲学の道には、野良ネコさんがい~っぱい!

決まってご飯をくれる人もいるし、観光客の人も可愛がってくれるし、自分たちのエリア、といった感じで落ち着いています。

「あ、なっちゃん、ネコちゃんがいるよ」

ネコのほうが「このイヌ、こっち来るか?!」といつでも逃げられるように集中して見ています。

ところが…

 

奈津は全然平気で、このままスタスタと通り過ぎます。

 

 

また、あるときは

 

この視線の先に奈津がいるのですが


なにも反応しない奈津を見て、ネコちゃんは木登りを続行です。

奈津にとってネコは木や石と同じで、見えているけどまるで気にならないようです。

 

先代犬えるべぇは、おとなしい穏やかなワンコでしたが、ことネコに対してはとても激しくて

庭によそのネコが入ってきたら、ワンワン吠えて追っ払っていました。

たまに逃げ損ねたネコが木に登ってしまったら、木の上と下で「ギャ~ギャ~、ワンワン」大騒ぎ。

止めに入って、えるべぇを撤収してネコを逃がしてあげなければなりません。

一度、私が止めに行く前にえるべぇの悲鳴が聞こえ、見に行くとネコにやられて耳が切れてて出血騒ぎ。

目をやられなくて良かった、とひとまずほっとしましたが、耳はずっと昔の切符のように切れ込みが入ったままでした。

木登りネコを見て、えるべぇと奈津のネコへの反応の違いを不思議に思いつつ、そのときのことを懐かしく思い出しました。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ただいま準備中

2015年02月20日 | 奈津

奈津のお散歩コースのひとつ、哲学の道ですが

少し前から工事が始まりました。

以前は大きな木がうっそうと茂っていて

時にはこんな光景も。

山の向こう側から来たのでしょうか?

すぐ近くの民家の屋根に猿が!

(奈津のかかりつけの先生にお話ししていたら、『野生の猿と目を合わせたら駄目ですよ、危ないですよ』と教えていただきました。)

それが、木がすっきり枝打ちされたりして

ずいぶん明るく日当たり良くなりました。

観光シーズンには無許可営業の屋台がでたり、桜の根もとをたくさんの人が歩くと木が傷むので、少し段をつけて桜を保護するためのロープを張るようです。

砂場やシーソーのあった小さな公園のところも整備がすすんでいます。

桜の咲く頃にはきれいにできあがって皆さんをお迎えできるでしょう。

(大豊神社の大の字が切れちゃった)

皆さんのお越しをお待ち致しております。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加