心の中のBYJと共に!

初韓国から34年目、ぺヨンジュン家族15年目突入!今年も7月9日~9月1日迄ソウル生活。

最後の日はショッピングデ-、というより買い出し!?

2016-10-31 06:54:43 | ショッピング
今仁川に向かう電車の中です。25日出発の31日帰国足掛け一週間の旅行ですが、中二日間のソウルチングとの旅行や到着日帰国日を除くと、ソウルは実質三日間だけでした(ああかえりたくないよ~)。

おまけに最終日の昨日は一日ショッピング、京東市場を皮切りにチュンブ市場をハシゴ、買ったものは食料ばかり^^;たくさんの荷物を抱えた自分の姿をひょっとしてこれは・・・私自身は経験はありませが、戦中戦後の買い出しスタイルではないかと、一人ごちて笑ってしまいました^^
ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 雨の中の順天湾見学 | トップ | お昼はチャプチェー朝鮮ニン... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
また? (たか)
2016-10-31 21:13:09
はるさん、また韓国へ行かれたのですか?
はるさんにとって韓国は「チョットお隣のお友達の家へ」って感じですね。
羨ましいな。

今日は食料調達でしたか。
さてさて、どんなお料理を作るのでしょう。

買い出し‥ (Fs)
2016-11-01 03:02:09
私も経験はありませんが、当時はニュース映画などで随分写し出されていましたね。

私の小さい頃は、逆に、街中に物を売りに行く女性たちが、背中と両腕の大量の荷を担いで電車に乗る姿は、良く目にしました。

あれに比べると、私などは両手に食材を下げて10分歩くだけで、ウンザリしてしまうのが恥ずかしいです。
妻に笑われています。


Re:また? (はる)
2016-11-02 03:07:28
ええ、又行ってきちゃいきました。
今年は3ヶ月も行っていたというのに、戻ってきた直後から
次はいつ頃行けるかと考えていました。
私の韓国旅行はたかさんにとっての山歩きのようなもの
といえるでしょうかしら?

買い出し食材は常備菜に大活躍のおじゃことそれに入れるナッツ類です。
明洞お粥屋さんで食べた記憶を頼りに見よう見まねでつくります。甘さを
押さえて作るので、味はいまいちですがバランスの良い栄養食だと娘には
好評なんですよ。
Re:買い出し‥ (nabi57)
2016-11-02 10:19:47
Fsさん、おはようございます。
片付け途中の一週間をずるしたつけを払うため、大車輪で働いていましてお返事大変遅くなりました。申し訳ございませんm(__)m

Fsさんの世代になると、もう世の中はすっかり戦後処理も終わって、高度成長の真っ只中で育たれたのですね。私が小学生時代を送ったのも少し早い同じ時期でしたが、学校の片隅には空襲で破壊された校舎の礎石などが残って運動場からは、いったんは土の中に埋められた小さい瓦礫が、しょっちゅう頭をだし、何かで全校集会が有るときなど、最後は全員での石拾いで終わっていました^^

変なことばかり覚えています^^;
憧れの順天 (hemibaba)
2016-11-02 10:57:48
ソウルからKTXで約3時間10分。日本に照らし合わせて想像してみた。憧れの地、全羅南道「順天」は自然いっぱい!世界五大沿岸湿とうたい文句にある。 「韓国の美を辿る旅」の映像版で見た順天は湿地にそよぐ草・・葦よりもたおやかに見える群生の草が人工?と疑うほど見事な自然湿地帯を見せていた。 一方、「ドリームハイ」で司法試験に落第し続ける青年が、刀折れてチキン店を継ぎに戻った地が順天だった。 撮影が本当に順天でされたかは分かりませんが、ペ・ヨンジュンにとって順天は特別の場所だったかもしれないと当時思っていました。 決して行く事は出来ないと思いますが、 地理オンチのわたしが
地図に赤い印を付けた記憶が蘇りました。 はるさんにしては駆け足の旅、レポ楽しみにしてます。忘れてた(^^♪お帰りなさい!
ただいま^^ (はる)
2016-11-03 10:29:49
お隣の国への旅行としては、まあまあ充分なはずの一週間が今回は
とてもみじかかったです。それでも行けること自体に感謝しなければ
なりませんね^^
hemibaba さんの憧れの地順天、お元気なうちに是非一度いらっっしゃって!
市街地を離れ山間の里を走るバスの車窓の景色は、もう国内を旅しているの
と変わらぬ、というよりもっと長閑で私好みです。
でも、hemibaba さまはシティ派かな?

コメントを投稿

ショッピング」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。