心の中のBYJと共に!

初韓国から34年目、ぺヨンジュン家族15年目突入!今年もソウルに来ました。8月いっぱいの滞在です。

日曜の朝は映画で気分転換

2017-08-07 21:47:16 | 2017年夏ソウル生活
2017年夏のソウル生活も後半に入りました。昨日は始まったばかりの
韓国語のお勉強から、少し逃げ出したい気分だったので、映画を見に行っ
てきました。7月に見たのは、まじめな映画だったので、今度はコミカル
なものをとソンガンホ主演の物を選んでみました。

『タクシー運転手』という映画ですが、予想を裏切りコミカルなものではあ
りませんでした。韓国の民主化運動が最高に盛りあがった1980年5月、
軍事政権下で秘密裏に行われ様とした、軍隊による闘争弾圧の様子を、死を
賭して外部に知らせようとした、ドイツ人ジャーナリストとタクシー運転手
の実話にもとずくお話でした。

戒厳令下で良く無事に取材できたものだと驚きに堪えませんが、映画の最後
にはそのジャーナリスト(今は故人だそうです)が登場し、共に生還し事実
を世に知らしめることができたタクシー運転手に、コメントする姿が登場し
ましたから、事実が多く含まれるお話なのは確かなようです。

ところどころで実際に現地で撮られた映像も挟まれ、銃口が国民に向けられ
る様子など信じられない映像ですが、韓国はそんな過程を経て問題があれば
大統領すら罷免する、つまり国民主権であり国民が第一だという本物の民主
主義を手にしたのだなとの思いが同時に湧いてきました。

ドラマ的にも面白く良くできているし、ソンガンホの演技も安定してうまい
と思いましたが、残念ながら多分日本への輸入はなさそうです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 田舎暮らし | トップ | クラスメートと語学留学事情 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。