心の中のBYJと共に!

初韓国から34年目、ぺヨンジュン家族15年目突入!今年も7月9日~9月1日迄ソウル生活。

夫と行く晩冬のソウルNO10-中部市場の買い物と大学路でランチ

2017-04-25 12:45:51 | 2017晩冬のソウル
韓国のオンニの来日でソウル旅行の報告が遅れていましたが、再開しますので
よろしくお付き合いください。

今回のソウル旅行3日目、4日目の明日は午前発の飛行機なので、市内を観光でき
るのは今日だけです。ショッピングもしてないし~、食事以外にまだ何処にも出
かけていない夫に、見物もしてほしいし~足の具合が気になりつつも今日だけは
元気に動いて欲しいと願いつつ朝を迎えました。

幸い何とか歩けると言うので、日本から持参の蜆スープとコンビニのお握りで朝
ごはんを済ませた後、まずは中部市場へ乾物を買いに行きます。その後は夫リク
エストのチャジャンミョンでお昼をして、城北洞へ回ろうと思っています。

中部市場へはホテル最寄りの地下鉄5号線がウルチロ4街を通っているので、往
きは地下鉄で、買い物をした後は荷物を持った儘歩くのは嫌なので、一旦ホテル
に荷物を置きに戻りました。公共交通利用の場合電車からバス、バス同士でも違
う路線に、30分以内乗り換えれば、新たな料金は発生しないので有難いです。

今日は盛り沢山な予定があるので、これを利用しようと買い物は短時間でささっ
と済ませましたが、そういう買い物は楽しくないものですね。やはり、いつもの
ように試食させてもらったり、市場のおばちゃんと他愛もないおしゃべりをしな
がらの方が良いです。体調が今一のウリナムピョンがおいしそうなもの、何を見
ても興味を示さなかったのもその一因でしょう。

乗り換え料金は節約しましたが、ホテルからランチをする大学路迄はタクシーに
しました。お店は前々日に大学路に行った時下見してあります。
夫は真っ黒のソースがかかったチャジャンミョンが、一体どういう味なのか一度
食べてみたかったのだそうです。

韓国の国民食とも云われるチャジャンミョン、旅行中に通りがかった李花女子大
の学生食堂で一度、語学留学時代に学生街の中華屋さんで一度、計二度程食べた
ことがあるにはありますが、美味しいと思えるものに出会ったことはありません。
旅に出る前にチャジャンミョンで検索したら万里城がヒットしました。

チャジャンミョンは元来は中華料理のジャージャー麺かと思いますが、味は韓国
風にアレンジされたようです。現代より少し古い時代を扱ったドラマなどで、家
族に嬉しい事があったりした時、外食するのが中華料理屋であり、そんな時のテ
ーブルに必ず乗っている料理がチャジャンミョンという場面を良く見ます。また
韓国にはバレンタインデーに関連して、バレンタインデーもホワイトデーも無縁
だった人が、4月14日にこのチャジャンミョンを食べるブラックデーというの
があるそうですし、引っ越しをしたら片付かない荷物に囲まれてまず食べる食事
も、このチャジャンミョンだという程ポピュラーな食べ物です。

万里城、予約しないで行ったので席があるか心配でしたが、昼時を少し過ぎていた
からか空席が若干あり、待たないで入れました。
お目当てのチャジャンミョンは、プレーンなものと海鮮類が入ったものがありプレー
ンにしました。これを、韓国人は両手にお箸を1本ずつ持ち右側と左側から麺の下に
差し入れ上下をひっくり返し混ぜあわせてから食べるそうです。ウリナムピョンが
右手に持ったお箸で混ぜようとしているのを見て、こうするのよと韓国風に実演して
みましたが、慣れていないので私も上手にはできませんでした^^;


量的にはチャジャンミョンだけでも十分でしたが、韓国で初めて入る本格中華レスト
ランでしたのでもう一品!インターネット検索で見ておいしそだったエビすり身の
椎茸詰め(小)を合わせて注文。


これは食べやすい様に鋏でチョキチョキ切ってくれました。


念願のチャジャンミョンが食べられ大満足のウリナムピョン、私も初めて美味しいと
思えるチャジャンミョンが食べられ幸せな食事タイムでした。

さあこれから城北洞に向かいますが、どう行こうかしら?地下鉄で漢城大入口迄
行きバスに乗り換えるか、ここから真直ぐ行けるバスがあればバスにし、無ければ
またタクシーにするのが良いか、考えながらバス停に向かったら、成均館大行き
標示のあるバスが停車していました。

成均館大学はぺヨンジュンが俳優となった後映像学科に籍を置き一時学んだことの
ある学校です。家族(ファン)の間で所縁の地巡りで行こうとして大学路駅から無料
シャトルバスが出ているので利用したと散々聞いたことのあるあのバス(!)だと
ウリナムピョンを急かして、乗ってしまいました^^

あのバスだったかどうかは分かりませんが、無料では無く低廉でしたが必要でした。
もう忘れてしまって定かではありませんが250ウォン程でした^^;
(城北洞に行く積りが成均館大学行きバスに乗ってしまった私たち、この後どうなる
のでしょう?)ー続きますー
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 3日目はまったり温泉、夜は... | トップ | 夫と行く晩冬のソウルNO11ー... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
チャジャンミョン (Fs)
2017-04-26 00:16:04
ジャージャー麺が好きな私としては、食べたいものですね。
韓国では中華料理店に入ったことがありませんでした。
見た目は美味しそう。
混ぜ方に技術がいるようですね。

緊張が高まる事態が続きますが、困ったものです。
こういうときこそ政治家が冷静にならなくてはいけないのですが、政治家が煽り煽られという危ないことを繰り返しているようです。

なにごとも無いことを切に願わざるを得ません。
中国のジャージャー麺 (はる)
2017-04-26 13:39:07
Fsさん、こんにちは。
チャジャン麺は日本のジャージャ―麺に似て甘い味付けですが
中国のジャージャ―麺は、甜麺醤を使うところは日本と同じですが、
甘い味付けではないそうです。似ていながら違う、人間にも
料理にもあることですね。
どれも自分達にとっての美味しいを追求した結果ですね。
どういう味であれ美味しいものは感動を呼ぶと思います。自分の好きな
味に固執せず、本質を見たり感じたりするよう心したいです。

最近の政府は目に余る振る舞いが多すぎますね!
野党が不甲斐なさ過ぎます。と、一番不甲斐ない私が一人嘆いていても・・・

コメントを投稿

2017晩冬のソウル」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。