nabe語録-スペシャルティコーヒー専門ショップ サーカスコーヒー

京都北山にオープンしたスペシャルティコーヒーショップ「サーカスコーヒー」の熱い日常をご案内します!

「もう君に薄いなんて言わせない」新商品水出しコーヒージャグのご案内 &感動したこと。

2014-04-17 17:06:27 | コーヒー器具案内
4月中旬になり新生活は皆さまいかがでしょうか?

気候も良くなり、温暖化も影響もあり
今年もあっという間に暑くなるのではないかと思い
比較的早めにアイスコーヒーご案内をしようと思います。

今年の冬が寒すぎて、早く暑くなってほしいという願いもあります。

今回は「水出しコーヒージャグ」です。

今まで、同じような形のアイスコーヒーポットが
量販店なので多く売られていました。

私も何度か使ってみたのですが、
なかなか難しい器具で、ひと工夫しないと
しっかりと味がでないので
個人的な感想として、あまりお勧めできないな~っと思っていました。

今回、ご案内させていただく「水出しコーヒージャグ」は一味違いましたので
販売させていただくことになりました。





使い方としては、
コーヒー粉をふた付きコーヒーフィルターに入れて
ジャグに水入れて
フタをして
数回シェイクして水とコーヒー粉をなじませて
冷蔵庫に入れて
8時間後(目安)後、コーヒーフィルターを取り出し
出来上がりです。

740mmlでコーヒー粉60gほど使用します。



ポイント①
ふた付きコーヒーフィルターですので
お茶パックを入れるような感覚で
コーヒー粉があふれ出さないので
しっかり水に馴染ますことができます。




ここにコーヒー粉をいれてフタをします。


ポイント②
密閉性の高いポットですので
しっかりフタをしめると
横にしても水漏れしないので
シェイクしてコーヒー粉と水をなじませることができます。




ポイント③
「メイドインジャパン」であること。

ポイント④
しっかり閉めれば横置きも可能ですので
冷蔵庫をフル活用する夏でも収納性抜群です。
キンキンに冷やして、密封性もあるので外出にも重宝しそうです。

すっきりした味わいで深みのある水出しコーヒーを楽しんでいただけます。


重要ポイント!
あと、水出しコーヒーを作る上で一番のポイント

水出しにすると、特にコーヒーの品質が前面にでます。
ですので、使用するコーヒーは、
鮮度の高い信頼のおけるコーヒー店で
深煎りの豆を購入されることをお勧めします。

なんぼいい器具でも、
品質の低いコーヒー粉が品質の高いコーヒー液になることはありません。

サーカスコーヒーのアイテムでいうと
「バリスタブレンド」、「シリーズ極深」がお薦めです。
そしてただ今、アイスブレンド開発中です。
またこちらもよろしくお願いします!
サーカスの通販でも購入可能です。











昨日、
秋田県からご注文いただいてる方から
お電話で
「コーヒーがこんなに美味しいとは今まで知らなかった。
新しい文化を教えてくれて、ありがとう。
私には、誇れるものはお米しかないから
送るから今度お米食べてみて」
っとかなりの秋田弁で言っていただきました。

そして、今日届いてビックリ!
ご夫妻と90歳のおじいさんで創られたお米が
素敵なお手紙と共に届きました!

感動的でした。

そして、コーヒーも
世界のコーヒー農家の方からこんな形で
皆様にお届けできたらいいな~っと
いやいや、コーヒー生産者も一生懸命作ってくださったものであれば
このお米のようにその思いが消費者に伝わる形でお届けしないといけないな~
っと感じました。

子どもの新生活になかなか不安な日々を送っていて
(多くの方にしたら大した悩みではないとは思うのですが)
気持ちが晴れないことが多かったのですが
昨日来てくださったポッロさんにしても
お店に来て下さるお客様にしても
いろいろな方に支えられ元気を頂く日々を過ごすことができて
なにより感謝の気持ちでいっぱいです。

ちょっと嬉しくなってアップしてしまいました。
また明日から頑張ります!


「美味しくなかったらこれで食べて」といっしょに「ご飯ですよ」が入っていました。


美味しくないわけがありません。
楽しみにいただきます!








ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« サーカス家の今朝のコーヒー... | トップ | ゴールデンウイーク中の営業... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。