猫のキキとヒゲおじさんのあんじゃあない毎日

『あんじゃあない』って、心配ない、大丈夫っていう群馬の言葉、いい歳こいたキキとおヒゲのどうってことない前橋の暮らしです

山菜天ぷらが食べられる城東町4丁目の『ふれあい会食』、楽しくできて良かったです

2017-05-15 05:39:49 | あんじゃあない毎日

昨日は城東町4丁目の自治会主催の『ふれあい会食』ってのが開かれました。簡単に言うと、食材の調達から調理、配膳、片づけまで全部自分たちでやって、できるだけお金をかけないでやる宴会なんだけど、唯一ただのド宴会と違うのはひとり暮らしの高齢者を招待するってとこなんですね。
この『ふれあい会食』のために、昨日の記事に書いた通り、前の日から支度をはじめて、昨日の朝は3時半起きして働いてたわけなんです。

 これが、昨日の記事の続き、朝の6時過ぎ、粗熱のとれたジャガイモの揚げ煮と筍と鶏肉の煮物を袋詰めして運べるようにしたとこです。

   それから、庭のユキノシタの葉を摘んで洗って水気を切って、いただき物のワラビをゆでて、これで自宅での作業はおしまいです。ワラビのあく抜きはね、重曹を使わないで、小麦粉と食塩を溶かした湯でゆでるってやり方をしました。
ユキノシタはさ、もう花を咲かせてましたよ。かわいい花です。

キキの世話をして、朝ごはん食べて、身支度して、準備したものを抱えて、城四会館へ出向いたのは9時前なんです。

こちらでの仕事は天ぷら揚げなんです。ウド、タラの芽、フキノトウ、コシアブラ、コゴミ、すべて自治会長はじめ山菜取りを楽しみにしている皆さんが山へ出かけて採ってきたものなのです。山菜に加えて、わが家のユキノシタ、それからなぜかサツマイモとネギのかき揚げなんです。
向こうで作業しているのは老人会の役員をしてるHさんです。フライヤーを使ってあげています。すごいですよね、城東町四丁目は業務用のフライヤーも持っているんです。8種類、揚げる数は勘定してないですけど、二人で600個以上になると思います。

 これはフキノトウかな…
『ふれあい会食』は昔からある行事ではないんです。山菜採りを楽しみにしている自治会役員がいて、採ってきた山菜を天ぷらに揚げて宴会をしてたんだそうです。これはあくまで個人的な遊びだったんです。
それを見た、当時の自治長が、どうせ遊ぶのならみんなで遊ぼうぜってんで、婦人会、青年会、子供会育成会、老人会…、いろいろな団体や民生委員なんかの役員さん意声かけて、大きな宴会になったらしいんです。

  でもね、ただの宴会じゃ、自治会行事としてやる理屈がないってんで、ひとり暮らしの高齢者を招待して、各種団体やなんかの役員との交流会に仕立てたってのが歴史的な事実のようです。
ですから、町内全ての団体の皆さんが参加してるんです。会場の設営や、屋外に仮設する天ぷら揚げのための調理場なんかもみんなで設営して片づけもしてくれます。大勢でやらないとできない行事なんです。

 

 これが一人前の天ぷらです。8種類すべてが盛り込まれています。
これってね、紙皿にペーパー敷いて盛ってあります。このまま皿ごとラップしてポリ袋に入れるとお持ち帰りできるようにしてあるんです。たいていの参加者が食べきれずに持ち帰ります。

  筍と鶏肉の煮物、ジャガイモの揚げ煮、それからワラビです。ワラビはSさんが採ってきたのに私のいただき物が付け加わりました。
こちらは皿盛り、4~5人に一皿って感じです。あと、盛りうどん、それから飲み物各種が用意され、婦人会や育成会の皆さんの手で宴会らしく配膳されます。
で、最初の写真のようにみんなして「かんぱ〜い!」で、ワイワイガヤガヤ、食事会なんです。

 

 『ふれあい会食』は、午後1時過ぎにお開きです。後片付けはほかの皆さんにお願いして一足早く家に戻ってシャワーを浴びて休息です。
写真は、昨日買ってきたアジサイなんですけど、名前がね『フェアリーラブ』ってんです。フェアリーって「妖精」って訳語があてられることが多いいですけど、西洋の神話では神と人間の中間的な存在なんですよね。日本語だと、妖怪とか仙人とか言う方が近いんじゃないかと思います。で、訳すと「妖怪の恋」、なんかすごいやね。

 一休みしてから、キキの猫砂がなくなりそうなので買い出しです。
もう一つのアジサイの名前はもっとすごいんですよ。『ダンスパーティーハッピー』、これって訳せないやいね。酔っ払ったオッチャンが場違いな大声で叫んでるのを昔聞いたことがあるような気がします。
「どうしてみんな横文字なんだろうね…」、伯母さんも首かしげてました。

 

そんなことよか、昨日はキキが朝ごはんを食べてくれないんです。前の晩も食餌を嫌って取り替えてあげても食べなかったんです。ウエットフーズもドライフーズもダメなんです。
仕方ないので猫用のおやつにコバルジンまぶして掌で与えると、少し食べてくれるだけ、天ぷら揚げてても気が気じゃなかったんです。

でね、猫砂を買って戻ってきた夕方、もしやと思って、しばらく前から嫌って食べなくなったモンプチのウエットフーズを湯煎して温めて出してみたんです。
やっと食べてくれました。そのあと、焼ガツオも…、丸一日心配させてくれたキキです。

 

 「恭一さんお疲れでしょ、ご馳走してあげる」って伯母さんからのうれしい申し出です。天川原町の中華料理『南苑』へ出かけたら、Uさんのご家族とばったり、それに大勢な家族連れも入っていてとても混んでいました。
小龍包、春巻き、酢豚、エビチリ、牛肉の辛子炒めを三人でいただきました。そいで、私は冷酒を2本、ユキ子さんは子どもビールにラーメン、伯母さんはワンタンでした。おいしかったです。

 

 

 直派若柳流の若柳糸駒ことユキ子でございます。
師匠は祖母の初代若柳吉駒、今は伯母の二代目吉駒の下で修業しております。来春の美登利会は75回目の節目を迎えます。4月8日に開催いたしますので、引き続きよろしくお引き立ていただきますようお願い申し上げます。

今春の第74回美登利会の舞台の様子はコチラでご覧になれますす
お稽古場は前橋市城東町四丁目です。詳しくはコチラをご覧ください

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 前橋情報へ←クリックしてください。日本ブログ村の関東地域情報に登録してます。応援してくさい。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 花市でアジサイを買って、早... | トップ | 休息日は路地の花見、テイカ... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
アジサイの名前 (ようこ)
2017-05-15 08:45:49
最近流通しているアジサイは西洋アジサイ系と山アジサイ系? 原種系の2系統に分けられているようです。鉢植えはほぼハイドランジア表記の西洋アジサイ系が多いと思います。フェアリーラブは群馬県黒保根産出、ダンスパーティーは静岡加茂花菖蒲園産出の人気品種です。最近?ここ10年位のアジサイは国内産も外国産も面白い名前が多いです。表したい事が分かるような分からないような(((^_^;) フェアリーラブも妖精(フラワーフェアリー)の恋ということで(*^^*) 我が家には『雨に歌えば』という名前のアジサイもいます。確か? 京都桂高校作出のアジサイに「ちちんぷいぷい桂の地球(ほし)」という名前も有った記憶が
アジサイの名前 (ヒゲクマ)
2017-05-15 10:34:00
ようこさん
今、アジサイの鉢物と苗の通販を少しのぞいてみました。おかしな名前のものがいっぱいあるんですね、感心しました。「チチンプイプイ桂のほし」ってのもすごいですね。
どこかの生産者で命名権を売り出しているとこないですかね、ものすごく面白い名前考えるけどな…
アジサイの名前 (ヒゲクマ)
2017-05-15 10:34:13
ようこさん
今、アジサイの鉢物と苗の通販を少しのぞいてみました。おかしな名前のものがいっぱいあるんですね、感心しました。「チチンプイプイ桂のほし」ってのもすごいですね。
どこかの生産者で命名権を売り出しているとこないですかね、ものすごく面白い名前考えるけどな…
アジサイ (ようこ)
2017-05-15 19:54:43
『ちちんぷいぷい~』は作出している桂高校の生徒さんが命名したそうです。これ以外にも桂高校オリジナル品種はユニークな名前が多いです(*^^*) 10年前位のオリジナル品種はミセス○○とかフラウ○○とか家族の名前を付ける傾向が有ったようですが今は本当に面白い名前が流通してますね~。命名権良いですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。