猫のキキとヒゲおじさんのあんじゃあない毎日

『あんじゃあない』って、心配ない、大丈夫っていう群馬の言葉、いい歳こいたキキとおヒゲのどうってことない前橋の暮らしです

ヤギカフェでネコフェス特別仕様のカレー食べたら、なんと、あの銀次郎がよみがえって…

2017-11-08 06:20:44 | あんじゃあない毎日

昨日はとても良い天気でした。で、久しぶりにあれこれやらなくちゃってことであったのですけど…
まえばしネコフェスの最中でもあるのでお昼は呑竜のヤギカフェ、テーブルの上で猫が遊んでました。

 昼前にやることはやったんです。まずは着る物の整理、夏物を片づけて、クリーニング屋さんにジャケットやなんかを届けて選択頼んで、冬物出して、所定の場所に入れ直したんです。これでやっと防寒着やセーターなんかの類がすぐ使えるようになりました。
それから、JAファーマーズに野菜や備蓄食料を買い出しに行って、いったん戻ってからドラッグへ日用品の調達…

 その後、岩神町の養田鮮魚店へ買い出しに行ったんです。岩神町の路地には枯れ尾花でした。自転車の買い物は行ったり来たりの繰り返しです。

   三重から届いたって生ガキ、次のはアオリイカ、そいで、ごつい顔したオコゼですね。いいですね。
ものすごくいいサワラがいたんで半身、アオリイカ、それとブリの切り身を分けてもらいました。

風呂川です。岸の小菊がきれいです。水が冷たそうに見えるようになりました。立冬だもんね。
魚をもって家に帰ったら、糸駒は千代田町の稽古場に出かけて留守になってました。昼食を食べた形跡がありません。あれこれ雑事が重なっているんで、食べてる間がなかったみたいです。
それで、ヤギカフェへ出かけたんです。

 

 坐るとすぐにネコフェス特別サービスのクッキーが出されたんですけど、なんとテーブルの猫がマーキングしちゃったんです。「うちの猫のマーキングはチョコだから大丈夫よ」美郷さんこともなげでした。でも、なんかすごい、期待に胸を膨らませてタマネギいっぱいのカレーを注文。

ネコフェス特別仕様のカレーなんです。サラダの中に猫がいるんです。この猫は食べられません。でも、いるんです。
「マスターが、佐藤さんようにって、特別に用意したんですよ…、分かりますか?」だって。
「どっち?」
「ロン毛の白い方…」
「え〜と、どこの猫?」
「忘れちゃいましたか、銀次郎…」

「銀次郎か…」、絶句です。
「いついなくなったんですかね?」
「しばらく前…」
家に戻ってから調べたんです。そしたら、銀次郎の訃報を届けてくれたのはリバティーの美喜江さん(当時の記事では『キミエ』さんと誤記、すんませんです)で、2014年2月11日のことでした。不思議な存在感のあるねこでした。

翌日のブログの記事、『前橋の銀次郎が逝った。思い出がたくさんあって…、悲しい猫…』は…
  「夕方、まちのおばさんたちに「化け猫」って呼ばれているネコさ
  んに会いました。会うたびに、ブラッシングしてあげたくなりま
  す」、2008年10月3日の『お散歩猫のキキとヒゲおじさんの日常』
  に掲載された写真と文です。
  「化け猫の名は銀次郎です。またの名を おとっつあん、おとうさ
  ん。一昨年妻子に逃げられました」、libertyさんからのコメント
  です。

という書き出しで始まってました。

 今、前橋のまちに銀次郎ほどの存在感のある猫は見当たりません。
野良猫ではなく、飼い猫だったのですが、その暮らしのほとんどをまち猫と供にしていました。だから、ほとんどの皆さんが、前橋のまち猫のボスだと思っていたみたいです。あとは、『前橋の銀次郎が逝った…』を読んでください。
でもさ、ヤギカフェのマスターはすごいな、まさか銀次郎をよみがえらせるとは思わないもんね…、感無量になっちゃいました。

 

 (そんなわけで、午後のことは省略して)夕方、買い込んだ食材でユキ子さんの両親に届ける夕食のおかずを作りました。
アオリイカの湯引きに酢味噌を添えて、ブリの煮物、里芋と蕪とアオリイカのげその煮物、紅白のピクルス、菊花の甘酢漬け、それとサワラの刺身を詰めました。ちょっとご馳走です。
わが家はネコフェス仕様でないので、ネコは入っていません。

  わが家の方は、サワラの沖すきがメインです。それに、アオリイカとサワラの刺身、アオリイカのげそと野菜の炊き合わせとなりました。

  沖すきはね、サワラの切り身を牛鍋の煮汁と同じぐらいの甘辛い汁でさっと煮て、溶き卵をつけていただくんです。一緒させたのは、春菊、ミズナ、シイタケ、それと焼き豆腐です。
前に伯母さんとも作って食べたんですけど、「昔、ずいぶん前だけどさ、大阪から船に乗る前に料理屋さんで食べた覚えがあります」って言ってました。いつ頃、何処へ行くのに乗った船なのかな…

 

 直派若柳流の若柳糸駒ことユキ子でございます。
祖母の初代若柳吉駒、そして伯母の二代目吉駒の下で修業して参りました。
初代吉駒が始めた美登利会は、来春で75回目の節目を迎えます。予定通り、4月8日に開催いたします。
亡くなりました二代目吉駒の遺志と教えをしっかり守って、一生懸命つとめてまいりますので、これからも引き続きよろしくお引き立ていただきますようお願い申し上げます。

今春の第74回美登利会の舞台の様子はコチラでご覧になれますす
お稽古場は前橋市城東町四丁目です。詳しくはコチラをご覧ください

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 前橋情報へ←クリックしてください。日本ブログ村の関東地域情報に登録してます。応援してください。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 忘れかけてた熊野神社のお酉... | トップ | 新築工事が進む桃井小脇の矢... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

あんじゃあない毎日」カテゴリの最新記事