猫のキキとヒゲおじさんのあんじゃあない毎日

『あんじゃあない』って、心配ない、大丈夫っていう群馬の言葉、いい歳こいたキキとおヒゲのどうってことない前橋の暮らしです

水が止まった広瀬川は鳥たちの共同浴場兼餌場、街で見かけた『翌檜祭』のポスター、秋バラきれいで、ネコフェスの『お散歩写真・お散歩言葉 作品展』…

2016-10-18 06:30:05 | あんじゃあない毎日

広東橋を徒歩で渡っていたら川水がとまっているのに気づきました。川底の水溜り、ムクドリの群れが水浴びしています。共同浴場みたい、しばらく眺めてました。午後1時過ぎのことでした。

   朝は流れてました。夕方も流れてました。水を止めたのは一時のことだったみたいです。水がひいた川底は鳥たちの餌場になります。セキレイもいます。スズメたちも川底でいっぱい食べたみたい、川岸の柵に並んで食後の休憩みたいです。
川底の緑は梅花藻なのですが、もう花は咲いてません。

  ムクドリってきれい好きなのかな。ずいぶん長いこと水浴をしてました。とにかくじっとしてないんですね。忙しい水浴です。雨があがったせいなのかな、気温も上がってきてたかな…

 

   いつもよりか早めに大学へ出かけました。雨が降ってました。
それほど用事もなかったんで、早めに切り上げて家に戻りました。

 雨の大学は静かですけど、今月末は前橋工科大学は学園祭『翌檜祭』なんです。賑やかになります。まち中の商店にもポスターが貼り出されているのを見ました。『すずはん』さんです、ありがとさんです。
翌檜祭のHPはコチラ、翌檜祭実行委員会のツイートはコチラです。ご覧ください。
同時開催のオープンキャンパスの予約も行ってます。コチラをご覧ください。

 

   家に戻って、今度はユキ子さんの手伝いをしました。一人でできないことってのもあるものですから。
お手伝いで行った先には、秋バラがきれいに咲いてました。
敷島公園のバラ園も秋バラの季節を迎えているはずです。22日からは『秋のバラフェスタ』だって話ですよ。

  ご用の帰り、道端のタラの木の実や、ホトトギスの花を見ながら歩いてたら、広瀬川の水が止まっているのに気づいたんです。

 

 それから、別な用事でまちへ出ました。
ついでっちゃなんですけど、『前橋ネコフェス2016』の展示企画の一つ、『お散歩写真・お散歩言葉 作品展』の作品を紹介しますね。中央通商店街の『フットワークステーション』さんの表に貼られてます。

    これってね、9月25日にプレイベントとしてやったワークショップでつくった作品なんですって。前橋の街をぶらぶら散歩して、パチパチ写真を撮って、思いつくままに言葉を並べて、去年もそうでしたけど、今年も面白いです。

    見慣れた風景もあれば、これ何処?って風景もあります。自分が暮らしているまちがちょびっと新鮮になってくれるんです。
オレって、こんなまちに生きてるんだって思っちゃうんです。

今日ご紹介したのは、展示作品の半分くらいかな、残りは後ほどまたご覧に入れます。
『前橋ネコフェス』の公式サイトはこちらです。主催者の『芽部』のFBはコチラです

 

  夕食は、ごくありふれた日本の家庭料理にしました。主菜は、ニンジンとサヤインゲンの天ぷらとネギのかき揚げ、焼いたサワラの味噌漬けでした。副菜は、ブロッコリーの辛子和え、ホウレンソウのクルミ和え、生筋子の醤油漬け、それとモズクとキュウリの酢の物です。これに、お椀代わりのプレーン茶碗蒸しでした。
できるだけいろんな野菜を使いたいのですけれど、野菜が品薄で困っています。

 

 

 時々登場いたします若柳糸駒ことユキ子です。直派若柳流の師範をしておりまして、前橋の『美登利会』に参加しております。
73回目を迎えました今春の美登利会の舞台の様子はコチラです
お稽古場は前橋市城東町四丁目です。詳しくはコチラをご覧ください

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 前橋情報へ←クリックしてください。日本ブログ村の関東地域情報に登録してます。応援してください。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 前橋のまち中はネコフェス201... | トップ | ヤギカフェのネコフェス特別... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。