猫のキキとヒゲおじさんのあんじゃあない毎日

『あんじゃあない』って、心配ない、大丈夫っていう群馬の言葉、いい歳こいたキキとおヒゲのどうってことない前橋の暮らしです

買いもんはちりとりと飯茶碗、めぶくトーク第2回のテーマは岡本太郎の太陽の鐘…

2017-05-19 05:39:13 | あんじゃあない毎日

「これだよ、昨日さ、キキが訳が分からないと言っていた座敷箒って、ゴミを掃き集める道具なのさ…」
<ふ~ん、電気掃除機の方が簡単気だけど…>
「でもね、こういうの使うって言いだされるとね、なんとなくジジイはうれしくならいいね」
<それで、ちりとりを買いに行くんだ…>、キキ納得です。

 それでね、ちりとりが必要となったとき、ではカインズホームへとかケヤキへということにはならないのがヒゲおじさん流の買いもんなんです。どこへ行くかと言うと…
道端のイチジクのつぼみがずいぶん大きくなってきていました。

 <どこ行くの?>、三河町の顔見知り猫が生い茂った草陰から声をかけてくれました。
「まずは弁天通のキントキかな、部屋の中で使うちりとりだいね」
<それだけ?>
「それとさ、昨日おばさんのご飯茶碗の縁が欠けてるのに気づいたのね、それとユキ子さんが自分の茶碗落っことして欠いちゃったんだ。だから菊屋さんへ行って二人の茶碗を探さなくちゃ」

 <いいのが見つかるといいね>
「きっと見つかるよ、見つかったら焙煎館でお茶してさ、八百徳支点で野菜買ってさ…」
<気を付けて行っといで…、転ばないようにね>

  左が弁天通のかなものセンター キントキです。右が中央通商店街の菊屋です。キントキは前橋のまちで数少なくなった金物や生活用品をいろいろ取り揃えてくれてる店なんです。この先ね、夏に向けて簾を買ったりいろいろ世話になるんです。
菊屋は前橋の陶磁器の店としては老舗です。今は、茶碗や湯飲み、カップなんかに特化しながらお店を続けてくれてます。

で、ちゃんといいもんが見つかりましたよ。

  菊屋さんで買った二人の飯茶碗です。ついでに、小鉢も買いました。飯茶碗は有田焼、伯母さんのは柿の実の図柄、ユキ子さんのは『網小花』っていうんですけど網目紋様の中に小さな紅色の花をあしらってあるんです。
もちろん気に入ってもらえましたよ。菊屋さんで選んだのですから。

 こっちはちりとりです。「金属のもあるけど…」と言いながら親父さんが奨めてくれたプラスティック製のちりとりです。箒の幅より少し狭いけど、まあ良しとしましょう。

 

 昼食は中華風つけ麺を作りました。麺は乾麺の中華麺です。
一緒してもらったのは、新タマネギ半個、キュウリ1本、ピーマン1個、それにベーコン2枚です。つけダレは、ダイダイのポン酢を薄めて砂糖すこしとごま油を加えてあります。辛みは柚子コショウ、野菜たっぷりでなかなかなんですよ。

 午後はまちでご用、三時に前橋シネマを訪ねました。元気21からの渡り廊下、好きな風景です。

前橋シネマの掲示板に「めぶくトーク第2回」の告知が貼り出されてました。
新聞に載ってましたよね、岡本太郎作の『太陽の鐘』が前橋市に寄贈されて広瀬川の河畔に置かれることになったって。そのことが、2回目のめぶくトークのテーマ「岡本太郎の『太陽の鐘』がなぜ前橋に」なんですね。お喋りするのは、『太陽の鐘』を設置する広瀬川河畔をデザインする世界的建築家・藤本壮介さんと、岡本太郎美術館館長の平野暁生さん、ホストは田中仁さんですね。6月7日19時から前橋テルサです。聞きに行きます!

岡本太郎の『太陽の鐘』が前橋のまちにやって来るって、ものすごいことだと思っています。嬉しいです。このまちのこれからの変化のシンボルになってくれるともっと嬉しいです。

 そうそう、今日のね夕方18時から前橋文学館でも広瀬川についてのワークショップが開かれえるんですよ。
こちらは、市民活動グループ『広瀬川活用推進プロジェクト』が主催する第2回市民ワークショップです。広瀬川についてみんなが感じていること、こうなるといいなと思っていることなんかを自由に議論する場なんだそうです。今回のワークショップでは、前橋商工会議所が進めている広瀬川テラス構想について担当者から説明があるそうですよ。

いろいろな人たちが、新しい取り組みを始めてくれています。いいな

 

帰り道、三河町で竹の塀を新しくしているのに出会いました。この家は竹材店を営んでいる方の住まいなんです。昔はこの場所に竹材の置き場もありました。それなんでこの路地は『竹屋横丁』って呼ばれてたんです。竹屋の反対側には小さな飲み屋がずらっと並んで、夜は赤ちょうちんが点りました。

 広瀬川の夕暮れです。

 

   夕食は少し楽させてもらいました。
中華風サラダは、モヤシ、春キャベツ、ニンジン、キュウリです。卵チャーハンにはピーマンを刻み込みました。そして肉団子の甘酢餡かけにはパイナップルとニンジンとピーマンに付き合ってもらいました。優しい味になりました。

 

 

 直派若柳流の若柳糸駒ことユキ子でございます。
師匠は祖母の初代若柳吉駒、今は伯母の二代目吉駒の下で修業しております。来春の美登利会は75回目の節目を迎えます。4月8日に開催いたしますので、引き続きよろしくお引き立ていただきますようお願い申し上げます。

今春の第74回美登利会の舞台の様子はコチラでご覧になれますす
お稽古場は前橋市城東町四丁目です。詳しくはコチラをご覧ください

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 前橋情報へ←クリックしてください。日本ブログ村の関東地域情報に登録してます。応援してくさい。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« <カメラ忘れた腹いせかな、... | トップ | なんとも強い日差しに負けた... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。