3日で飽きるブログ

たぶん3日で飽きるよ

YB125 発電不良

2017年07月29日 | バイク

ビィィイインっとかっ飛ばしてると何やらインジケーターが点灯しました。

どうもチャージランプのようです。




バッテリー点火の車両にとってチャージランプ点灯は死亡宣告を受けたも同然です。


しかも悪いことに、回転数が上がろうが下がろうが電球の明るさは変わりません。





↑点灯したらメーターから電球を取り外したほうが詳しい明るさがわかるのでオススメ



で、

回転数に関係なく点きっぱなしの状態が意味するのは

・コイルのショート
・ブラシの死亡(発電量0)
・カットアウトリレーの動作不良

あたりに絞られます。


まあどうせカットアウトリレーだろうと思っていたんですが





違いました。

しかもヒューズを飛ばしてしまいました。


そうなると、残るは2つ。

ブラシの残量はこの前点検したし、コイルが死亡してたら手の打ちようがありません。


とりあえずブラシを一つ一つ見ていきます。




まあたっぷり残っているわけではありませんが、一応問題なし。

結局全4個問題ありませんでした。



ありゃ~どうしたもんべかなぁ~

と頭を抱えながらエンジンを掛けたらなんと、カットアウトリレーがカチカチと動き始めました。


詳しい原因はわかりませんが、ブラシのハマりが悪かったのでしょうか。









チャージランプもセオリー通りの灯り方をしてくれます。


とりあえず一件落着ですが、なぜ急にこうなったのかは分からないので

しばらくはこまめに点検をしていきたいと思います。





『メンテナンス』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« タミヤ S13 シルビア | トップ | タミヤ S13 シルビア ボデ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む