浦島太郎釣り日記ーⅢ 浦島太郎クラブの仲間とぼくの日々

浦島太郎釣クラブと自身の出来事などなど

10月13日 

2016-10-13 05:04:21 | 日記
おはようございます。

昨日のCS、大谷を前に、手も足もでないという完敗ぶりでしたねえ

想定していたとはいえここはひとつ、負けをすっきり受けいれて、今

日がんばりましょう。

柳田をして、「おれじゃ、打てない」というくらいですものねえ。

ひょうひょうとして可愛い顔でやっぱり、大谷はすごい!



晩ご飯のとき、日本生命のCM、綾瀬はるかがゴルフスイングする。

ティアップしたゴルフボールがビュンと視聴者に向かって飛んできた。

映像であることは、わかっていても、ついこちらに飛んでくる玉に

反応して頭を下げた。

運動神経のある人は、そうするんではないか?うわ!と敏感に反応

して、おわんを落とし、お箸がとび、味噌汁をこぼし・・(みたいな)

(スポンサーに)ひとこと言っておきたい。



ぼくは、家では短パン、半そでシャツですごしている

しかし、このところそんな恰好では寒くて長袖シャツにしています。

思いを馳せるのは、熊本人吉盆地は寒さも一層こたえる、川も冷たく

なる、はたしてアユは釣れるのか?アユはおとりを追うのか?

行くとすれば来週が最後のチャンス

再来週になると、お月さまが隠れはじめてアラ釣りに絶好の週となる



月といえば、今日は「十三夜」だそうである。

おまんじゅうではなく、"栗"をお供えして、月をめでる。

なぜ真ん丸ではなく、すこし欠けた月なのか?そこが日本人の趣向

なんだそうです。

100ではなく、90であと少しということを風流に十三夜を謳う




今は昔、ですが、わが生涯でぼくを育てていただいたダイエーも

赤い色で、どこから見ても目立つ丸のデザインでしたが、中内功

社長は、まん丸の丸ではなく、もうすこし頑張らないといけない

とすこし欠けた丸をお店のマークにしていました。

あのマークはいつも出社するときに、心に頑張る気持ちをもった

ものです、まさに「一三夜」そのものですね

中内功社長も一三夜をご存知だったのかもしれない

「いつもまん丸100に慢心せず、90の心で頑張らないと」と。

 

 



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 午後の部 | トップ | 10月14日(金)くもり »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。