浦島太郎釣り日記ーⅢ 浦島太郎クラブの仲間とぼくの日々

浦島太郎釣クラブと自身の出来事などなど

12月13日  はれ

2017-12-13 11:32:11 | 日記
毎日お寒いことです。


清水寺にて今年の一文字は

      「北」となりました。


まあ、北に翻弄されつづけた一年(世相)でしたけどねえ。

どんな文字になるのかな・・と、期待していたが、すこし外された、感

いなめない。

ならば、ぼくも、思いつくままに

      「鮎」

今年の6月から~~~~10月まで「鮎」に思いを馳せた一年でした。

アユを愛することと(釣る、殺す、食べること)と相反する心境ですが

その魅力に浸った年でした。

大分日田漁協の年券はあの7月の災害以来、行っておりません。

         (行くつもりでも大山川もさっぱりという状況)

来年は、玉島川の年券で楽しもうと思っています。

 


字がへたなのではなく、筆?が悪い、ペンキも併用している筆ですから。



今日、明日で、年賀はがきの印刷をすませ、25日投函

こんな手順のいいことは、生まれて始めてのことです。



4男が飼っていたネコちゃんが、20年連れ添っていたが、つい先日永眠

しました。

人と同じように、弔意を伝える、お悔やみのメールをいれた。

お葬式も済ませたらしい。

万感胸にこみ上げるものがあるだろうから、しばらくそっとしておいて

あげよう。


冬は、大根がおいしい

大根をスライスして、さらに長細く切り、それに塩をまぶし、20分お

いて、しぼり、干し柿を縦に切り、酢5、砂糖3の割合で、混ぜてお漬物

の完成です。(名前;大根なます✖干し柿入り)でいいかな?

なにか、ひとつ作り置きがあると、バリエーションある一品ができる。

柿は、医者いらずとも言われるし、柿食えば悪酔い知らずとも。柿は肝臓

をまもる力を秘めている。一方、カキ=牡蠣は下半身の力強い味方である。

夏季(カキ)でもない、冬季に柿、カキ、活気(カッキ)!あふるるカキの

シーズンです。

なんか・・・カキ小屋のいきたくなった。

あまり、カキカキカキ・・いっていると、カキカキと入れ歯が音をだして

外れそうになった。

  (本気にしないでください) (笑)歯っ歯・歯・は・・・


今日は、寒いけど・・風もないし・・ポカポカ陽気にはほど遠いが、街に

久しぶりに、でてみようかなあ(決めてはいません)

明日は、ドクターXが最終回なので、夜の外出は控えたい。


  今日は、こんなところで、さようなら
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 12月12日  未明 | トップ | 12月14日  はれ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事