浦島太郎釣り日記ーⅢ 浦島太郎クラブの仲間とぼくの日々

浦島太郎釣クラブと自身の出来事などなど

4月23日(日) はれ

2017-04-23 18:46:45 | 日記

4月22日(土)は、いただきもののダブルラッキーな日でした。

朝、100ちゃんが、熊本の知人から段ボールいっぱいの「阿蘇のタカナ漬け」を

いただいたので、いまから持って行くという電話でした。

山に行くので、ついでだからということでした。

(ぼくは、考えた)・・・・・・

(行きませんか?ということかな)

(誘うと断られる、「山に行く」「タカナを届ける」この2つを重ねると・・)

彼が来た。

「楽な山で、小一時間かな、雷山に一人山行なんだ・・」

「ぼくも行っていいかな?」と、つい

「ええっ!そりゃもう、大歓迎!」と”キター”と魚が食いついてきた喜び!を

垣間見せる100ちゃん

(あらかじめ、準備を整えていたぼく)

行きますか!

車は、佐賀県の三ツ瀬峠を超えて、くねくねと、登山道の途中で見つけました。

 

可憐な背の低い「リンドウ」の花

 

これは「林道」?ダジャレです。

取りつきの登山道へ入ります。坂がだんだんこう配をつけてくる

思い付きの参加、久しぶりなので、足が(引き攣る)気になります。

ヘビはいないけど、マムシ模様の不気味な肌色の植物が・・

 

しかも、その植物は、まるでコブラが鎌首をもちあげたような、襲って来そう

 

登山道を進みます

白い花をつけている木

 

林道?、杉木立が深くなり、空気がおいしい

 

 

 

これを抜けると、ミツマタツツジ群生があって、もうすぐ開花時期を迎える

らしい。

えっ?三つ又ツツジ、ですか>芸能界じゃあるまいし、こんな山奥で「三つ又」

とは、やるねええ・・

いやいや、ミツバツツジ、です「三つ葉」

あ!そう

 

だんだん、きつくなりました。

でも、おしゃべりが続いて、放送用語禁止会話も・・

山に登りながら、釣りの話も半分あったり・・

そこへ突然!

 

あと、10分!なんと親切な案内があって”ほっ”

そして、突然眺望が開けて「バンザーーーイ」

 

 

直射日光を避けて木陰でおいしい(温かい)コーヒーと、おにぎりを

ほおばったのであります。

「ねえ、ねええ100ちゃん、明日さあ、今度は海に行かない?」

今度は、ぼくが誘うと

「実はチヌ釣りに行きたいなあ」と思っていたんだと100ちゃん

またひとつ楽しみができた山行でした。

足が攣ることもなく、楽しめました。



山から帰ると、もう一人の友達松ちゃんから、ぐつぐつとゆでたての

タケノコと自作のこんにゃくをいただきにあがりました。

大きな釜(直系60~70cm)の釜にたき火をガンガン!ぐつぐつ

煮え滾るタケノコ、スゴイ!

なんでもやる方だ💦(感心して帰りました)

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 4月22日  土曜はれ | トップ | 4月24日  はれ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (吉村)
2017-04-24 09:29:40
仰るとおり見たとおり
「マムシグサ」です
「ジンチョウゲ」ではと思います
Unknown (吉村)
2017-04-26 07:37:03
ジンチョウゲではなくて
「ミヤマキシミ」の間違いでした。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。