浦島太郎釣り日記ーⅢ 浦島太郎クラブの仲間とぼくの日々

浦島太郎釣クラブと自身の出来事などなど

7月13日  はれ

2017-07-13 14:08:57 | 日記
無事に、元気に退院いたしました。

ご心配おかけしました。

希望のコメントもいただし、ありがとうございました。

家では、ユリが咲いていました。(正確に去年と同じ日です)

 

 

キューリも小さな実をつけて

 

ブラックベリーをカラスが狙っていました。

 

ともあれ、自宅について”ほっ”です。

  

  


只松さんをリーダーとするシマノSWFCチヌ大会が秋の9月24日に

延期して開催されるようですが、

   ”ハタ”

      と、困った

というのも、浦島「イシ・アラの会」の秋の(大会ではないが、そのよ

うなもの)釣り会がすでに組まれています。(23~24日一泊二日)

体が二つあればいいが、いまは、ひとつでもおぼつかない。

  

  

いま、甚大な被害をうけている「朝倉・日田」ニユースを見るたびに、

自分におきかえて、心が痛みます。

とりわけ、たびたびニユースにでてくる花月川は、初釣りで行った川

思い出の川、それがひどいありさまです。

それから、一週間がたったので、地元漁協に聞いてみた。

すると、三隈川、大山川、高津川は大丈夫ですよ、どうぞ、いらしてください

と、いうことでした。

福岡からは、身近な釣り場、行きたい気持ちと、被災された方々を思う気持ち

が交錯しています。

でも、詳しいひとの、お話をきくと、魚は残るとのことスゴイ生命力。

(この項)

素人の文だけに、すこし内容を削除と書き替え、をいたしました。



元気を取り戻したら、すぐに釣りのことばかり、考えている吾でござる

  
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 7月10日 月曜日 | トップ | 7月14日 はれ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ねこねこ)
2017-07-13 15:58:18
無事退院おめでとうございます
これからは無理をなさらずに釣りに専念されてください
厳しいこと言います (つりびと)
2017-07-13 19:10:13
退院おめでとうございます。
退院されて直ぐに厳しいことを言い申し訳ありません。
はっきり言いまして川は素人の貴方様ですから分からないと思いますが数の差はあれど今回の氾濫後も鮎、ハヤ共にどこの川でも残ります。漁協の人でなくとも川釣りを趣とされる人なら分かります。5年前も残ってたんですから、それを知りもしないで「魚類のすべての命が跡形もなく、土石流の激流の犠牲になったにちがいない。」や「その川で、果たしてアユは生き残れたのだろうか、NOです。」などと軽々しく書いてはいけません。それこそ被災地の人達に失礼になりますし、当地で釣りを楽しむ人達が聞きづらいセリフです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。