浦島太郎釣り日記ーⅢ 浦島太郎クラブの仲間とぼくの日々

浦島太郎釣クラブと自身の出来事などなど

8月8日 くもり

2017-08-08 11:09:08 | 日記
おはようございます。

昨日は、釣りクラブの月例会、「なんでも大会」「クロ釣りチャンピオン大会」の骨子が

まとまりました。

秋と冬の釣大会、ここぞ、クラブ員いや仲間といえどイザ決戦!、日頃の腕のみせどころ

月例会ではおなじみの顔ぶれが最後まで居残り、酒をくみかわし、

                   熱い心を語る仲間たち・・月一の楽しみでした。


 (回想)

昨日は、やっと、子と孫の世話が終わったかと”ほっ”とする間もなく、今度はいまから

「川釣りに連れてって」とせがまれる

朝ご飯をすませ、川の道具を取り揃え、お昼ご飯を用意して(7人分)、おじいちゃんは

大変です。

絶対釣れる、釣れなかった試しがない、という唐津の松浦川を想定していたのだが、釣りが

おわると、この子たちを博多駅まで送り、のこる福岡の孫を姪の浜までおくり、急ぎ、ぼく

は、大名の「まんぷく屋」さんへと釣りの集まりにイカねばならない

うわああ、過密スケジュールだ

ここで、ぼくは、グーグルを見ながら、駐車場を探しながら、

なんとか、手抜きして、近場、できれば市内に釣り場はないか?

探しました

室見川の「ここだ!」というところへ、案内しました。

ハヤは、球磨川といった大河のハヤには、型も及びませんが、結構釣れるのです

35匹

もっと、上へ行ってみよう

とこがが、流れがない、水が止まっています。

止まった川の流れもない、溜まりでもハヤは釣れました

ところが、好奇心の強い子らは、石の間に魚の尾びれを見つけ、石をはぐっていくと、なんと

アユ、ハヤ、カマツカが手づかみで取れました。4匹。楽しすぎです。


午後4時半、大阪組を送り、5時半、姪の浜組を家までおくり、ぼくは、急いで、大名に向か

いますが、7時を過ぎて、月例会は始まってておりました。

これで、本当に、また元の一人の生活にもどりました。

暴れまくる孫たちのあとは、まるで、家庭内竜巻の通り過ぎたあとににて、ため息がでる、荒れ

放題です。ぼちぼち片付けていきますか・・・

 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 午後の部 | トップ | 8月9日 (水) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。