ぼちぼち 行きましょ!
パソコンと英語が楽しく学べるパソコンじゅく名張教室のスタッフのつぶやきと非常勤講師の日常をお伝えします。
 




暑くはなかったのですが、ジメッとした一日でした。

物騒な事件が国内外で起こっています。
気に入らなければ消す…そんな短絡的な思考で行動してしまうのは、
武器のせいでしょうか? それとも麻薬?

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


整理  


 
頭の中を整理すること。
これがあまり上手くないことが実感できる今日この頃です。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


準備  



甘くて美味しいプチトマトが庭にたくさんなっています。

8月に入ると、前期の期末試験やスクーリングが待っています。
昨日今日で試験問題を8割方作り終えました。
肩が少々凝っています。
土日朝のスイミングで、肩は思いっきり回しているのですが…
身体は固いんだと思います。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )


行方  



過去のスキャンダル暴露合戦。どうなんでしょうね?

舛添氏もそうでしたが、過去の発言と真逆なことを平気で喋っちゃうものなんですね。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


利点  


 
本日、日本でも「ポケモンGO」の配信が始まりました。
夕方から妙に救急車のサイレンが多いのはひょっとしてそのせい…?
などと勘ぐってしまいました。

「歩きスマホ」を助長するようなこのゲーム、いい所もあるようですよ。
引き籠りを抱えているご家庭には朗報ではないでしょうか?
絶対外に出て歩き回らないとポケモンは見つかりませんから。
それと、運動不足の人・ダイエットしたい人、
いくら無精でもゲームの誘惑に負けて歩くと思いますよ。

さっそく夫はダウンロードし、近所を歩いてきたようです。
気を付けて歩けばいい運動になるでしょう。
紫外線アレルギーの私はパスですけどね。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





後出しじゃんけんで出てきた鳥越さん、
知事になってからちゃんと考えるのでは遅くないですか?
では、都民は候補者の何を根拠に選んだらいいのでしょう?
まさかTV等での露出度???
 
体調のことを指摘されてかなり憤慨されていましたが、
さらりとかわした方が良かったのに…。
それに、これは正直なところ都民の本音だと思いますよ。
東京都という巨大都市を任せられる人を考えた時、
より健康でバイタリティ溢れる人を望むのは当たり前のことです。
鳥越氏が活躍できる場は他にもあるはず、都知事に拘る必要はないのではありませんか?

背水の陣で真っ先に出てきた小池さんは男らしい?潔いと思いますけどね。
70代後半の人よりも、もっと若い人に都政を任せてみませんか?

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


選挙  



ネット情報にザッと目を通すと疲れます。
やはり新聞には温度があります。適温と言ったらいいでしょうか。
ネット情報は週刊誌の過激な見出しに似ていてインパクト命。
うんざりするのも当たり前と言えば当たり前です。

都知事選、相手の言葉尻を取って攻撃ばかりするのは見苦しいですね。
日本人の感覚としては潔さに欠け、後味が悪い。
そんなことよりもっと訴えることがあるでしょう?

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )


気温  



ひんやりと気持ちの良い朝を迎えたものの…
日中はかなりの暑さになりました。

明日が終業式の学校が多いようですね。
世間は夏休みモードです。
私はまだまだ仕事。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





梅雨が明けました。これからギラギラの夏がやってくるんですね。
間もなく公立の小中学校は夏休みに入りますしね。
ヒグラシやセミの声を聞くと、身体が反射的に暑さを感じます。

さて、東京都民でなくとも都知事選は気になるところです。
其々の候補者がどれほどの覚悟をもって臨んでいるか?です。
「政治と金」の腐敗を非難した当人が その美味しさにどっぷり浸かってしまっては…。
どうやって見極めたらいいんでしょうね?

都民の皆さん、厳し過ぎる位の目で選んでください。
そしてその後のチェックもお忘れなく。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





久々にどっしりと重い読後感を味わっています。
宮部みゆき「ソロモンの偽証」全三巻 
第Ⅲ部「法廷」を先ほど読み終えました。とにかく分厚い。
最終巻が722ページありましたから、それの約3倍です。

出版されてから4年近く経っています。故に予約待ちゼロ。
宮部さんの本は、最初の印象が強烈だったので進んで手にしたいとは思いませんでした。
暴力シーンの描写が不快で内容を楽しめなかったと記憶しています。
故に「ソロモンの偽証」出版当時は見向きもしなかったわけです。
が、たまたま図書館予約待ちの本が途切れ、
抵抗があれば直ぐ返却するつもりが…止められないとまらない…。

既読の方も多いかと思いますが、
ある中学校の「学校内裁判」の話です。
学校で自殺したある生徒。その真実を知るためにある生徒が立ち上がった。
まぁここで有り得ない位優秀な生徒達が登場するのですが、
そこは小説ですから…。

最後の5ページは 20年後。
当時弁護人助手役だった当時の生徒が登場します。

他の人達はどうなったの?
今夜は夢に出てきそうです。。。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ