菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。
散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

2017/09/30  「秋酒祭」と愛知県酒造組合 雑感

2017-09-30 23:58:00 | (3)日本酒



特別企画の宴が終わり、気持ち良く酔った。
お酒はもう十分なのだが、まだ明るい。
まだ時間はある。

今まであまり聞いたことのない「秋酒祭」に行ってみることにした。
久屋大通公園で開催されている日本酒のイベントで、主催は 愛知県酒造組合/ZIP-FMとサイトに書かれている。


地下鉄の駅を出て松坂屋の方に歩くと、会場だった。

clip_image002
看板に秋酒祭と書かれているが、左側は音楽のバンドの一覧のようだ。

近づくとステージがあり、ライブが行われている。

clip_image004

clip_image006
会場内で飲食するには、コーナーでスターターセットを買うシステムだ。

clip_image008
食べ物の屋台が並んでいる。

clip_image010

clip_image012

clip_image014

clip_image016

clip_image018

会場は、結構賑わっている。

clip_image020

若い人が多い。

clip_image022


中央に化粧樽が置かれていた。
clip_image024
ここで記念写真を撮るコーナーのようだ。
鏡開きも行われたのかもしれない。

一番奥に酒蔵のコーナーがあった。
clip_image026
酒蔵ごとのブースがあるのかと思っていたら違っていて驚いた。ひとつのテントに4蔵も入っている。
ホテルの中で行われる宴会よりスペースがない。

clip_image028

clip_image030
見ていて解ったのだが、これは酒蔵とお客が1対1で対応する考えではなく、お酒とコインを交換するコーナーの位置づけだった。

clip_image032



会場中央には、立ち飲みできるコーナーが有り多くの若い人が、飲食を楽しんでいる。
見ると日本酒のプラ猪口を持っている人もいるが、ビール缶やハイボール缶を飲んでいる人もいる。


日本酒のイベント会場とは違った様子で、音楽のライブ会場で飲食を楽しむイベントのように思えた。
落ち着いて日本酒を蔵人の話を肴に楽しむ雰囲気ではないので、早々に引き上げることにした。

帰りながら、思ったことは。
“若い人の日本酒需要を喚起するための企画なのだろう。
それはそれで良いのだが、「愛知の地酒を楽しむ会」が行われなくなり、日本酒の従来の愛好者が欲求を満たされない状態が続いている。
岐阜も三重も静岡も長野も県酒造組合が酒蔵を纏めたイベントを開催している。岐阜は近年、東京、大阪、岐阜で開催し成功しているようだ。
愛知ももう一度日本酒ファンのために従来の形のイベントも行うべきではないか。“


帰ってから、愛知県の酒造組合の公式サイトに行き、イベント情報を見てみた。
ところが、おかしなことに、「秋酒祭」は一切記載がない。
秋酒祭の公式サイトには、以下のように書かれているのだが。

『開催概要
【イベント名】 秋酒祭 ~AUTUMN SAKE FEST 2017
【開催日時】 2017/9/30(土)・10/1(日) 11:0020:30 (※20:00ラストオーダー)
【場 所】 久屋大通公園 久屋広場
【入場料】 無料(飲食は有料)
【主 催】 愛知県酒造組合/ZIP-FM

おかしなことだ。

秋酒祭をネットでもう少し調べてみると、以下に情報がHITした。

『「あいちの酒需要拡大促進事業」久屋大通公園及び中部国際空港免税店で試飲販売会を開催します!

愛知県の産業振興課のサイトだ。

どうやら、この秋酒祭は愛知県酒造組合の企画ではなく、愛知県の企画のようだ。

そうすると、愛知県の酒造組合は、日本酒ファンのためのイベントも若い人の日本酒需要喚起のイベントも、いずれもやっていないことになる。

江戸時代、灘に対抗して尾張・三河の酒を江戸の人に届け喜ばれた栄光の時代に戻ることは無理としても、せめて東海他県のレベルの活動位はするべきだと思う。

そうなる日が近いことを期待したい。



【データ】

秋酒祭 公式サイト
http://zip-fm.co.jp/akizake17/



愛知県酒造組合 公式サイト
http://www.aichi-sake.or.jp/index.html



あいちの酒需要拡大促進事業

http://www.pref.aichi.jp/soshiki/sangyoshinko/aichinosake2017-1.html




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017/09/30 日本酒の会sake nagoya 特別企画 長期熟成酒の巻 (その1)

2017-09-30 23:55:00 |    日本酒の会sake nagoya


9
月は雨の週末が多かった記憶だが、この週末は良い天気に恵まれた。
イベントは晴れてくれれば、半分は成功だ。

今日は日本酒の会sake nagoyaの特別企画の日。
前回は事情が許さず参加できなかったが、今回は満を持しての参加だ。

テーマは、長期熟成酒。
会の幹事I氏が、長年冷蔵庫に囲っておいた秘蔵の酒の封印を解く、またとない機会、参加する以外の選択肢はない。
会場は、お店ではなくプライベートな場所で、13時からお酒が無くなるまで。


名駅から電車に乗り、参加者と日本酒談義に花を咲かせ、どんな熟成酒が登場するか機体に胸を膨らませながら駅に到着した。


駅から歩き始めると、祭囃子が聞こえてきた。
先の方を見ると、山車が見えた。
本格的な山車で、大人たちが曳いている。


clip_image001

秋晴れの日の秋祭り。

clip_image003

お天気でよかった。

20170930名古屋市南区本地祭 町組山車」

https://youtu.be/fNfWlplqV2w



帰ってから調べてみると、本地祭りの町組の山車だった。
(巻末の【データ】参照。)

clip_image005

空を見上げると、入道雲ではなく鰯雲が浮かんでいる。
時は、秋祭りだ。

会場につくと、もう準備はされていた。
お店ではないので、準備するのは大変なはずだが、有り難いことに多くの参加者は、会費を払えば良い。

13
時になり、参加者も集まり、宴が始まった。

長期熟成酒が登場した。
先ずは、今日の柱である冷蔵保管されてきた吟醸酒6銘柄。

clip_image007

定例会ではないので、利き酒とブラインド評価はない。
参加者は思いのまま愉しめば良い。

以下、個人的な印象を備忘録として記載する。
(念のため、蛇足ながら断っておきたい。
ブログに印象を書くと、苦情を言う人がいる、それは自分の思いと違ったりすると許せない人がいるからだ。
・まず、長期熟成酒は蔵元が想定している飲み方ではない。熟成させるのは飲み手の好奇心・実験精神に拠るもの。現に流通している商品の印象を書いているわけではない。あくまで此処にある熟成した酒に関しての印象だ。
・次に、印象は筆者の個人的な嗜好に拠るもので、一般性はない。
定例会のように全体評価があればある程度一般性もあるが、今日は参加者が長期熟成酒を楽しむだけのこと。


(1)
醸し人九平次 大吟醸 山田錦 精米歩合40%平成23年12月製造  萬乗醸造 (愛知)
clip_image008

clip_image009

clip_image011
純米吟醸の6年熟成酒。

立香は仄かで、卓上にあるするおろし生姜にマスクされて判りにくい程度、老香系の香りはない。入り口は甘い、はっきりとした酸の後辛味が来る、味が明確であまり年月は感じない。中盤以降渋み系の軽い雑味を感じる。もう少し寝かせてもいいかもしれない。



(2)
飛露喜 純米吟醸 雄町 平成217月製造  廣木酒造本店 (福島)
clip_image012

clip_image013

clip_image014
 
甘い入り口。酸は感じるが透明感がありこなれている。中盤、辛味の軽い芯がある。舌触りは滑らかで熟成酒らしい。




(3)
十四代 大吟醸 播州山田錦 生詰 製造年月05623  高木酒造 (山形)
clip_image015

clip_image016

clip_image017

clip_image018

clip_image020

色づきが少しある。やや霞がかかっているようにみえる。甘い入り口の後、辛味の芯を感じる。酸も十分ありヘタレは感じない。中盤から切れがよく、熟成酒の味わいがある。


製造年の05は平成と考えると20年を超えるので、西暦と考えるべきだろう、それでも10年を超える長期熟成酒。
造りもよく、冷蔵管理もしっかりされていたので、生詰だが老香等の気になる香りは全くない。味も十分あり、切れも良い、大吟醸は熟成酒に適している証左だ。



(4)
純米吟醸 早瀬浦 平成139月製造  三宅彦右衛門酒造 (福井)
clip_image021

clip_image022

clip_image023

clip_image024

clip_image026
 
純米吟醸の16年の長期熟成酒。

軽い黃味の色づきがあるが日本酒本来の色とも言える程度。香りはあまり感じない。甘い入り口、酸・辛・渋・苦の味が分離しないで、一体感のあるバランスの取れた味わいになっている。後半、味の底で軽い苦味が味を締めている。滑らかな舌触りも熟成酒らしい。長期熟成酒の期待されるひとつの姿持っていると感じた酒だった。

これが今日、最も熟成酒らしい風格を持っていたと思う。
個人的には早瀬浦はあまりタイプではない。
骨っぽくて、無骨で、硬さを感じさせるからだ、もう少し柔らかく、後半の切れが良いのがタイプなのだ。
この酒では、全くそれを感じなかった。むしろその骨っぽさが長い歳月に素晴らしいバランスを生んだのだと思われた。



 (5)
田酒 純米吟醸 平成161026日製造  西田酒造 (青森)
clip_image027

clip_image028

clip_image029

clip_image031
純米吟醸の13年の長期熟成酒。

香りは特に特徴は感じない。甘い入り口、トロリとした舌触りで滑らか。含み香に仄かな熟香を感じる。中盤以降の切れは良い。



(6)
飛露喜 純米吟醸 山田錦 平成227月製造  廣木酒造本店 (福島)
clip_image032

clip_image033

clip_image034

clip_image036
純米吟醸の7年冷蔵熟成酒。

色合い、立香とも特徴的な癖は感じない。甘い入り口、トロリとした舌触り、酸の膨らみの後辛味が続く。後半、軽い渋みを感じる。全般的に味にまだ勢いがあり、ヘタレとかは感じさせない。まだ寝かせても大丈夫だ。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017/09/30 日本酒の会sake nagoya 特別企画 長期熟成酒の巻 (その2)

2017-09-30 23:50:00 |    日本酒の会sake nagoya


ここからは、常温熟成酒が登場した。

(7)
長珍 尾張地元栽培酒造好適米「若水」 平成207月製造  長珍酒造 (愛知)
clip_image001

clip_image002
精米歩合65%の本醸造の9年常温熟成酒。

黄味の色づきが見られる。立香は老香+紹興酒の香り。甘い入り口、酸はあるがあまり広がらない、中盤以降渋みと苦味が表で味を締める展開になる。単独では渋さを感じるが、ブルーチーズと合わせたらマリアージュした。
燗酒にすると、香りは甘さが出て、香ばしくなる。甘い入り口、酸は軽く広がり、中盤以降の渋みが軽減し切れが良くなる。熱燗向きの酒だ。



(8)
菊姫 鶴乃里 山廃純米限定酒 H23BY201210月製造)菊姫合資会社 (石川)
clip_image003


clip_image004

clip_image005

clip_image007
山廃純米7年の常温熟成酒。
色づきは黄味がかっている。立香は香ばしさを感じさせるもの。
甘い入り口、辛味と酸を感じる、まだ味の主張がある。
燗酒:立香は甘い香り+何か生臭さを感じさせるもの。甘い入り口、中盤以降、苦味と渋みが中に集まり、開かない印象。燗の温度のチューニングが必要と思われる。"



(9)
醸し人九平次 EAU DU DESIR2012 平成253月製造  萬乗醸造 (愛知
)
clip_image008

clip_image009

clip_image010

clip_image011
 
立香は一寸癖を感じる、適当な表現ができないが、敢えて言えば少々生臭い。甘い入り口、酸の広がりの後、味が中に集まる感じ、酸の発泡感の名残のようなものも感じる。味わいとしては酸と辛味が柱。熟成酒らしくなるのはまだ先の印象。

これは、常温熟成ではなく、冷蔵熟成だろう。



(10)
花垣 亀の尾 生酛 純米  南部商店 (福井)
clip_image012


clip_image013

clip_image014
写真を撮ったがピンぼけで製造年月日が読めない。西暦20001桁位か?

clip_image016
これは、常温熟成だ。
色は紹興酒の色。色の濃い澱の沈殿がある。
立香は甘さ+老香の濃い香り。甘い入り口、酸は広がらず、渋みが表に出る味わい。香ばしい含み香が立つ。
燗酒:立香が開き広がり、快さが増す。酸は広がり軽くなる。中盤から渋みが浮く。"



(11)
八海山 越後で候 しぼりたて原酒 生酒 製造年月14.11.06  八海醸造 (新潟
)
clip_image017

clip_image018

clip_image019

clip_image020
製造年月14.11.06の表示があるが、困ったことに平成なのか西暦なのか書かれていない。多くの場合はそれでも判断がつくことが多いが、これは14年となっている。平成14年も2014年も両方ありうる。

 
立香は、甘さ+香ばしさ。甘い入り口、酸のスピードが速い。辛味のパンチが続く。後半渋みが締める。
飲んだ印象からすると、香りの香ばしさは3年位では出ないと思われるので、平成14年製造の15年の生酒長期熟成酒の可能性が高い。
老香はなく、味わいもまだ感じることからすると、常温貯蔵ではなく、これは冷蔵保存と思われる。
特別本醸造の生酒だが、度数が19度あり熟成には適したスペックと言える。



(12)
出羽桜 吟醸酒 2009年製造  出羽桜酒造 (山形)
clip_image022
O
氏が冷蔵庫で囲っていた2009年の出羽桜吟醸酒の缶の熟成酒。

持参して、振る舞っていただいた長期熟成酒。
同じ酒を飲もうとすると、8年後になる。
立香は香ばしさを感じる。甘い入り口、トロリとした舌触り、酸は程良く感じられる。中盤からの切れ良い。含み香も感じられる。缶の酒を冷蔵庫で囲うのは吟醸酒の場合良い方法であることを証明している酒だ。

筆者も燗酒を9年間冷蔵庫で囲う実験をしたことがある。
それについては、以下の記事に書いた。
2013/11/23 新米新酒ふなぐち菊水一番しぼり9年熟成酒」
http://blog.goo.ne.jp/nabanatei/e/9c987243a2fdc5606975a27a0ee6b1eb

缶は、個人が熟成酒を作るには便利な器と言える。
良い酒が缶で供給されると熟成酒の道が開けるかもしれない。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017/09/30 日本酒の会sake nagoya 特別企画 長期熟成酒の巻 (その3)

2017-09-30 23:45:00 |    日本酒の会sake nagoya


肴も、色々と美味しいものがいただけた。

お店ではないので、手作りの料理・参加者が持ち込みの肴・購入したものになる。

手作りの料理は、今日は参加者のSさんの労作だそうだ。

(以下の名前は、品書きはないので、筆者が勝手に書いたもので間違っているかもしれない。)

・ローストポーク(煮豚かも)
clip_image002
甘めの上品なタレの味。柔らかくジューシーで、脂っぽくはなく寧ろさっぱりしている。


・茄子の煮浸し
clip_image004
サッパリとした味付けで日本酒の肴に合う。


・うずらの煮玉子
clip_image006
白身の食感の後の黃味の旨味が良い後味。


・ピーマン・椎茸の肉詰め
clip_image008
ピーマン・椎茸の焼き加減がベストだった。


・ゴーヤーの胡麻和え
clip_image010
あまり苦くなく食べやすかった。


・しめじの煮物
clip_image012
これは食べていない。


・ミニトマトの姿煮(?)
clip_image014
これも食べていないのでわからない。
湯剥きしたものをスープとかワインとかトマトジュースで煮てあるのだろうか。


・水菜のおかか和え(?)
clip_image016
食べていないのでわからない。


・蒸鶏のジュレ添え(?)
clip_image018
食べていないのでわからない。


・南瓜の煮物
clip_image020
家庭の味、ほっこりする。
日本酒には煮物が合う。


・ほうれん草の胡麻和え(?)
clip_image022
食べていないのでわからない。


・レバーペースト
clip_image024
本来は、バケットとセットになっているものだが、バケットが後になって回ってきたので写真を撮り忘れた。

このレバーペーストは、面白かった。
入り口が甘く、さっぱりして、レバーらしい重苦しさがない。舌たざわりもネットリではなく、滑らかだがざらつきも感じる。
初めて食べるレバーペーストのスタイルだった。
後で作者のSさんに教えてもらったところ、甘いのはマデラワインを使っている。ざらつきは野菜をペーストにして入れてある、隠し味にニンニクも。

残ったレバーペーストを、単独で肴にしてみたが、日本酒に良く合った。


・鰤の刺身
clip_image025
脂の乗った鰤の味。


・桜の刺し身(馬刺し)
clip_image027
参加者が今日朝買い求めて、持参したもの。
専用醤油に生姜とおろし器持参の本格的な楽しみ方だ。
ねっとりとした食感は他の刺し身とは違う舌触りで、脂っぽくはないが淡白すぎることもない、赤身の旨味が出てくる。


・ちりめん山椒
clip_image029
固くもなく柔らかすぎることもなく丁度よい食感の後、山椒の香りが口に広がる。


・串焼き
clip_image031
普通の串焼き


・スルメイカ
clip_image033
噛めば噛むほど味が出る。焼きも良かった。


・白身の漬けと酢飯
clip_image035
漬は鯛か平目かわからないが白身の刺身、上品な味わいに酢飯。



此処でしか飲めない長期熟成酒を楽しみ、様々な心のこもった肴をいただき、同好の士たちとの日本酒談義を楽しんでいるうちに、時は16時をまわり、中締めとなった。

残る人もいるが、帰る人もいる、それぞれだ。
久屋大通りで開催の秋酒祭とやらに関心もあるので、帰ることにした。


clip_image037
外に出ると、秋晴れの良い天気だ。

天気に恵まれ、他では味わうことができない長期熟成酒と肴をいただき、昼間からほろ酔いで歩いている。
これを幸せと言わずしてなんと言おう。

今日は、本当に秋の好日だ。


clip_image039

気持ち良くふらふらと歩いていると、キョウチクトウも笑っていた...



【データ】

「名古屋市南区 本地祭り」
http://6730.teacup.com/ishidorimatsuri/bbs/t248/l50


本地祭りは、10月第1土・日曜日に開催される旧本地村の星宮社の祭礼で、宝暦5(1755)の尾陽村々祭礼集にも記述がある古い歴史を持つ祭りだそうだ。
一時、途絶えていた時期もあったようだが、先人たちも苦労で伝統・歴史が保たれているのは立派だ。
高山祭り以外にもからくり人形を見せる本格的な山車は沢山有る、もっと注目されて良い。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017/09/30  日記  九月尽

2017-09-30 20:26:35 | (2)日記

2017/9/30 (土) 旧暦:811日 祝日・節気:  日出 :534分 日没:1726分 月出:1408分 月没:#NAME? 月齢:9.9 干支: 庚申 六曜: 赤口 九星: 一白水星

今日のあれこれ: 九月尽

clip_image002
(こくちーずpro
http://www.kokuchpro.com/event/2fde62191cef1eb0b75fc0cf210df1d7/
より転載




『九月尽: 九月尽く、秋尽く
晩秋
陰暦九月末日をいう。秋最後の一日を惜しむ心が本意である。』
(季語と歳時記)



九月尽の俳句:



・九月尽はるかに能登の岬かな 加藤暁台



・まが雨の降りもつづきて九月尽 佐藤鬼房



・ガラス器を磨きてしまふ九月尽 種市清子



・いつからの心の錆や九月尽  関口ゆき



・見えて来し未来引き寄せ九月尽  稲畑汀子





九月尽は、陰暦九月末日で、秋最後の一日を惜しむ心が本意との解説だが、暦が変わってしまったので、今は本意通り詠むのは難しい。
今を生きる人は、新暦の9月末を詠むしか方法はない。

関口の九月尽は錆びた心。
思考型の人間は自縄自縛になりがちで、難しい。
種市は、その点心の扱いが上手だ。
ガラス器を丁寧に磨き上げ、その透明な光を見れば、その輝きに自分も照らされている。


もう今日で9月は終わり。
飛ぶ矢のように時は過ぎたが、考えてみると色々なことがあった。
記憶というのも頼りにはならない。
雨の被害も多い9月だった。

月末になっての、解散は大騒ぎを引き起こした。
未来を引き寄せているのは希望の人たちのようだ。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017/09/29  日記  天高し

2017-09-29 20:47:28 | (1)始まり・菜花亭日乗

2017/9/29 (金) 旧暦:810日 祝日・節気:  日出 :534分 日没:1728分 月出:1323分 月没:2345分 月齢:8.9 干支: 己未 六曜: 大安 九星: 二黒土星

今日のあれこれ: 天高し

clip_image002
(ほくとナビ
http://www.hokuto-kanko.jp/guide/yatsugatake-kogen-bridge
より転載




『秋高し(あきたかし) 三秋
子季語: 秋高、天高し、空高し
関連季語: 秋晴
解説: 秋になると、大気が澄むので空が高くなったような感じがする。これが「秋高し」だが、「天高し」の方が一般的。
来歴: 『俳諧寄垣諸抄大成』(元禄8年、1695年)に所出。
実証的見解: 秋晴参照』
(季語と歳時記)



天高しの俳句:



・信濃路のはるかに富士や天高し  北吉裕子



・弓なりに潮引く浜や天高し 高橋光江



・繰り返すスタートダッシュ天高し  渡邊美保



・石あれば腰を下ろして天高し  村越化石



・幸せの真ん中あたり天高し 藤本悦子





日中は蒸し暑く、雨もいつ降るかわからない天気が続いていたが、今日は晴れた。

空気が爽やかになったのが肌で感じられた。
朝、予報士は洗濯日和と話していた。

週末の土日の秋日和。
洗濯、布団干しも良いが、爽やかな空気に誘われて、自然を求めて出かけるのも良い。

天高く晴れ渡り、地には黄金色の穂が垂れる日本の秋。
どこに行っても美しい。

村越も同じ気持ちだったのだろう。
石に座り、眼前の美しい秋を見れば、それで充分。

幸せの真ん中がどこにあるのか知らなかった。
藤本は高い秋の空にあると言う。
言われてみれば、その通りだ。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017/09/28  ZUMBA音楽  Lo Que Tienes Tu

2017-09-28 22:30:48 |   ZUMBA音楽


Lo Que Tienes Tu
は、ZIN69に収録されている。
原曲は、Max Pizzolanteが歌っている。

Max Pizzolante
は、最近のZUMBA音楽の常連で、Pizzolanteの曲は、お奥のスタジオで採用し、世界中で楽しまれている。

このブログでも何回か取り上げている、ベネズエラにルーツがあるアメリカ生まれのアーティストで、マイアミを拠点にして活躍している。

2016
年のZUMBA幕張公演にチームのメンバーとして来日している。

2016/11/27 2016 Asia ZUMBA Conference @ 幕張 (その2)」
http://blog.goo.ne.jp/nabanatei/e/84a9f9d22e3306d4705acbb7dfebaa98


Vive Y Baila
http://blog.goo.ne.jp/nabanatei/e/b0fdb30f891e0185102d98967f3b6b1f


Quién Quiere Bailar
http://blog.goo.ne.jp/nabanatei/e/d6a309c9c790fe9da9f0e0f381a24868


先ずは、youtube Lo Que Tienes Tuを聴いてみよう。

Lo Que Tienes Tú (Choreo&Lyrics) Zumba Zin 69 - Maritza-Betsy-Alexsa / Max Pizzolante

https://youtu.be/Cum8WBvSo3A


スタジオで踊られている動画を見てみよう。
楽しそうに踊っている。

Lo Que Tienes Tu (Max Pizzolante) ZIN 69 | Zumba Choreo by Mariela

https://youtu.be/56pDNBHh53g


歌詞は、Max Pizzolante自身が、Official Videoの中に挿入してくれている。

<歌詞>
Lo Que Tienes Tú
Max Pizzolante
Last update on: July 7, 2017

(Te vi en la disco, bien coqueta bailando
reggaeton merengue, te lo estabas gozando
Y entre toda la gente que te estaba mirando,
por cosas de la vida vos me viste a mí)

Max Pizzolante
Pizzo music
Elegante
Ja
Zumba!

Pidéme lo que tu quieras
pero mueve la cadera
Como lo haces tú, lo que tienes tú,
nadie como tú
Pidéme lo que tu quieras
pero no dejes de mover la cadera
Como lo haces tú, lo que tienes tú, nadie como tú

Cuando sueno el boom boom,
tu cuerpo hizo boom boom
wooow
Amor a primera pista,
Desde esemomento te marque en la lista
Te monte la vista asi como un animal
Dando vueltas para irte a cazar
Me acerque con calma por detras
Y no dejabas de bailar

Y es que a mi me gusta como mueves la cintura
Te vas bajando con tremenda sabrosura

Vamos a hacer maldades, vamos a hacer locuras
Mami tu eres candela pura
Prende la candela (hey)
Prende la candela (hey)
Prende la candela (hey)
Prende la candela (hey)
Prende la candela (hey)
Prende la candela (hey)

Pidéme lo que tu quieras
pero mueve la cadera
Como lo haces tú, lo que tienes tú,
nadie como tú
Pidéme lo que tu quieras
pero no dejes de mover la cadera
Como lo haces tú, lo que tienes tú,
nadie como tú
Y haciendo palmas
Las manos arriba
Haciendo palmas
Nos fuimo' otra vez

Zumba!

(De Venezuela pa' Argentina, de Urugüay a Miami)
Poesía Urbana
Max Pizzolante
Pizzo music
Elegante

Aquí entro yo

Y otra vez el boom boom,
se voltea y boom boom
woow
Está demasiado buena,
Explotada de buena, bien bien buena
Me está dando hambre y ya tengo la cena
Así que me hago el loco, poquitito a poco,
me le pongo cerca y el cuerpo le choco

Pa'ver si se prende, si la provoco,
pa' volverno loco
Y es que a mi me gusta como mueve la cintura,
te vas bajando con tremenda sabrosura
Vamos a hacer maldades, vamos a hacer locuras
Mami tu eres candela pura

Prende la candela (hey)
Prende la candela (hey)
Prende la candela (hey)
Prende la candela (hey)
Prende la candela (hey)
Prende la candela (hey)

Y pidéme lo que tu quieras
pero no dejes de mover la cadera
Como lo haces tú, lo que tienes tú,
nadie como tú
Y pidéme lo que tu quieras
pero no dejes de mover la cadera
Como lo haces tú, lo que tienes tú,
nadie como tú
Y haciendo palmas
Las manos arriba
Haciendo palmas
Nos fuimo' otra vez
Zumba!

(Te vi en la disco, bien coqueta bailando reggaeton merengue, te lo estabas gozando
Y entre toda la gente que te estaba mirando,
por cosas de la vida vos me viste a mí)



踊る時には、歌の内容がわかったほうが、その気になって踊ることができる。
Max Pizzolanteの曲は、難しいメッセージはない。この歌もそうだ。
踊りを楽しもうという誘いがテーマ。

探しても和訳はないだろうから、意味が分かる程度の和訳もどきをかんがえてみた。

<和訳もどき>

君は持ってるよ

ディスコで君を見たよ、目を引く踊りだったね
レゲトン メレンゲ、 君は楽しんでいた
君を見ている人の間に
君の生き様が見えたよ

マックス ピゾランテ
ピゾミュージック
オシャレさ
ハー
ズンバ!

君の欲しいものを僕に言って
けど、お尻は動かして
君はするように、なるのさ
君のような人は誰もいない
君が欲しいものを僕に言って
けどお尻の動きを止めないで
君がするように、なるのさ、君が一番
音がバンバンすれば
君の身体もバンバン

ワーォ

最初の曲良いね
その時から、君をマークしたよ
君を見たよ、動物のように
獲物を求め回り込んで
僕は後ろから静かに近づく
だから君は踊りを止めない

僕の好きなやり方だよ、君の腰の動かし方
君は凄いよ

ワルもいいさ、クレージーもいいさ
カワイコちゃん、君は灯り

火をともして (hey
火をともして (hey
火をともして (hey
火をともして (hey
火をともして (hey
火をともして (hey


君の欲しいものを僕に言って
けど、お尻は動かして
君はするように、なるのさ
君のような人は誰もいない
君が欲しいものを僕に言って
けどお尻の動きを止めないで
君がするように、なるのさ、君が一番
手を叩いて
腕を上げて
手を叩いて
もう一度

ズンバ!

ベネズエラからアルゼンチン、ウルグアイからマイアミ
都会の詩
マックス ピゾランテ
ピゾミュージック
オシャレさ

さあ

もい一度 バンバン
回って バンバン
ワーォ

良すぎるよ
良さに邪魔される
腹が減ってきた、食事をするよ
クレージーに、少しずつ
近づけて、身体をピタリと

始まれば、じらせば
狂った火山
好きなやり方だ,腰の動き
凄いね
ワルもいいさ、クレージーもいいさ
可愛こちゃん 君は灯り

火をともして (hey
火をともして (hey
火をともして (hey
火をともして (hey
火をともして (hey
火をともして (hey


君の欲しいものを僕に言って
けど、お尻は動かして
君はするように、なるのさ
君のような人は誰もいない
君が欲しいものを僕に言って
けどお尻の動きを止めないで
君がするように、なるのさ、君が一番
手を叩いて
腕を上げて
手を叩いて
もう一度

ズンバ!

ディスコで君を見たよ、目を引く踊りだったね
レゲトン メレンゲ、 君は楽しんでいた
君を見ている人の間に
君の生き様が見えたよ



Max Pizzolante
の音楽に対する考え方は、賛同できる。

最近、ZUMBA FITNESSはオリジナル曲を作るが、youtubeでの公開を認めず、掲載を阻止している。
その為、インストラクターは兎も角、スタジオ参加者は採用されている曲が何なのかわからない。

本来、ZUMBAは先人たちの音楽を利用してダンスフィットネスのジャンルを構成してきたのだが、音楽を自分の世界に囲い込む行動を取っているのは残念だ。

ところが、Max PizzolanteZUMBAの世界に近い人でありながら、音楽に対する考え方は、開かれたものだ。
彼は、曲を作るとOfficial Videoを作成し、加えて歌詞を公開し、コリオまで作り公開している。

このLo Que Tienes Tuもその考え方で公開されている。
素晴らしい。

どこかの国では、著作権協会なるものが権利の主張を考え違いして、音楽教室での使用まで料金を徴収しようとしている。
本末転倒で馬鹿げた考え方だ。

音楽は楽しむ人がいてこそのものであることを忘れている。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017/09/28  日記  衆議院解散と民進党満場一致の日

2017-09-28 19:28:00 | (2)日記

2017/9/28 (木) 旧暦:89日 祝日・節気: 上弦 日出 :533分 日没:1729分 月出:1236分 月没:2255分 月齢:7.9 干支: 戊午 六曜: 仏滅 九星: 三碧木星

今日のあれこれ: 衆議院解散と民進党満場一致の日

招集された今日の臨時国会は、所信表明も審議もないま、民進党の野党席は欠席の中、冒頭解散された。

民進党議員は、希望の党との合流を巡って、午後からの両院議員総会に結集していた。

事前の予想では、総会は大荒れになるとされていた。
前原代表の希望の党への合流提案は、リベラル派議員からの反対で、分裂、解党の可能性もあると言われていた。

ところが、蓋を開けてみると、「満場一致」で承認された。
イギリスの詩人バイロンは、『ドン・ジュアン』で「Fact is stranger than fiction.」と書いたが、現実は不思議な事が起きる。

内容には不満だが、満場一致できるのなら、今までそうすれば、国民の信頼も得られ、赤ちゃん新党に擦り寄る必要もなかったのに。
頭の中と行動を時に拠っては一致させる事ができるのが政治家の必要な能力、身は安全なところにおいて評論家的な言説を弄しておれば済むと考えてきたから、政権担当能力はないと考えられてきた。

冷静な物言いが、冷めた印象を与える前原代表は、今回は魅力的だった。
男は勝負する時が来る、そこで勇気をふるえるか、のるかそるか賭けてみる気概が必要だ。

職を賭して、捨て身で自民党に対抗する状況を作り出すこの姿が、民進党議員を動かしたに違いない。
身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ。

これで、総選挙は図らずも政権選択の様相を呈してきた。
晦まし解散のシナリオからすれば、青天の霹靂・驚天動地の現実だ。

後は、国民がどうするかだ。
目先のことを考えるのか、将来のこと、孫子の世のことを考えて投票するか。
真面目に考える必要がある。



『トップ政治民進 「希望」への“合流”満場一致で了承
2017
92816:34

http://www.news24.jp/articles/2017/09/28/04373789.html?cx_recsclick=0


民進党は28日午後、小池東京都知事が立ち上げた希望の党への事実上の合流を満場一致で了承した。両院議員総会では、合流への慎重な意見も出たものの、衆議院選挙を目前に「背に腹はかえられない」と合流を了承した形。

両院議員総会では、民進党が立候補予定者の公認内定を取り消し、総選挙に候補者を擁立しないこと。そして立候補予定者は民進党を離党した上で、希望の党に公認を申請するという方針が了承された。

玉木前衆院議員「身を捨ててでも政権交代をなんとか実現しなければいけない。自民党に代わる政権交代可能な二大政党制を作らなければいけない。前原代表の今回の英断を高く評価したい」

福山参院議員「安倍政権を倒すために前原代表を信じて、とにかく大きい動きをつくって」

しかし、「希望の党」との間には安全保障関連法や消費税増税の是非などについて考えに隔たりがある。また希望の党の小池代表がすべての民進党議員の合流には否定的。

今後は立候補予定者のうち、どの程度が希望の党の公認をもらえるのかが焦点。その交渉を一任されている前原代表の手腕が問われる。』
(日テレニュース24


両院総会終了後の前原代表の会見。

「民進党・前原代表記者会見2017928日」

https://youtu.be/Cd4Rpia7PkM


1時間youtubeを見る時間の無い人は、以下の記事に内容が文章化されている。

「民進・前原代表が両院議員総会後に会見(全文1)民進代表は辞めるつもりない」

https://news.infoseek.co.jp/article/thepage_20170928-00000007-wordleaf/



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017/09/27  晦まし解散に吹くみどりの風

2017-09-27 19:50:00 | (16)時事・世相


突然の解散表明で、俄に世情が騒がしくなった。
国民の一人として、今回の解散について私見を述べるため記事を書くことにした。

安倍首相が国連に行く前に、解散について言及、解散風が俄に吹き始めた。
TVでは、解散の大義は何なのかわからないという声を報道。政治評論家は解散をまだしていないのだから、大義は判らなくて当然、解散表明の後説明があり、そこで明らかになると話していた。
もっともらしい話だが、得心させる中身を持たないコメンテーターだ。

安倍首相の解散の理由は、大きく2つ。
・消費税増税の使途を変更する。
子育て世代に使うために教育の無償化に使うから、国民の信認を得る必要がある。
・北朝鮮問題が緊迫化、任期に対応が左右されること無く、今の対応を新任してもらう。

国難突破解散だ。

と言うものだった。

聞いてみて、大義の存在は理解できなかった。
なぜ今なのかの説明にはなっていない。
消費税増税は2度伸ばしている。しかしアベノミクスは想定通りには進んでいない。
子育て・人づくりに使うことの信認が今必要なのか。それより国の借金の解消をどうするのかビジョンを示すのが本道だろう。
聞こえの良いことをやってきたから、赤字が膨らんできた歴史を上塗りすることになる。

北朝鮮問題も、舌戦は緊迫しているが、すぐ武力衝突には繋がらない。戦争が始まれば元も子もなくなるのは明らかだ。
簡単には戦争は始まらない。

では、なぜ今なのか。
隠れている思惑が想像される。
まず、臨時国会が始まれば、森友・加計問題の審議が始まる。
展開に拠っては、支持率の急落、その果の追い込まれ解散の事態になるリスクを避けたい。
次に、政権選択の選挙にならないうちに解散したい。
民進党の混乱が収まっていない今。
新党の設立準備ができていない今。
これが、今の理由だろう。


解散は首相の専権事項と政治家は口を揃えて言ったが、
憲法上、首相の解散権の規程はない、解散は天皇の国事行為であり、首相の専権事項ではない。天皇陛下に、助言出来るだけのことだ。これを、恣意的に行うことは本来できないことだ。
政治制度の先輩英国では、もう首相の解散権は枠がはめられて、好き勝手にできなくなっているそうだ。
日本も、これを機に改めるべきだろう。


臨時国会を招集し審議もしないで冒頭解散することは、事の経過から見て、森友・加計問題の審議阻止が目的と考えるのが自然だ。
だとすれば、この解散は「国難突破」の名前で、国民の眼を晦ます「晦まし解散」と呼ぶべきだろう。


名前は兎も角、総選挙の本来の役割は、政権選択選挙・安倍政治の信認選挙の筈だ。
解散の大義は変わるとも、総選挙の目的は変わらない。

解散表明後の動きは、急だ。
新党の準備ができていない今ならという判断は間違っていたかもしれないと思わせる程急激に動いている。

自民党に対抗する政党が生まれるかもしれない情勢になっている。

希望の党は、右派から原発NOまでを含めて、寛容な改革・保守政党を宣言した。
既存議員の参加が相次ぎ、維新の党、名古屋・大阪の地方政党との連携、民主党との合流の話とか息つく暇もない程話題になっている。
原発NOを入れたのは英断だ。国民の過半数は原発は要らないと思っている。
小泉元首相も原発NOには協力すると言っている。これは、国民を動かす要因になりうる。

細川護煕元総理が都知事選に出たときに、安倍政権が行った放送法を名目にした、報道介入・報道規制は、もう難しいだろう。
国民もその経験は記憶に残っている。
起きていることすべてが報道されれば、選挙日までに世の中の政治情勢が変わっているかも知れない。

国民の目を晦ます突然の解散が呼び起こしたみどりの風は強いものになりそうだ。
政治は一寸先は闇だと言うが、慢心とか気の緩みとか晦ましが自ら墓穴を掘る自壊作用をもたらす事を言うのかもしれない。

古人は戒めて言う。
「天網恢恢疎にして漏らさず」




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017/09/27  日記  新涼

2017-09-27 19:25:00 | (2)日記

2017/9/27 (水) 旧暦:88日 祝日・節気:  日出 :532分 日没:1731分 月出:1146分 月没: 2208分 月齢:6.9 干支: 丁巳 六曜: 先負 九星: 四緑木星

今日のあれこれ: 新涼

clip_image002
(延岡の山歩人K
http://blog.goo.ne.jp/yamakawa_trek/e/28c0704528f9610c1ed2749cf0e3b86f
より転載




『新涼(しんりょう、しんりやう) 初秋
子季語:           新たに涼し、初めて涼し、秋涼し、秋涼、涼新た、初涼、早涼
解説:   秋に入ってから感じる涼しさのこと。「涼し」だけでは、夏の季語となる。夏の暑さの中で感じられる涼しさではなく、「涼しく過ごしやすい季節」になってきたことをいう。
来歴: 『俳諧御傘』(慶安4年、1651年)に所出。
文学での言及: 秋来ぬと思ひもあへぬ朝けよりはじめて涼しせみのはごろも 花園院『新拾遺集』

(季語と歳時記)



新涼の俳句:



・新涼の山々にふれ雲走る 今井つる女



・新涼の山に対へる木椅子かな 水田清子



・新涼の雨ともなひし未明かな 荒井正隆



・新涼のいのちしづかに蝶交む 松村蒼石



・新涼の咽喉透き通り水下る 西東三鬼





今井、水田は別荘にいて山を見ているのだろうか。
夏が終わり高原ではもう秋の風が吹く。
テラスの木椅子に座り山を見る季節ももう終わろうとしている。

今日の夜から明日の朝の雨が通り過ぎると、大陸から高気圧が南下するそうだ。
明日はまだ暑さが感じられるが、明後日の朝はグンと気温が下がるらしい。
平地でももう、涼しさはそこまで来ている。

開け放たれた窓から入る風は肌にサラリとしたものになるだろう。

深まる秋。
蝶たちは生命のために交わるに忙しい。
透明な空気の中、人間も身体と心をリセットする季だ。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017/09/26  日本酒グッズ 利き猪口ホルダー or 利き猪口ストラップ

2017-09-26 21:23:46 |    日本酒


先月、岐阜の地酒に酔う2017に参加した。
その際、会場で酒蔵のブースを利き酒で回っている時、何人かの方に質問を受けた。
その時、使っていた利き猪口ホルダー(又は利き猪口ストラップ)についてだ。

多数の蔵が集まる規模の大きな利き酒会では、写真を撮ったり、メモを書いたりする際に、利き猪口を手から離す必要がある。
ブースの隅に置いたりするのだが、置き忘れたり、転落させたりする危険もある。
そんな時、利き猪口を首にぶら下げるのが、利き猪口ホルダーだ。

筆者が使っているのは、3月ににいがた酒の陣に参加した時、開場時間待ちの行列の中、売られていたので購入したものだ。

clip_image001
ネックストラップの先に、柔らかい樹脂(ゴム?)の利き猪口ホルダーがついている。

clip_image002
ホルダーは、利き猪口サイズに合わせた内径なので、ぴったり利き猪口が入る。滑らない素材なので確りと固定される。
天地がひっくり返っても、酒は溢れるが猪口は落下しないので安心だ。

clip_image003
ストラップは、合成繊維製なので切れる心配はない。
お酒グッズらしく、日本酒の用語が印刷されている。
価格は1000円だったと記憶する。

このストラップが必要なのは、日本酒好きでも限られた人で、一般的に必要なものではない。
ごく限られた狭いコミュニティーの中で、イイネと言われる代物だ。


利き酒会は、良く参加するが、東海地方の会場ではこの品物は販売されていない。
にいがた酒の陣は、土日2日間で12万人が参加する巨大な利き酒会で、朝10時から夕方6時まで8時間の長丁場、片手で猪口を持ち続けるのは結構注意力を要求される。
油断すると、会場で猪口を落として割れる音が何回もすることになる。

そのためか、にいがた酒の陣ではこのストラップを必要とする人が多いのだろう。



一寸気になって、このストラップが新潟以外でも売られているのか調べてみた。
この記事は、その報告である。欲しい人には参考になるかもしれない。

調べた処、3つ見つかった。


その1、創作酒器処藤山
http://touzan.ocnk.net/product/61

これは、常時販売があるようで手に入れられる。
価格も新潟と同じ、1000円(外税)。
clip_image004


日本橋で4月に開催された日本酒利き歩き2017の会場で販売された物が2種類あるようだ。

その2は、笹塚鞄製造所

https://ameblo.jp/hide2chikawoo/entry-12266226933.html

clip_image005

ホルダー部分は革製で、高級感がありそうだ。
お猪口の固定の仕方等が分からないので、逆さまになった時落ちないのかは写真ではわからない。
今入手できるかどうかは問い合わせる必要がある。



その3、ウォレテリア山藤のオリジナルお猪口ケース
https://www.tokyo-yamatou.co.jp/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E6%A9%8B%E6%97%A5%E6%9C%AC%E9%85%92%E5%88%A9%E3%81%8D%E6%AD%A9%E3%81%8D2017/

clip_image006

clip_image007

『「~~利き歩きうさぎが可愛く覗く

首から掛けられるオリジナルお猪口ケース 2,000(税込)


当日イベント受付で貰えるオリジナルお猪口(参加証)を、
革小物メーカーが”利き歩き”のためだけに特別に製作した《オリジナルお猪口ケース》に入れて、たっぷりとイベント&日本酒をお楽しみくださいませ

※基本的にイベント当日・店頭での限定販売となりますが、予めグループでまとめて購入されたい方は、以下にお問い合わせください。
ウォレテリア山藤 TEL03-6661-1481mailt-ebisawa@tokyo-yamatou.co.jp

よろしくお願いいたします。」』
https://ja-jp.facebook.com/tokyo.yamatou/

この商品も写真を見る限り、お猪口の固定がどの程度されるのか不明だ。逆さまになると落ちるような気もする。

入手できるかどうかは、問い合わせる必要がある。


好事家が増えれば、販売する業者も増え、商品も様々なものが供給されることになる。
欲しい人は、まず一つ購入したらどうだろうか。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017/09/26  日記  夕月夜

2017-09-26 19:36:39 | (2)日記

2017/9/26 (火) 旧暦:87日 祝日・節気:  日出 :531分 日没:1732分 月出:1054分 月没:2125分 月齢:5.9 干支: 丙辰 六曜: 友引 九星: 五黄土星

今日のあれこれ: 夕月夜

「首里城公園 中秋の宴 ~中秋の月下 華麗な宴に酔いしれる~」

https://youtu.be/wdBkoLUyRt0



『夕月夜(ゆうづきよ/ゆふづきよ)夕月、宵月、宵月夜
2010/03/26
仲秋

陰暦八月の二日月から上弦の頃までの月をいう。この頃の月は出が早く、光は弱く、夜半には没するので、はかない感じがある。それゆえ王朝貴族たちに愛され、詩歌に盛んに詠み継がれた。

見る影やまだ片なりも宵月夜
芭蕉「鳥の道」

鹿ずれの松の光りや夕月夜
丈草「土大根」

昼からの客を送りて宵の月
曾良「三日月日記」
』(季語と歳時記)



夕月夜の俳句:



・夕月夜海深々と島を抱く  山田佳乃



・夕月夜乙女(みやらび)の歯の波寄する 沢木欣一 沖縄吟遊集



・夕月夜いのちとたのむ酒二合  山田春生



・あとひとつ泊るてふ子や夕月夜 前田よう子



・ネックレス外す窓辺や夕月夜  大川暉美





山田の句。
女性には珍しく骨の太い句だ。
月と暗く深い海のなかに包み込まれている島野イメージが、美しく永遠性がある。
この島は日本列島ならスケールが大きくなるが、琉球の島々なら異存はない。

沢木の句は、沖縄の少女の美しさを夕月夜に浮かばせている。
沖縄は空気が綺麗だから、月も星も美しい。
首里城は日中の観光が普通だが、夜間照明もされているので、首里城にかかる月も美しい。

前田も大川も夕月夜に加えて、もっといいことがある。
気持ちの女は幸せになることができる。
男の山田は、夕月夜も酒二合だ、可愛いと言えばそうも言えるが、単純だ。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017/09/25  日記  藍の花

2017-09-25 20:10:45 | (2)日記

2017/9/25 (月) 旧暦:86日 祝日・節気:  日出 :530分 日没:1734分 月出:959分 月没:2045分 月齢:4.9 干支: 乙卯 六曜: 先勝 九星: 六白金星

今日のあれこれ: 藍の花

clip_image002
(巡る庭 - ミドリノ
http://meguruniwa.blogspot.jp/2012/10/blog-post.html
より転載



『藍の花: 蓼藍の花
仲秋
タデ科の一年草。中国より伝わり、染料になる植物として古くから栽培されてきた。草丈は七十センチくらい。八月の終わりから十月にかけて、茎の頂点に紅色または白色の小花を穂状花序に多数つける。藍染の原料は茎と葉からとる。』
(季語と歳時記)



藍の花の俳句:



・野に落つる日の大きさよ藍の花 上崎暮潮




藍は江戸期より阿波の名産だった。
徳島県に居れば、藍の花を見る機会も多いのだが、知らないだけかも知らないがこの辺りでは藍の花は見かけない。

少し離れると、赤まんまのように見える小さな花の集まりだ。
藍の花は近くで見ると、薄桃色が白に映えて可憐な花だ。

日の暮れの早い秋。
落日を見ながら藍の花を見る時、思い浮かぶのは何だろう。
何も浮かばないのかもしれない、ただ沈んでいく夕日を見続けるだけかも知れない。

モンキーセンターの猿たちも落日の時は、太陽の沈む方向に顔を向けて、騒ぐこともなくジッと見ているそうだ。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017/09/24  ZUMBA音楽  Scooby Doo

2017-09-24 22:28:16 |   ZUMBA音楽

 

Scooby Dooは、ZIN68に収録されている。

テンポの早い、軽快でコミカルな印象もある曲だ。

 

ZUMBAの内部で、作られた音楽だからか、情報が少ないので内容・背景等がよく判らない。

 

原曲のOfficial Videoも見つからないので、先ずはZUMBAスタジオの動画で聴いてみよう。

 

ZUMBA | ZIN 68 | Scooby Doo - Electro-Latin | ANDREA STELLA CHOREO DANCE

https://youtu.be/7LZERG66z8g

 

 

アーティストはZIN68には、Dexterとしか書かれていないが、調べてみると、

Grupo BIP & Michael Gutty & Beto Perezが正式のようだ。

 

Dexterは、Grupo BIPのメンバーでDexter Hamiltonのこと。

 

Grupo BIPについては、下記に書いた。

2014/07/22 ZUMBA音楽 Mambo Salsa GRUPO BIP)」

http://blog.goo.ne.jp/nabanatei/e/ba9baefc6a2949b183065f8938c7c5ee

 

 

Michael Guttyについては、

clip_image002

 

Twitterがある。

https://twitter.com/michellegutty

 

このページによれば、Michael Guttyはコロンビアのボゴタを拠点として活動する歌手・女優・ダンサー・ZUMBAインストラクターのようだ。

 

 

Beto Perezは、勿論ZUMBAの創始者。

 

この曲を作った3Grupo BIPMichael GuttyBeto Perezを繫ぐ糸は、コロンビア。

3者ともコロンビア出身で結ばれている。

 

 

 

さて、曲名のScooby Dooだが、間違っているかもしれないが敢えて書くと、1969年にアメリカで作られたアニメの主人公かも知れない。

 

臆病な大型犬グレート・デンのスクービー・ドゥーが、飼い主のボロピン(シャギー)達4人と沸き起こる事件を解決しながら旅をする物語だそうだ。

 

 

clip_image004

 

 

 

(この件は間違っているかもしれない、詳しい方がおられたら、コメントください。)

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017/09/24  日記  秋簾

2017-09-24 20:07:28 | (2)日記

2017/9/24 (日) 旧暦:85日 祝日・節気:  日出 :530分 日没:1735分 月出:904分 月没:2008分 月齢:3.9 干支: 甲寅 六曜: 赤口 九星: 七赤金星

今日のあれこれ: 秋簾

clip_image001
(「たのしみは 春夏秋冬季語に逢ひ 詩歌管絃游びゐるとき」 @歌童
http://utawarawa.blog.fc2.com/blog-entry-1345.html




『秋簾: 簾の名残、簾外す、簾納む、簾の別れ
仲秋
立秋が過ぎてもなお吊られているいる簾のこと。夏を惜しみ懐かしむ心、あるいはしまい忘れられて風に揺れている侘しさがこの
季語の本意である。』
(季語と歳時記)



秋簾の俳句:



・微笑仏煤けて在す秋すだれ  村田さだ子



・路地裏の秋の簾の風まかせ  長久保郁子



・坪庭に雨後の日差しや秋簾  渡邊孝彦



・日の暮の気づかずなりぬ秋簾  鷹羽狩行



・灯の入りて秋の簾となりにけり  山田弘子





今日も良い天気だった。
庭の草刈りは、昨日行って疲れた。
今日は、疲れることは避けて、見るだけにした。

日中の陽射しは、9月の末近いが、まだまだヒリヒリするような強さだった。空気が澄んでいたからだろうか。

斜め右前の家の方に目をやると、簾が目についた。
西日を確りと防いでいる簾で、まだまだ頑張っていた。

秋の日は釣瓶落とし。
気づかないまま暮れてしまう。
鷹羽、山田の詠むように、日中はまだまだだが、日が落ちると秋簾の本意である物侘しさも感じられるようになる。

夜涼しくなって、良いのは蚊がいなくなったこと。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加