菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。
散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

2016/10/31  日記  ハロウィ-ン

2016-10-31 19:31:00 | (2)日記

2016/10/31(月)旧暦:101日 祝日・節気:ハロウィン、朔 日出:601分 日没:1646分 月出:608分 月没:1719分 月齢:0.39 干支:丙戌 六曜:仏滅 九星:二黒土星

今日の季語: ハロウィ-ン

「ハロウィーンで大混雑 渋谷で初の歩行者天国(16/10/30)

https://youtu.be/eFqUL2nYZFs


2016年渋谷ハロウィン コスプレ美女特集 Halloween in Tokyo

https://youtu.be/na9EwWXdBeA



『ハロウィン、あるいは、ハロウィーン(英: Halloween またはHallowe'en[ 1][2])とは、毎年1031日に行われる、古代ケルト人が起源と考えられている祭のこと。もともとは秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのある行事であったが、現代では特にアメリカ合衆国で民間行事として定着し、祝祭本来の宗教的な意味合いはほとんどなくなっている。カボチャの中身をくりぬいて「ジャック・オー・ランタン」を作って飾ったり、子どもたちが魔女やお化けに仮装して近くの家々を訪れてお菓子をもらったりする風習などがある[1]

キリスト教の祭ではない[ 3][ 4][ 5]。ハロウィンに対してはキリスト教からは容認から批判まで様々な見解がある(後述)。

仮装
アメリカなどのハロウィンでは仮装することが流行している[要出典]
ハロウィンで仮装されるものには、(アメリカでは、基本的には)「恐ろしい」と思われているものが選ばれる傾向があり、たとえば幽霊、魔女、コウモリ、悪魔、黒猫、ゴブリン、バンシー、ゾンビなどの民間で伝承されるものや、ドラキュラや狼男、フランケンシュタインのような欧米の怪談や恐怖小説に登場する怪物が含まれる。ハロウィン前後の時期には、これらのシンボルで家を飾る[要出典]

ただし20世紀後半のアメリカでは、お姫様・海賊などといった人物、しかもあまりリアルな姫や海賊ではなく、ディズニー的でアメリカ流にアレンジしてステレオタイプ化されキャラクター化された登場人物や、あるいはスパイダーマンやバットマンなどアメリカ人に人気の漫画・映画のキャラクターの仮装も行われるようになった。大人になると看護師、メイド、ヒッピー、フラッパーなどに仮装したり、異性装をする例もあり、見る人にあまりに不快感を与えないような仮装であれば何でもかまわない、と考えられている。1990年代以降、黒人・インディアンなど特定の人種や民族に扮することは人種差別的で良識に反すると指摘されるようになり、仮装の対象としてあまり扱われなくなった[要出典]

「トリック・オア・トリート」をする子供たちを迎える側の大人も仮装して出迎えることがあり、大人同士で仮装パーティを催すということも行われるようになった[要出典]

なお、19921017日、アメリカのルイジアナ州でハロウィンの仮装をした16歳の日本人留学生が射殺される事件が発生した。
...
』(Wikipedia



ハロウィーンの俳句:



・ハロウイーン銀座は歩行天國に  北村香朗



・ハロウィンのかぼちやが笑ふウィンドウ 吉原文音



・ハロウイーン魔女の手指の美しさ  松本周二




ハロウィーンは、本来宗教的な行事なのだが、アメリカで商業的な行事になり、それが日本に輸入され、ここ数年で商業的な規模は急拡大しているそうだ。

今年は、今日のハロウィーン当日の前に土・日が入ったので、東京渋谷でのお祭り騒ぎが続いている。
ニュースでは盛んに報道している。

今年は、車を規制し歩行者天国にしたので、混雑の面では安全になったようだ。
渋谷区はゴミ捨て場は増やしたが、相変わらず勝手に捨てる人が多く、祭りのあとはゴミの山。
一方、捨てる人もあれば、掃除をする人も居り、一夜開けた朝にはゴミは片付いていたそうだ。これは素晴らしい。

ある団地では、子どもたちが近隣を回りお菓子をもらうことを親がさせていることが問題になっているらしい。
伝統的習慣が無い新興団地で、子どもたちが勝手に回ってきても、来られた方は困るだろう。
町内会とか自治会とか地域の行事として検討しないと、住民の間に無用の軋轢を生む結果になり、子どもたちのためにはならない。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016/10/30 心の中を流れる音楽 Mr Bojangles by Bob Dylan and Sammy Davis Jr. (その1)

2016-10-30 23:55:00 | (7)音楽


ボブ・ディランがノーベル文学賞を受賞したニュースには驚いた。
その後、ノーベル賞側がディランと連絡がつかない状況が続き、ディランが拒否するのではないかと思われていた。

ところが、事態が急転し、ディランが嬉しさのあまり言葉を失ったと釈明し、受賞することになったそうだ。
目出度し目出度しだが、何か拍子抜けの感も否めない。

それはそれとして、受賞のニュースが最初に流れた時、彼の歌が「現代の吟遊詩人」として評価され、受賞したと報道された。

ディランのディスコグラフィーを、その時見てみた。
すると、1973年にリリースされたボブ・ディラン13作目のスタジオ・アルバム『: Dylan』の2面でMr. Bojanglesを歌っているのを知った。

Mr. Bojangles
は好きな歌で、特にSammy Davis Jr.の歌が好きなので、ぶっきらぼうで素っ気ないディランが歌うとどうなるのか、聴いてみたくなった。

YouTube
で探してみると1つ見つかったが、途中で音が切れてしまう。
音だけのものを探してみると、見つかり、聴くことができた。

idido
http://tidido.com/a35184372109582/al5601aafae7c622686ad378b1/t5601aafbe7c622686ad37963

彼らしく、やや素っ気ない歌い方だが、ディランにしては、感情を込めた歌い方だ。
ディランが、この歌を歌ったのは、やはり歌詞が良いからだろう。

原曲を作詞・作曲したのは、Jerry Jeff Walker
1968
年にリリースされた彼自身の歌を聴いてみよう。

Jerry Jeff Walker Mr. Bojangles 1968

https://youtu.be/huW1hw59lDc


Jerry Jeff Walker
はカントリー歌手なので、軽やかな歌い方だ。

Mr. Bojangles
は多くの歌手がカバーしている名曲なので歌詞も見つかる。

<歌詞>

"Mr. Bojangles"

I knew a man Bojangles and he'd dance for you
In worn out shoes
With silver hair, a ragged shirt, and baggy pants
The old soft shoe
He jumped so high, jumped so high
Then he lightly touched down

I met him in a cell in New Orleans I was
down and out
He looked to me to be the eyes of age
as he spoke right out
He talked of life, talked of life, he laughed
clicked his heels and stepped

He said his name "Bojangles" and he danced a lick
across the cell
He grabbed his pants and spread his stance,
Oh he jumped so high and then he clicked his heels
He let go a laugh, let go a laugh
and shook back his clothes all around

Mr. Bojangles, Mr. Bojangles
Mr. Bojangles, dance

He danced for those at minstrel shows and county fairs
throughout the south
He spoke through tears of 15 years how his dog and him
traveled about
The dog up and died, he up and died
And after 20 years he still grieves

He said I dance now at every chance in honky tonks
for drinks and tips
But most the time I spend behind these county bars
'cause I drinks a bit
He shook his head, and as he shook his head
I heard someone ask him please

Mr. Bojangles, Mr. Bojangles
Mr. Bojangles, dance..


この歌は、Jerry Jeff Walkerが実体験した事に基づいて書かれている。
1965年彼がニューオーリンズの刑務所に入れられた時、白人の老ストリートパフォーマーと出会ったことに触発されて、この曲を書いた。
この老人は、自分をMr. Bojanglesと呼んだ。



この曲は、1970年にカントリーミュージック・バンドのNitty Gritty Dirt Bandがカバーし、ヒットさせた。

Nitty Gritty Dirt Band
のバージョンを聴いてみよう。

Mr. Bojangles - Nitty Gritty Dirt Band - [With Lyrics]

https://youtu.be/e-LVXR6rjXs

Nitty Gritty Dirt Band
もカントリーなので、軽い感じで歌っている。


多くの歌手が、Mr Bojanglesをカバーし、歌の解釈も歌手ごとに歌われている。

Nina Simone
は悲しい気持ちで歌っている。


Nina Simone - Mr Bojangles

https://youtu.be/eAW3y5l6Dm4



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016/10/30 心の中を流れる音楽 Mr Bojangles by Bob Dylan and Sammy Davis Jr. (その2)

2016-10-30 23:50:00 | (7)音楽


カバーしている歌手が数ある中で、一番好きなのはSammy Davis Jr.だ。

聴いてみよう。

Sammy Davis Jr. - Mr. Bojangles

https://youtu.be/5voM2HExV_Q

Sammy Davis Jr.
は歌手だが、彼自身タップダンサーでもあり、Mr. Bojanglesに対する思い入れを込めて、踊りながら、高く飛んで見せたりする。
Mr. Bojanglesは、Sammy Davis Jr.の十八番と言っても良い歌だ。

そのことは、世の中で認知されている。
Whitney Houston
は、この歌をSammy Davis Jr.に捧げて歌っている。

ステージに登場する、若きMr. Bojanglesとおぼしきダンサーの軽やかな身のこなし、ダンスがなんと魅力的なことか!!
このダンスを見ていると心まで軽やかになる。

Whitney Houston "Mr. Bojangles" w/Lyrics (Tribute to Sammy Davis Jr.)

https://youtu.be/gkDu2onYeyk


Whitney Houston
は、Mr. BojanglesSammy Davis Jr.と重ね合わせて歌っている。
Sammy Davis Jr.自身もMr. Bojanglesへ自分を投影させて歌っている。


Mr. Bojangles
は、Jerry Jeff Walkerがニューオーリンズの刑務所で会った白人の老ストリートパフォーマーが、自分自身をそう呼んだことに因んでいるが、その老人の本名ではない。

実は、Mr. Bojanglesと呼ばれたダンサーが実在している。
Bill Robinson(1878
525- 19491125日)は、1920年代から1930年代にかけブロードウエイと映画で活躍し、アメリカの人気ものになった最初の黒人の芸人だ。
アメリカ最高のタップ・ダンスの名人として知られており、アメリカでは「タップの神様」と呼ばれ彼の誕生日にちなみ、毎年525日は「National Tap Dance Day」となっている。
彼は、Bill "Bojangles" Robinsonと呼ばれている。

Jerry Jeff Walker
が刑務所で出逢った老タップダンサーは、Bill "Bojangles" Robinsonを意識して、自分をMr. Bojanglesと言ったのだろう。

しかし、歌のMr. Bojanglesは、Bill Robinsonとは異なる、なぜならBill Robinsonは酒は飲まず、犬も飼ったことはなかったからだ、博打は好きだったそうだが。
ただ、Bill Robinson1930年代までは莫大な収入を得ていたが、194971歳でなくなった時は、文無しだったそうだ。
若き日の栄光を背負って、老残の境遇の中に生きた点では、歌のMr. Bojanglesに通じるとも言える。


Bill "Bojangles" Robinson
、刑務所の自称Mr. Bojangles老人、Sammy Davis Jr.3人のMr. Bojanglesを考えると、一番恵まれた老後を生きたのは、Sammy Davis Jr.だろう。


最後に、Sammy Davis Jr.の日本語字幕入りMr Bojanglesを聴くことにしよう。
1989年にフランク・シナトラ、ライザ・ミネリと共に来日した際の公演だろうか。
最後のMr Bojanglesの絶叫が心に残る。


Mr Bojangles Sammy Davis Jr 1989

https://youtu.be/NvYmL5KsvYA




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016/10/30  日記  釣瓶落とし

2016-10-30 18:25:13 | (2)日記

2016/10/30(日)旧暦:930日 祝日・節気: 日出:600分 日没:1647分 月出:514分 月没:1646分 月齢:29.12 干支:乙酉 六曜:友引 九星:三碧木星

今日の季語: 釣瓶落とし

clip_image002

(空と雲のフォト日記
http://meteo.air-nifty.com/blog/2008/10/
より転載)



『釣瓶・釣る瓶(つるべ)とは、井戸において、水をくみ上げる際に利用される、綱等を取り付けた桶などの容器を言い、後に、それを引き上げる天秤状の釣瓶竿や滑車など機構の一切を指すようになった。

時間態様
釣瓶の語源は「連るぶ」であり、続けざまという意味もあり、釣瓶にも形容として同様な意味を持ち、漢字表記も「連るべ」と「釣瓶」は併用される。おもに素早さや「急」や次々といった意味を表す時間態様の形容詞として、使用される。

釣瓶落とし・釣瓶下し
   
釣瓶を井戸の中に落とす際に、急速に落ちるため、秋の日の暮れやすいことの例えとして「秋の日は釣瓶落とし」というように形容的に使用される。現在では、株価や景気や勝率など、その他折れ線グラフなどで表される、数値の急降下を例える形容としても使われるが、否定的な状況で多く見られる。
...』(Wikipedia



釣瓶落しの俳句:



・一山を紫紺に釣瓶落しかな  森清信子



・下野の釣瓶落しを汽車で追ふ  品川鈴子



・ふるさとに来てゐる釣瓶落しの日  黒坂紫陽子



・また停車釣瓶落しのローカル線  座古稔子



・をんどりの一声つるべ落しかな  伊東恵美子




この季節は、日の暮れが速い。
日が傾き始めると、アッという間に暗くなってしまう。
暮れると空気は冷え、風は冷たくなる。
寒さも加わって、気持ちもなにか淋しくなる。

土曜日・日曜日秋を求めて、外に出かけた場合は、つるべ落としが辛い。
まだまだ日の下で遊び続けたいのだが、暗くなるまでに家に帰らなけれならない。
子供の頃の気持ちが想い起こされる。

おんどりは朝だけではなく、夕べ・日の暮れも鳴くようだ。
もう今日は終わりだよ...




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016/10/29  今日の泡盛  島風(石川酒造所)

2016-10-29 22:35:41 | (4)泡盛・酒一般


今日は、寒いのでビールの感覚ではないので、泡盛をお湯割りで飲むことにした。

前回の沖縄旅行で買ってあった石川酒造所の島風の封を切ることにした。

clip_image001


島風は、古酒ではなく、泡盛の一般酒で、度数は30度。
蒸留後、タンク貯蔵約1年してから出荷されているようだ
詰口日は2016410

ストレート、水割り、お湯割りで利いてみた。

ストレート:
立香は甘いものだが、エチルルコール系のものはあまり感じない。奥の方に、香ばしさも感じる。
口に含むと甘い。舌触りは滑らかで刺すようなピリ感はない。酸の膨らみは大きくはなく、スッキリとしている。中盤以降辛味を感じる。後半の苦味はあまり感じない。後口の切れも良い。
刺激的な味わいではないので、ストレートも楽しめる泡盛だ。

水割り:
立香は仄かに甘い、香ばしさも僅かにあるような気がする。加水することによって、膨らみが出る。中盤以降、苦味もなく、切れが良い。
味のバランスが良く、偏りがないので、食中酒としての適性の幅が広そうだ。

お湯割り:
立香甘い。甘い入り口。水割りに比べ、酸は透明感があり、スピード感のあるものになる。中盤、水割りに比べ辛味系に変わる印象がある。後半は、再び膨らみを感じる。
味のバランスの良さは変わらず、食中酒に合う。


石川酒造所は、甕熟成の古酒を柱にしているが、この島風は、その甕熟成泡盛本来の伝統的な味わいとは別に爽やかな飲みやすさをイメージして商品設計がされているようだ。

バランスが良く、飲みやすいので、食中酒として使いやすく、ジュースで割ってみたりしても楽しめる。

ガッツリとした泡盛の香りや辛味・渋み・苦味のパンチを求める人には、物足りないかもしれないが、バランスが良いので多くの人に合いそうだ。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016/10/29  日記  秋深し

2016-10-29 18:30:34 | (2)日記

2016/10/29(土)旧暦:929日 祝日・節気: 日出:559分 日没:1649分 月出:420分 月没:1613分 月齢:28.12 干支:甲申 六曜:先勝 九星:四緑木星

今日の季語: 秋深し

clip_image002
(アウトドアライフの記録
http://blog.goo.ne.jp/yochanh1947/e/4394fb44bf8fb8edc3febc948f227750
より転載)



『秋深し(あきふかし) 晩秋
子季語: 秋闌、秋闌く、秋更く、秋深む、深秋
解説: 秋の深まるころ、季節としては晩秋(十月)、もの淋しさの漂うころのことをいうが、多分に心理的な言葉でもある。
来歴: 『毛吹草』(正保2年、1645年)に所出。
文学での言及: 秋深みよそにのみきく白露のたが言の葉にかかるなるらん 平伊望朝臣女『後撰集』
秋ふけぬなけや霜夜のきりぎりすややかげ寒し蓬生の月 後鳥羽院『新古今集』
秋ふかき淡路の島のありあけにかたぶく月をおくる浦風 慈円『新古今集』
』(季語と歳時記)



秋深しの俳句:



・葛城山に雲のひとひら秋深し   松宮幹彦



・黒牛に神島蒼し秋深し   金子兜太



・砂浜に人影もなく秋深し   本郷宗祥



・畦道に榛の木の影秋深し   國保八江



・よべ荒れしなごりの山路秋深し   稲畑汀子




お天気の変化がめまぐるしい。
昨日の夜、車で家路を急ぐ時、雨が激しく降っていた。
ワイパーの速度を上げても、雨に濡れたガラスの視界はよく見えないほどだった。
冷たい雨は、次第に車の中まで入り込んできそうだった。

今日の昼、同じ道を走った。
同じ道とは思えなかった。
秋の陽射しに、刈田は明るく照らされ、稲架にかけられた稲も今日は秋の陽と風を楽しんでいた。

沖縄の夏の感覚から抜けていないのに、もうこの道は秋も最終場面だ。
今日は、どこかで木枯らし1号が吹いたらしい。いずれこの先の銀杏の葉も木枯らしに吹かれることだろう。

荒れるのも自然だが、荒れが過ぎ去った後の自然は、空気もきれいで陽も輝き、美しい。
秋も深い。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016/10/28 Windows10 エクスプローラーの右回転に困った話 (その3)

2016-10-28 21:03:46 | (21)デジタル空間


Windows10
環境でエクスプローラーで画像を回転させると、回転したように見えるが、WORDに貼り付けるともとに戻ってしまう現象について、下記の記事で取り上げた。

2016/09/29 Windows10 エクスプローラーの右回転に困った話 (その2)」
http://blog.goo.ne.jp/nabanatei/e/37192dfa700fa8bd98b7ee88b2866268


32bit
環境のazure_alternativesWOW64Menuを用いて、エクスプローラーで回転させると、問題を解決できる内容だ。


その後、WOW64Menuが寄付をしないと使用できなくなってしまった。

そこで、再度Free Softを探してみた。


k
本的に無料ソフト・フリーソフト に
JPEG Lossless Rotator」が紹介されている。
このソフトは、64bit環境でも動くので、WOW64Menuを使う必要もない。

ダウンロード先は、k本的に無料ソフト・フリーソフトに掲載がある。

http://www.gigafree.net/tool/retouch/jpeglosslessrotator.html




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016/10/28  日記  夜寒

2016-10-28 20:33:06 | (2)日記

2016/10/28(金)旧暦:928日 祝日・節気: 日出:559分 日没:1650分 月出:325分 月没:1542分 月齢:27.12 干支:癸未 六曜:赤口 九星:五黄土星

今日の季語: 夜寒

clip_image002
(京都の無料写真素材
http://photo53.com/togetsukyou2.php
より転載)



『夜寒(よさむ) 晩秋
子季語: 宵寒、夜寒さ、夜を寒み
関連季語: そぞろ寒、やや寒、肌寒、朝寒、秋寒、露寒、うそ寒
解説: 夜更けになると感じられる寒さ。日中感じられない寒さも、夜になると冷えて寒さが際立つ。「朝寒」とは異なり、古くから詩歌に詠まれてきた。「寒き夜」、「夜寒き」は冬である。
来歴: 『花火草』(寛永13年、1636年)に所出。
文学での言及  さ夜ふかく旅の空にて鳴く雁はおのが羽かぜや夜さむなるらん 伊勢大輔『後拾遺集』
きりぎりす夜さむに秋のなるままによわるか声の遠ざかりゆく 西行『新古今集』
』(季語と歳時記)



夜寒の俳句:



・夜寒さの墨絵のごとし渡月橋  長尾良子



・夜寒さや覚めて個室の壁白き  政木紫野



・旅戻りの己が影踏む夜寒かな   阪上多恵子




十月も末だから当然といえば当然だが、今日は寒い。
明日は少し戻すが月曜日から一段と気温は下がるらしい。
おそらく木枯らしも吹くだろう。

31
度の世界で汗にまみれていたのが、急に晩秋の世界に戻ったので、寒くて仕方がない。
流石にストーブは出さないが、厚手の上着とパイルの靴下を出して、寒さに備えた。

阪上も同じような状況だったのだろう。




今日、テンプレートをハロウイーンに変更した。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016/10/27  日記  身に入む

2016-10-27 21:40:10 | (2)日記

2016/10/27(木)旧暦:927日 祝日・節気: 日出:558分 日没:1651分 月出:230分 月没:1510分 月齢:26.12 干支:壬午 六曜:大安 九星:六白金星

今日の季語: 身に入む

「高橋竹山 津軽じょんがら節」

https://youtu.be/hCEWmlV84ZA



『身に入む(みにしむ) 三秋
子季語: 身に沁む
解説: 秋の冷気やものさびしさが、身に深くしみるように感じること。和歌では「身にしむ風」「身にしむ秋」などと秋の冷やかさとともにつのるものさびしさをあらわす言葉だった。
来歴: 『花火草』(寛永13年、1636年)に所出。
文学での言及: 月はよしはげしき風の音さへぞ身にしむばかり秋はかなしき 斎院中務『後拾遺集』
風の音の身にしむばかり聞ゆるは我身に秋や近くなるらん よみ人知らず『後拾遺集』
秋ふくはいかなる色の風なれば身にしむばかりあはれなるらん 和泉式部 『詞花集』
夕されば野べの秋風身にしみて鶉鳴くなり深草の里 藤原俊成『千載集』
秋風は身にしかばかり吹きにけり今や打つらむ昧がさごろも 藤原輔尹『新古今集』
』(季語と歳時記)



身に入むの俳句:



・身にしむやほどきて母の針の跡  吉田きみえ



・身にしむや仏になれぬ木屑散る  柴田久子



・じよんがらの転調急や身に入みて  千田敬





昨日、沖縄から帰った。
中部国際空港に飛行機が降り、ドアが開きビルへの通路を歩くと、空気は違っている。
3時間前までは、半袖シャツ1枚で汗ばんでいたが、此処はもう秋も深い。
出口に向い、動く歩道を降り、ベンチにキャリーバッグを載せ、上着を取り出して袖に手を通すと、秋の風情になった。

那覇ではクーラーをかけ、Tシャツ1枚で寝ていたが、昨日は厚手のパジャマに夏掛けを肩までかけたが、それでも未明は寒かった。

今朝顔を洗うと、汗、汗、汗、流れる汗の那覇から舞い降りた家の秋の深さが身にしみた。


千田は「身に入み」ては転調の急と言う。
変化の無い、いつも通りには、心の変化も触発されない。
どうやら、「身に入む」は急な変化が背景にある時、忍び寄る感覚のようだ。

昨日、今日はそれでもまだ秋の好日だそうだ。
明日の雨が終わると気温は急に下がるとお天気予報士が話していた。

そぞろ身にしむ秋の風が吹く時節なのだ...




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016/10/26  日記  新酒

2016-10-26 19:50:00 | (2)日記

2016/10/26(水)旧暦:926日 祝日・節気: 日出:557分 日没:1652分 月出:133分 月没:1438分 月齢:25.12 干支:辛巳 六曜:仏滅 九星:七赤金星

今日の季語: 新酒

clip_image001

(日本泉 純米吟醸 無濾過 ふなくちしぼり
サンテック
http://www.suntec-ibi.com/newpage34.html
より転載)




『新酒(しんしゅ) 晩秋
子季語           今年酒、早稲酒、新走り、利酒、聞酒、新酒糟
関連季語       
解説: その年の新米で醸造した酒。昔は、新米が穫れるとすぐに造ったので、秋の季としたが、今は寒造りが主流となった。とはいえ、新米の収穫のめでたさを祝う思いがこの季語には含まれる。
来歴:  『花火草』(寛永13年、1636年)に所出。』
(季語と歳時記)



新酒の俳句:



・この後の新酒に心躍る句座  稲畑廣太郎



・鰻重とくれば尾張の新酒かな  益本三知子



・吉野杉升に新酒をなみなみと  伊藤マサ子




俳人には酒飲みが多いようだ。
稲畑も同様らしい。
句を作り、気心の知れた句友と、酒酌み交わすのは楽しいに違いない。
まして新酒となれば、話は弾み、酒はうまい。

個人的には、鰻に合わせるには三千盛が好きなのだが、尾張の酒となれば何だろう。
香りや味の濃淡、五味のバランスに思いを馳せて、あれやこれや品定めするのも悦びだ。

伊藤さんは、いける口だ。
しかも、豪快のようだ。

多くの蔵では、新酒の仕込みが始まっているはずだ。
口にできるのは12月ころだろうが、フレッシュなピチピチの新酒は心を明るくさせる。

それまで待てない人は、岐阜の日本泉がある。
ここは、四季醸造なので2016BYの新酒を出している。
「酒の中島屋」で入手できる筈だ。

http://nakasimaya.sakura.ne.jp/




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016/10/25  日記  青蜜柑

2016-10-25 19:38:00 | (2)日記

2016/10/25(火)旧暦:925日 祝日・節気: 日出:556分 日没:1653分 月出:036分 月没:1403分 月齢:24.12 干支:庚辰 六曜:先負 九星:八白土星

今日の季語: 青蜜柑

clip_image002

MOTTAINAI
http://mottainai-info.shop-pro.jp/?pid=99777774
より転載)



『青蜜柑
三秋
           .
ミカン科の柑橘類のうちミカン属に属するものの総称。静岡、和歌山、愛媛などの温暖地に多く産し、初めは緑色に実るが晩秋には黄色く色づく。甘酸味があり食用とする。表皮が青いまま店頭に出るものもある。』
(季語と歳時記)



青蜜柑の俳句:



・鉢物にして初なりの青みかん  仁平則子



・同棲をケロリと認め青みかん  近藤千雅



・未来とはかく光るもの青蜜柑  上崎暮潮




蜜柑の種類も多種多様で、青くても甘い蜜柑も存在するだろうが、一般的には青蜜柑は酸っぱいもの。

酸っぱい、まだ熟していないのが青蜜柑。
まだ未完成が青蜜柑の性格だ。
だが、それを楽しむ人もいる。
未熟さの持つフレッシュ感・若々しさが、そこに感じられるからだ。

フレッシュが良いのか、熟するのが良いのか、それが問題だ。
お酒の世界でも肉の世界でも魚の世界でも問題だ。

飲食だけではなく、人間でも問題かもしれない。

近藤の句。
娘だろうか。
久しぶりに帰郷した娘の様子がおかしい。
問い詰めると、ケロリと彼と同棲しているという。
この青蜜柑が!!

しかし、青蜜柑の力には未熟が在る、未完が在る、未来が在る。
まだ来たらざるものに、将来を委ねるしか方法はない。


沖縄には、「カーブチー」という沖縄在来の蜜柑がある。
「カー」は方言で皮を意味し、ブチーは厚いを意味し、皮の部分が多く、果肉が相対的に少ない。
外見も、ゴツゴツして見栄えが良くないのだが、実際には剥きやすく、口に入れると意外にも味は酸味が弱く、爽やかな甘味があり、香りも個性的だが良い香りを感じさせる。
この外見と内容の不一致がカーブチーの魅力だ。

カーブチーの旬は今で、果皮が緑のうちに収穫されている。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016/10/24  日記  みせばや

2016-10-24 19:35:00 | (2)日記

2016/10/24(月)旧暦:924日 祝日・節気: 日出:555分 日没:1654分 月出:#NAME? 月没:1325分 月齢:23.12 干支:己卯 六曜:友引 九星:九紫火星

今日の季語: みせばや

clip_image002
(ビートル的蔵王の暮らし
http://beetle-net.cocolog-nifty.com/blog/2011/10/post-beee.html
より転載)



『みせばや: 玉の緒、見せばや
晩秋
ベンケイソウ科の多年草で古くから観賞用として栽培されてきた。
多肉質の輪生した三枚の葉が垂れ下がり、秋、茎頂に桃色の球形の花を多数つける。冬には全体に紅葉する。名は高野山の法師が詠んだ和歌にちなむものと言われている。』
(季語と歳時記)



みせばやの俳句:



・みせばやに風の明るき武家屋敷  竪ヤエ子



・みせばやにころころ遊ぶ雀どち  関口ゆき



・みせばやや糠雨かかる遊女の碑  谷野由紀子




「みせばや」という名前は良い響きが在る。
良い名前を貰うことは重要な事だ。

記事にある「高野山の法師が詠んだ和歌」を知りたくて探してみたが見つからない。
どうやら、これは誤伝のようで和歌は存在しないようだ。
事実は、高野山の僧が和歌の師匠の冷泉為久卿に送った手紙に、この花の美しさを讃えて「君に見せばや」と書き添えたことに由来しているようだ。

花としての「みせばや」も「玉の緒」も和歌にはあまり詠まれていないようだ。

「みせばや」を詠むなら俳句が良い。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016/10/23  日記  霜降

2016-10-23 19:52:00 | (2)日記

2016/10/23(日)旧暦:923日 祝日・節気:霜降、下弦 日出:554分 日没:1655分 月出:2337分 月没:1243分 月齢:22.12 干支:戊寅 六曜:先勝 九星:一白水星

今日の季語: 霜降

「スズメ"Passer montanus"の鳴き声。201410月」

https://youtu.be/l3qEdwyI8iU



『霜降(そうこう)は、二十四節気の第18。九月中(通常旧暦9月内)。

現在広まっている定気法では太陽黄経が210度のときで1023日・24日ごろ。暦ではそれが起こる日だが、天文学ではその瞬間とする。恒気法では冬至から10/12年(約304.37日)後で1022日ごろ。

期間としての意味もあり、この日から、次の節気の立冬前日までである。

西洋占星術では、霜降を天蠍宮(さそり座)の始まりとする。

季節
露が冷気によって霜となって降り始めるころ。『暦便覧』では「露が陰気に結ばれて霜となりて降るゆゑ也」と説明している。

楓や蔦が紅葉し始めるころ。この日から立冬までの間に吹く寒い北風を木枯らしと呼ぶ。
...』(Wikipedia



霜降の俳句:



・志賀山の霜降る夜道兎跳ぶ 堀口星眠



・霜降や金網くぐる雀らよ 別府ますみ





今日は霜降。
秋の露が霜に変わる日だ。
これから木枯らしが吹き始め、枯れ葉が舞い、樹樹が裸になれば、冬景色に変わる。

10月も20日を過ぎると、北国では北風に乗って雪が降り積もる。根雪になるのはまだ先だが、冬間近を感じさせる。

これから、樹木にも動物にも厳しい季節になる。

野生の動物は、冬が越せるか保証も保護もない。
自分の力で、生き延びて、春にたどり着く道しかない。

兎や雀も霜降の日は忙しく、のんびりと行楽気分ではいられない。
俳人たちの詠む志賀山の兎も金網の雀もきっと忙しいのだ。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016/10/22  日記  時代祭

2016-10-22 19:27:00 | (2)日記

2016/10/22(土)旧暦:922日 祝日・節気: 日出:553分 日没:1656分 月出:2237分 月没:1155分 月齢:21.12 干支:丁丑 六曜:赤口 九星:二黒土星

今日の季語: 時代祭

「カメラは落馬事故を捉えた! 時代祭のハプニング! Samurai was fell from the horse!?

https://youtu.be/Xun6s6ojM8c



『時代祭(じだいまつり)は、京都市の平安神宮の祭りである。神宮創建を祝って始められたものであり、京都三大祭りの一つであるものの、葵祭や祇園祭に比べると歴史は浅い。

起源
1895
年(明治28年)に平安神宮が創建されたのち、神宮の管理と保存のための市民組織として平安講社が作られ、その記念事業として「祭り」が始められた。祭りを盛大にするため、東京奠都以前の京都の風俗を遡る時代行列が提案され、「時代祭り」と呼ばれるようになった[1]。初回は、創建されたばかりの平安神宮への参拝として同年1025日に行われ、その次の回からは、「祭神である桓武天皇と孝明天皇の二柱の御霊が、住まいであった御所から街の繁栄を見ながら行列のお供を従えて神宮へ行く」形となった。開催日も桓武天皇が長岡京から都を移し新しい都に入ったとされる日、すなわち京都の誕生日とも言える1022日となった。祭り自体は1015日の参役宣状祭(行列の役柄任命)から、23日の後日祭までの期間行われる。

行列の編成
行列は8つの時代、20の列でそれぞれに時代を再現した衣装や道具を身につけた人々で行われ、最初は明治維新、ついで江戸、安土桃山、室町、吉野、鎌倉、藤原、延暦と時代を遡って続く。参加人数は約2000人、長さは2kmに及び約3時間の行程となる。先頭の名誉奉行は京都府知事、京都市長らが務める。また時代行列の後には祭り本来の主役である神幸列などが続く。

行列前方、明治維新・維新勤王隊列の鼓笛隊は官軍の山国隊で、1895年(明治28年)の第1回から大正時代までは生存していた旧山国隊の隊士とその子弟が行列に参加していたが、1921年(大正10年)からは、第八社の人々によって新たに維新勤王隊が新設された。

つづく徳川城使上洛列は、大礼や年始などの際に親藩または譜代の諸侯が城使として上洛したものを再現したものである。行列の先頭には、槍持、傘持、挟箱などの奴振りがみられ、いわゆる大名行列の体をとっている。

また、明治以降、南朝を正統とする皇国史観や明治から終戦まで後醍醐天皇に叛き室町幕府を開いた室町幕府の初代将軍 ・足利尊氏を国賊としていた歴史的経緯などから、室町時代は除外されていたが、2007年(平成19年)より桓武天皇1200年記念大祭を機に室町時代列が新たに行列に加わった。
...』(Wikipedia



時代祭の俳句:



・烏帽子飛ぶ時代祭の馬荒れて 野崎ゆり香



・大将の馬がむづかる時代祭 重見和子



・落馬して時代祭の翁かな 村杉踏青




時代祭の行列では、馬に乗っている時代のほうが、車に乗っている時代のほうが遥かに長い。

時代考証に沿って、馬上豊に行列をすると見栄えも良い。
そのため多くの馬が動員され、行列を飾り立ててくれている。

シナリオ通り、行列が整斉と行進していく筈なのだが、現実には馬が言うことを聞かないこともあるようだ、
俳人たちも目にした光景を詠んでいる。

Youtube
を見ると、矢張りそのようなハプニングがカメラに撮られている。

考えてみれば、シナリオ通り、待たされながら、少しずつ行進していくのは馬にとっては迷惑な話。
しかも、乗っている人間は現実には赤の他人で、毎日世話をしてくれるご主人ではない。
馬の扱いに慣れている人ばかりではないだろう。
馬にとって見れば、訳の分からない人間をいつまでも背中に乗せている辛抱にも限度がある。

馬は暴れる、落馬もある。
それが、今の時代祭と考えた方が良い。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016/10/21  日記  落鮎

2016-10-21 19:23:00 | (2)日記

2016/10/21(金)旧暦:921日 祝日・節気: 日出:552分 日没:1658分 月出:2138分 月没:1101分 月齢:20.12 干支:丙子 六曜:大安 九星:三碧木星

今日の季語: 落鮎

「産卵前の落ち鮎の群れ 水中撮影動画映像 静岡県興津川」

https://youtu.be/dPcjnm5RIFY



『落鮎: 鮎落つ、錆鮎、渋鮎、下り鮎、とまり鮎、秋の鮎
三秋
鮎は九月から十月頃産卵のため三百グラムほどにもなり、下流へと下る。その頃になると腹は赤みをおび鉄が錆びたような色になる。錆鮎ともよぶ。産卵した鮎は、体力消耗して、多くは死んでしまう。それゆえ、一年魚ともされる。』
(季語と歳時記)



落鮎の俳句:



・鮎落ちて星のきらめく夜となれり  山田春生



・鮎落ちて青を深むる仁淀川  佐々木新



・鮎落ちて簗場に風の鳴るばかり  柴田良二




鮎は春先の稚鮎から始まり、晩秋の落鮎まで人を楽しませてくれる。
季節感とともに、鮎は成長し、親になり、子を残して、短い一生を終える。
人間にとっては、ありがたい存在だ。

落鮎は、鮎の一生の総決算、最後のお祭りだ。
これを無事に終えれば、もうそれで死んでも良い。

鮎が落ちたあと、空も川も実に美しい。

人が楽しませてもらった簗場には、主の居なくなった舞台で秋風がエピローグの曲を奏でている。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加