菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。
散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

2017/08/13  日記  迎火

2017-08-13 16:59:10 | (2)日記

2017/8/13 (日) 旧暦: 622日 祝日・節気:  日出 : 458分 日没: 1833分 月出: 2156分 月没: 1005分月齢: 20.72 干支: 壬申 六曜: 先負 九星: 四緑木星

今日のあれこれ: 迎火

2017年 迎え火」

https://youtu.be/ciOleVDL-vY



『迎え火(むかえび)とは、客人や神霊をむかえるためにたく火のことである。神迎えや婚礼、葬式にも使われるが、一般的にはお盆の時の先祖の霊を迎え入れるためにたく野火のことを指す。1日から7日にやる地方もあるが、一般的には713日または813日の夕刻に行う。地域によっては御招霊など大掛かりなものもある。以前からあったが、年中行事として定着したのは江戸時代と言われている。

また迎え火の変形として盆提灯がある。これも同じく先祖の霊を迎え入れるための目印であり、また先祖の霊が滞在しているしるしであるとされる。この風習は鎌倉時代から行われている。さらに竿燈や五山送り火のように発展したり、送り火に変化したものもある。

方法
地域や条件により様々有って統一様式はないが、

 
・家の門口や辻で皮を剥いだ麻の茎(オガラ)を折って積み重ね、着火する。これが最も一般的な方法である。
 
・麦藁を焚きながら「盆さま盆さま お迎え申す。」と大声で叫び、子供がその火を持ち、再び火を焚く。これは主に関東地方に多い方法である。
 
・墓から家までの道に108本の白樺の皮を竹につけ、順に火をつける。
 
・墓から山まで先祖の霊を迎える。
 
813日夕、墓のある自家農地や町内の菩提寺まで、家紋入り提灯をもって家族ほぼ総出で墓参りに行き、帰路は提灯に灯りを付けて帰り、その火を仏壇に点灯する。送り火は16日夕(15日夕)に逆に墓まで提灯を点灯、墓参りして消灯後戻る。

さらに2度目の迎え火を814日未明に行う地域もあるが、地域の伝承習慣であり来歴子細は不明。
多数が都会に出るようになり、墓も集団墓地に集約されて、菩提寺参りが現実的でないことで自宅前で済ませる省略形が先出「一般形」になった様である。

現状
火災等の原因になることもあるため、焙烙の上で焚いたり、盆提灯に電灯を灯したり、装飾のみで迎え火とする場合もある。』
Wikipedia



迎火の俳句:



・いざたまへ迎火焚てまゐらせん 正岡子規



・一束の地の迎火に照らさるる 橋本多佳子



・迎へ火にあの世この世の人つどふ  三浦如水



・迎へ火に手合せ拝む幼き児  吉田博行



・逆縁の迎火焚いて老ひとり 上林白草居




今日は、お盆の迎火の日。
お盆は地域によって新盆もあり旧盆もある。
同じ地域でも新旧に別れるところもある。

夏休みが8月になっていることもあり、お盆については月遅れの8月の方が優勢だ。


御魂をお迎えする炎を見ていると。
心がふわりと浮いて現世の縛りから解放される感覚がある。

自然科学の世界ではない心の世界がある。
迎火に照らされた世界には、あの世から来た魂とこの世の人が集り昔話に花が咲く。

魂が目に見えるとか魂の言葉が耳の鼓膜を振動させるとか、そんなことはどうでも良い。
迎火が闇を照らし、魂との語らいがされるのは事実なのだから。


お迎えに幼い児がいるなら、それは魂も喜ぶこと間違いない。

上林のように逆縁の魂、それは子供なのか妻なのかわからないが、を老いて一人迎えるのは慰められることではあるが、やはり淋しい。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017/08/13  日本400mリレー... | トップ | 2017/08/14  日記  阿波踊 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む