菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。
散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

2017/05/14  日記  母の日

2017-05-14 06:31:18 | (2)日記

2017/5/14 (日) 旧暦: 419日 祝日・節気: 母の日 日出 : 436分 日没: 1838分月出: 2125分 月没: 659分 月齢: 17.61 干支: 辛丑 六曜:仏滅 九星: 五黄土星

今日のあれこれ: 母の日

「「母の日」 ちょっと変わったプレゼントが人気に・・・(17/05/13)

https://youtu.be/asBW1NwcLdo



『母の日(ははのひ)は、日頃の母の苦労を労り、母への感謝を表す日。日本やアメリカでは5月の第2日曜日に祝うが、その起源は世界中で様々であり日付も異なる。例えばスペインでは5月第1日曜日、北欧スウェーデンでは5月の最後の日曜日に当たる。


起源
...
アメリカでは南北戦争終結直後の1870年、女性参政権運動家ジュリア・ウォード・ハウが、夫や子どもを戦場に送るのを今後絶対に拒否しようと立ち上がり「母の日宣言」(Mother's Day Proclamation)を発した。ハウの「母の日」は、南北戦争中にウェストバージニア州で、「母の仕事の日」(Mother's Work Days)と称して、敵味方問わず負傷兵の衛生状態を改善するために地域の女性を結束させたアン・ジャービス(Ann Jarvis)の活動にヒントを得たものだが、結局普及することはなかった。

ジャービスの死後2年経った1907512日、その娘のアンナ(Anna Jarvis)は、亡き母親を偲び、母が日曜学校の教師をしていた教会で記念会をもち、白いカーネーションを贈った。これが日本やアメリカでの母の日の起源とされる[1]

アンナの母への想いに感動した人々は、母をおぼえる日の大切さを認識し、1908510日に同教会に470人の生徒と母親達が集まり最初の「母の日」を祝った。アンナは参加者全員に、母親が好きであった白いカーネーションを手渡した。このことから、白いカーネーションが母の日のシンボルとなった。アンナ・ジャービスは友人たちに「母の日」を作って国中で祝うことを提案。

1914
年に「母の日」はアメリカの記念日になり、5月の第2日曜日と定められた[2]
...
オーストラリア

日本
1913
年に青山学院で、母の日礼拝が行われた。アンナ・ジャービスから青山学院にメッセージが届き、当時青山学院にいた女性宣教師たちの熱心な働きかけで、日本で「母の日」が定着していくきっかけとなったとされる。

大日本連合婦人会が1931年(昭和6年)に結成された。その際、同組織は皇后(香淳皇后)の誕生日である36日(地久節)を「母の日」とした[1][4]が、普及しなかった。

1937
年(昭和12年)58日に、第1回「森永母の日大会」(森永母を讃へる会主催、母の日中央委員会協賛)が豊島園で開催された[5]。その後、1949年(昭和24年)ごろからアメリカに倣って5月の第2日曜日に行われるようになった。

母の日には、カーネーションなどを贈るのが一般的である。

なお、あまり知られていないが、55日のこどもの日は、国民の祝日に関する法律第2条によると「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝すること」が趣旨となっている。
...』(Wikipedia



母の日の俳句:



・母の日に届き五色のカーネーション  和田崎増美


・母の日に電話一本届きけり  野口年江


・誰も来ず声も出さざる母の日よ   品川鈴子


・愚痴聴いてやらぬを悔む母の日よ   佐々木力


・吾子ふたり母の日のもう何もいらぬ   辻美奈子



母の日はプレゼントがお決まり。
世の中には色々な母がいるので、母の日のチェックが厳しい家もあるらしい。
プレゼントは、お花、スイーツ、日傘、バッグ、美容、健康グッズ...様々なものが用意されている。

和田崎は、スタンダードに五色のカーネーション。
野口は電話一本、満足しているような、していないような。
品川は誰にも合わず話さずで淋しそうだ。
息子の佐々木は、存命なのか亡くしてしまったか不明だが、話を聞くことが良いことだとわかっている、解っていながらしなかったことを悔いている。

女はお喋りが好きだ、どんなことでも、同じことの繰り返しでも、兎に角目の前に心許せる家族がいて話ができれば、それが嬉しいことだ。

子供が二人居れば、もう何もいらない辻は理知的だ。

母を亡くしてしまった人は、どうしたらよいのだろう。
お墓参りもよいかもしれない。
昔の写真を取り出して話しかけてみると喜ぶかもしれない。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017/05/13  日記  鰹 | トップ | 2017/05/15  日記  藤の花 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む