菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。
散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

2010/10/17 レンズ沼(9)ROBOTAR 28mmF2.8 と路傍の花

2010-10-17 23:58:29 | (20)カメラ・映像

お気に入りのROBOTAR 28mmをG1に付けて、歩け歩け運動に出かけた。
 運動をしながら、出逢う路傍の花を撮っていこうと考えた。


このレンズは、小型軽量で持ち運びやすい。28mmなのでG1に付けると56mm相当で、標準レンズ的な使い方ができる。
 もう一つ好きなのは、最短距離撮影が20cmなので、マクロ並みに近寄ることが出来る。
 花を撮るには都合が良い。


ある日、名古屋栄のトップカメラの中古コーナーにフラリと寄った時、M42マウントのショーケースの中を覗いていると、フジノン50mmの隣に新しそうな外観のレンズがあった。
 店員に取り出して見せてもらうと、ROBOTARと書いてある。MADE IN JAPANと書かれているが、聞いたことのないレンズ。
 店員に訊ねてみたが、判らないとのこと。
 28mmのレンズが欲しかったので、リスクはあったが購入した。前後キャップも無し、レンズ本体で4200円(税込)。ROBOTARのフロントキャップは手に入らないだろうが、代用品で済ますことが可能だろう。


 



レンズ外周の銘板の印字は、印刷で安っぽいが、鏡銅は金属製なので適当な重さがある。


 
面白いのは、普通、焦点をあわせるために回転させるヘリコイドは、構えた状態で右方向(時計回り)だが、このレンズは左方向で、左右逆である。


 


【試写】
歩きながら、目についた花を次々に、挨拶代わりにカメラに収めた。
 路傍の花は思ったより多かった。 ちょうど咲いていてくれたのは、縁のある花たちだ。


以下はその一部だ。


 
ボケ味は素直で良い感じだ。











  


  
風景の立体感、発色も古いレンズにして聞いたこともないレンズにしては、期待以上だ。


 






 


 


 


 



 


 


 


 


 


 虫のように花から花へ飛んで歩いていると、時間がかかる。歩く楽しみがあった所為か遠いコースを歩いたので、ゴールの到着したのは、制限時間ギリギリだった。



このROBOTAR28mmは、使い勝手の良いレンズであることが再確認できた。
 LUMIX G1のMFの常用レンズの1本になる力がある。


ROBOTARのメーカーは何処か調べてみたが、それらしい情報は見つからない。
 M42レンズの一覧表に掲載があったりするが、メーカー不詳になっている。


色々調べてみると、推測ではこのレンズはスチールカメラ用のものではなく、監視用のビデオカメラについていたものではないだろうか。
 監視用のレンズは、マミヤもPENTAXも生産しているから、ROBOTARは仮の名で、本当のメーカーは名の知れたところかも知れない。


調べているとこんな記事が書かれているサイトがあった。
「M42MOUNT SPIRAL」
http://spiral-m42.blogspot.com/2010/06/cpc-computar-35mmf28m42.html


このブロガーは、M42マウントのCOMPUTAR 35mm F2.8を入手したが、詳細がわからない。調べているうち、
「navyblueさんの仕事の取引先にCBC株式会社という企業があり、ここが製造している監視カメラ用レンズのブランドの名がCOMPUTARであるというのだ。CBC社に電話で問い合わせてみたところ「確かに15年程前にペンタックス・スクリューマウント向けに若干数を限定製造した覚えがあるが、正規に販売した商品ではない」との返答。面白い!そして、製造元は判明した。本品は監視カメラ用レンズで世界トップシェアを誇るCBC株式会社がM42マウントのラインセンサー用高性能カメラを造るという取引先の要望に応じ、若干数を限定生産したレンズである。確認は取っていないが電話で応対してくださった方のお話から察すると、取引先はペンタックスのようである。本品と同じ外観を持つ同一品らしきレンズが監視カメラ(CCTY)用としても販売されている。こちらは多分、c-mountであろう。...」


このROBOTARも同じような素性のもとと思われる。
知っている人がいたら教えてください。


【データ】
ROBOTAR
焦点距離:28mm
F値:2.8

絞り値: 2.8~22
焦点距離: 28mm
最短撮影距離:0.2m



 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2010/10/17 尖閣侵略糾弾デ... | トップ | 2010/10/18 日記 猿酒 »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Robotar 28mm f2.8について (Ted)
2016-11-13 09:02:33
このレンズは小堀製作所製です。直接メールして確かめたので間違いありません。OEM生産したそうで、テフノン同スペックと同じものだそうです。某サイトでも紹介されていましたが、私が経験したマニュアル28mmレンズでは最高のものでした。しかし、最近使ってみると、どうも以前のような描写が得られません。オートのカラーバランスがうまく出ず、フレアも増したように思えます。NEX-5NからNEX-C3に替えたためか(センサー自体か何かC3は5Nより若干劣るうようです)、コーティングが劣化したのではないかと睨んでいます。もういちどあの描写を得たいといろいろ探しています。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

(20)カメラ・映像」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事