菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。
散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

2011/05/29 第2回美濃天狗を楽しむ会(その1)

2011-05-29 23:56:07 |    日本酒の会
 

台風2号の余波で生憎の雨になった。
昨年良い会だったので今年も、昼から第2回美濃天狗を楽しむ会に出席した。


作年の記事は、
「2010/06/06 第1回「美濃天狗を楽しむ会」-その1」
http://blog.goo.ne.jp/nabanatei/e/f08d3ca5bc097a62f55a4cbe3c7c0a86


今年は、一月程前からアナウンスはあったが、HP・ブログにイベントのお知らせがなかったので、中止になったと思っていたところ、出欠の照会電話があり、その後案内状が来た。
今回は、出席者30人の限定のため公開はされなかったようだ。


 



日時: 平成23年5月29日
     12:00~15:00
会場: 美濃天狗林酒造
会費: 10000円


4月の春爛漫新酒大試飲会は、春光に恵まれて春の野辺歩きを楽しむことができたが、強化かなり強い雨。
 回復のめども立たないので車で行くより方法はない。


12時15分前ぐらいについたが人影はなく、傘を叩く雨音だけが聞こえる静けさだ。


 


玄関を入り、受付を済ませると、会場の座敷に案内された。
参加者は、まだ少ないが10名程来場していた。



 
それぞれ、雨に洗われて光を増した庭の新緑に目をやったり、座敷を見ながら歓談している。


会場の写真を撮っていると、蔵元のお姉さんであり今日の料理のプロデューサーであるYOKOさんに声を掛けられた。


座敷の奥にあるYOKOさんのクッキングサロンにご案内いただいた。
 座敷の奥には入ったことがなかった。
座敷から廊下で繋がっているが、見通しがきかなくて庭の先に出た離のような印象なので、個人的な居住空間のような気がしたからだった。


廊下を曲がって見通しのきく位置まで進むと、予想に反して洋風の広い空間が目の前に広がった。


 
部屋の入口では、紫の花びらがお出迎え。
紫陽花だろうか。


 
部屋の奥には大きなクッキング用の設備が設置されている。
ここは、YOKOさんのクッキングサロンのお城だった。


 
入り口に近い方には、テーブルが用意されている。
テーブルの上には、今日の料理が準備されている。


手前のソファーでは、数人の女性たちが歓談している。
サロンのメンバーの方たちなのだろう。


会場の座敷に戻る。


 
座席のレイアウトは、前回とは違って四角い広いテーブルけ押しきである。 1テーブル10名となっている。
 座敷入り口の応接スペース、座敷の板の間にも席が設けられているので、作年より人数が多くなっているのだろう。


 
会場入口には、金屏風の前にお花と美濃天狗が置かれている。


 



 
定刻の12時になり、林伊兵衛蔵元の挨拶で開宴となった。
今日の参加者は、定員30名だったが希望者が多く最終的には39名の参加者となった。
 東日本大震災に対する南部美人他の東北の蔵のYOUTUBEアピールにより、東北の蔵の出荷量は平時の数倍となったとのことだ。
 何事もアピールが必要なのだ。




【今日のお酒と料理】
 テーブルに置かれたお品書きを見ると、今日は、お酒と料理の取り合わせが考えられた趣向になっている。
 いつも、上等な日本酒を前提にした、料理を提供して欲しいと思っているので、このような試みは大歓迎である。


 


第2回美濃天狗を楽しむ会メニュー


乾杯酒 袋しぼり しずく酒 
 一 先 付 汲上げ湯葉 生海胆 山葵


合わせ酒 60%純米 生原酒
 一 お造り 鰹のたたき


合わせ酒 45%純米大吟醸 生原酒
 一 八 寸 韮卵焼き 蛸の酢煮 枝豆 鴨ロース
       浅蜊のおから 芽キャベツの煮


合わせ酒 35%純米大吟破 いひょうゑ しずく酒
 一 煮 物 鰻の煮ひたし
 一 焼き物 すずきの柚子庵焼 焼茗荷 すだち


合わせ酒 吟醸大古酒 十二代 伊兵衛
 一 揚 物 海老と茄子の包み上げ
 一 酢の物 鮑と帆立のゼリーかけ


 一 御 飯 五平餅 じゃが芋飛び子 芹の胡麻酢あえ


 一 デザート 日本酒のトリフチョコレート
        コーヒー又は紅茶


          平成二十三年五月二十九日



ジャンル:
お酒・お茶
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2011/05/29 第2回美濃天狗... | トップ | 2011/05/31 日記 草苺 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む