菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。
散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

2017/07/17  日記  海の日

2017-07-17 20:11:42 | (2)日記

2017/7/17 (月) 旧暦: 閏524日 祝日・節気: 海の日、下弦 日出 :437分 日没:1856分 月出:2355分 月没:1212分 月齢:23.02 干支: 乙巳 六曜: 仏滅 九星: 四緑木星

今日のあれこれ: 海の日

clip_image002
(株式会社日比谷花壇
http://www.hibiyakadan.com/lifestyle/z_0057/
より転載




『海の日(うみのひ)は、日本の国民の祝日の一つ。日付は7月の第3月曜日。


概要
海の日は、1995年(平成7年)に制定され、1996年(平成8年)から施行された日本の国民の祝日の一つである。制定当初は720日だった。2003年(平成15年)の祝日法改正(ハッピーマンデー制度)により、7月の第3月曜日となった。

国民の祝日に関する法律(祝日法、昭和23720日法律第178号)第2条では、「海の恩恵に感謝するとともに、海洋国日本の繁栄を願う」ことを趣旨としている。国土交通省の文書の記述などによると「世界の国々の中で『海の日』を国民の祝日としている国は唯一日本だけ」という[1]

2007
年(平成19年)に制定された海洋基本法第13条は「国及び地方公共団体は、国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)第2条に規定する海の日において、国民の間に広く海洋についての理解と関心を深めるような行事が実施されるよう努めなければならない」と海の日の行事について定めている。

海上自衛隊では、基地・一般港湾等に停泊している自衛艦において満艦飾が行われる。

海の日が制定された1996年(平成8年)以降、720日から31日までの12日間を「海の旬間(じゅんかん)」とし、国土交通省海事局が中心となり、地方公共団体、海事関係団体などとともに、海事思想の普及のための活動を実施してきた。

2003
年(平成15年)以降は、海の日の三連休化に伴い旬間を月間化し、広く国民に「海」に対する理解と認識を高めてもらうために、海の日を含む71日から31日までの1か月間を「海の月間」と定めた。国土交通省海事局が中心となり、関係省庁、地方公共団体、海事関係団体などとともに、「海フェスタ」を始め、全国各地で行われる海に関する各種様々なイベントの紹介を行っている[2]

なお2014年に「海の恩恵に感謝する日だったはずが、単なるお祭りになってしまった」として、超党派の国会議員からなる海事振興連盟により720日に固定化する議案が出され、2016年から811日の「山の日」が施行されることでそれをきっかけに、当初の720日に戻そうとする流れにある[3]

2015
年、20回目の海の日を記念し、「海でつながるプロジェクト」が発足。総合海洋政策本部参与会議座長・日本郵船顧問を務める宮原耕治が会長となり、日本政府や東京海洋大学、日本財団をはじめとする民間法人などで『「海の日」特別行事実行委員会』を結成し、子供たちを中心に「海の日」の意義への認識や海に対する好奇心を高めてもらうため、様々なイベントを行った[4]。キックオフイベントには日本財団の会長笹川陽平や、山谷えり子海洋政策担当大臣、アショク・マハパトラ国際海事機関上級次長、川島海荷、服部幸應、石原良純らが登壇した[5]

海の記念日
祝日化される前は海の記念日という記念日であった。海の記念日は、1876年(明治9年)、明治天皇の東北地方巡幸の際、それまでの軍艦ではなく灯台巡視の汽船「明治丸」によって航海をし、720日に横浜港に帰着したことにちなみ、1941年(昭和16年)に逓信大臣・村田省蔵の提唱により制定された。

明治丸はその後、東京商船学校(現東京海洋大学)の練習船として使用され、現在は東京海洋大学越中島キャンパスに保存されている。
海のない県の対応
海のない県(内陸県)である奈良県では、海の日と同じ毎年7月の第3月曜日を「奈良県山の日・川の日」とすることを条例で定めている[6
Wikipedia




海の日の俳句:



・海の日の富士晴ばれと裾をひき  渡辺俊子



・海の日の潮の香燈台朝景色  長島清山



・海の日のロープウェーに海を見て  杉浦典子



・海の日の男三代漁へ出づ  鈴木照子



・海の日の白服まぶし航海士  石原勢津子





まだ梅雨明け宣言は出ていないが、今日も真夏のような太陽のギラつく暑さだった。
東京も猛暑日の暑さだった。

この3連休は夏休みの前哨戦のようで、高速道路は渋滞しているそうだ。
3日あれば近いところなら里帰りもできるし、海の日本来の海遊びもできる。

生まれ育った故郷が奈良や岐阜のような海なし県だと、実感はわかないかもしれないが、磯の香は海特有のものだ。
漁港のようなところや浅い湾の様なところでは結構生臭い。
それも故郷の臭いかも知れないが。

俳人たちは、綺麗な海の日を詠んでいる。
どの句を読んでも海の日だ。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017/07/16  日記  昼寝 | トップ | 2017/07/18  日記  祭囃子 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む